挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
笑顔が愛おしくて ~ベトナム恋愛奮闘記~ 作者:KON
13/73

ペイント マイ ラブ

だっだ広い空間------

デスク---工作盤(機)--その一つ一つが大きく見える。

いまはまだ、閑散とした物作りだけの工場だからだ。
現地の作業員(労働者)たちも
いくつかのグループに分担されているものの、ただ与えられた仕事をこなしている。

僕は昨日、彼らの仕事ぶりを丸一日見て、
たどたどしい英語と手振りで、
現地のエンジニアと話し合い、
それぞれにグループリーダーを選び出した。

それぞれのセクションの上に総括するエンジニアがいて、
その下にワーカーたちを仕切る(指導)するグループリーダーを立てた。

僕の仕事は、主に眼鏡を組み付けるロー付け、スポットと品質管理面だ。
エンジニア以外は英語を話せないので、僕の伝えたいことはすべてエンジニアを通してである。

「Are you tired ?」(疲れましたか?)
エンジニアのTonが僕に言った。

.....センキュ、Ton、、アイム、ア、リトル、タイト。

ほんとは精神的にだいぶ疲れていた。
作業の段取りを含め、すべてがふりだしからのスタートだから・・

昼食も、ろくにのどを通さず、
早朝にトゥイちゃんからもらったCDの音楽が昼休みの癒しになった。

「What's listen to the music ?」(何を聴いているの?)

昼休みも終わろうとしている中、
総務のタムさんが小さなバナナ(モンキーバナナ)を僕に差し出して問いかけてきた。

.....センキュ.....ディス、ワン?.....アイ、スインク..ビューティーフルミュージック。

僕が聞いていたテープをタムさんに聞かせると、

「I know!・・・It's Michel Learns To Lock!」

どうやらマイケルラーンズ・トゥ・ロックというグループが歌ってるらしい。

「This song ・・Paint My Love・・・」

.....ペイント・マイ・ラブ?
まだ、何も染まってない私に色をつけてほしいという歌詞らしい。

「Do you have girlfriend?」
タムさんがヘッドホンを片手に、僕に尋ねてきた。

.....イ、イエス、アイ、ハブ。

「Vietnamese?」

.....ノー、ノー!ジャパニーズ.....オンリーワン!


「Making Vietnamese girlfriend?」
タムさんが意味ありげに尋ねると、

「Paint My Love?」
と笑って言い出した。

・・・・・・・・・!??

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ