挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

殺したいオス

作者:菜宮 雪
あくまでも、作り話としてお楽しみください。
私はあなたの死を望んでいる。
望んではいるが、殺しはしない。いつかきっと、あなたの方が先に死ぬことはわかっている。
せいぜい、後十年、いや、十五年も辛抱すれば、願いは成就する。
私は黙って待ち続ける。

朝、すがすがしく、窓を開ければ、早速お小言。うるさいなあ。
朝一番の大声に、せっかくの一日のスタートが台無しに。
でもまあ、少しぐらい我慢してやるよ。どうせあなたは私より長く生きられない。
今日はいいお天気だ。庭に出て、洗濯物を、さおの端から端まで干す。
その間もあなたの口は止まらない。ほっといてほしいなあ。
なぜ、黙っていられないのだろう。いいかげんにしてよ。
迷惑なのがわからないのかな。

買い物にでも出かけるとするか。
口やかましいあなたに気がつかれないように、静かに、玄関を開く努力をする。
――――しまったぁぁ! みつかった……
玄関扉がガチャリと開いた音で、案の定、どこへ行くんだ、と声がかかる。
どこへ行こうと、私の勝手でしょう。いちいち確かめないでよ。
あなたは、出て行く私を不快そうに見て、鼻先にしわを寄せる。
どうして、そんな顔をするわけ? 買い物ぐらい好きにしていいでしょう?
何の文句があるのよ。本当にやかましいあなた。
私は、あなたを無視して自転車を出す。いちいち、暇すぎるあなたの相手などやっていられない。
早く、死んでほしい。ひたすら願い続ける。普通なら絶対に私の方が後に死ぬはずだから。
そうでないとがまんできないわよ。こんなうるさいあなた。
どれだけ私が苦痛に思っているか、わかりもしない。
バカとしか言いようがないわね。
ふん、家を出れば私は自由だ。あなたの声のしない所で、自由に買い物を楽しもう。

買い物から帰る。スーパーの袋を自転車から下ろし、静かに……静かに……
――――来たぁぁぁ!
玄関を開ける音で、簡単にあなたに発見された。
さっそく嵐のような文句。
わかっている事とはいえ、ああ、がっかり。
何よ、その顔は。愛想笑いでもしてくれれば、許せるものを。
そんなに人のことをチェックしてどうするの。
私は静かに暮らしたいの。あなたにいちいち、うるさく言われる筋合いなどない。
私は何も悪い事はしていないよ。
ああ、うるさいあなた。嫌味のひとつも言いたくなる。
どう考えても、あなたの方が私より先に死ぬに決まっている。がまん、がまん……
楽しかったお買い物気分は、いっぺんに灰色。

あなたは、広い家で我がままいっぱいに育てられたのね。
大切に、大切に、家族から愛されて……
そりゃあ、よかった。だけど、ちょっとねえ……
叱られたことってあるかな?
ないだろうね、きっと。あなたの家族は、あなたに甘すぎるよ。
あなたに人の気持ちなんかわかるわけもない。

夕方、庭に干した洗濯物を取り入れる。
庭へ出るテラスの扉を開けると、案の定、あなたの声。
いちいち何よ。自分の家の庭に出て何が悪い。
あなたの口にフタをすれば、どんなにすっきりすることだろう。
その気になれば、毒でも盛って、あなたの寿命を縮めることだってできるよ。
じわじわと、ヒ素でも与えて、誰にもわからないように、あなたを絶命させる。
それとは別のやり方でもいい。あなたさえいなければ、私は幸せ。
頭の中で、あなたに棒を振り上げて、滅多打ちにする自分にうっとり……
今までのうらみをこめて、こらしめてやりたいよ。せいせいするだろうねえ。
でも、それはしない。

あなたを殺したい。だけど、あなたの為に、私は犯罪者になる気はないの。
こんなバカなオスの為に、犯罪者になり下がって、私の人生を丸つぶしになんかするものか。

私が殺したいオス。
私は呪詛のように、心の中でその名をつぶやく。


「ポチ……あなた、うざすぎ」
私が許せないそのオスは、お隣の広い敷地内で、放し飼いで飼われている愛らしい柴犬。
フェンス越しに私を見つけると、いつも駆け寄ってきて、大声で威嚇。
ちょっとぉ。私がいったいあなたに何をしたっていうんだよ。
飼い主さんによると、ポチは今六歳ぐらいらしい。
寿命はあと十年ぐらいか? いや、もっと長いかも。
今どきの犬の餌は優れていて、皆長生きするらしい。
ああ……ため息。

庭に出ても、玄関へ出ても、フェンスの向こうで移動しては、激しく吠え狂うポチ。
甘えの鳴き声ではない。私を脅すような、あのうなり声を聞かない日がほしい。
私が、憎きその名をやさしく呼んでやっても、あなたは私にはなつかない。
あなたにとって、私はただの不審者で、なわばり荒らしにしか見えないのだろう。

新聞屋さんや、郵便配達の人にも、発見と同時に元気よくごあいさつ。
番犬なら、少しは吠える相手をよく見ろ。
ああ、いいかげんに、私を認識してくれないだろうか。
毎日、狂ったように吠えかかってくるあなた。
平和で静かな私の日常はどこへ行った?


ポチめ! なんてやかましい犬だろう。
あなたが死ぬまで、この苦痛は終わらない。
願いはきっと成就する。いつか――


  了
読んでくださってありがとうございました。少しだけ手直ししました。(2008.5.21)

携帯で、詩の感覚で読めるように、改行の字下げはしておりません。本格的な詩にして、句点も取ろうかと思いましたが、中途半端なのでそれはやめました。小説、というにはあまりにも稚拙でおこがましい作品ですが、軽く読み流していただけたらうれしいです。

    菜宮 雪

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ