挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第1部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/179

 第2章 暁の森 -3-


  ◇

 ――ギョウライチュウ。通称羽蟲。元々は大人しい蟲であったのに。
(ここ数年だ、)
 凶暴化したのは。
(この時期は風は北から南へ向きこむ)
 それに乗ってきたのか……? 考えながら。カーキッドは走った。
 森の道を走るのは簡単ではない。村人が通るようにと多少の道にはなっているものの、街道とは訳が違う。砂利と石が凸凹に足をからめとリ、また思いもかけない高低差も行く手を阻む。
 まして夜。今宵は空が澄んでいるため、月明かりが強いのだけが唯一の救い。
 その中でカーキッドは足を止める事なく走り続けた。オヴェリアが遅れようとも構わずに。
 ……だが、気配だけは。背中に、正確に配ってもいた。
(よく着いてくる)
 こんな道で、走り行く背中をきちんと。
(いい根性だ)
 闇の中、一瞬だけその顔に笑みがこぼれたが、すぐにそれは風のごとく消え去った。
 初めて、カーキッドはピタリと足を止めた。
「臭うな」
「……え?」
 その間にようやく追いついたオヴェリアは、息を切らしながら苦悶の顔で問い返した。「何?」
「生き物が焼ける臭いだ」
 近いぞ、そう言ってまた走り出すカーキッドの背中を追いかけてさらに走ると。
 う、とオヴェリアは手首で鼻元を押さえた。
「何、この臭い」
 硫黄臭にも似た、もっときつい脳天に響くような臭い。
「灯りが見えるぞ!!」
 木々の隙間から漏れ見える光。揺らぎ揺らめくそれは、
「火だ」
 オヴェリアとカーキッド。たどり着いた先にあったのは、炎と。
「何、これ」
 大量の蟲。



 オヴェリアは息を呑んだ。
「これが、蟲……?」
「行くぞ」
 大きさは、人かそれ以上か。
 羽を持った異形のそれは、無数の大群となり村に飛散していた。
 人の叫び声が聞こえる。見れば、頭からそれに食いつかれてもがいている。
 蟲を恐れて火を使ったのだろう。その結果飛び火したそれが燃え移り、村の半分が火に包まれていた。
 その中にカーキッドはためらう事なく飛び込んで行った。もう剣を解き放っている。まずは一刀、人に食らいついている所を両断した。
「来たんなら手伝え!! ぼさっとすんな!!」
 続けざま飛んでいる2体を斬り、カーキッドは叫んだ。
 オヴェリアはハッとし、彼女も剣を抜いた。
「おい、お姫様。一応聞くが。殺すなとか言わんよな?」
「愚問」
 言いつつオヴェリアも、蟲を一刀する。グギャァという奇声が耳に痛いが、構ってられなかった。
 蝉のような、昆虫。羽が炎の中に、まだら模様に薄く光っている。
「全滅させます」
「上等」
 言ってカーキッドは走り出した。
「すげぇ数だ」
 言いつつも、その剣は綿を斬るかのごとくするすると斬り倒して行く。
 オヴェリアもまた、全力で剣を振るっていた。蟲の血が顔や髪、衣服を汚したが、構ってはいられなかった。
 人が蟲に襲われている。
 背中を引き裂かれそうになっていた子供を寸前で助け、首を引っ掛けられていた男を寸前で助ける。
 恐ろしい光景だった。
(こんな事が)
 知らなかった。城では誰も、教えてくれなかった。
 こんな蟲が村を襲い、人を襲い。
(こんなふうに)
 命が、奪われているなんて。
 ――すでに事切れた村人にたかる数匹を切り裂き、オヴェリアはその目に微かに涙を浮かべた。
 城にいたらこんな事、永劫に知らずに終わったか。
 それは幸せか? それとも、
「不幸か?」
 白い薔薇を抱くその剣は。闇に俳諧する無数の蟲を殺して行った。



 火が包む。この村はもう終わりだ。
 燃え移っていった火は、やがて村を全部飲み込んだ。
 生き残った人たちは命からがら、高台へと逃げた。
 黒い煙が空へと還っていく。
 オヴェリアはその様を、呆然と見ていた。魂を抜かれたような顔だった。カーキッドは内心でため息を吐き、肩を叩いた。
「お疲れ」
 彼にしては珍しく、そして彼の中では最大級の労わりの言葉だった。
 カーキッドをよく知る人物ならば、「天変地異の前ぶれか?」と疑いたくなるような苦い顔を彼は浮かべていたが。
 オヴェリアはそれを見なかった。
 ただじっと、崩れ行く村を見ていた。
「どなたかは存じませんが、助かりました……」
 村人の1人が2人に声を掛けてきた。生き残った面々は、怪我人を含めても僅か。
 ……村を走る最中、幾つも、無残な顛末を彼女は目にした。放心状態のオヴェリアに代わり、カーキッドが説明をする。山向こうの村からきたと。
「蟲はほぼ斬ったと思うが……一体?」
「わかりません。我らも突然の事で。山から大量に押し寄せてきて」
「向こうの村も心配だな。オヴェリア、戻るぞ」
「……」
「おい、オヴェリア」
「あ、はい……」
 腕がきしんだ。足が悲鳴を上げていた。
 でも。それより何よりオヴェリアは。
 今、空気そのものが痛かった。
「だから待っとけつったんだ」
 カーキッドがポツリともらした言葉を、彼女はどう受け止めたのか。正気を戻したその目は、少し傷ついたようにカーキッドを見上げた。
 月明かりにもその顔は汚れていた。
 あーあ、きれいな顔が台無しじゃねぇかと、息を吐きながら。
「……戻りましょう」
 クルリと向けたその背中を、カーキッドは苦い物を見るような顔で見つめた。
「とりあえずあっちに戻るよ」
「……ありがとうございました。真に、ありがとうございました……」
 感謝の言葉を、オヴェリアは今、聞きたくなかった。



 帰路は、来た時ほど急がなかった。
 走りはしたが、鬼気迫る勢いというわけではなかった。
 蟲は倒した。山から向こうへ行った可能性もあったが……蟲は群れを成して動く。はぐれで1匹2匹が別行動をする事も、まさか2手に別れる事もないだろうとカーキッドが言った。
 そして何より身も心も重く、足を鈍らせた。
「オヴェリア、急げ」
 カーキッドは走ったが、オヴェリアはやっとの様子で前に進んでいた。
(無理もねぇか)
 とカーキッドは思う。おそらく彼女は初めて見たのだ。人が死にゆく様を。
 ……あんな、無残な光景。蟲が人を襲う事事態、今日初めて知り目の当たりにしたんだろう。
 剣士が……いや、戦士が誰しも通る最初の1歩。
(いかに剣技に優れようとも)
 そこに本当に意味をなすのは、命の重みを知ったその瞬間から。それを知らぬうちは、どれほどの技を持っていようとも。
(無意味)
 さぁどうする、オヴェリア・リザ・ハーランド。お前が選んだ道は、こういう道だぞ。
 過酷すぎるこの道の最初の1歩は。
 ここからが、本当の試練の始まりだぞ――。



 ……最初の村に戻る。
 炎は上がっていない。静かだった。
 夜の帳と仄かに聞こえる虫の鳴き声に、オヴェリアは少し安堵した。
 だがカーキッドはすぐに異変を感じた。
「待て」
 村長の所へ向かおうとして、カーキッドは無理矢理オヴェリアの手を取り、建物の影に隠れた。
「……な、にを」
 彼女の口を手で塞ぎ、カーキッドは険しい目で建物の向こうをそっと見つめた。
「耳を」
 済ましてみろ。聞こえてこないか?
 虫の鳴き声が途切れて代わりに聞こえてきた、笑い声。
「――」
 話し声。
 言葉はわからない。だが踏まれているその音の感じが。
 ――村人ではない。
 おだやかな声ではない。殺気じみた凹凸の交る、不快な笑い声。
「だから、」
 まさか、とオヴェリアは目を見開いた。
「残れと言ったんだ」
 後は彼の手を振り払い、走り出した。



 足が痛いとか、腕がだるいとか。気が重いとか辛いだとか悲しいだとか。
 そんな感情はもう。それより何より胸を襲うのは。
「お前は今朝の!!」
 火は上がっていなかった。轟音はなかった。
 でも。皆、事切れていた。
 人が倒れていた。色々な姿で。
 月明かりの中、夜の闇が隠してくれる、無残なその光景を。
「これ、は……」
 呟く間にも、オヴェリアを男達が取り囲んでいく。
「村人は全員皆殺しだ。俺たちに歯向かった罰だ」
 目の前に倒れいていたのは今朝救った娘のうちの1人だった。
 剥ぎ取られた衣服が、ボロボロと辺りに散らばっていた。
 その目は月を眺めていた。オヴェリアがその顔を覗き込んでも、反応はなかった。
 そっと、その目を閉じさせる。捨てられていた服を上からそっとかけてやった。
 ――笑っていた。嬉しそうに。夕餉の時、ありがとうありがとうと何度も感謝されて、
「どうします?」
「構わん。殺せ」
 総勢、30。
 下卑た笑い声と、くぐもるように聞こえる音は、さながら猛獣の唸りのように。
 ――されど猛獣ならば、気づく。
 辺りは沈黙。虫は鳴き声を止めている。
 その中で風が、一陣だけ強く吹き殴り。
 オヴェリアはゆっくりと立ち上がった。
 俯き、事切れた娘を見。
「やれ」
 襲い掛かってきた盗賊の1人目を。
「――グギャァァァッッ!!」
 斬った。
 彼女からほとばしる、空気をも切り刻むかのような。
 深い深い、殺気。



 その場にいた誰も、彼女が剣を抜いた瞬間を見る事できなかった。
 何が起こったかもよくわからない。ただ、1人の盗賊が胴体から血を吹き転げ回り、そこにオヴェリアが、剣をぶら下げ立っていた。こちらを向いた瞬間さえ、見えなかった。
 その顔には感情というよりは、むしろ。
「こ、殺せ!!」
 ――闇が。
 3人同時に襲いかかってくる。
 カンッと初手を弾き飛ばし、地面にもぐり、そのまま正面の男の腹を横に薙ぐ。
 血しぶきをきらい、すぐさま後ろへ避けたそこへ、2人が突き刺すようにタガーを畳み掛けてくるが。
 オヴェリアの方が早い。ことごとく空を突いていく。
 その背中を一太刀。腰から一刀に薙ぐ。
 そのまま返しの刀は3人目の首を一閃。
 ……これで、4人。
「このアマぁぁぁ!!」
 一気に押し寄せる無数の刃に。オヴェリアはひるまず剣を構えるが、横から押し寄せた3人ばかりが、一気に倒れ行く。カーキッドだ。
 その隙間から円の外へ抜け、オヴェリアは走った。
「追え!!」
 そのまま、場所を変える。走るオヴェリアの横に、カーキッドも着く。
 カーキッドはもう、何も聞かない。
 ただ一言。
「行くぞ」
 と笑う。
 少し広けた場所に出た。そこで、オヴェリアは追っ手に向き直った。
 改め、剣をかざす。そこに付けられた、白い薔薇をかざし。
「オヴェリア・リザ・ハーランド。参る」
 ハーランド? その名に驚愕を見せた盗賊の頭目に、二の句は告げさせぬ。一気に3人斬り倒す。
 彼女の動き、誰にも見えぬ。連撃で知れた騎士をも上回ったその剣技。
 この場の誰に、止められようか?
 いや、万が一にもその剣から逃れようとも。
 脇に控えるのは、かつて異国で鬼神と呼ばれた1人の剣士。
 白い騎士と、黒い剣士。2人を前に。
「わ、わ、ギャァァ!!!」
 逃げる事すらも、叶わない。
「敵前逃亡は男の恥だと、センセェに習わなかったか?」
 笑いながら、カーキッドは首を跳ね飛ばす。
 ――30いた盗賊は、瞬く間に半分になり、残り10人になり、5人になり。そして最後、1人となり。
「は、ハーランド……まさか、まさか」
「真実は」
 カーキッドが剣を構える。それより早くオヴェリアが横から一閃させた光が、斜めに盗賊の頭の身を捕らえた。
「闇の中で神に問え」
 存在するならばの話。
 そしてカーキッドがとどめにと、心臓を一突きした。
 ――これで0。
 全、倒。

  ◇

 生きていく、その中で。運命の選択はそこかしこに散らばっている。
 でもどれもこれも「これが分かれ道だ」なんてご丁寧に看板は立っていない。
 小さな小さな選択に、まさか自分の運命、まして人の命が関わっていようとは。
 ……わかるのは、結果として、すべてが終わった後。
 涙でも流すか? 己の選んだ道の顛末に。
(それでも)
 それを踏み越えなければいけない。
 たとえ間違った選択をしたとしても、取り返しのつかない結果となっても。
 道は戻れぬ。ゆえに、越えて行かなければならない。
 悲しみすらも糧として。強さと変えて。
 また1歩。
 踏み出す事を、やめないように。



 土を掘る。
 ひたすら掘る。
 スコップを初めて持った。土のにおいは、甘かった。
 できた穴にカーキッドがそっと娘を入れる。これで最後。
 衣服は整えた。
 それを眺め、目を閉じ、オヴェリアはそっとそこに土をかぶせた。
 すべてを終えると、十字を立てる。
 ――村人は全員。これで土へ還る。
「ご苦労なこった」
 カーキッドはため息を吐いた。
「何も盗賊まで埋めてやらんでも」
「……命は、命です」
「そーかい。そらお優しい事で」
 命、かとカーキッドは呟き、持っていた水筒の水を飲んだ。
「人の命と蟲の命、それにどんだけ差があるのかね」
 盗賊を殺すなと言ったオヴェリア。そして蟲は問答無用で斬った。
 あの時もしも盗賊を逃さなかったら? 
 目を閉じる。
「まぁ、」と彼女の考えている事を察したように、カーキッドは呟いた。「同じ事だっただろうがな」
「あの時あいつらを全員倒していたって、結局はこうなっただろうさ」
「……」
「だから言ったんだ、関わるなって」
「……それは、違う」
「あん?」
「同じ結果になったとしても……それは違うと、思う」
 さらわれていく女達を見なかったふりをしてやり過ごす事など。
「何が違う?」
「心」
「……」
「私の、心」
 見捨てて罪悪に苛まれるくらいなら。
 身を乗り出して、戦って、
「だったら今度からは、諸悪は全部叩き斬れ」
「……」
 俯く彼女に、カーキッドはやれやれと息を吐いた。
 蟲の血と人の血に犯され、彼女は汚れきっていた。
(そりゃ俺も似たようなもんか)
 せっかくのきれいな顔が。
 ――でも、それでも。
 こいつはきれいだと、そう思ったカーキッドは。
 少し苦笑する。彼にしては、珍しく。
「オヴェリア」
 と、カーキッドは彼女の名を呼び。虚ろに顔を上げた彼女の鼻の頭についていた泥を、そっとぬぐってやった。
「カーキッド、」
「……まぁ、ご苦労さん」
 初めて命を絶った。人を……斬った。
 その重み。カーキッドにも最初はあった。
 だがそれは言わず、「よくもまぁ、こんだけの人数の穴掘りしたよ。ほれ、夜が明ける」
「長い夜だったな」
 言いながら、彼はポンと彼女の肩を叩いた。
「でもここからが、始まりだ」
 色々な意味で。旅も、そして戦士としても。
 山間から光がこぼれた。その眩しさに、初めてオヴェリアは。涙を流した。
 カーキッドは少し困り、「戦士は泣くもんじぇねぇ」と言おうとしたが。
 仕方なしに、そっと抱きしめた。
 あーあーと、カーキッドは思った。
 これだから女は困る。
 でも。
「……よくやったさ」
 彼をよく知る者が見たら、間違いなく今日は天変地異が起こるだろうと断言した事だろう。
 だが事実として、カーキッドは思っていた。
 こいつは中々、面白い。姫様という事を差し置いても。充分。
「よくやった」
 そう言ったら一層泣くので。
 カーキッドは困り、それからしばらく、泣き止むまで胸を貸さざる得なくなってしまった。
 髪も汚れているのに、血の臭いがするのに。不思議と彼女からはいい匂いが立ち込めてくる。
 姫様だからか? 女だからか? カーキッドには、よくわかからなかった。ただ腕を占めるその感触に、悪い気分にはならなかった。



「行くか」
 泥まみれになった服と体を洗い、ようやく出立できたのは翌日。
 オヴェリアは、主のいない宿に頭を垂れ、首からかけていた十字架を握り締めた。
「北へ。第三街道へ出る。ちゃんとついて来いよ。あとそれから、」
 とカーキッドは彼女の鼻先に指を突きつけた。
「お前、今後人前に出る時は顔隠せ」
「……え?」
「いちいち女だ女だと騒がれたらたまんねぇ。顔隠せ。声も出すな。男の振りしろ。いいな?」
 それにオヴェリアはいささかムッと顔を歪めた。「カーキッド、」
「それを言うなら、あなたもちょっと」
「あん?」
「あなた、私の事は偽名で呼ぶって言ってたけれど。なのにオヴェリアオヴェリアと。一言もカインと呼ばなかった」
「……そうだったか?」
「そう。私の顔がどうのと言うのなら、それはどうなのですか?」
「わーったよ。気をつける」
 オヴェリアに一本。
 クスっと笑った彼女の顔に、カーキッドは知らず頭を掻いた。
「行くぞ」



 旅の始まりは暁と共に。
 背負った十字を胸に抱き、2人は歩き出す。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ