挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
笑顔が愛おしくて ~ベトナム恋愛奮闘記~ 作者:KON
12/73

て・が・み・

僕は今、ベトナムという国ホーチミンにいるんだ。
いつ(日本へ)帰れるかわからないけど、
滞在している限り、ここでの生活に慣れなきゃいけない。

まだ、数日しか経っていないけど、
もう、日本へ帰りたいモードになっているのは確かだ。

でもね、少しベトナムもいいなぁ~と思えた出来事が、
僕の手の中にあるんだ。

それは、寮からベトナムの工場へ向かうバン(車)の中-

今朝、彼女トゥイちゃんが、僕たちの寮まで来て
むき出しの一枚のメモ(手紙)と
CDを手渡してもらったこと。

僕は、日本から持ってきたポータブルDVDプレーヤーに、
早速受け取ったCDを工場へ向かうバンの中で聞きながら
窓の景色を眺めていた。
それは朝のサイゴンの景色にとても溶け込む心地よい洋楽だった。

「後藤・・・」

・・・・・

「後藤!、なに聞いてるんだ?」

穏やかな音楽に突然入り込んできた課長の声が
夢から現実へと引き戻されたように僕の耳に飛び込んできた。

.....えっ?.....あっ.....英語の教材CD・・・

洋楽もいちようは英語なのである。

「へ~、、工場へ向かう時間の間を利用しての英語のレッスンかぁ~、感心、感心。」

......................は、は。


「しかし、CDを聞きながら、にやけてるとなんか怪しい人間に思われるぞ。」

.....に、にやけてました?

それはCDと一緒にもらったメモ(手紙)の内容を思い出していたからかもしれない。

彼女から受け取ったメモ(手紙)は日本語で書かれていて、
決して、立派な用紙とはいえない紙に、
一生懸命さが飛び込んでくる字体と、笑わせる日本語の文章なのだ。

たぶん、お姉さんに手伝って書いてもらったんだろう。

でも、そこに彼女の人柄がうかがえたような気がした。


Dear Gotou!

きのうは どっもありがとう!!
とてもたのしかったです。
あなたは元気ですね!
ベトナムには、私は元気くなではありません。
最近、毎晩、十時にしごとが帰ろですから。
そして12時ごろ寝ます。復習、学校のべんきょぅをしました。

日本。どんな国ですか。
私は天気がとてもさむいすきですね!
でもベトナム、さむくない。
そのなかで雪がとてもすきです。
でもベトナム、みられない。
すきなものが近くない、さびしですね。

あなたはベトナムにひまなときなにしてますか?
ベトナムのまち あそぶつもりですか。
そのとき、またわたし会ういいですか?
たくさん、日本こと教えてほしいです。
また会えるいいね。楽しみにしてます。

Best Wishes Thuy.

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ