挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第2部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

53/179

 第12章 賢者の森 -5-



 時は1日、さかのぼる。



 森に入っていくオヴェリア達を見届け、カーキッドは部屋でゴロ寝を決め込む事にした。
 子供達の相手をしてやってくださいとレトゥ老人には言われたが。
「ケッ」
 面倒だった。
 レトゥがいないので、子供達は畑の作業を手伝ったり広間で自習したり、それぞれで過ごしている。いつもより数が少ない所を見ると、来ていない子もいるようだ。
 カーキッドは子供達に関わらない事に決めた。彼の姿を見つけた子供が嬉しそうに駆け寄ってきたが「あっち行け、俺は忙しいんだ」と追い払った。
「面倒くせぇ」
『カーキッドは子供達に好かれているのね』
 ここに来て以来、なぜか彼はいつも子供に囲まれている。
 子供に好かれるような、面白い顔をしているとは思えないのに。
『空気でしょうな。お前が出す空気が子供たちを惹きつけるのだろう』
 女性にはモテぬのにと余計な事を言う神父を、何度斬ろうとしたかわからない。
 だが今は、剣を持つ事さえ禁じられている。
「あーあ」
 部屋に戻り寝台にひっくり返る。目を開けても閉じても、それほど大差がない気がする。溜め息ばかりがこぼれ出た。
「剣を握るなたぁ、」
 死ねってのと一緒だ。忌々しい……そう毒づくものの、
『この先に、お前の力は必要となる』
「知らねぇよ、そんなもん」
 目を閉じる、必要以上に目に力が入る。
『これ以上、大事な人がいなくなるのは』
「うるっせぇ」
 同時に胸に沸き上がった感情は。
 ――……つまらねぇ。
 オヴェリア達はどこまで行っただろうか?
 こんなふうに時間を持て余して眠るのは、王都にいた時以来だ。
 傭兵隊長だった頃。こうして暇つぶしに眠っていた。
 あの頃はよく思っていた、……ぬるいと。
 戦場を渡り歩いてきた、その道に後悔はない。
 だが、剣を振るった分だけ死を見た。鼻先をかすめて行った事もある。
 その、刹那的な生活が。
 ……ハーランドは豊かな国。争いのない平和な国。
 気まぐれにフラリと立ち寄り、傭兵隊などというものに入り。
 気が付けば隊長になって。
 毎日をダラダラと過ごす。
 時に剣を振るう事もあったし、戦闘もあったけれども。
 戦場とはわけが違う。
 ぬるいと。
 これが平和なのかと……どこか侮蔑もしながら。
 目を閉じて時間を過ごしていた日々。
 それがいつの間にやら、姫のお供で竜退治の旅に出ている。
 笑ってしまう。この手もこの体も、死によって汚れきっているのに。
 白い薔薇を守れなどと。
「……」
 カーキッドは腕を見る。布が巻かれて痣は見えない。
 だが見なくてもわかっている、痣はもう右腕すべてに及ぼうとしている。痛みは鼓動と一緒になって、時折耐え難いほどに暴れ出す。
――迫っている。
もう、手を伸ばせば届くほどの距離に。
――死なんざ、
 イヤと言うほど見てきた。死の恐怖などとうに飼い慣らしたと思っていたのに。
 ――何で今更、
 怯える事がある?
 受け止めるだけ、受け入れるだけ……世の中にはそれさえ出来ぬまま果てて行く者も多いのだ……自分にはまだ時間がある、これは恵まれているのだとわかっているのに。
「あの頃は、ちっとも怖くなかったのにな」
 苦く笑う、同時に思う。
 戦場を駆けたあの頃、自分は本当に生きていたのだろうかと。
 花すら見た事がなかったというのに。
 ……結局、昼過ぎにカーキッドは部屋を出た。部屋にこもっていても、ただ気鬱になるだけだった。
 しかも今は1人。
いつもいつも、お姫様の面倒を……と思いかけ首を横に振る。お守りじゃないんだ、面倒なんか見ていない。
 食堂には誰もいなかった。適当に食事を分けてもらい、パッパと済ませた。
 子供の声がする方には行かず、建物の裏手に周る。
 空は上天気だ。
 絶好なんだよなぁ……と呟いてから、自分が何に対して絶好だと思ったのかわからなかった。
 ――旅か? 戦闘か? それともハイキングか?
「ハハハ」
 一人笑い、それからふとカーキッドは、地面に転がっている木の枝を手に取った。
 一振りしてみる。剣と比べると軽すぎる。だがもう一振り。やはり軽い、柔すぎる。これで打ち稽古などしても一発で折れる。折れるどころか砕け散るなと思いながら。
 それでももう一振り。
 軽い、空気を裂くビュッという音が。
「ハッ」
 思わず漏れた息と重なる。
「……ヘヘ」
 ――これはただの棒っ切れだ。
 子供の遊び道具だ。幸いにも遊ぶ事までは禁じられていない。
 型を変えて、横からの一閃。
 下からの一閃。上から構えて、くの字に斬る。
 最初は遊び半分。だが次第に体がついてくる。
 腰を落とす、足に力を入れる。眼力が宿ってくる。
 少しだけ、呆けていた彼の瞳に光が浮かぶ。
 ビュッ
 木がこんな音を出す事は普通ない。だがカーキッドは到底気に入らない。これはただ風が鳴いているだけ。
 でも、最初はこれだったな……と思い返す。
 遠い昔。脳裏には浮かぶが、本当にあったのか今となっては定かない程の頃。今と同じように木を見つけては、よく振り回していた。
 剣士に憧れていた。
 あの頃、その姿は絶対で。
 ――あの時憧れてたような剣士になれたか?
 剣を振り回すだけが剣士ではない。……その裏も表も知ってしまった。
 ――俺は、
 ビュッ
 ――剣士になれたか? あの頃思い描いていたような。
 絶対的なほどの。
「ハァ、ハァ……」
 気がつけば遊び半分のそれは、息が切れるほどのものとなっていた。
 振るう木片はすでに3本目。カーキッドの剣技に耐えられる物ではない。
 砕け散った物を捨て、4本目を探そうとした時。カーキッドは視線に気づいた。
 建物の影から子供が顔を覗かせている。
「お前は」
 マルコと言ったか、レトゥの弟子だ。
「何か用か」
 カーキッドが声をかけると、少年は驚いたように顔を隠した。
「……?」
 改めて棒を構え、腕を振るいながら。
 再び感じた視線に、カーキッドは気づかない振りをした。
『マルコの事、どう思いますか?』
 オヴェリアがずっと気にしていた。
 だがカーキッドには、それほど興味がわく事ではなかった。
 確かに少年の様子はおかしい。蟲退治の時もそうだが、何より目に付くのはここへ戻ってきてから。
 同じ敷地にいるはずなのに不思議と会う事がない。食事の時もいつもすれ違うように皆が食べ終わった頃に現れる。そして周りの子供とすれ違っても口を利いている様子がない。
 子供達の中で明らかに、マルコは浮いているように見えた。
『これでいいのかしら……』
 おいおい姫様、子供の問題にまで首突っ込むんじゃねぇよ……カーキッドはそう思っていた。
 誰しも1人でいたい時はある。周りと関わりたくないと思う事もあるだろう。踏み込んでいい問題ではない場合もある。ましてや部外者、しかも大人が。
どう行動するか、生き方を決めるのは誰かではない。自分自身だ。
彼自身そうして決めてきた。たった一人で戦う事を。
「……」
 チラと振り向く、まだ見てる。
 舌を打ち、改めて無視を決め込もうとしたが、結局カーキッドは溜め息を吐いた。
「……おい、暇か」
「……」
「俺は暇だ」
「……」
「……付き合え」
 言い放ち、カーキッドはその辺りに転がっていたた木を1本彼に向かって放った。
 少年は動かない。カーキッドはまた舌を打った。
 そしてマルコの姿が建物の陰に消えてしまうと、少し拍子抜けした。暇だったわけではないようだ。
 なので改めて一人で打ち込みを始めようとした時。
 マルコが再び現れた。そして。
「……」
「……おう」
 木を拾い上げたのである。
 カーキッドは嬉しそうにニヤリと笑った。
「いいぜ、打ってきな」
「……」
「どっからでもいい。好きなように」
 打ってきな、そう言うと。
 マルコが木を振りかざし、走りこんできた。
 それをカーキッドはヒョイとかわす。棒は宙を上下に空振りする。だがもちろん、カーキッドが振った時のような、怪物じみた音が鳴るわけではない。
「そら、こっちだ」
「ッ!!」
 今度はけずに受けてやる。当たった感触思ったよりもずっと軽かった。
 こんなもんかと思う。でも悪くはない。
 何度かそれを繰り返す。少年が無茶苦茶に打ってくるのを、1つ1つ丁寧に受けてやる。
 ――俺も最初はこんなだったか。
 振り方も構えもあったもんじゃない。
でも。
「ほれほれどうした? もう終わりか?」
「……ッ」
「腕に頼るな、体全体で振れ。握りはもっと柔軟に」
 すぐに肩で息をし始める。でも向かってきた。
 細くて白い腕だ。鍛えた事などないだろう。
 すぐに音を上げるだろうと思ったが、少年は木を手放さなかった。
 最初はいたずらに。だが直に無心に。
 必死に。
 そしてカーキッドも同じ。
 交差した木切れが甲高い音を鳴らす。
「いいぞ、その感じだ」
「ハァ、ハァ」
 少年はまっすぐにカーキッドを見る。
 その視線にカーキッドは少しゾクリとする。
「手首が硬い、もう少し柔軟にしてみろ」
「……」
「そう、その感じ」
 カーキッドが満足そうに言うと、少年は大きな目で彼を見つめた。笑いはしなかった。だがその瞳は輝いていた。
 ――いい顔だ。
 この少年の顔を今までよく見ていなかったが。
 ――こういう顔をすんのか、こいつ。
 まだ幼さを残す、少女のような顔ではあるが。
とてもいい目をしている。
「ほれ、こっちからも行くぞ!」
「――ッ」
「ハハハ、油断するからそうなるんだ。もういっちょ!!」
 そうしてカーキッドとマルコははそれからしばらく、打ち合いを続けた。
 何度かカーキッドは「休憩にするか?」と尋ねたが、マルコは首を横に振った。
 楽しそうだった。言葉にされたわけではない、でも目がそう言っていた。振るのが楽しい、打つのが楽しいと。
 自分も、かつてそうだったから。
 棒切れを握るだけで楽しかった。振ればさらに心が躍る。型なんてどうでもいい、朝から晩まで、1日中だって振り回していられた。
 1人で振るのも楽しい。だが相手がいれば尚更だ。
こんな経験、マルコは初めてだったのだろう。
「お前、筋いいよ」
 結局、昼も食べずに二人は打ち合った。
「毎日続ければ、いい剣士になれるぞ」
 さすがに疲れて座り込んだマルコに、カーキッドはそう言った。冗談が半分、残り半分は本気だった。
「お前は魔術師が志望だったか?」
「……」
「魔術師でも、少しは使えたら便利かもな」
「……剣を?」
「ああ」
「……」
 少年は頬を真っ赤に染めてカーキッドを見ていたが、やがて恥ずかしそうに俯いた。
「楽しかったか?」
「……」
「そうか」
 俺もだとは告げずに、ただカーキッドは口の端を吊り上げた。
「昼飯食い損ねたな。腹が減っただろ。晩飯がいつもより美味(うま)くなるぞ」
「……」
「さて、俺も着替えてくるかな」
 それでもまだじっと見つめてくる少年の肩をポンと叩いた。
「お前も着替えてこい」
 少年は少し動きにくそうに立ち上がると、ペコリと頭を下げ、建物の方へ走って行った。
 その背中を見届け、鼻の頭を掻く。胸が転がるような感触がした。
 ――楽しかった、か。
 子供と遊んでいただけなのに。木切れを振り回していただけなのに。
 楽しかったのだ……カーキッド自身も、とても。
「……へへへ」
 その晩の食事は本当に、思った以上に美味しかった。
 マルコも、皆と同じに食堂に来ていつもより長くその場にいた。いつにない勢いで食べている様子が面白かった。
 カーキッドが見るとマルコもチラっと見、そのたびに少し気まずそうな顔をしたけれども。
 カーキッドが笑ってやると、安心したような顔をした。
 笑いはしなかった。
 でも、カーキッドはなぜか満足だった。

  ◇

 食事を終えて部屋に戻るが、当然真っ暗である。誰もいない。
 昼間には思わなかった妙な感情がカーキッドの胸をかすめる。
 だがそれを、
「あー、清々すらぁ」
 と一人呟き笑ってみた。
「酒でも持ってこりゃよかった」
 こういう時こそ酒がる。先日、しばらく酒は控えようと思ったばかりだったが、オヴェリアもいない、過去の事は忘れた振りをする。
 仕方なく持ち歩いているとっておきの酒を荷物から取り出し、ゴクリと一杯呷あおった。
 喉が焼けるままに、寝台にひっくり返る。
 今頃オヴェリア達はどこにいるだろうか? 
「あのクソ神父、妙な事したら叩き斬る」
 呟き、カーキッドは腕を見た。湯浴みの後に一度巻いた布を解いてみる。ランプの明かりに、痣が広がっていない事を確認し安堵する。
 それから、思わず笑った。
「あんなガキの遊びで、」
 痣がどうのと、呪いがどうのと恐れるなど。
 笑ってしまう……戦場で共にした者達が見たら、大笑いどころか呆れるだろう。
 ――ガキの遊び。
 目に()ぎる、昼間のマルコの姿。手の感触、視線、心の動き。
 子供の遊び……始まりはあそこ。振り回すだけの世界。それが楽しくて仕方がなかった遠い昔。
 いつからだっただろう? そこに強さを求め始めたのは。純粋に強くなりたいと願うようになったのは。
 木切れが、剣へと変わり。
 一振りするごとに何かが変わっていった……それは世界ではなく、己自身が。
 でも自分にとって、それは世界であったように思えた。
 貪欲に、ただひたすら求めた強さと力の果てに、その切っ先が求めるようになったのは。
 ……死だ。
 強さはいわんや死を意味する。力を得るという事は、誰かの犠牲の上に成り立つ。
 戦うのならば永久に付きまとうもの。それは他を圧倒する事。凌駕する事。
 それだけが、唯一価値を持つ世界。――戦場での概念は、実に単純だ。
「……」
 ――だが、
 幾多の戦場を見た。地獄も走った。俺は変わったとカーキッドは思う。子供の頃と同じようにはいかない。剣が持つ重みも知った。業も知った、覚悟も持った。背負ったものはあまりにも大きい。
 しかし。
 ――楽しかった……。
 あんな子供の遊びが、たまらなく。
 命のやり取りでもなく、何の証にもならないあの時間が。
 たまらなく。
 そう思う自分は……変わったようでいて、本当は何も変わっていないのだろうか? と。まだあの頃と同じものを持ち続けているだろうか? ――随分遠くまで来た気がするのに。
「……剣が振りてぇ」
 誰かと戦うためじゃなく。単純に。
 剣が持ちたい。思い切り振り回したい。
 ――あの時みたいに。
 オヴェリアと打ち合った時の事を思って。振れない事にではなく、残っている感覚に腕が震えるから。
 その夜は、それを愛しく抱いて眠った。
 オヴェリアが早く帰ってくる事を願いながら。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ