挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第2部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/179

 第12章 賢者の森 -1-


 歌い上げる、真実の調べ。
 君はまだ知らない。
 真実がいつか、誰かの心を永遠に捉え。
 支配し、
 穿つ事になろうとは。


  12


 雪が積もっているのかと思った。
「カスミソウだわ」
 言われてカーキッドは、ああと目を細めた。
 林道を抜けると、そこは一面の野原で。
 白い小さな花がじゅうたんのように、辺り一帯に広がっていた。
「雪みたい」
 オヴェリアから久しぶりに笑顔がこぼれる。それにカーキッドも釣られたように口を傾けた。
「これを越えた向こうになります」
 先を行くレトゥが2人を振り返り言う。傍らに立つマルコは黙ったままオヴェリアとカーキッドを眺めた。
「行きましょう、カーキッド」
 オヴェリアの笑顔に、カーキッドは少し顔を背けた。
「……おぅ」
 花畑の中を歩いて行く。それはカーキッドにとって不思議な心持ちだった。
 ――花畑、か。
 色々な土地を旅した。海も見た、山も登ったし砂漠もあった。人が生きるには過酷な環境を旅し、戦い続けてきた。
 常に戦場を求めて。
 生と死の狭間を、ただひたすら走り抜けるばかりで。
「カスミソウの畑なんて、初めて見ました」
 そうかい、とカーキッドは内心呟く。俺は花畑すら見た事ないね。意識すらした事なかった、花なんぞ。
 ――いや、ただ一つだけ……。
 脳裏に浮かぶ花畑。
それは、薔薇。武大臣グレンに呼び出されて城に出向いた帰り道に迷い込んだ白薔薇の庭。
 むせ返るほどの薔薇の匂いと、そこに立つ白いドレスを身にまとった女性。
 ――俺にとっての花畑。
 前を行く少女の背中。マントが彼女の動きに合わせて小刻みに揺れている。
 花を美しいと思う事。その美しさに目を奪われた事などなかった自分は。
 ――心を無に。何事にも囚われるな。
 それは不幸なのか、それとも幸福なのか?
 そう思ってカーキッドは自嘲気味に笑った。 
 知らねぇやとうそぶく。

  ◇

 町は花畑を越えた向こうにあった。
「あ、先生こんにちは」
「ああ、こんにちは。調子はどうだい?」
「ボチボチだな。やっと雨が降ったからよぉ」
レトゥとマルコが暮らす町、ジブソフィラ。
 最初に見えたのは広大な畑。町はその中央にある。畑の中にある町、ハーランドでは見る事でない光景にオヴェリアは目を輝かせた。
そして道行く者たちは、レトゥはもちろんの事オヴェリアとカーキッドにも視線を投げる。
「先生、客人かい?」
「ああ。ちょっと助けてもらったんだよ」
「先生が? そいつはすげぇな」
「こんにちは」
「こんにちは」
 皆、笑顔。
 オヴェリアも笑う。
 すれ違う人々は皆、日に焼けて服も泥に汚れている。でも素敵な顔だとオヴェリアは思った。
 何より惹かれたのは、レトゥが彼らと話す姿。彼が皆に慕われている様子かすぐにわかった。
「ここジブソフィラは、ご覧の通り農業で栄えている町です。農地は南の山の麓まで続いています。山からの風が土地をいい具合に肥やしてくれ、1年通しで実り豊かな町です」
「本当に、良い風が吹いています」
 オヴェリアの言葉にレトゥは嬉しそうに笑った。
「あれは何の畑ですか?」
「あれはトマトですな。キュウリにナスにトウモロコシに……ほら、もう実がついてる」
 食い入るようにオヴェリアは身を乗り出した。
 小さな木の枝の先端から実が鈴なりについている。緑色のトマト。赤く実る前のまだまだ小さなそれは、まるで赤ん坊のようだとオヴェリアは思った。
 畑見渡せば、そんな小さな実でいっぱいだ雨の後だからか水撒きの後だから、水滴が反射してキラキラと輝いていた。風に揺れる苗たちが、まるで嬉しそうに笑っているように見えた。。
 オヴェリアはその光景が何だか特別愛おしく見えて、手を伸ばしそうになった。すぐさまカーキッドから「おい、転ぶなよ」と注意が飛んでくる。
「ねぇ見てマルコ、こんなに実が」
 オヴェリアは少年を向いた。この感動を分かち合う友が欲しかった。
だがマルコは、町の者と談笑するレトゥの傍らに俯いたままで。オヴェリアの視線に気づくとすぐに隠れるように立ち位置を変えた。
「オヴェリア」
「……」
「おい、オヴェリア」
「……ああ、え、何?」
「そこ、見てみろ。そこの葉っぱ」
「え?」
「見えないか? よく顔近づけて見ろ」
「……??」
「芋虫がいるぞ」
「――ッッ!!」
 悲鳴と共に飛び上がったオヴェリアが次にした事は、カーキッドの腕を掴む事。
 だがその勢いと力は思いのほか強く。
 油断していたカーキッドが引っ張られ、畑にひっくり返ったという展開は……むしろ合掌。



「賢者の森?」
 オヴェリアが尋ねると、レトゥは少し照れくさそうに笑った。
「子供たちが最初に言い出したんですが……私の事を、賢者ではないかと。ははは、私はただのしがない老人。ですがね、子供たちが賢者を目指すくらいに励んでくれればと思ってその名を使っているのですよ」
 町を抜け森に入って間もなく、白い壁と赤い屋根の建物が見えてきた。
「そこが学校です。通称〝賢者の森〟。ほら、賑やかな声が聞こえる」
 本当だ。元気な子供たちの声が聞こえてくる。オヴェリアは嬉しそうに目を細めた。
「少し騒がしいかもしれませんがお許しを。カーキッド殿の腕の呪い、早速調べてみましょう」
「よろしくお願いします」
 レトゥを見つけた子供たちが一斉に駆け寄ってくる。
 20人はいるだろうか、オヴェリア達も囲まれて、途端にその場は大騒ぎになった。
だが一人だけ騒ぎに加わらず、すっと建物の中に入っていた子供がいた。マルコだ。
 それに気づきオヴェリアは一度名を呼んだが……去りゆく背中は振り向かなかった。
その背中が目に焼き付いた。少年が消えて後も、オヴェリアはずっと彼が行った方を眺め続けた。

  ◇

「こちらの部屋をお使いください。狭くて申し訳ございませんが」
「いえ、色々とありがとうございます。本当に助かります」
「ではまた後程のちほど
 レトゥが去るとすぐ、カーキッドは荷物を下ろし寝台にひっくり返った。
「……ふぃー、参った参った」
 2人が案内されたのは、赤い建物の裏手にある建物。来客用の別棟という事で、しばらくそこを貸してもらう事になった。
 今回は二部屋だ。
「難儀な所に来ちまったもんだ」
「でもあなた、凄く人気だったじゃない」
 オヴェリアがクスクスと笑う。カーキッドは嫌な顔をした。
 確かに、群がる子供の大半はカーキッドに寄って行った。その逞しい体に目を輝かせる者、腕に捕まろうとする者、勝手に体当たりを始める者、屈強な猛者が持つ傷跡をしげしげと眺めつねってみようとする者……腰の剣を勝手に引き抜こうとする者もいて、「コラ、触んじゃねぇ!」「やめろ馬鹿野郎!!」と終始怒鳴り続けていた。
「ガキは、疲れる」
「ふふふ」
「……何がおかしい」
「別に何も? ふふふっ」
「……腹が減った」
 この町にきてまだ数刻。だがカーキッドはすっかり疲れ切った様子でそう言った。
「ここの子供は23人。町から通っている子、レトゥ様の噂を聞きつけた他の町の親が託して預けた子供もいる。確かに、魔術と勉学を教えてくれる人なんて中々いません。噂が広まればもっともっとこの学校は大きくなりそうですね」
 カーキッドは興味なさそうに煙草を取り出してくわえた。
「マルコは、……どっちなんでしょう?」
「あのガキか」
「ええ……見ていましたか?」
 カーキッドは答えなかった。ただ少しだけ苦く笑い目を伏せた。
「荷物を下ろしてきます」
ここはカーキッドの部屋。オヴェリアは隣の部屋を借りた。
部屋を出かけて、オヴェリアは少し躊躇ためらった。何となく、後ろ髪惹かれる想いにかられる。その理由が彼女にはよくわからなかった。
「また後で」
「おう」
 別々の部屋。
 数歩挟んだ先にある扉を開けると、そこは自分だけの空間。1人だけの部屋。
「……」
 部屋は広くはない。寝台が一つとテーブルが一つ。一人でやっと過ごせる程度の大きさ。城にいた頃を思えば、部屋とも呼べないような場所だ。
 だが不思議とオヴェリアはこの場所を、狭いとは感じなかった。
 ただ、
 ――一人……。
 旅の多くを同じ部屋で共にした。最初は異性と2人きりで同じ部屋なんて、とても抵抗があった。緊張と恥かしさで眠れない事もあった。
 だけど。
 ――別々……。
 今日は別の部屋。レトゥが用意してくれた。いつもなら「宿代がねぇ」と言うカーキッドも、今日は断らなかった。
「……」
 この感覚は何だろうかと、オヴェリアは思った。
 ――寂しい……?
 そんなまさか、だって。男性と同じ部屋で過ごすなんて考えられない。考えられなかったはずなのだ、旅に出る前の自分だったら。
一人にだって慣れていたと思っていた……城にいた頃はもっともっと広い部屋で、侍女を払って一人で過ごす事も多かった。
「……」
 想いを振り払うように首を振り荷物を置く。マントを下ろそうと思って肩に手をやった時、壁の向こうからゴトゴトという音が聞こえてきた。壁一枚向こうのカーキッドの部屋からだ。
「狭ぇ」
 壁ごしに聞こえてきた声に、オヴェリアは思わず笑った。
「貸していただいたのに、文句を言ってはいけません」
「あぁ? でもこりゃ、ガキ用じゃねぇか? 寝台、足伸ばせねぇよ」
「野宿に比べたら雲泥でしょう?」
 くすくす。
 ――ああ、隣にカーキッドがいる。
「荷物どこに置きゃいいってんだ!」
 薄い壁の向こうから、ドタドタと声が聞こえてくる。
 そしてそれだけで安心する自分がいる。
「カーキッド、こちらに声が丸聞こえです」
「知らねぇよ、壁が薄すぎるんだ」
 マントを下ろす、マフラーを外す。
 ――一人じゃない。
 剣を見る。そしてもう一度オヴェリアは呟く。
 一人じゃない、寂しくなる理由なんかないのだと。



 荷物を下ろし、その後二人は敷地内の案内を受けた。
中央の赤い建物を中心に、オヴェリア達が借りた別棟、そしてレトゥの書斎、子供たちの部屋、勉強用の教室に遊び場、皆で集まって食事ができる場所、そして畑……中も外も思ったよりずっと広かった。
 食事の時間は子供達と一緒に食べた。小さな子供も多くいる。それぞれが笑い合って食べている空間は町の食堂とも違う。オヴェリアが今まで体験した事のない賑やかさだった。
「コレ、静かに! すいませんね、お客さんが珍しいんですよ」
 困ったように言った女性は、年は50程。レトゥと子供達の世話をするために町から通っているのだと言った。大人はこの女性だけではなく、何人か手伝いに来ている者がいるようだった。
「おい! 俺の飯だぞそりゃ!!」
 カーキッドはいつの間にやらすっかり子供達の人気者で、オヴェリアはそれがとても楽しそうに見えた。
「この野菜美味しいです。魚も。これは何て魚なのですか?」
「イワナだよ。美味しいでしょう? 昼間釣ってきた物だよ。野菜も採ってきたばかりの物を使うの。他の土地とはちょっと違う、どれも甘いでしょう?」
 魚は塩を振って焼いた物、野菜も大きめに切って炒めた物だ。凝った味付けではない。だが魚は風味が強く、野菜は甘かった。こんな甘い野菜を食べたのは、オヴェリアは初めてだった。
「果物みたい」
「ははは! そりゃいいね」
「カーキッド殿はお酒は? いけますかな? とっておきのがあるんですが」
「いいな、酒は俺の燃料だ」
「ほほっ、ここで酒を酌み交わす相手が出来るなんて、初めてでございます」
「えー、僕も僕も」
「ガキはすっこんでろ!」
 レトゥと2人で飲み始めたカーキッドを見て、オヴェリアは彼の体調を少し心配した。本当はずっと気がかりで仕方がなかったが、結局、口にする事はしなかった。
(大丈夫)
 カーキッドは笑っている。楽しそうにそこにいる。
 今はその現実があればいい。
(呪いはきっと解ける)
 何の確証もない。けれどオヴェリアはそれを信じて。
 彼女自身も笑う事にする。


 翌朝。
「頭痛ぇ……」
「飲みすぎです」
 朝からカーキッドは頭を抱えていた。昨日の晩の酒である。
 レトゥに勧められるままに飲んだのはいいが、思いのほか強く、彼にしては珍しい失態であった。
 昨晩は途中から記憶もない。どうやって部屋に戻ったのかもわからないまま朝が来て、気が付くと布団の中にいたという状態だった。
「昨日の晩、何もなかったか?」
「え?」
「夜襲だ」
「いいえ。平和な夜でしたよ」
 カーキッドの表情が曇る。昨晩もしも刺客が来ていたら、完全に遅れを取っていた。
 ――油断しすぎだ。
 刺客の襲撃は、フォルストの以来パタリと止まった。
 だがカーキッドは刺客の言葉を聞いている。彼らの狙いがオヴェリアだという事を。
 ましてあちらには……オヴェリアに傷を負わせたほどの者もいるのだ。
「すまん」
 カーキッドは呟いた。ここだって、いつ何時どうなるかわからないのだ。
「何が?」
「いや、だから。昨日酔い潰れて」
「…………別に、それは」
「すまん、俺とした事が、油断した」
「いいえ。……私は大丈夫、気にしてませんから」
 ポッと顔を染めたオヴェリアに、カーキッドは「あん?」と訝しげな顔をした。
「確かにちょっと、恥かしかったですけど……見てませんでしたから」
「……何の話だ?」
「? だから、昨晩でしょう?」
「昨晩だ」
「だから……カーキッドが酔って、踊り出した事ではなくて??」
「……………」
 カーキッド・J・ソウル、その日彼は思った。しばらく酒は控えようと。
 ……その後2人は朝食のために食堂へと向かった。
 食堂にはもう子供達が揃っていて朝食の最中だった。2人を見つけたレトゥと朝の挨拶を交わす。
 そしてオヴェリアは、昨晩と同じ場所に座ろうとしたのだが。
 昨晩カーキッドが座っていた場所に先客がいた。
 一枚布の紺の衣服。茶に近い金の髪と、何より目を引いたのは彼の傍らにあった荷物。
 弓矢。
 一瞬オヴェリアはもちろんカーキッドも動きを止めた。
 気配に気づいた紺服の男が、背後に立った2人を振り返った。
 そして。
「あ」
「あ」
「おや」
 男は口に端に赤いソースをつけながら、にこやかに微笑んだ。
「これはこれは、オヴェリア様とカーキッドではありませんか! いやはや、何たる偶然」
 正装のキャソックを身にまとったその男。
「デュラン様!!」
 オヴェリアが歓喜の声を上げたのは、言うまでもない。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ