挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第1部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/179

 第2章 暁の森 -1-

 ――どことも知れぬ、とある場所。
 一点の光すらない闇だけが占めるその場所に、男は座し、待っていた。
 何の気配もない。その男のそれも無。
「着たか」
 音も揺れも、何一つなくとも、男は気づき目を開けた。
「発ったか」
 何も、誰も答えぬ。返る音はない。
 だが男は「そうか」と口元を緩めた。
 言葉がなくとも男にはわかる。仄かにだけ放たれた気配により。
 男とその者は、それだけで伝わる、不思議な繋がりがある。絆とと言い換えてもいい。
「白薔薇の騎士か」
 して、その腕前は?
 何かを考えているような沈黙。それに男は小さく笑い、
「よい。先行してザハを行かせた。その成果でわかろう。追って指示を出す。それまで待機」
 また音もなく気配もなく、その者はそこから去った。
 それを汲み取り、男はかいなを掲げた。
「白薔薇の剣」
 闇にその腕はおろかその姿も溶けきり、何一つ見えぬが。そこに確かに刻まれたものがある。
 男は闇の中で笑い、
 ――この世に、神の意志を継ぐ物など。
「ありはせぬ」
 闇の中、男は背をひるがえした。
 それを見た者も見る者も、先にも後にも誰もいない。


  2


 街道を、一路北進。
 王都を出たオヴェリアとカーキッドは、そこから3日間歩き続けた。
 まだハーランドに近いという事もあり、道はきれいな方である。沿いには城下の町として休息できるような場所もあったが、軽く寝食を済ませるのみ。ほとんどずっと2人は歩き続けた。
 そして今日、昼を回った頃には、街道を離れ森に入った。
 このまま道に沿っていったら、西の港町に出てしまう。それを見越しての樹海入りであったが。
(そろそろ限界かな)
 一歩遅れてついて来るオヴェリアを振り返り、カーキッドは心中でそう呟いた。
 しかし女の身でよくついて来た方である。彼は内心は感心もしていた。
 最初は1日で潰れると思っていた。剣術と旅は違う、使う筋力からして別物。瞬発性と持続性のバランス。いかに名だたる剣豪とて、それが同時に登山家に成り得ないのと同じである。
 しかもオヴェリアは女。
 カーキッドは、元々早い歩速をさらに早めて歩いた。願わくば、さっさと根をあげて欲しかったがゆえに。
(潰れるなら早い内。まだ戻れる内に)
 だが、オヴェリアはついて来た。
 この3日、ほとんど無言ではあるが。その根性に、やはりこいつは只者じゃないと思わざる得なかった。
「ぼちぼち日が暮れる。今日はこの辺にするか」
 まだ日はあったが、丁度川辺に出た。土地も幾分なだらかだ。ここが頃かなと思い、カーキッドは荷物を降ろした。
 野宿は今晩が初めてである。
 お姫様にはきついかなとも思いつつ、だがこれから先、必ず通らなければならない道である。カーキッドは慣れた様子で野営の準備を進めた。
「そっちの荷物に鍋が入ってるから。出しといてくれ」
「……あなたは?」
 この声、鈴のような音。3日ぶりに聞いた気がした。
「食い物探してくる」
「昨日買った非常食は?」
「非常食ってのは、何も食べる物がない時に食うもんだ」
 ここはどこだ? と、カーキッドはニヒルに笑って、
「森は食料の宝庫」
 それだけ行って、剣だけ持って森の奥へと消えた。
 数分後、戻ったカーキッドが手に抱えた兎を見てオヴェリアは一瞬目をそらしたが、見せ付けるようにカーキッドはさばいていく。皮を剥ぎ、肉をばらす。
 火を起こし、別に採ってきた薬草ときのこを煮込んでスープを作り、肉は串に刺して焼く。
 よい香りが鼻腔をくすぐる。そうなれば自然と体が空腹を訴える。
 これが生きると言う事。
「ほら、食え」
 オヴェリアは王女である。だが生きている以上は、腹は減る。
 口にすると、肉汁が溢れ。
「うまいか?」
「……」
「そうか」
 そうして生きていくのだと。
 カーキッドは目を伏せ、自身も肉を頬張る。


「今後の予定なんだが、」
 ひと時食事を楽しんだ後、唐突にカーキッドは口を開いた。
 このまま北進を進め、山を1つ越えて北にある第三街道に出てから――そう言おうとして。カーキッドは気づく。
「……寝てやがる」
 薬草ときのこのスープが入った椀を胸に抱いたまま、オヴェリアは木にもたれ寝息を立てていた。
 やれやれ、とカーキッドは息を吐いた。さすがに身に堪えたか。
 椀を手からそっと取ってやり、自身が羽織っていた上着を肩からかぶせてやる。
 ――さっさと根を上げろと思う心境と。
「……」
 その寝顔に、少しカーキッドは苦笑した。
「人形みたいな顔してるじゃねぇか」
 だがその傍らには、白く光る剣がある。
 これを手に入れるために、この娘は剣技を磨き、他を圧倒し。
 ――どこまで着いてこられる?
 俺をも上回った、その剣技。
 女の身であそこまで剣を振るい、この国の頂上までのし上がったその魂。
 見上げると、木々の間から見える空が、茜から紺へと移り変わろうとしていた。
 カーキッドは少しほくそ笑むと、火の中へ薪を放り込んだ。
 周囲に薔薇なんぞ咲いていないはずなのに。なぜか鼻腔にその匂いがした気がして。カーキッドは鼻を鳴らした。



 そうして夜は、更けていった。



 月が、真天井に昇る。
 星は闇の中に輝きを増し、夜空一面に散りばめられていた。
 森に、梟の鳴き声が木霊して。
 だがそれ以外は沈黙。
 風も止まっている。木の葉は揺るがない。
 焚き火は、小さくなったもののまだ燃え続けている。
 その傍らでオヴェリアは眠り続け、カーキッドも膝に顔を埋めていた。
 夜のとばりは安らかなる眠りと共に、2人を包み込んでいるように見えた。
 だが。
 ……チ
 炎が鳴った。
 そしてガサリと、薪が音を立てて崩れ落ちた。
 それを合図としたかのように、カーキッドは目を開いた。
 一目、少女を確認する。眠っている。
 一つ小さくため息を吐き、彼はスッと立ち上がった。
 衣擦れの音は風に溶けるように、スルリと消えて行った。
 そして1歩踏み出す。欠伸をしながら、腰元の剣を確認する。
 もう1歩、2歩、3歩。
 ……やがて、炎の光が照らす範囲から抜け出ると、トントンと靴の先で地面を叩いた。
「おい」
 虚空に向かって言葉を放つ。
「覗き見とは、いい趣味だな」
 言葉はしっかりしていた。それは今まで眠っていた者から出るような口調ではなかった。
「鬱陶しくて、眠れやしねぇ」
 言って笑うカーキッドに、野宿、そして傍らに姫を置いて眠る意思が本当にあったのかは別として。
「出て来い。眠気覚ましに、」
 相手をしてやる。
 言うが早いか、虚空よりヒュッと何かが飛来した。
 カーキッドは僅かに首をひねってそれをかわす。それはそのまま、音を立てて木に突き刺さった。
 針。だが普通のそれよりも随分太く長い。刺されば場所によっては致命傷。
 そしてそれはまっすぐ、彼の目を狙っていた。
「面白ぇ」
 彼が剣を抜き放つと同時、木の間から黒い者が襲い掛かってきた。
 全身黒。目の部分のみが見えるその者は、短剣かざしカーキッドに打ちかける。
 カンと、一撃目、カーキッドは鞘で受け止める。
 それを見越して、黒装束は体をくねらせ、もう一方の手に握った短剣を横から突き立ててきた。
 それは抜き放った剣で受け止め、同時にカーキッドは上体をひねる。蹴りを叩き入れる。
 入った。いい感触。あばらは砕いた。
 だが後ろへ逃げた黒装束の代わりに、別の黒が躍り出る。今度は3人同時。
 それぞれが2本の短剣を同時に使う。それをカーキッドは1本の剣で起用に受け止め、流す。
 木の裏へ逃げ、そこから反転させ下段から1人のアゴ先へと一閃入れる。
 掠めたのみ。でも血は吹いた。しかし返す刀で隣の黒装束へと裏蹴りを入れる。
 そんな最中にも、針が飛んでくる。
 頭を落とし逃げ、ついでに前方の黒装束の足を切る。
「グギャァ」
「騒ぐなうるせぇ」
 心臓に、一突き立てる。
 その隙に後ろから切り込んできた者を、突き刺した黒装束が持っていた剣を奪い、眼光切り裂く。
 そのまま喉元へと、とどめ。
 その間に自分の剣を抜き放ち、落ちていた短剣を取り、木々の間へ投げ放った。
 悲鳴と、何かが転げ落ちる音。
 地を這うように走り来る黒装束の一刀を受け止め、そのまま押し倒す。
 左からの二手目はもう想像の範囲内。腕ごと切り落とす。
 悲鳴は上げさせない。口に剣を突き立てる。
「……さて」
 カーキッドはため息を吐き、背後を振り返った。
「後はお前だけだ」
 一番奥に残った1人。
 ニヤリと笑い、剣を向けた。
「何者だ?」
 俺達が何者か知った上での事か?
 だが黒装束は答えない。
 そして剣を構えるわけでもない。両手はがら空きの棒立ち。
 それでもカーキッドは思った。こいつはできると。
「答えろ」
 ゾクリとする。背筋が。
 唇を嘗める。
「でなくば」
「――」
 剣を構える。その身から強烈な剣気が噴出した刹那。
 黒装束は、逃げた。
 まるで鳥のように森の中へと飛び退り、そのまますぐに気配は消えて行った。
「……チ」
 カーキッドはそれを追わなかった。ただ舌を打ち、気配の消えて行った方を睨んだ。
 息があった手負いも、いつの間にやら姿を消している。
「つまらねぇ」
 そう言いつつも。その顔にはギラリと光るような笑みが浮かんでいた。
 剣についた血をぬぐい、オヴェリアの元に戻る。
 その姿勢は変わらぬまま。彼女は寝入ったままだった。
 カーキッドは呆れたように眉を上げた。
(あの殺気の中で寝ていられるなんざ、)
 やっぱり只者じゃない。そう思い、改め彼女の隣に腰を下ろした。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ