挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第3部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

117/179

 第39章 讃美歌

「殿下」
 男の姿を見止め、盃はピッと背を正した。
「お待ちしておりました」
 それにニヤリと笑って答えてやる。
「待たせた」
 ――バジリスタ。
 中央に位置する王都。その城。
 回廊は広く。
 主の帰りに、空気が一層張り詰める。
「首尾は」
「場内は制圧しました。王は捕らえてあります」
 盃を追い越し、主は歩いていく。盃はその後ろに続く。
 そして2人の後ろを追従する彼の兵団。
 その靴音は凛として一定で。
 まるで鼓動のように打ち付けている。
 この城に――否、直に。
 この国を、その音が。
「よし、殺せ」
 一人の男が、新たな生命を誕生させんとするかのように。
「後は、兄2人か」
「ディザイ様には二一フタカズを先行して行かせてあります。ゴーグル殿は直に視察からお戻りでしょう」
「迎え討つ。ここで一気に絶つぞ」
 ――父王を滅ぼして。
 兄2人も滅ぼせば。
「殿下」
「やるぞ」
 バジリスタが。
 彼に従う物となる。
 ズファイ・オーランド・バジリスタ。末弟と言われた王子が。
 この国を、導こうとしている。
「ディザイ様は教会に逃げ込む恐れがございますが」
「枢機卿殿がどうとでもするだろう」
 そして、彼がこの国の頂点に立たば。
 1つの道が決まっていく。
「これは始まりの儀式だ」
 神よ、祝福せよ。
 神よ、我が前に屈せよ。
「兄を滅ぼさば、そのまま矛先は」
 今こそ、畜念の願いを叶えるため。
「腰抜けの父王が、平和協定の名のもとに放り出しし、我が国最大の願望」
 聖母が守りしその土地を。
 この国が長年、渇望してきたその土地を。
 手に入れる。
「ハーランドに攻め入る」
 その場にいた者が、主の言葉に色めき立つ。
 沸き起こる歓声は、さながら讃美歌のように。
 普段は笑わぬ側近の頬も、微かに緩む。
「ハーランドの客人は、見事仕事を成してくれた様子」
 玉座の間までやってきた。
「陛下」
 盃がそう言ったが、ズファイは鼻を鳴らした。巨大で優美な細工の椅子が、ただ王の存在を待ち続けている。しかしそこに腰を落とさない。
「だがあの国には奴がいるぞ」
 ――エンドリア攻防戦、領主ブルーム・ロンバルトこそ打ち砕いたが。兵を撤退するに至った。
 その所以ゆえん
「ハーランド王が残した最後の希望」
 最後の王女。
 否――最後の、白薔薇の騎士。
「オヴェリア・リザ・ハーランド」
 盃は眉間にしわを寄せた。
 だがズファイは面白そうに笑った。彼が笑うと空気が震える。
 まるで息吹のようにして。
「騎士となり、王ともなるか?」
 ここから、こだまする。
「楽しみだ」








 ――白き衣を翻し、
 お前はまた、戦場で舞うだろう。
 次の戦は、その国の運命をかけた戦い。
 お前に背負いきれるか? 
 その剣で、この国すべての者たちの行く末を。
 命を。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ