挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第1部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/179

 第3章 碧の焔石 -2-


  ◇

 翌日。2人は市に足を運んだ。
 食料の調達と旅に必要な消耗品などを揃えつつ。
「ほぅ、これは中々」
「旦那、それは掘り出し物だよ。ここいらじゃ手に入らない一品だ」
「ナメシの皮か……リコ青銅も使ってんのか」
「お目が高い」
 道に並ぶ出店を一軒一軒見て行く。
 特にカーキッドは丹念に、並べられた品を見て行っていた。
「こういう市の時には、通常ないような珍しいもんも出る。特に遠方からこの時に便乗してやってくる行商人の店は狙いだな。たまに、とんでもない掘り出し物があるのさ」
 キラキラと目を輝かせるカーキッドの姿に、オヴェリアは彼の意外な一面を見た気がした。
「お前の装備も整えないと」
「私はあの白の鎧があれば」
「確かにあれは材質がいい。女の装備には上等だ。しかしそれだけでは今後心もとない。それに目立ちすぎる。もう少し考えないと」
 特に顔だ、とカーキッドは鼻を鳴らした。オヴェリアは心外な心持であった。
 今日は鎧は置いてきた。服の下に鎖帷子(くさりかたびら)は付けているものの、一見では普通の町人と変わらぬ質素な(なり)をしていた。
 カーキッドもそれは同じ。黒の上着にズボン。こちらも軽装である。
 しかし剣は肌身離さなかった。それはオヴェリアも同じ。
 宿に預けてこようかと思ったが、彼女の剣は特殊である。渡しても受け取れる者がいなくては話にならない。かと言って部屋に転がしておくには取れないと言っても無用心だ。
「誰も持てねぇってのはいいな。盗まれる心配がない」
「そうかしら?」
「ああ。俺なんか、もしこいつが盗まれたらと思ったらゾッとするね」
 そう言って黒の剣を掲げて見せた。
 確かに昨晩も彼はとても大事そうに剣を抱きかかえて眠っていた。それを口にしようとし……オヴェリアは咄嗟、ハッと口をつぐんだ。それを言ったら、夜中に彼を見ていた事がバレてしまう。
(別に他意があって見ていたわけじゃないけれど)
 夜中に目が覚めここが部屋だと気づいたら、自然とカーキッドを探して見ていた。戸口で眠る彼をぼんやりと。同じ部屋に男がいる事が何とも不思議で。
 こんな日が来るなどと、思ってもみなかった。王宮でドレスと輝かしい物しかなかった毎日から。一転、男と2人で旅をするなど。
「……お、ちょっとあのテント見に行くぞ」
 人生わからぬ。一歩先は見えぬ。
 人ごみの中、むしろ現実味がないほどの現実の中で、オヴェリアは少し深めに瞬きを繰り返した。



 そんなこんなで、どれくらい店を回ったのだろう。
 出店は多く市は広かった。しかしオヴェリアはまったく飽きなかった。
 色々な人がいるものだ。顔も、形も、表情も。子供から老人まで幅広い。
 また、声も様々。大きな声から鈴のような声まで。
 多種多様。笑い方も1人1人違う。その表情を追っているだけでも、楽しくて仕方がなかった。
 その間にもカーキッドは店で1品1品手に取り、店主と話をし、笑ったり怒ったりを繰り返していた。その顔も面白かった。
 市とは面白い、物を買うとは面白い。
 ましてこんなに多くの人が集う場所。最初は興味津々見ていたオヴェリアだったが、段々とその動きに翻弄されるようになり。
 ……少し、目まぐるしくて。
「どうした?」
「いえ、」
「人に酔ったか?」
「……?」
 人に酔う? 何と答えたらいいものかわからず、オヴェリアはただ弱々しく笑って見せた。
 カーキッドは舌を打ち、「そこらに座っとけ」。
「面倒くせぇ奴だな」
 多く語らぬうちにカーキッドは人の中へと消えて行き、取り残されたオヴェリアは道の隅に腰を下ろした。
 石肌が冷たい。人の声は静まらず、思い思いの感情が音となり行きかっていた。それを目を閉じ聞いていると、「大丈夫かい?」と声を掛けられた。
 見れば、彼女が座っていた所の横にあったテントにいた老人だった。彼は目がかぶさるほどの眉の下から小さな瞳を覗かせ、彼女を心配そうに見つめていた。
「あ、はい」
 オヴェリアは少し戸惑い、そう答えた。
 この旅、1人になったのは今が初めて。ましてカーキッドがいない所で誰かと話すのも初めてだった。
「気分が悪くなったのかね? 何か飲むかい?」
「あ、いえ……大丈夫です」
 笑って見せると、老人は「そうかい」とほっほと笑った。
「おや? あんた剣を持っているのか」
 老人は彼女が携えた剣に目を留め、身を乗り出してきた。
「ほう、変わった細工だ」
 この剣は城の者ですら限られた人間しか見た事がない。しかしあからさまに目立つ白い薔薇の彫刻に。老人は目を見開いた。
「白い薔薇……?」
 オヴェリアは慌てた。白薔薇の剣、そしてその騎士である事。今ここで知れるのがいい事だと思えなかったのだ。
 丁度その時カーキッドが戻ってきた。
「おう、すまねぇ。俺の連れだ」
「……おやおや」
「店先ですまねぇな」
 笑いながら、自然に2人の間に滑り込んだ。オヴェリアは安堵する。
「ほれ、水だ。飲め」
「……りがとう」
「あなた方は旅の人かね?」
 水瓶みずびんだ。オヴェリアはそっと口付ける。色々な意味で、ほっとする心持であった。
「ああ。ちょいと野暮用で、北を目指している。あんたはこの町の商人かい?」
「いいや、東から来た。マルフ・フォンテッドからだ」
「そりゃ随分遠出してきたな」
 カーキッドは老人の目をオヴェリアから避けさせるように、彼の店先へと移動した。
「どれ、何を置いてる? ちょっと見せてくれ」
「何か探し物でもあるのか?」
「いいや。とりあえずここに立ち寄ったのは偶然だからな。掘り出し物でもあれば」
 2人が離れ安心した様子で水を飲むオヴェリアにカーキッドは一瞥だけくれ、商品に視線を戻した。
「へぇ……ルビーか」
「この辺りでは珍しかろう」
「ああ。こういう造りの剣はないな。ルビーを埋め込んでるなんぞ、中々洒落(しゃれ)てる」
 切れ味はそれほどではなさそうだ。長さも短すぎる。刃先の厚みも反りもカーキッドの好みではなかった。
 ルビーの他に剣が4、5本。どれも実用品と言うよりは装飾品に近い。防具も同じ。真鍮の置物と髪飾り、細工の凝った壷も置かれていた。珍しい造りと材質ではあったが、今ここで買うような物でもないなと。カーキッドは適当にその場を離れようとしたが。
 目の端をかすめたそれに、彼は思わず息を漏らした。
 それは商品の端にあった。赤や黄、緑といった宝石の首飾りがゴロゴロと無造作に並べられた中に、1つだけ青い宝石があった。
 青……少し緑がかっている、言うなれば(あお)。手に取り光にかざすと、ほんのりと黄色い光が中に揺れている。
「変わった石だろう?」
 すかさず言っ承認には答えず、カーキッドはさらに石を見た。回復したオヴェリアがやってくると彼女にも見せた。
「それ、先日たまたま手に入れた代物でね」
「サファイア……でもねぇな」
「材質はわからん。細工を施そうにも固くて固くて」
「へぇ」
「まじないの代物だという話だが、さてはて、効力はいかがなものか」
 カーキッドはもう一度興味深そうにその光を見ていた。
「どうだい? 500リグ」
「高いな」
「……じゃあ450でどうだ?」
 ――結局その場は、カーキッドは笑ってその石を返した。
「魔術師に連れはいないんでね」
 それからその場を離れ、結局市では自分用に皮の手袋、そしてオヴェリアにマントを買った。
「首元がしっかりしてるから、ちったぁ顔も隠れるだろ」
 色は茶。裾に少し刺繍がしてある。地味だが嬉しかった。
「ありがとう」
 笑って例を言うと、
「さっさと着ろ。顔隠せ」
「……」
 オヴェリアは少し、頬を膨らませた。



 朝から市を眺め、結局夕刻まで2人は町をぶらついた。
 市には城で食べられないような珍しい食べ物もあった。芋を串刺しにして揚げただけの物だったが、実においしかった。
「うまいか」
「……」
「そうか」
 もしゃもしゃと食べるお姫様の姿に、カーキッドは笑いをこらえるので必死だった
「城の料理には比べられんだろうが。……そうだな、旅に出て今まで食った中で一番うまいと思った物はなんだ?」
 何となく気まぐれに、カーキッドはそう聞いたのだが。
 オヴェリアは少し考え、そして。
「……スープ」
「? 昨日食堂で食ったやつか?」
「そうではなく……きのこと薬草のスープ」
 それは。カーキッドは少し目を見開いた。
「野宿の時に食ったやつか」
「ええ」
「……あんなもん、そこらに生えてたのを積んだだけだぞ?」
 そうなのだが。味と呼べるような物でもなかったのだが、なぜかオヴェリアの心に残ったのだ。
 温もりと言い換えてもいい。
「……物好きだな」
 言いつつも、カーキッドは少し照れくさそうに目を伏せた。
 ――夕刻。並ぶ店舗がそろそろ店じまいを始めている。叩き売りを始めた所もあった。
 それを遠目に見、2人は町を流れる川にかかる橋の上で、ぼんやりと頬杖をついていた。
 水の匂いを運ぶ風は、草原のそれとは違う。場所によって吹く風も変わるのだと、オヴェリアは初めて知った。
 夕焼けがにじむように空を染めていく。
「明日の朝出立するぞ」
 見上げたカーキッドの横顔も、夕に染まっていた。
 夕焼けすらも、見る場所によって違い、景色によって変わり。
 そしてもう一つ。誰と見るか、それによって違うという事も。まだオヴェリアが思うよしはなかったが。 
「今夜はゆっくり休め。また明日から北進だ。遅れても待たんぞ」
 彼の物言いにもすっかり慣れた。
「はい」
 強い瞳で答える様子に、カーキッドは「上等」と。こちらも満足げに笑うのだった。

  ◇

「今夜は飲みすぎるなよ。昨日みたいなのは御免だぞ?」
「昨日? 私、何かしましたか?」
「……だから、お前、宿に着いた時にはぶっ倒れて」
 言いながら。カーキッドはふと足を止めた。
 宿へ戻り荷物を置いて、昨日の食堂にくり出そうとしていたのだが。
「ちょっと戻っていいか?」
「え?」
 カーキッドは、店終いが進む市を振り返り、頭を掻いた。
「……やっぱり、少し気になる」
「?」
「さっきの石だ」
 一瞬オヴェリアは、彼が何の事を言っているのかわからなかった。
「……ああ、あのサファイアのような?」
「ああ」
「まじないの道具は要らないと、」
「そうは言ったが」
 何となく、どうにも気になる。
「……理屈じゃねぇよ。先に行っててくれ」
 だがオヴェリアがそれに応じるわけがない。しっかりとその後ろについて行った。カーキッドもそれを無理に咎めはしなかった。
「ああ、あそこだ」
 遠目にその店を見とめた彼らが、次に見たのは。
「――ッ!?」
 集団がその店に押し入り。
「何だお前らはッ!!」
 老人の声が木霊した。カーキッドはもう走り出していた。
 6人の黒い男達。その姿は、鎧を身にまとい腰に剣を携える戦士。
 オヴェリアは、彼女も走りながら「あっ」と声を上げた。あの男達は昨晩食堂で見た、カーキッドが見るなと言った一団だ。
「おい、お前ら何してやがる!!」
 カーキッドの声に反応し、男たちは店から駆け去る。店主はその場にへたり込んだが、オヴェリアとカーキッドを見るなり一声を上げた。
「ぬ、盗まれた!! 石! あの石っ」
 あの碧の石か。思うなりカーキッドは再び走り出した。
「カーキッド!!」
「石が盗まれたぞ!!」
 理屈じゃねぇ。だが。
(あの石はやっぱり、)
 何かある。
 ――全力疾走。
 逃げ行く戦士達の背中をカーキッドが捕らえたのは、それから僅か数刻の事であった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ