挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
俺、未来で戦闘機の燃料(エサ)になります! 作者:phantomplus
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

44/44

【42】サヨナラのじかん



 タイムリミットは刻一刻と近づいていた。

 俺たちは無言のままにガム採り作業を続けている。リオンやダリアは操縦席で半強制的に眠らされているようだが、俺が思い描いた時間がとまるみたいなスリープモードは搭載されていないらしい。
 つまるところ、最初に提示された時間内にきれいにしてやらないと、特にリオンの体力値がやばい。
 俺はムクさんに教えてもらった通りに、自分の顔を覆う部分に画面を開いて作業をしている。そこには付着物質がグリーンに彩色された戦闘機の図が浮かんでいた。あと少しで終わる。
 だが、それと同時にタイムリミットまで、あと数分しかないことも記されている。


「ヒイラギ。このペースだと間に合わないわ。リオンの体力値も思ったより回復していないし」

「わかってる! 後少しだから。もう少しだから」


 俺はがむしゃらに機体を磨く。
 大きなものはとり終わったのだ。後は機体についた小さな粒子まで洗い流せば良いだけ。それでもタイムリミットには間に合わない。
 セレナも口を引き結んで作業をしていた。中の状況は俺よりも良くわかっているのだろう。


「なので、とりあえずはリオン機の作業を完成させましょう。ダリア機はその後数分の猶予があるわ」


 通信が届いていたのだろう、俺が返答もせずに必死に機体にブラシをかけていると、ムクさんが近寄ってきて作業をし始めた。あちらはジャスパー一人で作業をしている。
 無言で頷きあって、俺たちは作業を分担した。


「タイムリミットになった時と、付着物の全除去が終わったら教えてくれ」


 ムクさんの指示を俺は復唱するようにして、コハクに伝えた。コハクの了承をムクさんにも伝える。
 そして、永遠にも一瞬にも思える十数分が過ぎるころ


「タイムリミットまで1分12秒。でも、オールクリーンを確認」


 コハクがそう告げる。


「よし、セレナ、すぐに飛ばしてくれ!」


「わかった」


 俺の叫ぶような声に、セレナは力強く頷いた。これまでじっと黙っていた彼女の顔に、初めてほころぶような笑みがこぼれる。


「ヒイラギ! 助けてくれて、ありがとう」


 そう言って、セレナの身体から力が抜けた。倒れこむ彼女を何とか受け止めたのと、セレナ機のライトが点灯したのは同時だった。すぐに移動が開始される。


「ヒイラギ。ぼうっとしてる暇はないぞ。すぐにダリアの方をやらないと」


 俺がセレナ機がバックして滑走ポイントに向かっているのを見つめていると、ムクさんのどなり声が聞こえてきた。ムクさんも焦っているのだ。


「でも、セレナが」

「モジュールだろ。必要なら移動ポッドに詰め込んでおけ!」


 俺はあたふたとセレナを抱えて、ポッドに移動しセレナを中へ押し込んだ。


「よ、よし」


 次はダリアだ。
 見れば既に二人、いや、一人と一機があらかたの作業を終えており、最後の洗浄に入っているようだった。


「後は最後部のところだけだ!」


 ムクさんが俺を指差してそう言った。ホースを持って赤い機体に取りつき、洗浄液をぶちまけながら洗っていく。


「コハク!」

「後ちょっとよ。フライトの準備に入った方がよさそうね」


 こっちも何とか間に合いそうだ。ダリアがコックピット内で起きたと言うことも聞き、安堵に涙が出そうになる。
 近くにジャスパーがやってきて、これまたきれいな笑みを見せた。


「次は、中で会いましょ」

「ああ。ダリアをよろしく頼む」


 ジャスパーは僅かに天を仰ぎみた。


「そうね。あの小生意気なライオン娘でもパイロットはパイロットよね。仲良くできるかは分からないけど、連れて帰るわ」

「何よ!」


 聞いていたのか、ダリアの声が聞こえた。


「ライオン娘って誰のことよ!」

「あんたしか居ないでしょ。人のことも勝手にあだ名で呼ぶんだから、当然よ当然!」

「そ、それは……」


 俺はその会話を聞きながらも最後の洗浄を続けていた。今はそれどころじゃないと思いつつも、二人の会話で心に余裕ができたのも確かだ。


「二人とも、そろそろ終わるからな! ジャスパーは余裕があるならポッドに戻ってくれ」


 ムクさんの号令で、ジャスパーはわざとらしく首をすくめてから、ぽんと床を蹴るように飛び上がった。機体の影で姿が見えなくなる。


「いいわよ。完了したわ」


 コハクの号令に、真っ赤な機体にも炎がともる。美しい直線の軌道でジャスパー機が滑走スペースに移動した。マジマジと見たことは無かったが、セレナは上昇線を見せないまっすぐな飛び出しであるのに対し、ジャスパー機は飛び出すと同時に上昇をするような軌道を描く。これもまた戦闘機の個性なのか、それとも状況によって変わるのだろうか。

 深い黒の中に二機を見送って、俺は満足感とも安堵ともつかない気持ちで宙を見つめていた。これで二人とも助かるんだ。

 洗浄液はフライトで蒸発する。後は戦闘機が通常ルートで帰船出来ればいい。


「チェックがすんだわ。洗浄液の回収は99パーセント終了。付着物質オールオーケー。洗い流した付着物質はパッキングされて廃棄ポッドへ回収済み。洗浄液は排出済みよ」

「よかった。後はこのスペースの通常洗浄作業だな」

「通常洗浄?」


 俺が首をかしげると、ムクさんはふと笑って滑走スペースを指差した。


「どうしたってああいうスペースは外気にさらされるだろ。だから使用後には自動洗浄がなされるんだよ。ここも一度は外と同じ空気に充たされたからな、通常の洗浄作業は必要ってわけだ」

「なるほどね」


 いろいろと考えられている。


「とりあえず、戻るぞ」

「うん」


 ムクさんがポッドへ戻って行く。俺は今一度外を見てから、ムクさんの背を追おうとした。
 その時だった。


「え?」

 違和感としか言いようがなかった。熱くもないし、堪えられないほどの痛みに襲われたわけでもない。


 ただ、衝撃はあった。


 小さい拳の一撃とでも言えばいいか。それでも内臓をも叩かれたような衝撃があって、思わず喉から息が漏れたくらいだ。

 何があったのかと、自分の腹の辺りを見下ろすが、取り立てておかしな部分はなにも無い。
 手で問題の腹の辺りを押さえて見ても、グローブには何の色もつかない。


 ただ、生ぬるい感触だけが腹から腰、そして足を濡らしていく。


「え、えと?」


 揺れる視界の先で、ムクさんがこちらを振り返るのがわかった。だが、それまでだった。


 吐きたくもないのに、何かがせり上がってきている。「ムクさん」と声に出そうとしたが、俺の喉から絞り出されたのは、おかしな水音だけだった。




 急に力が入らなくなって、視界がぐるりと回った。




cont_access.php?citi_cont_id=756054944&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 303 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 331 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全292部分)
  • 275 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 18:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全133部分)
  • 341 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 20:09
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 366 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全308部分)
  • 288 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 00:00
食い詰め傭兵の幻想奇譚

世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。 だが知り合いもなく、懐具合も寂しい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全343部分)
  • 280 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 12:00
俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部分)
  • 314 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 02:28
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 333 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全207部分)
  • 281 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 18:26
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 300 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 268 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 297 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 317 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全557部分)
  • 330 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 18:00
マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合

FPSというゲームジャンルをこよなく愛する青年がいた。数々のゲームタイトルをプレイし、いつしか世界大会にまで出場するほどのプレイヤーに成長した彼が今プレイしてい//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全307部分)
  • 303 user
  • 最終掲載日:2017/06/17 21:00
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部分)
  • 324 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 10:52
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全393部分)
  • 319 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 22:24
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 302 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全157部分)
  • 268 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:38
異世界薬局

研究一筋だった日本の若き薬学者は、過労死をして中世ヨーロッパ風異世界に転生してしまう。 高名な宮廷薬師を父に持つ十歳の薬師見習いの少年として転生した彼は、疾患透//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部分)
  • 276 user
  • 最終掲載日:2017/11/28 12:00
俺のロボ

 “ガーディアントルーパーズ”はアーケード用のロボットアクションゲームだ。プレイヤーはコクピットさながらに作りこまれた大型筐体に搭乗して戦う。  ありがちな世//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全67部分)
  • 285 user
  • 最終掲載日:2017/12/02 20:44
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 338 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 348 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全135部分)
  • 288 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 00:53
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 284 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 354 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 344 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全256部分)
  • 424 user
  • 最終掲載日:2017/12/03 16:43
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全393部分)
  • 269 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 18:00
ライブダンジョン!

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全257部分)
  • 295 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 17:00
↑ページトップへ