挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第3部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

107/179

 第36章 戦士の墓場 -1-

 36


 ――前に来たんだ。
 カーキッドはそう言った。
「ゴルディアだな」
「ああ」
 デュランの問いかけに今度は即答をする。
「地図を見たのは……あの、兵士の港町だ」
 あの時は、とカーキッドは語る。
「2年くらい前の事だ。あの時は別段、町は普通だった。人もいた。大半が兵士だったが、かと言って無駄に殺伐としているわけもなかった。商人もたくさんいたし、旅人もいた。物も溢れてた。北の監視地区と言っても、町として成立していた。戦場じゃねぇ。それなりに賑やかな所だった」
 一瞬カーキッドは、さっきまで自分が飲んでいた酒に目をやる。だが結局手が伸びるまでには至らない。
 代わりに炎を見つめる。
「地図は……宿の親父が見せてくれた。俺がゴルディアに行きたいつったら、わざわざ奥から持ってきてくれた。俺はそれを書き写させてくれと頼んだ。そしたら親父はじっと俺を見つめて、貸してやると言ってきた。俺は断った。でも親父は頑固に聞きゃしない。ゴルディアまで貸してやる、だから必ず返しに戻ってこいと。俺は……仕方なく折れた」
 2年間と言えば、彼がハーランドの傭兵隊長になる前。
 ハーランドには、流れ流れてやってきたのだとオヴェリアは聞いていたが。
「なぜゴルディアに……?」
「……」
 一瞬カーキッドはオヴェリアを見た。だがすぐに視線をそらし、代わりに笑った。
「可笑しなもんだ」
「え?」
「ゴルディア……俺は遠い異国でその名を知った。傭兵仲間から聞いた。俺たちの間でゴルディアという地名は、別の名で語られる……だがこの国の連中からその名で語られるのを聞いた事はない」
「……」
 デュランも知らぬ。マルコはいわんや。
 カーキッドはそれを見止め、やがて息を吐くように言った。
「俺たち傭兵の間では……そこは、〝戦士の墓場〟と呼ばれている」
 ――墓場。
 戦う事を終えた戦士が、最後に向かう場所。
「剣を捨てる場所だ」
 その腕を捨てる。
 戦士としての魂を。
 ――眠らせる場所。
「なぜあなたがそこに」
 震える声を絞るようにオヴェリアが問うと。
 カーキッドは彼女に笑顔を向けた。
 それは今まで見た事がないような顔だった。この男がこんな顔をするのかと。彼女の背中が一瞬だけザワリと悪寒のように震えた。
「歴戦の戦士は、最後、安寧を求めゴルディアに向かう。そこで戦士としての生涯を終える。剣を捨て、魂をその地に捧ぐ」
「――」
「俺も……そうするために、この地に来た」
 カーキッドが剣を捨てるために。
 いいやその目の向こうにあるのは闇。オヴェリアはその闇を見た事があった。
 ――死ぬためにこの地に来た。
 彼は、無言の中にそう語っていた。




「最後の戦場は……ここから遠い。エッセルトという場所だった」
 カーキッドは視線を虚空に漂わせる。
 そこには無とも呼べる空間がある。
 だが彼の目はもっと遠くを見つめているようだった。
 もうここからはどれほど手を伸ばしても届かない、
 ……悠久の、過去へ。


  ◇

 ――エッセルトの内戦。
 カーキッドがそこにたどり着いたのは、内戦が始まるほんの少し前の事だった。
 旅の中、砂漠がきな臭いと聞いた。だからそちらへ向かった。
 彼がエッセルトへ向かうと言うと、傭兵仲間は「やめておけ」と警告をした。
「エッセルトはまずい……泥沼になるぞ」
 カーキッドはその言葉を笑って流した。
 嫌な予感は確かにあった。
 砂漠の国エッセルト。そこは様々な事が絡み合う国だ。
 民族、宗教、ここでしか採れぬ貴重な産出物とその利権、そして他国からの救済という名の侵略。
 だが、それでもいいと思った。そんな事、カーキッドには関係なかった。
 ――ずっと、戦場を転戦してきた。
 戦いに身を置く、危険に身をさらす。
 その中でこそ、生きていると感じる。
 困難が大きければ大きいほど心震える。
 そしてそれに打ち勝った時、己がまた一つ強くなったと思える。
 ――ひたすらに、強さを求めた。
 故郷を出て、傭兵となった時からずっと。
「泥沼、結構」
 安寧など、ぬるい。
 彼はそう思って。
 ……その時も、エッセルトを目指した。




 エッセルトの国にはすでに、多くの傭兵が訪れていた。
 戦争の気配はすぐに広がる。特に傭兵にとってそれは生きるかて。食い扶持ぶちだ。
 エッセルトは裕福な国であった。集まった傭兵にも多額の給金が払われた。
 そして傭兵たちは、いつ戦火の火蓋が切られるか、注視していた。
 給金が多額ゆえに、それと同時に国を出ようと算段する者もいた。カーキッドの耳にもそうした話は聞こえていたが。
 何と惜しい事を、とカーキッドはほくそ笑んだ。
 お楽しみは金じゃねぇ。そこからじゃないかと。
 どの道金だけが目的ではこの世界には生きていられない。
 ――狂っていくのだ。
 狂わなければ生きていけないのだ。
 そしてその狂気を友としなければ。
「……」
 強くはなれないのだ。
 カーキッドはそう思っていた。




 傭兵に、仲間意識はない。
 同族意識はある。だがそれだけ。
 いつも個人戦。
 戦場で頼れるのは、己の腕のみ。
 部隊として動いた事は今までなかった。
 ……だがカーキッドはエッセルトにて初めて部隊を組んだ。
 思ったより多く集まった傭兵をまとめるために、エッセルト側が幾つかに分けた。
 まとまっていればいつの間にか、誰が人を率いる力があるかは見えてくる。
 カーキッドが属した分隊にも、そういう男がいた。その男が分隊長になるのは自然な成り行きだった。
 カーキッドは分隊長など死んでも嫌だった。そして隊として動く気など毛頭もなかった。
 俺一人だけの腕。俺が楽しければいい。国の行く末など本当はどうでもいい。戦えさえすれば。
 カーキッドがその国に属したのはただの偶然。いやむしろ、形勢が不利だと踏んだから。
 エッセルトは多方面からの圧力を受けようとしていた。攻撃の中心にいる。勝ち馬に乗っても面白くはない。
 幸い、カーキッドの隊の分隊長は真面目で思慮の深い人物であった。隊長として他の分隊の者よりも真摯に行動をした。上からの連絡も卒なく伝達される。それでいて、傭兵の性分が分かっている。過度にまとめようと束縛を敷いてくる者ではなかった。
 自由にやれと、そういう人物だった。隊としてはやりやすそうだった。
 だが1つだけ、カーキッドにとって気に食わない事があった。
 ……その隊には、女がいたのだ。
 女の傭兵は、多くはないが存在する。
 だが正直カーキッドはそれが目障りでならなかった。
 そしてその女傭兵は、無駄に、隊をまとめようと試みた。
 同じ隊になったのだから、皆で仲良くしましょうと。
 ……これだから女は嫌いなんだと、カーキッドは思った。
「ね、今日は皆で飲みに行きましょうよ」
 そこで人種は2つに分かれる。下心丸出しで女についていく男と、一切の関わりを拒絶する男。
「これから一緒に戦うんだから」
 カーキッドは女を無視した。
 1人だ。
 隊なんぞ、お飾りでしかない。
(どこに行っても、どこに立っても)
 俺は1人で戦う。
 ――俺のために強くなる。
 俺のために生きる。
 死ぬ時だって、俺のためだけだ。
 ……カーキッドはそう呟いて。
 女も、隊も、見向きもしなかった。




 ――酒を飲むなら、1人。
 エッセルトの酒は美味かった。
 これほど喉が焼ける酒を飲んだ事がなかったが、カーキッドは満足した。
 溺れるほどは飲まない。いつ何時何が起こってもいいように。
 すでにここはもう戦場だと思っている。いいや、カーキッドにとって戦場でない場所にいる事は片時もない。
 幾らかの時を過ごし、店を出た。
 出る間際、店の隅に分隊長がいるのが見えた。彼もまた1人だった。だからと言って、特に挨拶もしなかった。
 砂漠の町の夜は、昼間を思えば信じられないほどに冷えた。
 気違いのような気温だ。すでに取り巻く世界そのものが、彼らに牙を剥いているようだった。
 その中、町の中央まできた時、カーキッドはふと妙な気配を感じた。
 傭兵の宿営地は町外れにある。
 一瞬無視して宿営に戻ろうと思ったが、結局彼は気配の方へと向かった。
 足音は殺す。
 気配も殺すが、その眼光はすでに獲物を追う獣のような光を帯び始めていた。
 気配だけを頼りに走ると。
 やがて人通りから離れた所、開けた場所に出た。
 往来は暗い。何が正確にあるとはわからなかったが、倉庫のような建物が林立しているのが見て取れた。
 ――そこに。
 確かに感じた殺気に、カーキッドは剣を抜いた。
 口元が引き結ばれる。
 殺気のする細い通りへ入った所で。
 カーキッドは見た。
 人が立っていた。
 荒い息づかいが聞こえてくる。
 だが音が止まったと同時に、その者はサッとカーキッドを振り返った。
 獣の目をしていた。
 月にそれは、白く光っていた。
 女だった。カーキッドと同じ部隊にいる、あの面倒な女だった。
 異変はすぐに見て取れた。着衣が乱れている。
 ボロボロの衣は、……襲われた跡。
 そしてその足元、幾人かの男が物言わず転がっていた。
 何が起こったかすぐに見て取れた。転がっていたのは傭兵だ。同じ分隊にいる者もいれば、他所の分隊の者もいる。
「……」
 女は襲われたのだろう。それで斬り捨てた。
 カーキッドはため息を吐いた。
 ほれみろ、だからだ。女は面倒臭い。
 戦場は男の世界だ。そこに女が出てこればどうなるか。
 女は男を狂わせる。そういうものを見るのも嫌だった。女に血迷う男は、無様だ。
 かといって、男と対等に渡り合えると思っている女はさらに目障りでならない。
 所詮、男は男。女は女。
「……」
 カーキッドは剣をしまった。だが女は剣を構えたままだった。
 じっと、カーキッドを見据えている。
「……黙っておいてやる」
 それが、カーキッドが初めて女に言った言葉だった。
 女は答えなかった。いつも弾けたように話し続けるこの女が。
 だがカーキッドは特に何も感じず。
 斬られた男たちを見た。
 見事だ。
 倒れているのは幾人か。奥にも転がっている。いずれにせよ、すべて一人で制したか。
 だとすれば確かにこの女、侮れないかもしれない。
 ……そう思った時。
 じっと動かぬ女の、その異常に気付いた。
 震えているのだ。
 牙を立て、カーキッドに向かって威嚇の目を向けながらも。
 剣が。腕が。……全身を。
「行くぞ」
 カーキッドが促したが、やはり女は動かなかった。
「おい」
 剣を持つ腕を握る。女は驚いた様子でもがいた。ぶれた切っ先が、僅かにカーキッドを斬った。
「あ」
 それにむしろ、女が驚く。カーキッドは面倒臭いと思った。
 剣を奪い取り、その顔を間近で覗きこむ。
「しっかりしろ」
「――」
 目と目。
 荒ぶる、彼女の吐息。
 そして零れ落ちる、涙。
「離して」
 女はやっと声を出した。涙を見せまいと、カーキッドに背を向けた。
「近寄らないで」
 ――その時だった。
「さっさと退散すべきだな」
 2人同時に振り返る。と、そこに先ほどまで酒場にいた分隊長が立っていた。
「お前……」
「後は別で処理をする。急げ」
 俺に命令すんな。カーキッドはそう言ったが。
 内心はヒヤリとした物を感じた。
(気づかなかった)
 男が背後に立っていた事。気配、何一つとして。
 まだ動かぬ女の腕をカーキッドは強引に掴んだ。
 すると女は睨むようにしてカーキッドを見上げた。
「上着、貸して」
「あん?」
 その目は、先ほどよりは落ち着きを取り戻していた。
「……こんな恰好じゃ歩けない」
 確かに、胸元はこぼれそうである。カーキッドが思わず見入ってしまう前に、女はサッと背を向けた。
「貸して」
「あ、おう」
 いそいそと脱いだものの、何で俺が、とも思う。
「ありがと」
 しかし彼女が上着をひったくる方が早かった。カーキッドが何か言う前に、さっさと着込んでしまった。そうなってしまってはもう、奪い取るわけにもいかない。
 歩き出した女と男の後ろを、カーキッドは、少しふてくされたように歩き出した。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ