挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アゲハの開拓街 作者:天界

小さな弟子編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/25

025 旅立ち




「うぐ……えっぐ……おねえぢゃんぜんぜぇ……」
「うぅ……チギット君……」
「うわぁぁん」

 ボクは今可愛らしい顔を歪ませて涙と鼻水で大変なことになっているチギット君を抱きしめて貰い泣きしている。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






 オークの解体作業開始からさらに5日。
 ボクと黎明の雷のメンバーはついにニルギル村を旅立って迷宮都市ラバドゥーンに向けて出発することになった。

 オークの解体作業はその数の多さからそれなりに時間がかかった。
 もちろん解体だけではなく、長く保存するために塩漬けにしたり、燻製にしたりと様々な作業が必要だ。
 それらはもちろん村人達だけでもできる。
 でも気のいい黎明の雷のメンバーはとても手伝いをしたそうだった。
 なるべく早く後ろ盾を手に入れた方がいいのは確かだけれど、そこまで急ぐ話でもない。
 それにギルドマスターを後ろ盾とするかどうかはまだわからない話だし、この村から話が外に漏れてしまうのはある程度仕方ないにしても相当時間がかかるはずだ。
 ニルギル村は一番近くの村までそれなりの距離があるし、交流があるといってもそこまで頻繁ではない。
 行商も年に数えるほどだし、大草原、またはリーファグル大森林への挑戦者も減少の一途であり、最近では黎明の雷くらいしか冒険者は訪れていないほどだ。

 そんなわけでもう少しお手伝いをしていくことに。
 とはいっても塩漬けや燻製には普通は時間がかかるものだ。
 なので手伝う作業も肉体派の黎明の雷らしく、力仕事関連だ。
 今一番勢いのある冒険者PTだけあってオークの解体作業時にも見せた一般人を明らかに超える力と体力で、どんどん仕事をこなしていく。

 ボクはといえば、子供達に色々と新しい遊びを教えたり、ハイオークの魔石を使った道具の作成をしたりと結構忙しくしていたりもした。

 でもそんな忙しくも楽しい日々はあっという間に過ぎ去り、無情にも出発の日はきてしまったのだ。






◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






 泣きじゃくるチギット君を抱きしめていると、見送りにきていた一緒に遊んだ子達も泣き出してしまった。
 そしてチギット君と同じようにみんなボクに抱きついてきて我慢していたボクも我慢ができなくなってくる。

 ……でもだめだ。ここで子供達と一緒に泣いてしまってはいけない。
 だってボクはチギット君のお姉ちゃん先生なのだから。

「ぐす……チギット君、みんな、泣かないで」
「おねえぢゃんぜんぜぇえぇぇ」
「おねえぢゃぁぁあん」
「うあああぁぁん」

 だんだん収拾がつかなくなりかけてきたところで一番泣いていたチギット君が落ち着いてきた。
 このままではいけないと小さいながらも思ってくれたのかもしれない。ただ泣きつかれてきただけかもしれない。
 だけどとにかく今がチャンスであることには変わりない。

「チギット君、先生として命じます。
 毎日この砂時計が落ちるまでこの短剣をもって魔力を感じる練習をしなさい」
「ぐす……これ……僕のたんけん……まりょく……?」
「そう、魔力だよ。
 チギット君が立派な魔法使いになるための修行です。
 でも無理はしちゃだめ。毎日1回だけこの砂時計が落ちるまでしかやっちゃだめだからね?」
「うん」

 チギット君に渡した物は彼がお父さんを治すために支払ったあの木の短剣だ。
 でもあの時もらったただの木の短剣では当然ない。
 この短剣こそが、『魔力感知』を取得するために必要な一般的な方法とは別の方法に必要不可欠なものなのだ。

 見た目はチギット君がお父さんに作ってもらった宝物の木の短剣ではあるが、その中身がまったくの別物になっている。
 ハイオークの魔石を液体状になるまで魔力を流してこんで溶かし、木の短剣に『木細工』Lv5を駆使して内部に空洞を作る。
 その際に特殊な形状――まるで立体的な魔方陣のような特殊な形――の空洞を作るのが大事だ。
 この特殊な形状の空洞を作るのに『木細工』のLvが最低でも3以上はいる。今回は大事を取ってLv5で作ったけれど。

 作った空洞の中に液体状にしたハイオークの魔石を『魔道具作成』Lv5で特殊加工を施してから流し込む。
 さらに外部から見ても、特定の人物以外には魔力を感じることができないように『魔道具作成』Lv5で加工を施して完了だ。

 見た目はただの木の短剣。
 その実は高Lvスキルによる細心の注意を払った特殊加工が施された立派な魔道具――『共鳴喚起の短剣』なのだ。

 ちなみに世界にたった1つしかない貴重品、とかではない。
 貴族なんかの富裕層あたりが子供に魔法の訓練をさせるときに作らせる物でもある。
 もちろん彼らが使うような物は装飾やら何やらでもっと豪華でゴテゴテしてとても大きな(・・・)ものだけれど。

 ……ボクの作ったこの共鳴喚起の短剣は遥かに小さくて高性能だけどね。

 共鳴喚起の短剣は所持することにより、内部の特殊加工した魔石が所持者の魔力と共鳴して非常に魔力を感知しやすい状況を作り出してくれる。
 だが何の訓練もせずに長時間所持するのはあまりよろしくない。
 なので始めは砂時計が落ちきるまで、としたのだ。
 砂時計と共鳴喚起の短剣はチギット君のお母さんに管理してもらうことになっている。
 毎日少しずつ共鳴喚起の短剣をもたせてゆっくり『魔力感知』を取得してもらうのだ。

 チギット君はまだまだ幼い。
 急げば彼の資質にもよるだろうけれど、半年かからずに『魔力感知』を取得できてしまうだろう。
 でも例え魔法使いの第1歩である『魔力感知』といえど、幼い子供に取得させるべきものではないのだ。

 スキルというのは様々な恩恵が得られる。
 だが同時に危険も付きまとってしまう。一歩間違えればスキルはたやすく凶器となってしまうのだから。

 だから修行には制限を設ける。
 それに何よりもまず、チギット君には子供時代というそのときにしか体験できない日々を謳歌してほしい。

 この世界の子供時代というのは非常に短い。
 だからこそそんな貴重な時間を修行で潰してほしくないのだ。

 ……だったら共鳴喚起の短剣を渡さなければいいのだろうけれど、それはソレ。これはコレ。だってボクの初めての可愛い弟子なんだもの。

「一ヶ月か、二ヶ月したら必ずもう一度来るから、ちゃんとボクの言いつけを守るんだよ?」
「はい!」
「うん、いい子だね。チギット君ならちゃんと守ってくれるってボクは信じてる。
 毎日1回、砂時計の砂が落ちるまで修行して、その他はお父さんとお母さんの言うことをちゃんと聞いてお手伝いして、みんなといっぱい、いっぱい遊ぶんだよ?」
「はい、お姉ちゃん先生!」
「よし、じゃあみんなもチギット君といっぱい遊んでいっぱいお手伝いするんだよ?」
「「はーい!」」

 いつの間にかチギット君も他の子達も泣きやみ、ボクの周りには大輪の花を咲かせた子供達がいっぱいだ。

 チギット君のお母さんには修行について詳しく話してあるが再度お願いする。

「昨日お話したように無理をさせないようにお願いします。
 普段の保管にはお渡ししたあの箱を使ってもらえば大丈夫なはずです。
 もし修行中に何か異変があった場合はお渡しした物をすぐに使ってくださいね」
「はい、何から何まで本当にありがとうございます。
 言われた通りに絶対に無理はさせませんし、頂いた箱にしっかりと保管させていただきます。
 何かあったらすぐにあのポーションのようなものをすぐに飲ませます」
「よろしくお願いします」

 渡した保管用の箱は特殊仕様で、これも魔道具だったりする。
 盗まれないように一度設置すると特定の人物以外が持とうとすると重量がかなり上がり、蓋が開かなくなる。
 ルールではただの盗難は防止できないので念のためだ。
 まぁ見た目はただの木の箱なのだけどね。

 あと念のために体内の魔力を調整して整える特殊なポーション――『魔力調整ポーション』をいくつか渡してある。
 これは黎明の雷も見たことも聞いたこともないポーションらしい。
 検索して得られた情報から『錬金術』Lv5を駆使して作成した物だ。
 効果についても体内で狂った魔力を正常にするだけのもので、怪我や病気が治ったり魔力が回復したりもしない。
 魔法使いの訓練で極稀に使われるだけの物なので知らなくても仕方ないだろう。彼らのPTには魔法使いは1人もいないのだし。

 さぁ、これでボクも何の憂いもなく出発できる。

 もう二度と戻ってこないわけではない。
 それどころか長くても二ヶ月。早ければ一ヶ月くらいでまた来るのだ。
 少しの間のお別れに過ぎない。

 黎明の雷のメンバーと共に馬車に乗り込み、見えなくなるまでずっと手を振って見送ってくれるチギット君や子供達、村人達にボクも手を振り続けた。
これで2章終了となります。
3章開始はしばし時間を置かせてもらおうかと思います。
開始するときには事前に割烹で報告したいと思います。

気に入っていただけたら評価をして頂けると嬉しいです。
ご意見ご感想お待ちしております。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全139部分)
  • 598 user
  • 最終掲載日:2017/08/19 12:00
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部分)
  • 701 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全298部分)
  • 670 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 18:35
賢者の弟子を名乗る賢者

仮想空間に構築された世界の一つ。鑑(かがみ)は、その世界で九賢者という術士の最高位に座していた。 ある日、徹夜の疲れから仮想空間の中で眠ってしまう。そして目を覚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全232部分)
  • 771 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 12:25
リビティウム皇国のブタクサ姫

リビティウム皇国のオーランシュ辺境伯にはシルティアーナ姫という、それはそれは……醜く性格の悪いお姫様がいました。『リビティウム皇国のブタクサ姫』と嘲笑される彼女//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部分)
  • 691 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 21:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 804 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全158部分)
  • 633 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 14:22
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全131部分)
  • 606 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 23:32
骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中

 オンラインゲームのプレイ中に寝落ちした主人公。  しかし、気付いた時には見知らぬ異世界にゲームキャラの恰好で放り出されていた。装備していた最強クラスの武器防具//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全173部分)
  • 643 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 23:00
邪神アベレージ

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花、そして目を合わせれば恐怖の大王。 絶世の美少女の素質を持ちながらも、その目付きと気配から周囲に恐怖される少女が異世界に強制//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全82部分)
  • 618 user
  • 最終掲載日:2016/10/22 19:00
濁った瞳のリリアンヌ

トンネルを抜けたら・・・真っ暗だった 起きたら真っ暗闇なのだ まずは状況を把握しなければ・・・色々やってる間に白い人型の靄が出てくるし、相変わらず真っ暗だし、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全246部分)
  • 669 user
  • 最終掲載日:2017/05/05 18:00
くま クマ 熊 ベアー

株で稼ぐユナは学校に行くこともなく、家に引きこもってVRMMOゲームをやる15歳の少女。 大型アップデートが行われ、キャンペーンで激レアチートの譲渡不可のクマさ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全427部分)
  • 676 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 07:00
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部分)
  • 607 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 23:45
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1681部分)
  • 637 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 12:00
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全294部分)
  • 599 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 869 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
神達に拾われた男

現在更新停止中。 2015年7月10日 改訂版の投稿を始めました。 http://ncode.syosetu.com/n5824ct/ 2017年8月2日 //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全176部分)
  • 599 user
  • 最終掲載日:2015/06/10 16:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全282部分)
  • 646 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 18:52
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 707 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 801 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 649 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全386部分)
  • 688 user
  • 最終掲載日:2017/10/10 23:44
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全233部分)
  • 738 user
  • 最終掲載日:2017/10/17 00:00
サモナーさんが行く

リハビリがてらで。 説明を碌に読まずにゲーム始める人っていますか? 私はそんな傾向が強いです。 βテストを終え本スタートを開始したVRMMOに参加した主人公。 //

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全1280部分)
  • 609 user
  • 最終掲載日:2016/12/11 00:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1265部分)
  • 609 user
  • 最終掲載日:2017/10/19 00:00
フェアリーテイル・クロニクル ~空気読まない異世界ライフ~

※作者多忙につき、次回更新は9月23日、その次は10月14日とさせていただきます。 ※作者都合により後日談は隔週更新とさせていただきます。 ※2016年2月27//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全223部分)
  • 640 user
  • 最終掲載日:2017/10/14 07:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

 アラサープログラマー鈴木一郎は、普段着のままレベル1で、突然異世界にいる自分に気付く。3回だけ使える使い捨て大魔法「流星雨」によって棚ボタで高いレベルと財宝を//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全549部分)
  • 764 user
  • 最終掲載日:2017/10/15 18:00
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 674 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 641 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 651 user
  • 最終掲載日:2017/08/30 20:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1523部分)
  • 600 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 18:00
↑ページトップへ