挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第2部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

48/179

 第11章 死の呪い -2-

「川が氾濫してる!! 石垣が崩れたぞッ!!」
 夜から降り出した雨は、朝になりいよいよ勢いを増した。
 そんな中を合羽(カッパ)姿の者が何人も走っていくのが宿の窓から見えた。
 外の様子をじっと見るオヴェリアと、彼女の背中を見つめるカーキッド。
「さっさと用意しろ」
 カーキッドはもう旅支度を整えており、後は剣を腰に挿すだけの状態だった。
 だが対してオヴェリアはまだ部屋着のままである。
「オヴェリア、早くしろつってるだろうが」
 声に苛立ちが混ざっている。それに気づいていたが返答はせず、代わりに目を伏せた。
「雨がひどいです」
「関係ねぇ」
「川が氾濫して、北に行く橋が通れないと宿のご主人が言ってみえました」
「……だったら違う道を探す」
 行くぞと言い放ち、いよいよ剣を腰に身に着けたカーキッドに。
 オヴェリアはゆっくりと彼を振り返った。
「行きません」
「あん?」
「……北へは行きません」
 何言ってんだ……、カーキッドは舌を打った。
「雨に濡れるのが嫌だってのか? これだからお姫様は嫌なんだ」
「そんな事言ってません」
「じゃあ、ついに旅が面倒になったのか?」
 そりゃそうだろうな、旅なんて実際面倒な事ばかりだ。
 体は悲鳴を上げているし、食べ物だって困る。いつもきちんと食事が取れるかわからないし、寝る所だってそうだ。
 すべて先が見えない。その時にならなければわからない、確実な事が一つもない。
「そんな事言ってないでしょう?」
「だったら何だってんだ」
 カーキッドの目つきが厳しくなる。
「竜退治が怖くなったってのか」
「……ゴルディアへは向かいます」
 そしてオヴェリアの目も同様に厳しくなる。
「でも、このまま北上はできません。あなたの腕をそのままにして、この先には進めません」
「――」
 雨は雷と風を伴って。
 大地に激しく吹き荒ぶ。


 ……オヴェリアは昨晩、結局一睡もできなかった。
 カーキッドの腕の傷を見てから、ずっと、心臓が早鐘に打っている。嫌な汗ばかりが吹き出してくる。
 いくらオヴェリアが世慣れしてないお姫様であっても、カーキッドの腕の赤黒い痣が尋常ではない事はわかる。
(あれはただの傷じゃない)
 火傷でもない、切り傷でもない……あんな禍々しい模様。
 思い当たるのはただ1つ。
 ――呪い。
 フォルストで彼女達が戦ったのは、常人ではないのだ。
 赤ん坊に呪いをかけ、人を獣とし、死んだ者を操るような輩。
 獣となった者がどういう末路を辿ったか。宰相ドーマが最期どのような姿になったのか。
 まして……アイザック・レン・カーネルの姿。
 満身創痍のデュランがどのような傷を負っていたか。全身にどれだけの傷を受けていたか。
 ギル・ティモという、彼女達が出会った魔道師は。
 あれだけの事を成したにも関わらず平然と……笑っていたのだ。
 その戦いの中で受けた物だとしたならば、カーキッドの傷は……それにオヴェリアは気づいていた。彼が時折顔を苦痛にしかめるのを。それが少しずつ増してきているのを。
 痛みが和らいでいるなんてとても思えない。
 ――守られてきた。
 彼女は唇を噛みしめ思った。私はどれだけこの人に守られてきたのだろうかと。
 竜を倒す、ゴルディアに向かう、国を守る、……簡単に言ってきた数々の言葉。でも実際に旅に出て知ったのは、救いがたいほどの自分の浅はかさ。
(私はゴルディアまでの道すら知らない)
 旅は容易な事ではない。誰も巻き込みたくないと思ったから、1人で行こうと決意したけれども。
『己一人で成し得ると? 傲慢なお城ちゃんだ』
 出立前にカーキッドに言われた言葉。確かに自分は傲慢だった。
 もしあの時本当に1人で旅に出ていたら……今ここに立っている事ができただろうか? 命そのものが果たしてあっただろうか?
 ――守られてきたんだ……。
 お守りはしねぇと口癖のように言うこの男に、何度危険から助けられ、この身を庇われて。
 薔薇の御前試合で優勝した……その腕を誇ったつもりはなかったけれども。本当はどこかでおごっていたのかもしれない。
 この世界は広い。
 そして自分は何一つ知らない。知らなかった。
 その中で。
 ――カーキッドがいたから、
 ここまでこれた。
 戦う事、生きる事、前に進む事。
 ……だから。
「あなたの体を治すのが最優先です」
「……」
 その言葉にカーキッドは唖然とした。
「……傷は徐々に癒えているって昨日も言っただろうが」
「嘘です。それならなぜそんな顔をするのですか? むしろ徐々に広がっている、違いますか?」
「……」
「そしてそれはギル・ティモの呪い。私を庇って受けた物でしょう?」
「……お前には関係ない」
「私を守って受けた傷ならば、関係なくありません」
「自惚れんな、誰がお前なんぞ、」
「レトゥ殿に診てもらいましょう。何かわかるかもしれない」
 腕を取ろうとするオヴェリアを、カーキッドは邪険に払いのけた。
「触んな」
 パシっと打たれた場所が痛かった。その痛みは同時に彼女の胸をも打ったけれども。
 オヴェリアはもう一度、カーキッドの腕を掴んだ。
「触るなと、」
「自惚れてるのはあなたの方です!!」
「……ッ!」
「こんな腕を、こんな状態のあなたを、この私が放っておけると思っているのですか!?」
「…ッ…………」
「これはギル・ティモの呪い。ならばこれは命に関わるものとなる。あなたはそう思っている」
「……だから、さっさとゴルディアに行くっつってんだ」
 この命が絶たれる前に。
 オヴェリアはカーキッドを睨んだ。
 ――この人は。
「止まってる暇はねぇ。急いで北上するぞ、時間がねぇんだ」
「勝手に決めないでください!!」
 強い人。でも本当は。
「あなたの体が最優先です」
「竜退治が最優先だ」
「そんな物、二の次です」
 カーキッドはギョッとした。「お前……」
「あなたが倒れては何の意味もない」
「……」
「あなたが一緒にいてくれなくては……あなたが一緒じゃなくては。あなたは竜を倒したいんでしょう? 強い者と戦いたいんでしょう?」
「……」
「だったら勝手に諦めないで! 勝手に結末を決めないで!! あなたはそんな呪いに負けてはいけない。違うでしょう? あなたが目指してる強さは」
「……俺が目指してる強さ?」
 戦う意味。
「あなたは自分のために戦う人、自分のために技を磨く人、いつも今より高い場所を目指してる人」
 それはひとえに、
「それはあなた自身が、自分に失望したくないから」
「――」
「あなたは失望しないの? 本当に満足なの!? 呪いで倒れる自分の姿など」
「……」
「カーキッド」
「……うるせぇ」
 カーキッドは目をそらした。その顔はいつになく迷いに満ちていた。
「てめぇが俺の身を案じるのは、竜退治の共がいるからか?」
 そんな言葉、普段の彼なら言わない。
 言わせているのだ、内にある死への恐怖が。
「竜退治と……道案内人が必要だから、俺の事を」
「そうです」
「……」
「でもそれだけじゃない」
「……」
「あなただから。カーキッド。あなたは私の大事な共。仲間だから」
「……」
「これ以上、大事な人がいなくなるのは真っ平です」
「……大事な人、かよ」
「そうです。決まってるでしょう? 大事に決まってる」
「……」
「カーキッド、許しませんよ。勝手に、勝手に」
 ――涙が。
 カーキッドが海だと思った瞳から、幾つもの涙がぽろぽろと溢れて。
「死ぬなんて許しません」
 彼女の泣き顔、それを前にして。
 カーキッドはらしくなく項垂れた。
「すまねぇ……………」

  ◇

「これはッ……」
 数刻後、オヴェリアとカーキッドはレトゥとマルコの部屋にいた。
 無論カーキッドの腕の痣を見せるためである。
「カーキッド殿、これをどこで!?」
 答えあぐねていると、先にレトゥが言う。
「呪い……」
「レトゥ様もそう思われますか?}
「いや……間違いないでしょう。しかもこれは……そうか、だからか。……あなた方に会った時から何か妙な気配を感じておりました。これが原因か」
「治りますか?」
 オヴェリアが食い入るようにレトゥを見る。
 魔術師は深々と眉間にしわを刻み、しばらくの間無言で腕を見つめた。
「わかりません、……だが、町に戻れば何かわかるやも……」
「町?」
「南西の町ジブソフィラ、私が子供達に魔術と学問を教えている所です。そこにある書物を紐解けばあるいは。いくつか特殊な薬もあります。試してみる価値はありましょう」
「カーキッド」
 オヴェリアが見ると、カーキッドは酷く苦々しい顔をしていた。
「レトゥ様、お願いできますか?」
「やってみましょう」
「いいですね、カーキッド」
 絞り出す声は、不承不承。
「……頼む、先生……」
 この男がこんなふうに頭を下げる姿を、オヴェリアは初めて見た、。
 そして彼女も一緒に頭を下げる。切なる願いをそこに込めて。
「お願いします。レトゥ様」
「お二人ともどうか頭を上げてください、……わかりました。出来る限りの事を致しましょう」

  ◇

 1日中降り続いた雨は夕方になってようやく上がった。
 空を浄化したように夕焼けはいつもに増して美しく見えた。
 その日のうちにオヴェリアは、ふみを一通したためた。
 ――デュラン様……
 デュラン・フランシス。
 ギル・ティモの魔術を前にしてもひるまず立ち向かったあの神父。ギル・ティモの目的を調べるために総主教庁へ戻ると言っていた。
 彼がそこにいるかはわからない。だがオヴェリアはカーキッドの腕の事をしたためて、行商人に託した。
 願いと共に空を仰ぐ。天を仰ぐ。神に手を合わせる。
 きっと大丈夫……自分自身にそう言い聞かせながら。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ