挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第1部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/179

 第1章 サンクトゥマリアの子守歌 -2-


  ◇

 傭兵隊の兵舎は城下の一番端にある。
 騎士のそれが城門の内側にある事を思えば、明らかに差別を伺える待遇である。
 だが当の本人たちは気楽なものであった。街に近ければそれだけ、隊務の後酒にありつけるのも早くなる。
 それにやはり、よそ者だという意識は、国の誰よりも彼ら自身の方が強く持っていた。
 ――傭兵は騎士とは違う。腕のみで雇われた、臨時の戦闘員である。
 生涯国と王に命を捧げる騎士とは違い、彼らが剣を捧げるのはただ己のためである。
 給金で仕え、雇われているから剣を振るう。愛国精神など知った事じゃない。ただ興味があるのは己の腕のみ。
 そこにいるのは、国を流れた者、国を失った者、騎士になり損ねた者、己の信念でこのみちを選んだ者、腕を試したい者……様々だ。
 だから、気に入らなければ去って行く。剣を振るう場所を求め、戦場を転戦する。戦がなければ剣は振るえぬ。振るえなければ金は入らぬ。
 その点、この国は特異だ。
 平和なのだ。
 傭兵隊長カーキッド、彼がこの国にきて1年。戦争と呼べるような事はなかった。あっても盗賊・山賊討伐。それでも給料はきちんと定期的に支払われている。
 それが評を得て、この国の傭兵隊には長居する者が多い。だが正直言って、カーキッドはそれがぬるいと思っていた。
 平和はいい、愛すべき事だ。だが。
(ここは俺の性分じゃない)
 出よう。次の戦場を求めて。
 傭兵隊長、そんな役職までもらったけれども。
 ――そう思っていた矢先に、今回の試合の事を知った。
 当然出場した。戦いと聞いて、胸が躍らぬわけがない。
 ――優勝者には白薔薇の称号を与える。
 突拍子もない話に、カーキッドは久しぶりに胸が躍った。
 1番になった奴に王位を譲るだ? 面白ぇ。
 もし自分のような者が優勝したとしても、本当にそんな事が起こるのか? この国の血など一切混ざらぬこの俺でも、王に据えると言うんかい?
 優勝してみたい。それでどうなるのか見てみたい。
 それでもしこの国の民じゃないからとか、騎士じゃないからとかケチを付けて、存外、亡き者にしようとしてくるのならば、全身全霊でもって立ち向かう覚悟もしていた。それはそれで楽しみだった。
 自分が優勝する、それ以外に彼は思っていなかったから。
(ハーランドの騎士共全員、ぶった斬る)
 だが実際に試合に臨み、初戦から試合を観戦する王の姿を見て。カーキッドは思い直した。
 あの王は本当にやる。もし自分が優勝したならば、本当に王位を譲る。
 嘘偽りはない。
 こちらに注がれる視線に、そんなまっすぐな気配を感じたから。
 カーキッドはゾクゾクした。
 この試合は己の運命になる。
 王になるとかそういう事よりも、そんな交差路に立った事に胸が震えた。
 ――傭兵隊の詰め所には人は多くない。外回りなど日々の業務はそれなりに多い。
 傭兵は騎士がしない仕事も引き受けている。街の治安維持は一般兵の務めであったが、傭兵隊もその一端を担っていた。
 その中で、カーキッドは空き時間を利用して鍛錬所で剣を振り続けていた。
「よぉ、試合見たぞ」
「惜しかったなぁー。もう少しで王になれたのに」
 仲間に茶化されたが、カーキッドはただ軽く唇の端を傾けただけだった。
「それにしても、本気で行かせる気かねぇ?」
「オヴェリア姫……ハーランド王のたった1人の娘だろう?」
「幾らなんでも、竜の討伐なんぞ」
 熟練の使い手でも、思いあぐねる事だというのに。
「正気の沙汰かね」
 カーキッドはそれに答えず、明後日を見た。
 鍛錬所の入り口には、誰がしたものか、白い薔薇の花が一輪活けてあった。
 先日までの薔薇大祭の名残か、はたまた新手の嫌がらせのつもりか。
「お前本気でやったのか?」
 不意に、そこにいた傭兵の1人がニヤニヤ笑いながらそう尋ねた。
「相手が女だから、手を抜いたんじゃねぇのか?」
「ハハハ、言えてる」
 少し悪意を感じるその言葉に、カーキッドは軽く笑って答えたけれども。
 本当は。
 ――その首を、ここで即刻ぶった斬りたい。そんな衝動に駆られた。深く、深く。
 だがやめた。許した。あの白い薔薇に免じて。
「二度と言うな?」
 でも消せなかった、湧き上がった殺気を。
 さすが戦場を巡る傭兵仲間はそれをしっかり感じ取り、少し怯えたように去って行った。
 人のいなくなった鍛錬所、ぼんやりと、カーキッドはその花を見つめた。
 そして……また、剣を振り始めた。
 ――大祭以前は何も感じなかったその花に。
 浮かんでくる不思議な想いを断ち切るように、剣を振り続けた。



 そんなカーキッドの元に使者がきたのはその翌日。
 登城の命令であった。
 呼び出しの主は武大臣グレン・スコール。
「わかった、行く」
 傭兵隊の直轄は第十五師団である。その総隊長の呼び出しにはいつも、何だかんだ理由を託けて行き渋る彼が、今日は珍しく即答をした。
 ――わかっていたのである。この時が来る事を。
 午前の巡察を他の者に任せ、カーキッドは城へと向かった。
 薔薇の大祭を終えたハーランドの街は、その余韻を微かに残しつつも、いつもの平穏を取り戻そうとしている。ひしめき合っていた露店はもうない。大祭中に来ていた行商の者たちも、また別の喧騒を求めて散って行ったのだろうか。
 大祭を目指して手入れされていた薔薇の花が、街の至る所で、その時と変わらぬ美しさを誇っていた。
 赤や黄色のそれに、多少視線を投げたカーキッドだったが。
「……白薔薇がねぇな」
 街と城の間には川が流れている。その跳ね橋を抜けると城門があり、そこからハーランドの城へと道は続く。
 城門は、名を告げるとすぐに通してもらえた。
「試合拝見致しました。感服いたしました」
「そらどうも」
 カーキッドの名と姿は、あの試合ですっかり有名になった。今、彼を知らぬ者は城中にはいない。歩けば必ず皆振り返る。好奇の目ならまだいいが、向けられるのはそればかりではない。
 敵意。
 姿は見えずとも常に張り付くように感じる気配。1つや2つではない……それを感じ、カーキッドは思わず笑みを漏らした。
 何と言っても彼は、近衛師団のシュリッヒを下した。騎士の尊敬と憧れの的である男を倒した。この国の騎士ならば、その事にいい感情を抱かぬ者もいるだろう。
(馬鹿馬鹿しい)
 俺を睨んだってどうともならねぇ。そこにあるのは〝結果〟だろう?
(気に入らないなら、斬りこんで来い)
 いつでも相手をしてやる。俺を倒してみろ、超えてみろ――。
 城内を歩く。その顔は飄々《ひょうひょう》としていたが、剣気は消さなかった。
 いつ刃が飛んできても迎え撃てるように。
 そして内心、それを待ってもいた。
(掛かって来い)
 だが結局目的の場所に着くまで、彼に斬りかかる者はおらず。無事着いてしまった事に落胆のため息を吐いた。
「……つまんねぇ」
 ――城内鍛錬所にて待つ。
 約束の時間より少しだけ遅れて、カーキッドはその扉をくぐった。



 城内の鍛錬所はいくつかある。
 そのうちの1つ、入るとそこは少し湿ったにおいがした。
 汗のにおいよりは少し淡く、かと言って砂のにおいよりは辛い。
 屋外の鍛錬所が多い中、3つだけある屋内のそこに、彼はいた。
 武大臣グレン・スコール。
 1対1で何組か打ち合いができそうな広い空間。そこにグレンはただ1人彼を待っていた。
「来たか」
 部屋の中央に立つ彼の姿を認め、カーキッドは後ろ手に扉を閉めた。
 そして視線はグレンを捕らえたまま、ゆっくりと回り込むようにそちらに向かって歩を進めた。
「十五師団のオーバは、常から、お前の扱いには手を焼いているようだったが」
「オーバ? すまんな、そんな奴眼中にないんでね」
 腕もないのに家柄だけで地位を得たような輩だった。当然そんな者にカーキッドは興味なかった。
「誰に従うかは、自分で決める」
「そうか」
 ジリジリと、グレンを中心にして半円を描くように歩むカーキッドに対して、グレンは動かない。視線はまっすぐ虚空に向けていた。
 だが。
(こいつは、できる)
 腰に剣は持ってきた。彼の愛刀だ。長年戦場を共にした彼の唯一無二の相棒。
「わざわざこんな所に呼びつけて」
 何の用だい? そう言うより早く。
 ――カーキッドが動いた。
 一気にグレンに向かって駆ける、抜刀する。そのまま横から大きく薙いだ。
 グレンは動かない。捕らえた、一瞬そう思ったが。
 斬ったのは、くう
 寸前でグレンはヒラリとそれを避けた。
 驚くより早く、カーキッドは剣を返す。そのまま叩きつけるように半弧走らせる。
 それも避けられる――が、それを予想して、一歩右足を踏み出す。
 足を狙う。膝丈を、一気に横へ一閃させる。
 が、そこを完全に止められた。
 グレンの剣に。
 抜いたな、その事実にカーキッドはニヤリと笑った。
 そして力目いっぱい、押し切ろうと思ったが。
(これは)
 瞬間、背筋に走った悪寒に思わず後ろへ跳んだ。カーキッドがたった今までいた場所を、右下からの突き上げが掠めていった。
 完全に避けた、そう思ったが。
 頬に痛みを感じる。何か流れた。
(斬られた)
 面白ぇ。
 カーキッドの目が、らんと輝いた。愛刀を強く握り締め、グレン向かって再び走り込もうとした刹那。
「狂犬だな。そしてそなたの剣は、乱れておる」
「――、何を」
「そんな剣では、わしは倒せん」
「……抜かせッ」
「先日の試合の折の太刀筋とは幾分違うな。迷いがある」
 カーキッドはグレンを睨んだ。だがグレンはその挑発には乗らなかった。
 しばしそれを続けたが、最後にはカーキッドは諦め、息を吐いた。
「迷い、かい」
「ああ」
 ――武大臣グレン。
 さすが、噂通りの男だとカーキッドは思った。
 彼の武勇はカーキッドも聞いている。数年前に起こったハーランドと隣国との抗争、その際の彼の武 功。
 まして薔薇前試合6連覇の記録はまだ誰にも破られていない。
 〝赤薔薇〟の中の〝赤薔薇〟。この国の真の英雄。そして武の象徴。
 剣で名をはせたヴァロック王ですら、生涯倒せなかった1人の剣士。
「だがさすがだ。剣を抜く気はなかった。その腕前はまことのものだ」
 カーキッドがあの試合に出た理由の一端に、この男の事があった。
 この国で一番の剣士として知られる男。そいつと戦ってみたい、剣を交えてみたい。
 何年か前にもう御前試合からは引退したのだとも聞いていたが、今回はこれまでと得られる物が違う。 一縷いちるの望みを託し、最後まで期待した。だが結果としてやはり武大臣は出てこなかった。
 それに心底落胆し、口惜しくて仕方がなかったけれども。王と同じようにずっと試合を見続けているグレンの姿を、カーキッドは捉えていた。
 だから彼は、剣を振るい続けた。対戦相手ではなく、壇上に臨む武大臣に向けて。
「あんたと戦ってみたかった」
 言いながらカーキッドは、愛刀を鞘に収めた。それにグレンは笑って答えた。
「老兵にお前のような剣士は骨が折れる」
 よく言う。カーキッドは苦虫を噛む。
(こいつは)
 違う。一刀合わせただけ、それだけでカーキッドは決定的に知らされた。
 ――実力の差。
 この男は知っている。剣の重み。それが奪う物、その力の意味。
 命。
 そして戦いの本質。
「簡単に止めたじゃねぇか」
「それはお前の剣に迷いがあったから」
「ないね、そんなもん」
「その実をわしは知らん。己の胸に問うてみよ」
 食えない親父だ。内心毒づき、改めグレンに向き直った。
「……それで、何だ用ってのは」
 普通の騎士間の上下関係ならば敬語は原則であるが、傭兵に上下もくそもないとカーキッドは思っている。そしてグレンもまた、取り立てて彼の態度に注意はしなかった。
「そなたに頼みたい事がある」
 グレンは抜き身の剣をゆっくりと鞘に戻しながら言った。深い声だなとカーキッドは思った。
「頼み? あんたがか」
「そうだ」
 その内容、カーキッドはもう察しがついていたが、気づかぬ振りをした。
「武大臣様直々に、一介の傭兵に一体何の用が」
 ――風が吹いた。
 天窓から吹き込むのだ。今日は特に風が強かった。だから屋内のこの場所でも、地面の砂が少し舞った。
 転戦をし、その中に砂漠の記憶もあった。その時の事が一瞬カーキッドの脳裏を掠めた。
「お前の腕を見込んで頼みがある。これは……わし個人の願いだ」
 風のにおい、砂のにおい、汗のにおい。
 そして仄かに鼻腔を掠めたのは、薔薇のにおい。
 鼻についたのかもしれない、それくらいこの国は薔薇に溢れていて。
「オヴェリア様に課された使命……黒い竜討伐の任。そなたも同行して欲しい」
 こんなに花に囲まれた事は、今までの人生、カーキッドはなかったから。
 感覚がおかしい。くすぐられる。
 ……理由はだけど、わかっている。
「俺に、姫様のお供をせよと?」
「そうだ」
 答えずにいると、グレンは1度深く瞬きをし、唸るように言った。
「姫と共にかの地へ赴き、姫をお助けし、黒き竜を仕留めて欲しい」
 カーキッドは口の端を吊り上げた。
「そして、姫にもし万が一の危険が及びし時は」
 ――薔薇のにおいが。
「その身に代えても、姫をお守りせよ」
 脳を揺さぶる。
「それは、死ねって事かい?」
 グレンは答えなかった。
 カーキッドは鼻で笑った。
 しばし、沈黙が落ちる。
 だがその果てに。
「いいぜ」
 すっとした声だった。
「ただし、それに見合う奴だと思ったら」
「……」
「俺の命を引き換えにしてもいい奴だと、それに足る人物だと思えたならば」
「……でなくば?」
「斬る」
「……」
「邪魔になるなら、斬る」
 もういいかい? 言って、カーキッドは背を向けた。
「お前は何のために剣を振るう?」
 そんな彼の背中に、グレンは問いかけた。
「何ゆえ力を求める?」
 思わずカーキッドは歩を止めた。
 それは――浮かんだ言葉を、飲み込み。
 ゆっくりと振り返り、カーキッドは答えた。
「俺のためだ」
「……」
「無様に死にたくないからだ」
 そう言って口の端を歪めて見せ、彼はその部屋を出た。



 鍛錬所を出ても、薔薇のにおいは消えなかった。
 そのまま壁にもたれ、カーキッドは胸元から煙草を取り出した。
 煙草のにおいに、少し、気が紛れる。
 そのまま天井を見上げると、あかのレンガ造りが延々と続いていた。
 その色は血にしか見えない。そう思うと少し煙草が不味くなった。壁でもみ消し窓の隙間から捨てる。
 そして彼は歩き出した。
 腰元の剣が少し鳴った。
 煩わしくはない。だが少し重いなと、今日は珍しくそんな感情が淡く胸を過ぎった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ