挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第4部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

156/179

 第52章 さようなら -1-

 くぐもった空の向こうにある遥かなる天。
 最後にもう一度だけ問おう。
 それは本当に、神の域なのかと。


 52


 悪寒が急激に増して行く。
 けれども、震えるより先に叫びたいとオヴェリアは思った。
 何が起こっているのか、自分でもよくわからない。
 始まりは何だったのだろうか?
 誰に何を問えば答えが出るのだ?
 直面した現実は、一体何だったのか?
 考え込むオヴェリアの傍で、兵士を、音もなくマルコが眠らせる。
 先ほどは後退までの時間稼ぎに過ぎなかった。だが今は違う。
 本当は、教皇に会うには別の手段を取るしかないかと思っていた。強行突破は簡単だろう、だが撤退はそうはいかない。
 ここは完全なる腹の中。
 だが事情が変わった。このまま突き進むしかない。
「この上へ」
 階段を駆け上る。見回りの兵士と出くわす。
 だが兵士が何かを叫ぶより早く、カーキッドの一閃が宙を舞った。
「早く!!」
 ――問わなければならない。
 これは、もう、一刻の猶予もなく。
 なぜ教会の地下にあんな物があった?
 蟲――初めて見たのは、王都を出てすぐの事だ。
 生態はわからないとオヴェリアは聞いた。ギョウライチュウの変異だと。どこからともなく現れて卵を産み付けるのだと。
 それは火が効かない。繭の状態ならば、並大抵の火では繭を焼くだけ。そして孵った蟲に火を使えば、怒りを一層あおる事になる。
 どこかで誰かが言っていた――まるで誰かに教えられたように、孵化した蟲はまっすぐ人を襲うのだと。
 まるでそれだけを目的とし生まれてきたように。
 ……その生命は、生きる事すら与えられていないように思えた。
 その身を焼かれる事にさえ、恐れを覚えぬ生き物。
「何者だ!?」
「黙れ」
 恐れがないとは、生きていないようなもの。
「大丈夫ですか、カーキッドさん!?」
「……馬鹿野郎、俺は何ともねぇ。マルコ、オヴェリアをしっかり守れ」
 そして――マルコの両親は蟲を造った容疑で処刑されているのだ。
 ――もし、
 蟲を。
 ――もし、
 本当に造っていたのが教会ならば――。
 マルコの両親は? 彼らは元々蟲などとは関わりがなかったが。
 ――マルコの生まれた村は、蟲によって滅んでいる。
 蟲を造ったと断定されたのは、彼の生家の付近に卵があったから。
 ……それも、もしかしたら。
「我ここに魂を刻む」
「……」
 蟲と教会。
 教会と竜。
 そして禁断の魔術と。
 ……バジリスタ。
「……あとどれくらい先ですか」
 オヴェリアはデュランに聞いた。
「この上、さらに上」
 駆け上るために足に問う。動いてくれるかと。
 震えは最初は寒さによるものだった。それが恐れになり、今は怒りに変わろうとしている。
「……行きましょう」
 オヴェリアは強く地面を蹴った。
 行くしかないのだと思った。
 ……撤退は、考えていなかった。



 4人はひた走った。
 上に行くほどに兵士の数は増えて行った。
 それを、カーキッドが昏倒させマルコが眠らせる。
 少しずつ、肌に触る空気がざわつき始めているのをカーキッドは感じ取っていた。
「そろそろ気づかれるぞ」
 オヴェリアを見る。彼女はどこか虚空を見つめているようだった。
 その様子にふっと彼の目にも一瞬影が落ちるが、次の瞬間払拭するように輝いた。
「とにかく教皇の所へ。教皇がいなけりゃ、枢機卿を締め上げるぞ」
 枢機卿という言葉にマルコが一瞬足を止めかけた。それを見てデュランが深く頷く。
「そうだな。彼には色々と礼をせねばならぬ……マルコの事も含めてだ」
 マルコは枢機卿ドルターナに、禁忌の術の一つ〝やぐら見の術〟を使われた事がある。心の内に眠る記憶を覗く術である。
 ともすればあの時心を壊してもおかしくはなかった。少年に使うにはあまりにも危険な術だ。
「クソが……何が宗教だ、何が神様だ」
 カーキッドが正直に毒づいた。それくらい、地下の光景は虫唾が走るものだった。
「……クソ」
 議論は後だ。とにかく今は先へと。
「待て、止まれ」
 回廊に飛び出す間際、デュランが3人を止めた。
「ここを左に曲がると、……枢機卿の部屋がある」
「――」
「教皇はもう一つ上だ。……どちらを取る?」
 デュランはオヴェリアを見た。
 考えた末、オヴェリアは上への道を選んだ。
 それはただの予感だった。
 たった今まで、彼女は教皇に事の真相を問わなければいけないと願った。怒りを伴うほどに。
 だが今、デュランに道を問われ、唐突に脳裏に浮かんだ事は。
 教皇ウリアは、無事なのか。
 教皇は最近、公の場に顔を出していない……昼間の御言葉の儀の際も、出てきたのは見知らぬ神官であった。
 かつて会ったドルターナの事が引っかかった。
 ドルターナがやっている事を、彼女は知っているのか?
 教皇ウリアには無論会った事がある。歳は妙齢だ。だが聡明な女性だった。透明なほどの青い目が印象的だった。
「ウリア様の……安否を」
 口に出した。
 それで意味が伝わった。
 問うべき事がある。だがまず第一に見なければならないのは、彼女の状態。
 それから後に、できるならばこの現状を問いたい。本当に教皇はすべてを知っているのか。もし知っているのならばなぜ容認しているのか。
 もし何も知らなかったとしたならば――また、状況が変わる。
 刻々と何かが変化しようとしている。濁流の中に、幾多の流水の分岐がある。
 どの道を選ぶかで、末路の答えが変わってくる。
 この選択は、すべて、賭けだ。
「行きましょう!」
 オヴェリアは願った。何一つ考えがまとまらない中で、唯一の希望は、教皇が何も知らない事のような気がした。
 ――もしも全部知っていたら?
 階段の一段一段が、心臓に向かって跳ね上がってくる。
 そう……もしも全部知っていて、枢機卿に指示を出していたのが教皇自身だったら――。
 地下で蟲を造り、竜をも作り。
 子供に呪いを掛け、闇の魔導師を飼い。
 ハーランドを亡ぼそうとする隣国の者と繋がる事を――もしも、彼女自身が望んでいたとしたら。
 記憶の中の、慈悲深い笑顔が脳裏を過り。
「滅びよ」
 と、ズファイの声で突きつけられた。
 ――その時は。
 ……帰れぬ――オヴェリアは初めてそう思った。
 ああ……だとしたらもう、戻れぬと。帰れないと。
 ――ここで。
 例え汚名を着る事になろうとも。
 ――グレン、
 例え神に――教会を信じるすべての人民を裏切る事になろうとも。
 生きて、帰れないとしても。
「……」
 ここでやるしかない……そう思った。
 暁はどこにあるのかと思った。
 あの安らかな湖面は、今も静けさを守ったままなのだろうか。
 修道女の笑顔、祝福をくれた神官の笑み。
 そして、ここに集ったたくさんの人たちの横顔と。
 ――救いを。
 赦しを。
「――」
 上る階段はあった。
 だが降りる階段はないのだと。
 今初めてオヴェリアは。己の選択の行方に気づいた。



「あそこです」
 階段の向こうに、分厚い扉が控えている。
 見張りは誰も立っていない。気味が悪いほどの静寂は、逆にここが別の世界だと思わせた。
 ここは人界ではなく、天上人が住まう場所だと。
 人の概念を持ち込む事、非ずと。
 されど――オヴェリアは踏み込んで行く。
 ここは人の地だ。神の世界ではない。
「デュラン」
 進んで行くオヴェリアの後を追おうとするデュランを、不意にカーキッドが止めた。
「聞け」
 そっと耳打ちする。デュランは蒼白の顔を向けた。
「この先何かあった時は、オヴェリアを連れて逃げろ。いいな」
「――」
 デュランの双眸が驚き見開かれる。
「……それは、」
「頼んだぞ」
 それだけ言い捨て、カーキッドはオヴェリアの後を追った。
 男の手はもう、剣を握りしめている。
 デュランは眉間に深く深くしわを寄せた。
 そして一番後ろから、扉へ向かうオヴェリアとカーキッドの姿を焼き付けるかのようにじっと見つめた。

  ◇

 扉を開ける瞬間にオヴェリアは父の名を呼んだ。
 この瞬間、他に浮かばなかった。
 もしここにいたら何と言われるか――否。
 宿ってる、この心にその魂は。
 きっと言う、迷わず進めと強い瞳で。
 ――父上。
 鍵は開いている。
 重苦しい音も鳴り響かない。
 だが空気が滑るようにはいかない。
 ……否定されたと思ったのは、中から風が吹いたように感じたから。
 もう一度強く押した腕には。
 ……別の誰かの力がこもっているように思えた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ