挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第2部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

64/179

 第18章 竜の閂 -2-



 寝台の上に、座を正す。
「デュラン・フランシス……聞き間違いかと思っていた」
 待っていた、この時を。
「だがやはりそなたであったか。……このような再会を残念に思う」
 ここはカビ臭いが、まだマシだとデュランは思った。
 格子の向こうに立っているのは、枢機卿ドルターナ・ウィグル。横にいるのは神聖騎士団団長ガブリエル・ヴィンガー。
 ガブリエルは複雑な表情でデュランを見つめている。礼を言いたいとデュランは思ったが、今は他に優先させる事がある。
「ご無沙汰しております、ドルターナ卿」
 口がうまく動かない。頬に当てた布のせいだ。だが精一杯デュランは笑って見せた。
 垂れ目の彼が笑えば一層、笑みは深くなり。
 ドルターナでさえも、その笑顔に一時、場所も置かれた状況もすべて忘れた。彼の笑顔にはそうした力があった。
 そしてそれを、デュラン自身がよく知っていた。
 この顔が、彼はずっと嫌いだった。
 だが笑おうと思った。いつも笑っていようと思った。
 ――あの日から。
 残酷な運命により大切な物を失って。
 もう、自分の心から何もなくなったと感じたあの日から。
 彼は笑みを浮かべた。自らを欺くために。
「お元気そうで何よりです。皆さま息災でございますか?」
「ああ……変わりない」
「それは良かった。……ガリオスは今時分、雪が降っておるのでしょうな」
 一面の白の世界。
 その清浄の白が、デュランは苦手だった。
 もはやあの白は自分にはそぐわぬ。そう感じ、今日まできた。
「デュラン・フランシス……前置きはよい」
 デュランは言葉を止め、「左様でございますな」と言った。
「私に言いたい事があるか」
「はい。ございます」
 ここでようやくデュランは、ガブリエルを向いて一つ頷いた。
 それには礼と、同時にもう1つの意味が含まれていた。
 退出して欲しい。
「……」
 それに対しガブリエルは動かなかった。ただ小さく、首を横に振った。
 一時デュランはそれを見ていたが、諦めたように2度小さく頷いた。
「マルコ・アールグレイの件です」
 ならば行こう、このまま。
「デュラン……アールグレイの息子を連れて、逃亡を謀ったと聞いた。事実か?」
「ええ、事実です」
「なぜだ、デュラン。申し開きがあるなら聞く」
「……それより先に、枢機卿にお尋ねしたい事が」
 闇の中、彼は目に光をたたえている。
「マルコ・アールグレイに何をお尋ねになるつもりでしょうか?」
 この人は恩人だと、デュランは思っていた。
 だがもう引けない。戻れない。
「何をとは? 決まっているであろう」
「アールグレイ夫妻が犯した罪に関する事、ですか?」
「ああ、そうだ」
「夫妻の処刑からもう3年。いささか間が開きすぎていると思われますが」
「行方がわからなかったからだ。水の賢者が共に姿を隠した。ようやく所在が掴めたゆえに、今となった。それがどうした?」
 ドルターナの表情に変化はない。だがそれはデュランも同じ。
「だとしても、あの子に何を問うつもりですか? 今更」
「……何を言いたい、デュラン・フランシス」
「事の真偽でございます、猊下」
「真偽?」
 デュランは瞬き一つせず続ける。
「アールグレイ夫妻は蟲を作ったと言われている。3年前、初めて蟲が発見された時より現在、その生態はほとんど解明されていない。繭のような卵から孵化する事、火により凶暴化する事くらいです。どのように発生し、何が決定的な弱点となるのか何一つわからないままに」
 町は襲われ、人が食われ。
 ただ命は、失われて行く。
「だからこそ、だ」
 ドルターナの眉間に初めてしわが寄った。
「解明は急務」
「……ゆえにマルコに?」
「そうだ」
「……それは真でございますか?」
 デュランはじっとドルターナを見た。
「仮にアールグレイ夫妻が蟲を作っていたとしても、あの子が何を知っているというのですか?」
「……」
「それを成すならば、なぜ軽率にアールグレイ夫妻を処刑された?」
 視線は一切、外さない。ただドルターナの様子とその瞳を。
 瞳の奥の奥まで、見透かさんとするかのように。
「マルコから、蟲の何たるかなどわかるはずがないと思われます」
「それは私が判断する」
「いえ、無理だ」
「……」
「あなただってそれはわかっているはずだ」
 デュランは気配を研ぎ澄ませた。
 だから一層、煽り立てる。
「マルコからは、何も得られない」
「……私が判断すると言うておる」
 聖人君子と謳われる枢機卿の気配が、明らかに曇りを見せ始めた。
「お前の言いたい事はそれか、デュラン」
 ドルターナの言葉から、会話を終わらせようとする色が見え始めた。
 だが構わず一層、声を増しデュランは続けた。
「なぜ、蟲の解明を前にアールグレイ夫妻を処刑したのか。ずっとおかしいと思ってきた……何か引っかかると思って参りましたが」
 デュランはこれまで見てきた。あの男に関わった者がどうなっていたか。
 最初はレイザラン。領主はその男によって獣とされ、赤子には呪いをかけられた。
 次はフォルスト。人々は死を陵辱され屍人とされ、領主もまた同じように命を弄ばれた。
 共通するのは、恐ろしき魔導師の存在。
 そしてその魔導師が今傍にいるのは、
「アールグレイ夫妻を簡単に処刑したのは……本当は、原因が蟲ではなかったからではないのですか?」
「――」
 ドルターナとガブリエルの顔色が変わる。
「何を言っている、デュラン」
「2人の死の真相は別にある、違いますか? 2人に問うような事はない、だから即座に始末した」
「デュラン・フランシス、」
「むしろあの当時2人には一刻も早く消えて欲しい理由があった。だが2人を軽率に処刑した事により、同時に闇に消えてしまった何かしらの事が、今になって必要になった。だから2人の忘れ形見であるマルコに問い正そうとしている、違いますか」
「……」
「改めて問います、マルコに何をお尋ねになるつもりか?」
「お前には関係ない」
 そしてデュランにはわかる。もしもそこに、闇の魔術が関わっているというのならば。
 その気配は隠し通せる物ではない。必ずどこかしらにいずるから。
「いいや、関係ある。だから問うているのです」
 そう言い、デュランは腕をかざした。包帯が巻き締められたその腕には、確かに護符が1枚握られていた。
 向けるのは、枢機卿ドルターナ・ウィグル。
「答えられよ。あなたは何を成そうとしている」
「控えよ、デュラン殿!!」
 驚きガブリエルが2人の間に入ろうとしたが、それをドルターナが制した。
「……そなたには関係ない」
「あなたはあの日、涙をくれた」
 岩肌に、デュランの声が一瞬響いた。
「あれは嘘か」
「……何の事だ」
「マルコ・アールグレイを使って何を成そうとする」
 いや、とデュランは一つ視線を外した。
「マルコではない、鴉だ」
「……」
「ドルターナ卿ッ……!!」
 デュランは叫んだ。ドルターナは身じろぎ一つしなかった。ガブリエルも剣の柄に手をかけたまま、動かなかった。
「……亡き両親が何を成していたか。共に生活し、何を見てきたのか。問い正すはその一点」
 最終、ドルターナから口をついて出てきたのは、静かな調べのような声だった。
「避けては通れない。問わねば終わりも始まりもせぬ。これは人類のためでもある」
「……」
「残念だ、デュラン・フランシス」
 それだけ言い、ドルターナは彼に背を向けた。
「ドルターナ卿!!」
 その背中にデュランは叫ぶ。
「それを、我が師の前でも言えますか!?」
「……」
 答える者はいなかった。
 2人が消えてもしばらく、デュランは腕を下ろさなかった。
 再び辺りに落ちた沈黙と闇の中にも、まだ何かを見ようとしているかのように。
 デュランは真っ向を見据えたまま、虚空を睨み続けていた。

  ◇

「申し訳ありません、猊下」
 牢を出るとすぐ、ガブリエルは深々と頭を垂れた。
「私が面会を願い出たばかりに、あのような」
「……よい、お前が気にする事ではない」
 笑って答えるが、そこにガブリエルは違和感を感じた。
「猊下、」
「すまん、少し庭を歩く」
 一人にしてくれ、とガブリエルはもちろん他の兵士にも言う。
 そのままドルターナは庭へと歩み出た。
 花が色とりどりに咲いている。ドルターナがこの城に来る事は滅多にないが、それでも、城の手入れは行き届かせていた。
 一人庭を歩いて行くと、やがて小さな池にたどり着いた。覗けば魚が泳いでいる。
 そしてそこに浮かんでいる花は睡蓮。それが、ドルターナ家のハーランドにおける紋章であった。
 それを眺め、ドルターナは息を吐いた。
 彼はドルターナ家の四男だった。だから家を継ぐ事はない、そう思い幼き頃より教会に身を置いた。
 だが奇しくも、兄3人は亡くなった。
 両親も同じく。だから彼がドルターナ家を継ぐ事になった。
「……」
 運命とは数奇。誰がそんな事思っていたか。両親と兄3人……揃って同じ病で倒れるなどと。
 だが彼はそうなる事を、ずっと昔から予期していた気がした。だから彼は早くにこの家を出た。
 ドルターナ・ウィグル――この屋敷において彼が与えられた本当の名は、ミゼル・ドルターナ・ウィグル。だが枢機卿となったその日、ミゼルの名は捨てた。
 彼はこの家が嫌いだった。恐れていた。
 なぜならば、
「睡蓮の花言葉は、〝清純な心〟でしたか」
 声は、不意に降って来た。
「そしてもう一つ。〝滅亡〟」
「……」
 だがドルターナは大して驚いた様子もなく、ただ目を伏せた。
「……そんな物、誰も知らぬよ」
 ドルターナ家の先祖は確かに怪死が多い。だがそんな事は、どの家柄も同じ。
 名が大きくなれば比例して、幸せの価値も遠のいて行くのか。
「だがあなたはその縛りから逃げておられる」
五月蝿うるさい」
「ヒェッヘッヘ、猊下はご機嫌斜めじゃ」
 振り返りたくもない。そう思い、ドルターナは水面を見続けた。
「伝書は受け取った。デュランを止めたのはお前か」
「そうじゃ。ねぎらってもらわねば」
 声は背後からする、横からもする。
 だが姿を見たいとは思えない。
「ここからは、主の仕事じゃ」
「……」
「どうした? 迷うたか?」
「…………」
 この男は心の内を見透かす。
 だからドルターナは心を固く閉ざしてきたつもりであったが。
 不意に外れた、かんぬきが。
「わかっておるはずじゃ。主に残された道は1つ」
「……」
「あのわらべが握っている……アールグレイが完成させようとしていた実験の最後の鍵。それが必要なのじゃ」
「……それが完成すれば、本当に」
 助かるというのか? あの方が?
「ああ」
 見ずともわかる。笑っている。
「そのウロコを煎じて飲めば、どんな病もたちまち治る。そしてその血を浴びれば得られるのは不死じゃ」
「……」
「後一歩じゃ。そこまできているのだ」
欠片パーツは揃いつつある。残っているのはあとわずか。
「あの童が知る事すべてを聞き出せ――すべてはお前を救う、竜のためじゃ」
 風が凪いだ。水面に漣が起きた。
 声はもうしなかった。気配は消えていた。
 ドルターナは、しかし動かなかった。
 ――わかっている、もう後戻りはできない。
 やるしかないのだ。
「……すまん」
 それは誰に対して言ったものか。
 だが視線を上げた彼の目に過ぎったのは、後悔でも迷いでもなく。
 決意の念、ただ1つ。
 そのためにここに来たのだ。
 ――滅亡の章を抱く、ドルターナの家。
 ミゼル・ドルターナ・ウィグルは決意する。
 これが定めだと。
 ならばもう、行くしかないのだと。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ