挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

300文字小説

夢の宴(300文字小説)

作者:風富来人
 午前零時、皆が眠りにつく頃に宴が始まる。
 宴のメンバーは物語の創造主達。
 国も地域もばらばらの、物語の創造主達が一堂に会する。
 とりあえずはビールで乾杯。
 物語の創造主達は、それぞれが創造した物語を肴にして酒を酌み交わす。
 物語の創造主達は、酒を飲みながら時に笑い、時に涙する。
 物語の創造主達は、感動を共有し、創造のエネルギーに変える。
 何の束縛も無い夢の宴会場で、ひと時の宴は続いた。
 もうすぐ夜が明ける。
 宴のお開きの時間だ。
 次回の宴の幹事を決めて宴はお開き。
 物語の創造主達は、清々しい朝を迎える。
「また夢でお会いしましょう」
 それが彼ら物語の創造主達の合言葉。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ