挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第2部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

46/179

 第10章 水の魔術師 -3-

 宿を出た。
 町はまだ眠りの中にいる。
 空はまだ暗いが闇夜ではない。
 町に着いたのは夜だった、今も周囲を完全に見渡せるような状態ではないが、小さな町ではない様子。家の数も多い。
「おい、オヴェリア」
 レトゥとマルコは町を足早に歩いて行く。その後を、オヴェリアは一定の距離を保ちながら追いかけていく。
「あの2人が何だってんだ」
「おかしいと思いませんか?」
「何が」
「こんな早朝に」
 カーキッドは首を横に振った。「全然」
「そういう事もあるだろ。俺らだって早朝出発する事もあるだろうが」
「……そうだけど」
「帰るぞ。俺は腹が減ったんだ」
 私だって減りました、と言いかけオヴェリアは唇を噛んだ。
「もう少しだけ。気になるんです」
 カーキッドはクシャミをした。それが通りに響いたが、レトゥとマルコは気づかなかった。
「静かにしてください!」
「……るっせぇなぁ。クシャミくらいさせろ」
「どこでもここでも脱ぐからそうなるんです」
 鼻をすすりながら、カーキッドは嘆息を吐く。
「町から出るようです」
「なぁ、もういいだろ?」
「峠道に入って行く」
 町の出入り口にある柱に隠れ、オヴェリアは2人の背中を見つめる。
「行きましょう」
「マジかよ」
 カーキッドはあからさまに嫌そうな顔をした。
「いい加減にしろ。俺達には関係ないだろうが」
 それにこんな軽装で……オヴェリアは鎖帷子くさりかたびらも着けていない。今もし刺客に襲われたら最悪だ。カーキッドはそこに危険を感じて渋るのだが。
「あの子の顔が」
「あん?」
「あの子は昨晩……ずっと、怯えたような顔をしていた」
「?」
「……カーキッドは戻ってて。私はもう少しだけ見届けます」
 言い置いて走り出したオヴェリアに、カーキッドは大きくため息を吐いた。
「んなわけに行くか」
 ついてきたカーキッドにオヴェリアは驚いたが、内心少し安堵した。
「……ありがとう」
「馬鹿野郎。俺はただ、小便するのにいい場所を探してるだけだ!」
 峠道は上り坂になり、やがて山道へ入って行く。
「誰かいるぞ」
 山道に入る手前で、レトゥとマルコを待つ者がいた。戦士や魔術師の類ではない。身なりだけ見れば町の者だ。
 3人が何を言っているかはわからないが、待っていた男が頭を下げている。どうやら彼が案内人のようだ。男に促されるまま、レトゥとマルコは山へと入っていく。
「腹減った」
「静かに」
 しかしオヴェリアはようやくこの段階で自分達の状態に気づく。山に入るには身なりは愚か、何一つ準備がなさすぎる。
 この先へ着いて行っていいものか……やはり引き返すべきなのか? カーキッドを見れば当たり前のように「さぁさっさと帰るぞ」と言わんばかりの顔をしている。
 悩んだ末、オヴェリアは山道に踏み入った。
「おい、お姫様。いい加減にしとけ。俺達にゃ関係ないぞ」
「……そうですけど」
 それはわかっている。わかっているが。
「理屈ではないんです」
「……」
 ポロっと出たその言葉に、カーキッドは少し目を見開いた。
「とにかくもう少し。本当に無理となったら引き返しますから」
 なぜあの二人の事がこれほど気になるのか、オヴェリア自身にもよくわからない。
 カーキッドは頭を掻いた。
「面倒くせぇ」
 ……だが道は思ったよりも長くはなかった。山道に入ったレトゥたちは、すぐさま脇道へと道を移した。そしてそれほど時間が掛からぬうちにたどり着いた先にあったのは。
「――!! これはッ!!」
 先に行ったレトゥの叫び声に、オヴェリアたちは岩陰からその光景を目の当たりにする。思わずオヴェリアは口を塞ぎ、カーキッドも目を見張った。
 そこにあったのは繭。
 だが並みの大きさではない。まるで人がくるまれていそうなほどの大きさの繭が、白んできた空の薄い明かりの下にも、10や15は数見える。
「あれは、」
 カーキッドが目を細めた。
「ありゃ、羽蟲(はむし)の卵だ」
 言われた言葉に、オヴェリアは愕然とする。
 蟲。
 正式名称はギョウライチュウ。
 孵化し飛び回る姿を、オヴェリアも見ている。
 人ほどの大きさを持つ異形の存在。人を食らう蟲、それによって村は壊滅し、成すすべなく命を落としていく人の姿を見た。
「あんな……」
 あの時の事を思い出し、オヴェリアの全身に汗が噴き出す。
「まずいな、ありゃもうすぐ孵化するぞ」
「えッ……」
「そうか、だから魔術師か」
「どういう事?」
「あれは普通の人間にはどうにもできん。例えば火をつけて燃やすとしても、並みの火力じゃ繭が燃える程度だ。お前も見ただろう? あの時村は火の海になってたのに、あいつらは平然と飛んでた様を。繭が燃えて孵化が早くなる。そうして出てきた連中は、生まれた途端に暴れ狂うぞ」
「……ッ!!」
「火に頼ってあいつらに滅ぼされた村や町は1つや2つじゃねぇ」
「兵士は……」
「駐屯兵か? 奴らに頼っても無駄さ。腰抜けばかりだ」
 どの道あれをどうこうする事はできんだろうがな、とカーキッドは不敵に笑った。
「さぁて、どうするのかね? 魔術の先生は?」
 先ほどまでの様子から一転、カーキッドは興味津々に目を輝かせて様子を伺っている。
 オヴェリアはどうしたものかと迷いながらも、彼女もまた彼らを見守る。



「先生……」
 抑えようとしても心が震える。心が震えれば唇もまた必然に。
 マルコは師を見上げる。持ってきた松明の光が淡くその横顔を照らした。
 空には月もなければ、太陽も未だあらず。
「マルコ、ここはお前に任せる」
「えっ……」
「やってみなさい」
 自分を見るレトゥの顔は穏やかで。
 目の前の状況に似つかわしくないほどに、静かで温かいものだった。
 マルコは考えた。絶句したと言い換えるべきか。
 だがやがて、
「……はい」
 予感がなかったわけではなかった。今回の旅に同行する事になった時から。
「順番通り、練習のままに」
 落ち着き、やれ。
 少し不安そうな案内人の男の顔は見ず、マルコはポケットから黄色のケースを取り出した。
 中から1本白墨を取り出す。ウキザラシという貝を原料にした白い塊を、棒状にして紙でくるんだ物だ。
 手にし、もう一度レトゥを見てから、改め繭に向き直る。
 ざっと見、数は20。3本の巨木にギッシリと産み付けられている。
 繭……と言っても表面はぬめりを帯びている。粘着質を思わせるような密着の度合いだ。
 ゴクリと唾を呑み込み、マルコは地面に白墨を滑らせた。繭のある一体を、グルリと円を描くように囲んでいく。
「レトゥ様……」
「大丈夫。あれは我が一番弟子」
 案内人とレトゥの会話は、マルコの耳を素通りする。
 肌寒いはずなのに皮膚を汗が伝う。
 円を描き外周に文字を並べていく。
「我ここに、魂を刻む」
 ピっとレ点を打つ。
 円に沿って3歩歩く。そこにまた文字を描いていく。
「我ここに、魂を刻む」
 レ点を書いて、また3歩。
 腕を伸ばす、筆を走らせる、鼓動が激しくなって行く。
「我ここに、魂を刻む」
 ガサゴソと音がする。見上げれば目の前に繭がある。中で蟲が、確かにうごめいている。
 今にも音を立てて、中から噴き出しそうな感覚に。
 マルコは息を呑み師を振り返った。レトゥは何も言わず、小さく頷いた。
「……」
 息が荒くて。体が震えて。
 白墨で描く文字の列は、本当に意味をなしているのか?
「我ここに、魂を刻む」
 言葉は本当に、言霊となってここに打ち付けられているのか?
 ――失敗したら……
 蟲の事は知っている。もしここで自分の術が失敗して、ここにいるすべての蟲が繭から飛び出して暴れ狂ったら。
 ――先生は、……町の人々は……
『町を助けてください』
 助けを求められたのは師。だがここでもし自分が失敗してしまったら? 師の名を汚すような事になってしまったら?
「……我ここに、魂を」
 助けてください、そんな気持ちでもう一度振り返ったけれども、レトゥは表情を変えず、ただじっと見ている。
「……」
 ――我ここに、魂を刻む。
 汗が流れる。白墨が折れた。
 半分になったそれで、文字を滑らせる。
 そして最後は、始まりの場所へとつなぐ。
「我ここに」
 魂を刻み。
 描くのは、何の想いか。


 立つ。
 深く呼吸する。でも息が胸まで入ってこない。
 手をかざす。、左の手を重ねて、逃げようとする右手を押し出すように。
 練習の通りに。大丈夫。
 陣形は出来た。後は最後の呪文を唱えるだけ。
「開門」


  万物の神ヘラ
  太陽の神ラヴォス、闇無の神オーディーヌ
  我ここに魂を刻む、我ここにこの名を捧ぐ
  我、悠久の時、先人オルカ・トルカ・マサライアの血を受け継ぎし者なり
  大地との契約、御剣の証
  糾うは十字架の梢
  切り刻むは天宝の縁
  我ここに魂を刻む、我ここにこの名を捧ぐ
  須らく一輪の結得にて
  抗うは日責(じっせき)の抗
  今我に答えよ、願わくば
  結晶の石、今ここに解かれたし


「立て、業火の舞い」


 唱えたその瞬間。
 一瞬の沈黙――だが。
 空気がチリリと光った。蛍が現れ待っているような淡い光が1つ2つ、3つ4つと次第に増えて行く。
 幾多の星の海のように集積する――マルコが描いた円の内に。
 それがパッと一斉に消えたと思ったその刹那。
 轟音と共に、宙に、火の柱が立ち上った。
「ッ!!」
 炎は、密集する蟲の卵を一瞬にして覆い隠した。
 マルコは自分の成した術にたじろぎ後退った。腕がぶれた。
「凄い」
 それを遠巻きにオヴェリアとカーキッドも見ていた。オヴェリアは歓声を上げた。
「あの歳で、あんな魔術が使えるなんて」
 魔術の力は個々の潜在能力。修練も必要だが、術との相性と言い、持って生まれた素質がかなり関係してくる。
 実際に魔術の勉強をした事があったオヴェリアは、それがいかなる事かを知っている。自分にはできなかったからこそ、腕をかざす少年の姿が眩しく見えた。
 だが。
 嬉々と少年を見つめるオヴェリアの横で、カーキッドは冷静に眺め、むしろ眉間にしわを寄せた。
「……まずいな」
「え?」
「あれは……」



 ――火力が足りない。
 腕をかざしながらマルコは思った。ダメだ、この術は失敗だ。
 術は繭を捉えている、だが。
 ――繭だけが燃えている。
 原型が崩れない。……溶け落ちて行くのは外側だけだ。
 この火力では蟲を焼き切る事ができない。
 炎の中から鳴き声がしてきた。足が飛び出した。頭が抜け出した次の瞬間、光る目が現れた。
「ひ……」
「マルコ! 立て直せ!!」
 師の声がする。しかしどうやって立て直せと?
「怯むな!!」
 蟲が繭から這い出してくる。人ほどもあるその体が、うごめきもがき、産声を上げて。
 そのうちの1匹が、炎から飛び出した。
 羽根に火が移っているのに、それでも飛んでいる。いやだからか? 苦しみもがき、生まれた瞬間から――怒りを携えて。
 その声は悪魔の声か。
 マルコは悲鳴を上げた。彼が腕を下ろした瞬間に炎は勢いを完全に失ったが、繭に点いているそれは消えない。
「いかん」
 師の声がした。だがもうマルコはそれどころではなかった。逃げたかった。一刻も早くこの場から。
 だが、次の瞬間、彼が見たのは蟲ではなく。
 一陣の、黒い風。


「逃げんじゃねぇよ」


 大きな背。巨大な黒い影。
 この男をマルコは知っている。
 カーキッド・J・ソウル。
 生まれたばかりの羽蟲を縦に一刀両断する。
 その斬り様は、あまりに見事。炎と、包まれた繭すらも真っ二つにする。
 返す刀でもう一匹。
 黒い太刀が紅蓮に染まる。
「あ、あ……」
「マルコ!!」
 オヴェリアが彼の傍へと駆け寄った。
「大丈夫!?」
「あ、わ………」
「オヴェリア手伝え!! 逃がすなッ!!」
 オヴェリアは一度レトゥを見、サッと剣を抜いた。
 まだら模様の羽根に、オヴェリアの脳裏に痛い記憶が蘇る。燃えた村、蟲に食われた人々の姿……だがそんな物に構ってられない。残像ごと蟲を薙ぎ払う。
 ドサっと落ちた塊に、マルコは後退った。内臓が飛び出していた。剣士達が剣を振るうほど、そこに屍の山が出来ていく。大地が血に染まっていく。
 その様が、マルコの胸にある傷にも障っていく。
「……」
 頭上に羽根の音が聞こえた。ハッとマルコが顔を上げると。
 目の前に、蟲が1匹。
 大きすぎる目には無数の斑点が。
 一枚じゃない皮膚と、グチャグチャと蠢く口元が。
 ガバリと、開き。
 マルコの目の前に開かれた巨大な口の中には、ここにはないはずの見知った頭が。
 見えた、そんな気がした刹那。


「うぁぁあああっぁぁぁぁっぁぁぁぁあ!!」


 突き出した腕。
 我を失ったその身から放たれる、内に眠る本当の才能。
 水。
 先ほどの炎など比ではない。昨日のレトゥの術すら及ばないほどのとてつもない量の水が、彼の手の平の先にある空間から蟲に向かって一気に噴き出した。
「なッ!?」
 その前方にはオヴェリアとカーキッドもいる。異変を察知したカーキッドが咄嗟にオヴェリアを掴み、脇へ跳んで逃げる。
「マルコッ!!」
 レトゥがマルコの頬を叩く。
「落ち着けマルコ!!」
「せ、せんせ……」
「まずい、山が崩れる。逃げるぞ!!」
 レトゥの言葉を皮切りに、全員どうにか立ち上がって走り出す。
 だがマルコはそのまま気を失ってしまう。それを見たカーキッドが大業に舌を打ち、その首根っこを引っ掴んで抱えて走った。
 もつれる足でカーキッドの後を追いかけながら、オヴェリアが振り返り見た光景は。
 蟲どころかそこにあった木々すらも、圧倒的な水によりなぎ倒されていた。
 オヴェリアは息を呑み、カーキッドの肩に担がれた少年を見た。
 この子は水なのだ……オヴェリアは思った。
 魔術には相性がある。発動方法もさる事ながら、その属性にも。
 火、地、風、雷、氷、光、闇、癒、……様々あるその中で。
 良い相性を持ち、一番力を発揮できる属性。
 それが、恐らくこの少年は水なのだと。
 言葉、文字、陣を使わずに発動できるほどに。


 すぐに山は土砂崩れを起こした。
 だが幸いにも土石が流れたのは町の反対側だった。オヴェリアたちはもちろん、町にも被害はなかった。
 だが少年はその日一日、目を覚まさなかった。
 すべての力を使い果たし、死んだように眠り続けていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ