挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第2部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

54/179

 第12章 賢者の森 -6-

「何だ、また来たのか」
 翌日。
 昨日の場所にカーキッドが行った時には、もうマルコが座っていた。
 マルコは彼を見つけると一瞬目を輝かせたが、すぐにバツが悪そうに顔を背けた。
「やるか?」
 その様子を見て、カーキッドは特に顔色を変えず。普通の事のようにそう言った。
 木切れを拾い上げ、少年に渡す。彼は少し不思議そうな顔をしたが、すぐにそれを握り締めた。カーキッドも自分用を探す。
「よし。打って来い」
 いい音が鳴る。すぐにマルコの顔がほころんだ。
 今日もそうしてしばらく、2人は打ち合いを続けた。
「休憩にするぞ」
 とカーキッドが言った頃には、太陽は空の一番上まで登り切っていた。
 ボチボチ昼飯だなと汗を拭きながら言うカーキッドの傍で、マルコは地面にへたり込んでいた。
 とりあえず水を持ってきてやる。美味しそうに飲む様に、カーキッドは我知らず苦笑を浮かべる。
「腹が減っただろ。昼飯が楽しみだな」
「……」
「お前、ずっとここに住んでるのか?」
 他意はない。何となく聞いてみただけだったが。
 マルコの表情がすぐに曇ったのを彼は見逃さなかった。
「……うん」
「じぃさんの一番弟子か。その年で大したもんだな」
「……そんなんじゃないよ」
 初めてマルコがまともに口を利いた。
「でも、じじぃが言ってたじゃねぇか」
「……僕は、全然」
「てめぇの魔術のせいで、俺は風邪を引きかけたんだ」
 嫌味半分、冗談半分。
 だがマルコは真剣な顔で地面を見つめた。
「ごめんなさい」
「……本気に受け取るなよ。魔術、いつから習ってんだ?」
「……」
 黙り込んでしまったマルコに、カーキッドは内心ため息を吐いた。
「あのじじぃ、やり手の魔術師なんだろ? いい師匠で良かったな」
「……」
 さぁ困ったぞ。マルコは顔を上げない。そして男は子供をあやす方法など知らない。
 カーキッドはボリボリと首筋を掻いた。だから子供は苦手なんだと心中でぼやく。
 泣いていたと思えばすぐに笑いだし、喜んだと思えば途端に怒り出す。
 今マルコが俯いてしまった原因など、カーキッドに掴みようがない。
「先生は、」
「?」
 だが幸いにも、沈黙を破ったのはマルコの自身だった。
「僕に同情して」
「同情?」
「うん……父さんから頼まれて」
「……?」
「本当は凄く凄く偉い人なのに。僕のためなんかに、こんな所で」
「……」
 さぁまた困ったぞ。話が見えない。仕方なくまた首筋を掻く。
「父さんと母さんが……………死んだから」
「死んだ?」
 オウム返しにそう聞いた時。
 カーキッドがハッと顔を上げた。
「待て」
「……?」
「……おいおい」
 臭う。
 まだかすか。だが確かに。
 異臭がする……酢のようなツンとした、それでいてほのかに甘い臭い。
「ガキどもはどうしてる?」
「え? 多分皆、畑に……」
「マルコ、お前はガキどもの所へ行け。すぐに集めろ。俺は大人を探す」
「どう、したの?」
 この臭いは知っている――蟲が暴れだす前の臭い。
 何度か経験した事がある。孵化した蟲が初めて羽ばたく時に羽根から飛び散る粉の匂いだ。
 ――森か!?
「とにかく急げ!!」
 叫び、カーキッドは走った。


「蟲が襲ってくる!?」
「ああ、間違いねぇ!!」
「そんな馬鹿な」
 子供達の世話役の男と、昼食の準備をしていた女は、カーキッドの話に声を荒げた。
「だってここにはレトゥ様がお見えなのよ!? 森に蟲の卵なんかあったら、あの方がとっくに気づいているでしょう!?」
 息巻く女性に、カーキッドは舌を打った。
「そんなもん知るか!! 俺は何度も見てきたんだ!!」
 何の前触れもなくいきなり卵が現れたという事象も見た。いつどこから来たのか考える暇もなく孵化し、町が壊滅的被害に遭った事もあるのだ。
 孵化した蟲は人を求めて空へ飛び立つ。何が彼らをそうさせるかはわからない、誰かに言いつけられて生まれてくるように、まっすぐ人が集まる場所を目指し、そして食らいつくのだ。
「じじぃがいようと関係ねぇ!! 今現実として目の前に」
 危機が迫っている。
「ガキはマルコに集めてもらってる。連れて逃げろ」
「ど、どこに」
「とにかく遠くへ!! 町の連中にも伝えて批難をッ!」
 確かこの町は谷間になっていると言っていた。
 ――やべぇな
 臭いはどんどん強くなっている。どれほどの量が襲い来るのか。
 笑い出したい衝動を必死に抑え、カーキッドは指示を飛ばした。
「急げッ!! 時間がないぞッ!!」
 カーキッドの緊迫した様子に、ようやく大人達が動き出す。
「あなたは?」
「俺は食い止める」
「蟲をッ!?」
「ああ」
 神父様、と心の中で呼びかける。
 ――どうやら抜かないわけには、
「行けッ!!」
 いかないようだぜ?


 ザラリ。
 数日振りに抜き放つ。やはり剣の感触は木とは雲泥。
 格段に伴うのは重みと意識。
 覚悟が一点に集まり、強くのしかかってくる。
 ――どこから来る?
 子供達と町の事は任せた。
 神経を研ぎ澄ます。切っ先に己のすべてを宿らせる。
 今更ながら、もう少し辺りの地形を見ておくべきだったと思って。
 ニヤリと、笑った。
 ――蟲。
 さっきまでしていた強烈な臭いが、スッと和らいだ。じきにくるなとカーキッドは目を細めた。
 その時、背後でザワザワと気配がして。驚いて振り返った先にいたのは。
「お前!!」
 マルコだ。
 先ほど他の子供たちと送り出した――少年は肩で息をしている。
「何でここにいる!? さっさと逃げろッ!!」
 今にも殴らんばかりの勢いでカーキッドは胸倉を掴み、明後日に向かって放り投げようとしたが。
 その目の光が。
「……僕も戦います」
「ざけんな」
 この少年はこういう目をする……昨日も見た。強い目だ。存外しっかりした眼差し。
「遊びじゃねぇ」
 バッと手を離し、身振りだけで後方を指す。
「さっさと行けッ!!」
「戦います!!」
「遊びじゃねぇと言ってんだろうがッ」
「わかってます」
 声が震えてる。いや声だけじゃない、全身が。
 小さな手は強く握りしめられている。さっき打ち合いでできたばかりの傷が汚れている。
「でも……だから」
 その手の中には白墨があった。
「僕も戦います」
「――」
 決意の目から涙がこぼれた。
 だがそれは悲しみではなく、溢れた感情。
 ――こいつは何を持ってる?
 人には誰しも、抱えている物がある。
「……チッ」
 恐怖だけでは立ち向かえない。
 それでも、絶対的な物に立ち向かわなければならないと思った時、そこにあるのは。
 誰のためでもなく、己のために下す、
「俺はガキのお守りじゃねぇぞ」
 魂への、決意。
「いざとなったら建物に飛び込め。いいなッ!!」
「はい!!」
 ――決断。
 羽音が聞こえてくる。
 出会いは一瞬。目の前に姿を現したその瞬間が。
「……チ」
 切っ先を、前へと踏み込む、最初の判断。



 黒一閃。
 辺りの空気を両断し。
 同時に、最初に飛び出した異形の体を真っ二つにする。
 飛び散った体液が、蟲の悲鳴と共に拡散する。
「――ッ!!」
 数が多い。
 本能的に、思わず後退った少年を建物の中へと突き飛ばす。
 そしてカーキッドは、異形の群れの中へ飛び込んだ。
 10、20……30……いやもっとだ。
 大きさはまちまち。大人くらいの物もいれば、子供くらいの物もいる。
きやがって」
 気持ち悪ぃなと言いながら薙ぎ落とす。そのまま切っ先を回転させて2つ、3つ。
 肩に食らいつこうとしていた物を回しげし、崩れた体制のまま足元から突き上げて一閃。
 一瞬たりとも動きを止めず。剣は踊り続ける。
 蟲の体液は焦げた臭いがする。この血は火帯びると爆発するように燃え立つのだ……カーキッドの脳裏を、過去見た光景が横切って行く。
 ――町へ行かせるわけにはいかねぇ。
 町の者達は逃げただろうか?
 いやそれどころか、今は後ろにもやれない。建物の中にはマルコがいるのだ。
「チ」
 今日は、背中を預けられる者もいない。
 オヴェリアという存在。
 ……いや、姫様には刺激が強いかもな……そう思ってカーキッドは笑う。
 笑いながら、カーキッドの全身はそれ自体が剣のように、蟲を斬り続ける



 そして建物の中、放り込まれたそのままの姿で、マルコは茫然と座り込んでいた。
「あ、う……」
 目の前で繰り広げられる光景。
 大量の蟲。
 その様は、あまりにも凄惨。
 思わず口元に手を当てたが、衝動は止められない。そのまま吐いた。
 胸がよじれるように痛い。苦しい。気持ち悪い。
 ――でも。
 カーキッドは剣を振るっている。ひるむ様子微塵もなく。
 堂々と。
 その姿が、マルコの胸を揺さぶった。
 ……戦わなくてはならない。
 白墨を握る。
 震える手で柱に文字を記す。
「我ここに魂を刻む」
 ここを起点にして。
 柱に模様を描いていく。
 背面、側面、前面と。
 高さが足りない。だが腕を伸ばして届く限り。

  万物の神ヘラ
  太陽の神ラヴォス、闇無の神オーディーヌ
  我ここに魂を刻む、我ここにこの名を捧ぐ

「わが真実の名はマルコ・アールグレイ」

  我、悠久の時、先人オルカ・トルカ・マサライアの血を受け継げし者なり

 白墨が折れる。文字が途切れる。
 新しい物を探しながら、柱の前面へ回り込む。
 その姿を見止めた蟲が、マルコに向かって羽ばたきを一転させた。
「ッ!!」
 蟲の動きの変化に気づいたカーキッドが、させるかと叫びながら剣を上から叩きつける。1匹は頭から地面に叩き落とした。だが捉えきれなかった一匹がマルコに向かう。。
 追いかけようと伸ばした腕に、蟲が食らいつく。振り払う間にも、横をすり抜け数匹が、
「マルコッ!!」
 カーキッドの声に気づいたマルコが見たのは、襲い掛かる無数の蟲の姿。恐怖に体も喉も凍り付く。
 だが咄嗟に。腰に突き刺していた木を――さっきまでカーキッドと打ち合っていたそれを。
 思い切り蟲目掛けて突き出した。
 ――もっと強く
 突き刺さったのは、蟲の巨大な目玉。
 感触なんか無視しろ――ギリギリと押し込める。蟲が手をばたつかせている。もがいている。口から奇声が溢れて漏れ出て。
 それを掻き消すように、
「我ッ、ここにッ、魂を」
 叫べ。

  大地との契約、御剣の証
  糾うは十字架の梢

 次の瞬間、目の前の蟲が横に吹き飛んだ。カーキッドだ。
「大丈夫か!?」
 頷いて、刹那マルコは白墨を走らせた。
 そして。
「避けてッ!!」
「――ッ」
 バンッと、マルコは柱に手を当て叫んだ。


「天宝あまねけ、氷の(つぶて)


 次の瞬間、柱は一瞬にして凍りつき、弾けた。
 弾けた欠片はそのまま、蟲の大群目掛けて飛んで行く。
 何匹かがそれに当たり、奇声を上げながら羽ばたきをやめたが。
 ――弱い
 やはり起点が小さすぎる。この数を抑えるにはあまりに微力。
 そして、礫に当らなかった蟲は、途端バッと天高く飛び上がった。
 1匹、2匹、3匹――羽ばたきをやめていた物たちも続いて空へと駆け上がる。 そして羽音を携え向か行く先にあるのは。
「マズイ」
 町だ。
 カーキッドは急ぎ走り出そうとして、少年を振り返った。
 そして一瞬だけ迷った末に。
「行くぞッ!!」
「はいッ!!」



「人がッ」
 2人がたどり着いた頃には、町はもう蟲で溢れていた。
「ギャァァアアア!!」
 まだ人がたくさん残っている。そして蟲は容赦なく襲い掛かった。
 今まさに襲い掛かろうとしていた物を横一線、両断する。
「火がッ」
 マルコの叫びに振り返ると、建物から煙が出ている。誰かが火を使ったのだ。
 マズイなとカーキッドの表情が険しくなる。この町は谷間、火はあっという間に回るだろう。下手をすれば逃げ場がないまま、すべてを焼き尽くす事になる。
「マルコッ、火を消せ!! こいつらに火は通じねぇ、怒りをあおるだけだ!!」
「はいッ」
 マルコは出火している建物に向かって走る。建物を囲むように急ぎ白墨で円を描く。細かい文様は書いてられない、最低限に端折はしょる。
 そして最低限でも、水に関しては、マルコの術は大きく発動する。
「水神よッ!!」
 建物を丸ごと包み込むほどの水が、大地から立ち上った。
 カーキッドも蟲目掛けて走る。
 今はとにかく斬るしかない。剣を止めたらそれが最期だ。
 異形の悲鳴と共に、カーキッドも顔をしかめる。腕が痛むのだ。
 だが、
「ヘヘヘ」
 笑う。
 蟲の軍勢を前に。
 挑む、真っ向、揺らがぬ瞳で。
 絶対に。
「ウォォォォ!!」
 逃げぬ。ひるまぬ。
 負けぬ。
 誰あろう、たった一人、己だけには。
 ……それがかつて、少年の日にカーキッドが誓った決意。
 いつか死の瞬間はくる。だがその時、無様にだけは死にたくない。
 剣を磨け、技を磨け、己を磨け。
 強くなれと。
 楽しさだけでは振るっていけぬ。でもこれが。
 ――俺の魂
 死に際まで振るよと誰にともなく呟く。
 その声を風が掻き消さないならば、自分の切っ先で消し去るのみ。

  ◇

 そして。
「カーキッドッ!!」
 最後の蟲を斬る刹那、声がした。
 仰ぎ見れば、水浸しになった通りの向こうから人が駆けて来る。
「おう」
 オヴェリアであった。
 彼女はカーキッドの姿を見つけると、半泣きのような顔をして彼の元へと駆け寄った。
「良かった、無事だった」
「あん? 俺を誰だと思ってる」
「この町の様子はッ」
 彼女から遅れて、デュランも、息を切らして現れた。
「やはり襲撃が!?」
「蟲だ。仕留めた所だ」
 答えて怪訝にカーキッドは目を細める。
「やはり、たぁどういう事だ?」
 戦闘の果て、カーキッドの腕を覆ってた布はいつの間にか消え失せていた。
 痣が広がっている。それを見て、しかしオヴェリアは強くしっかりと頷いた。
「持ち帰りましたよ、ピュミラ」
「……そうか」
「ええ。確かにここに」
 笑って見せる。同時にオヴェリアの瞳から涙が零れ落ちた。
それを見て、カーキッドは少し困ったように鼻の頭を掻いた。
「もう大丈夫……大丈夫よ」
「泣くな」
「泣いてません」
「……泣いてるじゃねぇか」
 左手で頬を伝った涙をぬぐってやる。見上げたオヴェリアと視線がぶつかり、思わずカーキッドはデュランを振り向いた。
「じじぃはどうした?」
「レトゥ殿は町の者に託してきた。……我らも襲撃に遭ったのだ」
 例の刺客だ、デュランが言いかけた時。
「大変だッ!!」
 人が転がるように4人の元に走り込んできた。
「カスミ畑がッ」
「――」
「火がッ、町外れのカスミソウの畑にッ!!」
 皆まで聞かぬ。
 真っ先に、オヴェリアが走り出した。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ