挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第2部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

59/179

 第15章 咎人の息子 -3-

「ゼクレトル・フレイド……そう、確かにそれは我が名でございます」
 鳥の鳴き声が戻ってきた。だがそれ以外に音はない。
 先ほどまで聞こえていた子供達の泣き声も消えた。町から通っていた子供達は騒動を聞きつけた親達によって連れ戻され、それ以外は使用人の大人たちになだめられ今は部屋に戻っている。
 この数日子供達の声を聞き続けてきたせいか、この沈黙はオヴェリアにとってやけに寂しく感じられるものであった。
「本名を明かさなかった事、誠に申し訳ございませんでした」
 レトゥの部屋である。寝台の上に身を起こし、老人は深く頭を下げた。その顔は数日前初めて会った時よりもひどくやつれて見えた。
 オヴェリアは小さく首を振り、「私も最初、名を明かしませんでした」と答えた。
「水の賢者様だったのですね」
「……その名は教会を去る時にお返ししました。今は一介の魔術師。そこに偽りはございません」
「全部説明しろ、じじぃ」
 老人を見下ろすカーキッドの口調は厳しい。
「俺達には、わけがわからねぇ」
「……」
「一体何だってんだ、何が起こったってんだ。何でマルコが連れて行かれる? あいつらは何者なんだ」
「カーキッド、」
「てめぇも同じ気持ちだろうが」
「……」
 オヴェリアは黙り込む。否定はできなかった。
「デュラン様は、レトゥ様の事もマルコの事も……知っておられたのですね?」
 ここでお別れやもしれませぬ、そう言った彼の言葉がオヴェリアの脳裏に蘇る。
「差し支えがなければ、話してはいただけませんか?」
 そっと呟いた彼女に。
 レトゥは目を閉じ呻くような嘆息を吐いた。
「……アールグレイ夫妻の事を、お二人はご存知ないのですね」
 オヴェリアはカーキッドを見た。だが彼も小さく首を横に振った。
「マルコの両親、ビル・アールグレイとアンナ・アールグレイは、3年前捕らえられ処刑されたのです」
「処刑?」
「ええ。大罪人として」
 オヴェリアは息を呑んだ。レトゥは瞳を開いたが、そこには何も映っていないように見えた。
「3年前……2人は北の国境沿いにある小さな村に暮らしておりました。。そこに教会が騎士を派遣した。ハーランドの議会も2人の身柄を要求したのですが、それは聞き入れず、一方的に、教会は彼らを背徳者として処刑しました」
 ハーランドの国において、王、そしてその下にある大臣達が治める議会は絶対。国民はそれに従う権利がある。
 だがその中で教会という組織だけは別格。
 教会はそれだけで一つの独立組織として、他のどのような力、権限も受けぬという取り決めがなされている。
 その力はハーランドのみならず、周辺国家すべてに同じ。隣国バジリスタにおいても、その所在は同義とされている。
 彼らを制する事ができるものは唯一、彼らが崇めるサンクトゥマリアの存在のみ。
 国、政治的圧力――どのような影響も受けぬ代わりに、何者の肩を持つ事もない。それが教会という組織であった。
「背徳者なんて……」
 一体何を……、何一つ想像できないままオヴェリアはオウム返しに尋ねた。
「教会側が下した罪状は、生命の冒涜」
 そしてレトゥの口から語られた、マルコの両親が犯した罪とは。
「ビルとアンナは――蟲の生みの親だと言われております」
「まさか」
 蟲――これにはカーキッドも驚愕の色を隠せない。つい先日この町も被害に遭ったばかりだ。
「マジかよ」
「……2人は当時、研究者として教会内で名が知れておりました。、特にビルは生物研究の第一人者として、多くの新種の動植物の発見、生態調査などを行ってその実績を上げております。彼が残した研究書類の多くが、今も様々な事の基盤となっている。アンナは彼の助手としてずっと付き従っておりました。……彼女は元々は、私の弟子の一人でもありました」
「……」
「研究熱心な2人でしたが、数年前、そのために北へと移り住むと言い出した時は皆驚きました。だが誰も反対しませんでした。皆、どうしても試したい事があると熱心に言っているのを知っていましたからな。その情熱を、誰もその時は信じて疑わなかった」
 だが、それが疑惑へと変わるのは数年後の事である。
「誰が言い出したかはわかりませぬ。ただ……教会内で妙な噂が流れるようになったのです。ビルが妙な研究をしていると。彼がしているのは恐ろしき生命の冒涜ぼうとくであると」
「それが……?」
「その矢先でありました――北の集落が滅んだという話が飛び込んできたのは。妙な生き物に襲われたのだと。だがその当時は蟲などという存在を誰も見た事がなかった。わけもわかりません。ただその集落からビルたちが住む村は遠くなかった。……その後何がどのように繋がったのか、私が聞いた時にはもう、2人に容疑はかけられ捕らえられた後でした」
「2人が蟲を作って村を襲ったと?」
「確定したのはその後です。2人を連行して後再度調査した結果、2人の住処の裏山に大量の蟲の巣が発見されました。当時の調査班はそれに対する処置法がわからず、結局それらはすべて孵化しました。無論近隣の村は全滅」
「――」
「……マルコもその場に、居合わせたのです」
 ギャギャという声が外から響いた。あれは何の鳥が鳴く声か。
「押し寄せる蟲の大群、炎によって包まれた村……マルコはその惨劇を見ている。両親を連れて行かれ、たった1人でその状況に居合わせた。……その時の事をあの子は決して口にはしません」
 村はもう二度と復興せぬ、無残な姿に変わり果てた。
「そしてそれが決定打となった。アールグレイ夫妻は蟲を作り、村を襲った犯人として処刑されました」
「……」
 オヴェリアは思わず口元を抑えた。
「そしてそれを見届け私は教会を去りました。2人の最後の願いを叶えるために」
「……最後の願い?」
「ビルの最期の言葉を届けるために」
 面会を許されたのは、ビルの方だけ。アンナには会えなかった。
「マルコに伝えて欲しいと頼まれた言伝を届けるために」
 もう、教会には戻らぬ覚悟で。水の賢者という称号を返し。
 誰にも行方を言わず。
 マルコと共に。
「そしてあの子を守るために今日まで参りました……」
 両親を失った少年を守る。
 ビルとアンナが叶えられなかった最後の望みを叶えるために。
「蟲を作った大罪人……」
 オヴェリアは言葉を失っている。カーキッドは懐から煙草を取り出し、火を点けずとりあえずくわえた。
「そんな事が、本当にできるってのか?」
「……」
「万が一それができたとしても。それが今なぜ、マルコと関係がある?」
 アールグレイ夫妻が処刑されたのは、今から3年前。幼いマルコが、さらに幼かった頃の事である。
「仮に蟲を作っていたとしてもだ。マルコがなぜ連れて行かれる? あいつが手伝ってたからとでも言うのか?」
「気になるのは枢機卿」
 オヴェリアも思い出す。騎士たちは言っていた。これは枢機卿の命令なのだと。
 枢機卿は、教皇に次いで教会で権力を持つ人物である。その言動は一国の王とて軽んじる事できない。
「現枢機卿は、ドルターナ卿……」
 オヴェリアの中でその男の印象は、さほど悪くはなかったが。
「なぁじいさん。あんたはなぜマルコと逃げた? 賢者の名前を返上してまでなぜ? しかも蟲を作った罪人の息子だ。たとえ最期の言葉を受けたからと言っても」
 そこまでした、本当の理由が別にあるんじゃないか?
「……」
 ゴォォと空が唸り声を上げた。雲が重くなってきている。
「罪人の息子……」
 レトゥの脳裏を過る声。マルコに託された言葉。
「あの2人は」
 今では様々な書にアールグレイ夫妻の名は、歴史上稀なる大罪人として刻まれている。
 だが。
「……違う」
「レトゥ様」
「ビルとアンナは……」
 言えなかった、あの時自分は。レトゥは両手で顔を覆った。しわの深さが、長く歩んだ悔恨の道を思わせた。
「蟲など作って、おらぬ……」
 教会内で混乱は急激に生じた。
 ビルとアンナは普通の蟲を人食い蟲に変えた。それで人々を混乱に、国家を貶めようとしている――その意見は一気に膨らみ、気づいた時にはもう、レトゥ一人では止められなかった。
 レトゥはアンナの師である。ビルの事も良く知っている。移住した村にも訪れた事がある。
 だから、見ているのだ。彼らが何を成そうとしていたのかも。
 ……もしもあの時、あの者が生きていたらと思わない日はなかった。
 西の賢者ラッセル・ファーネリア。
 だが彼はすでに他界した後。それにより教会内が混乱していたのも状況を悪くした。
 盗まれた禁忌の魔術書の原本。
 そして現れた異形の存在。
 教会は急ぎ、事態の鎮静化に勤めようとした。だから。
「止められなかった」
 何かしらの事実を知っていても、声を上げる暇もなく。
 上げてもそれは、取り上げられる事もなく。
 露と風に押しやられるように。
「わしは、わしは」
 今声を上げた所で、ビルとアンナは戻ってこない。
 だが終わっていないのだ。現実に、マルコが連れて行かれてしまった。
 あの時の悲劇は、まだ終結を迎えていない。
 その理由は恐らく、2人が本当に成そうとしていた事。
 レトゥがゆっくりと顔を上げる。
「オヴェリア様」
「はい」
「あなた様は……ハーランド王、ヴァロック・ウィル・ハーランド様のご息女、オヴェリア・リザ・ハーランド様でございますね」
 オヴェリアは目を見開いた。「ご存知だったのですか」
「当たり前でございます」
 今までのご無礼、お詫びいたします――そう言って、
「聞いていただけますか。私が知る本当の事を」
 ビルとアンナの無念。
「あの2人は蟲など作っておらぬ。あの2人がやろうとしていた事は」
 一粒、空から最初の雨が零れ落ちた。
「竜の復活でございます」
 後はポロポロと、空が泣き始める。

  ◇

 竜。
 数千年前この世界に繁栄した種族である。
 その力は絶対的。長く世界の主として権威を誇ってきた。
 だがその歴史が終わりを迎えたのは突然の事。詳しい事は解明されていないが、ある時起きた天変地異により、竜は滅びの道を辿った。
 今でも人が及ばぬ秘境にひっそりと存在していると言われるが、実際の数は不明だ。
 そして彼らが栄えた跡は、今は地中に残ったその残骸からしかわからない。
 化石となった骨と、それに守られるようにして埋まった1つの石。
 竜の命を宿すとされる生命石、通称、あおの焔石。
「ビルとアンナがやろうとしていた事は、焔石から竜を復活させる事でございました」
 オヴェリアは息を呑んだ。対しカーキッドは少し笑った。
「そりゃまた、蟲より性質たちが悪いな」
 レトゥは神妙な顔でカーキッドを見た。
「なぜそのような事を?」
 オヴェリアも躊躇いをにじませ問う。
「私もかつてビルとアンナに同じ事を申しました」
 竜の復活など、何を考えているのかと。
「だが……ビルはそれにこう答えたのです。それは違うと。我らの認識こそが、間違っているのかもしれません、と」
「……それは……?」
「かつて竜はこの世界にあり、栄華を誇った。大半が絶滅し、残った僅かも、人に害を成す物とみなされている。中でも黒い竜は最も恐れられる存在。……だがビルは申しました。それは間違っているかもしれないと」
「……」
「……あの時よりずっと引っかかっておりました。突然のビルとアンナへの容疑、とってつけたような蟲騒動、そして詮議もほとんどないままの処刑。何かがおかしい。何かが引っかかる」
 だからマルコを連れて、姿を消した。2人を守れなかった代わりに、彼を守るために。
「そして今回の騎士団」
 レトゥが激しく咳き込んだ。オヴェリアが背をさする。
「レトゥ様、もう、」
「いいえ姫様、聞いてください」
 姫の手を退けるように首を振り、レトゥは目を閉じる。
「あの時からずっと、教会は何かを隠している、何かとてつもない事を……それがいつかマルコの身を襲うのではないかと、私はずっと案じておりました。その心配が、一層あの子に影を落とした。あの子はビルとアンナの分も幸せになって欲しい、ならねばならぬのに……姫様、マルコは」
「レトゥ様……」
「あの子は……こんな、」
 再び呻き声を上げた彼を、今度こそオヴェリアは優しくなだめた。
「少し休んでください。食事の用意を致しましょう。……カーキッド、手伝って」
 返事の代わりにカーキッドは、くわえていた煙草をポキリと折った。
 2人、とりあえず部屋を出る。
「おい、オヴェリア」
 カーキッドが声をかけたが、オヴェリアは答えなかった。
 横顔だけを見る。もう、そこに答えは出ている気がした。
「……だりぃ」
 その呟きは先を思っての事か。
 だが彼も、右手を淡く握り締めた。

  ◇

 翌朝。
 一晩中降り続いた雨は、先ほどようやく止んだ。
 レトゥはその音を一晩、聞き続けた。
 彼は杖を頼りに窓辺に立っていた。マルコは今頃、どこにいるのだろうか?
 ……3年前、マルコの村を襲った蟲は、村人全員を食い尽くして後に死んだと聞く。それだけを役目としていたかのように。
 そしてその時の業火を消したのは、雨だった。
 マルコも雨を見ていたのだろうか? だとしたら今宵の雨を、彼はどんな気持ちで見ていたのだろうか?
 レトゥは目を閉じた。傷が痛んだが構わなかった。
「……誰ですかな」
 扉の向こうに人の気配がして、レトゥは声をかけた。
 開いた先にいたのはオヴェリアとカーキッドだった。そこまでは予想していたが。
 2人の姿に、レトゥは双眸を大きく開いた。
「姫様……」
「出立の挨拶に参りました」
 旅の様相。
「長い間、お世話になりました」
「……行かれますのか」
「はい」
 オヴェリアの目には、決意がこもっている。
「マルコとデュラン様の後を追います」
「何と」
「このままにはしておけません」
 カーキッドがオヴェリアの背後で、大きく溜め息を吐く。
「必ずマルコを取り戻します」
「姫様……」
「それまでお体を大事に。無理はされませんように」
 良いですね? とオヴェリアは微笑んだ。
 レトゥは膝をついた。
 そのまま泣いた。……昨晩地を打った雨のように。



 オヴェリアとカーキッドは旅立った。
 その背中に向けてレトゥは呟く。
「申し訳ありませぬ、姫様」
 それから、すまんマルコ、と――。



「あー、かったるい」
「そろそろ発つぞと言ったのはあなたです」
「そうは言ったけどよ」
 行く先が違うだろうが、とカーキッドは毒づく。
「何でガキと神父を追いかけなきゃならねぇんだ」
 それは、とオヴェリアは思う。
「レトゥ様へのご恩返しです」
 罪滅ぼしだと、彼女は思った。
 ずっと思っていた、レトゥが受けた傷。あれは彼が受けるべきものではなかったと。すべて自分のせいなのだと。その罪を、どうしたら償えるのかと。
 ずっと思い、考え……それを果たすまではあそこを去れないと思っていた。
 だから。
「それに気にかかる事があります」
 無論、竜である。
 ビル・アールグレイとアンナ・アールグレイが研究していたという竜の復活。
 だが2人は大罪人として処刑された。
 にもかかわらず、今また、マルコが連れ去られる事となった。
 奇しくもオヴェリアが旅に出た理由も、竜。
 何かが引っかかる。これは偶然か?
「あなただって、マルコの事、気になるでしょう?」
「全然」
「……そう?」
 だがカーキッドはオヴェリアと共に歩く。
「面倒臭ぇ」
 そう言いながらもその目は、光を放っている。
「さっさとガキを連れ戻してゴルディアに向かうぞ」
「ええ。そうね」
「……何がおかしい」
「別に何も?」
「嘘つけ、だったら何で笑ってやがる」
「笑ってないってば。デュラン様の事も気になるし、急ぎましょう」
「おい、先に言っておくがな、ガキは助けても神父は助けねぇぞ。あいつは捨ててく」
「もう、本当にカーキッドはデュラン様と仲良しなんだから」
「……あ? 今何つった? 誰と誰がなんだって?」
「カーキッドとデュラン様は仲良しだから喧嘩するのだと、レトゥ様が」
「……誰がだ、クソじじぃ」



 新たな旅立ちの足跡は、ぬかるんだ地表にくっきりと残る。
 そこに決意も一緒に刻み。
 前に大地は、果てしなく続く。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ