挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

ダイジェスト型異世界トリップ補助型大魔導師

【110日目~】ダイジェスト型異世界トリップ補助型大魔導師 Part,3 【300日目まで】

作者:天界
異世界生活110日目


 大人組みに縋り付かれて泣かれた。
 仕方なしに召喚状を読んでみたが、これ召喚状か?

 長ったらしい貴族調の装飾過多の文章を要約すると――
 ・姫、病気
 ・治してぷりーず
 ・報酬は望みのまま
 ・ただし、不治の病

 全然召喚してねーじゃん。どういうことだよ召喚状。
 そして詳しい事を聞くために索敵魔法にビンビンに引っかかってた部屋の外で待機してた女騎士を部屋に呼んだ。
 大人組みからも女騎士も付いて来ていた事はまだ聞いていなかったもあって、入ってきた女騎士に、さすがは魔氷の、とか言われたが無視。

 開口一番言ったった。
 オレ、回復魔法使えない、オーケー?

 病気や怪我は回復魔法の領分だ。
 補助魔法特化のオレが使えるのは院長の性病を数ヶ月かけてゆっくり治癒する程度のしょぼい補助魔法のみ。
 不治の病とか絶対無理。

 だが女騎士は聞いちゃくれない。
 そこをなんとかどうにかしてくれとのたまいやがる。
 専門が違うという単純な理由を理解してくれない。
 王国最高の回復魔法の使い手が匙を投げてしまったので、縋れるものにはなんでも縋るつもりらしい。

 うぜぇので追い払う策を考えた。

 名づけてかぐや姫作戦。
 入手難易度最高峰の素材の山をもってこいと言ってみた。

 最初の頃には絶対作れなかった超すげーランクのアイテムも材料さえあれば、調合しまくった今のオレなら作れる。たぶん。
 なので実際に作ったことは無くても材料くらいはわかる。
 そして何よりも持って来いと言った材料で作れる超すげーアイテムは、あの超有名な万能回復アイテム――エリクサー。

 でも病気に効くとは限らない。
 ただその有名さ加減はこの世界でも同じらしく、女騎士も素直に引き下がってくれた。

 だが本当に集められるかね?
 なんといっても必要素材の入手難易度は最高峰だ。
 特に世界を作ったとされる1柱のエンシェントドラゴンの心臓なんて絶対手に入らないだろう。
 だがだからこそ、意味がある。

 調合師であるオレは材料がなければ何もできないのだ。
 あっちもそれはよくわかっているし、不治の病すぎてお手上げ状態なので藁にも縋るしかない。
 そこで提示された超有名どころの回復アイテム。

 突貫で考えた割には実にいい作戦だ。


異世界生活111日目


 大人組みに罰を与えた。
 王都に置いてきてしまったのは悪かったが、その後がまずい。
 女騎士とかつれてくんなや。
 国の要求に首振るなんて無理? 知らんがな。なんのための頭だ。脳みそ使え。

 増え続ける子供達のせいで居住スペースが足りなくなってきている、と性病が完治して顔色も艶もよくなった院長から報告を受けていたので孤児院周りの時を地上げすることにした。
 当然現在住んでいるやつらがいるのでそいつらの撤去を罰としたのだ。

 とはいっても今住んでるやつも勝手に住んでるだけだ。その土地の所有権をもっているわけではない。
 ちょっと武力行使すれば簡単だろう。
 ついでに金とか渡せばもっと簡単だろう。
 ここ、スラム街、住民、皆貧乏。


異世界生活112日目


 穏便な説得工作により、重傷者数名の犠牲者を出すだけで土地を確保に成功。

 やだねぇやだねぇ、足元見ようとする馬鹿はやだねぇ。
 最初から付与品でガッチガチに装備固めた大人組みが後ろから睨み効かせてるっつーのに足元見ようとしてくるんだから馬鹿だよねー。

 孤児院の周囲に張り巡らせていた土壁を撤去して確保した土地を囲む。
 その間に大人組みに補助魔法かけてごみのような家ともいえない家を撤去させた。


異世界生活120日目


 孤児院増設計画完了のお知らせ。
 大人組みがオレ達だけじゃ無理って弱音吐くので仕方なくスラム街の住人を人足に雇ったり、大工とか色々雇ったりしてちゃっちゃかやらせた。

 結果として孤児院が以前の10倍近い広さになったのでこれで当分は大丈夫だろう。大丈夫だよね? そんなに子供いないよな? な?
 ていうかどこから沸いてくんだこの子供達。

 現在の孤児院の子供の数は60人。
 おかしいな、オレが最初に来たときは20人だったはずなのに。どうなってんのほんと。

 まぁ労働力が増えたのだからよしとしよう。


異世界生活121日目


 女騎士を追い返したので王都に行っても平気になった。
 なのでファラの街では供給過多となって値崩れ起こした解毒系を王都に転移して売り捌く。
 ちなみにファラの街への供給は一切ストップしたので値段はすぐに持ち直すだろうと予測している。
 でも待ってられないので王都で売って売って売りまくる。

 人口が違うからガンガン売っても問題ない。
 値崩れなんて起こさない。
 それどころか既得権益すら侵さない。
 王都、すごい。


異世界生活125日目


 付与品はとても利益率がいい。
 だがめんどい。
 でも利益率がいい。

 さらに相手の要望を満たせる付与品ならばさらに利益が見込める。
 詰まるところ市場調査だ。

 付与品といえばあの大店武器屋。
 ということでやってきました、大店武器屋。

 付与品をそこそこ取り揃えているので売れ筋商品とか眺めて参考にする。
 あーやっぱりそれなりに装飾がある方がいいのかねぇ。
 火より火炎の方がいいのかねぇ。
 風は不人気かー。
 土なんて見たこともねーって感じだなぁ。
 氷は火炎の次くらいに人気あるなー。

 ちなみにダントツの人気なのは回復系だった。


異世界生活126日目


 解毒系の販売は大人組みとそろそろ孤児院を出る年齢に達しそうな年長組みを組ませて押し付ける。

 オレはオレで付与品の研究という名の大店武器屋見学実施中。
 昨日も来ていたからか、付与品買ってくれたえらい人が解説してくれた。
 やっぱり回復系が一番売れているらしい。

 店内の商品では、という意味深な単語を期にさりげなく商談を持ちかけられた。


異世界生活127日目


 オーダーメイドって儲かるらしい。
 需要をピンポイントで直撃するわけだから当然といえば当然だ。
 しかも付与品はしょっぱいのでも高額だ。
 さらに購入者の希望そのままに作るわけだから、値段は天井知らずの青天井。

 オーダーメイドって素敵。


異世界生活135日目


 オーダーメイドって大変だ。
 何が大変って注文された内容がめんどくさい。
 その分報酬がとんでもない額になるんだけど、まずは実績作りをしないといけないということで比較的注文が少ないものを作っているのにこのめんどうさ加減。

 ちょっと不貞寝する。


異世界生活138日目


 オーダーメイド品完成のお知らせアンド納品完了のお知らせ。

 報酬的にはめちゃくちゃ美味しいのだけれど、オレにかかる負担が大きすぎる問題。
 やっぱりポーション系を調合するのが一番いいのではないだろうか。
 解毒系は供給過多になる可能性があるので販路の確保が必要となるけれど、ローポーション系なら問題ない。
 いつでもどこでも需要過多だからな。

 だがそろそろエロイねーちゃんに横流ししてもらってる癒草がやばい。
 本格的にやばい。

 付与品でガッチガチに固めた大人組みを護衛につけて年長組みを総動員して大草原に送り出したのだが、結果は芳しくない。
 狼モドキを駆逐する勢いで狩らせながら、人海戦術で大草原を捜索させてもだめっぽい。

 どないしょー。


異世界生活142日目


 大店武器屋から注文が入った。
 どこぞの貴族様からの注文らしい。
 実績作りで作った物より遥かに多い注文レベルに閉口気味。
 断りたかったけれど、断れなかった。大店武器屋のえらい人の話術すごひ。


異世界生活145日目


 勢いとテンションで一気にオーダーメイド付与品を作り終えた。
 すっげーめんどかった。
 でも納期にはまだまだあるのでしばらくは付与品のことは忘却の彼方に投げ捨てる。


異世界生活146日目


 食っちゃ寝って素晴らしいと思わないかい?


異世界生活150日目


 癒草の人口栽培を試みる。
 癒草は魔力が高い場所じゃないと生えない。
 逆を言えば魔力が高い場所なら栽培できんじゃね? と。


異世界生活151日目


 土壌整備が完了したので丁寧に根っこから採ってきた癒草を植えてみた。
 丁寧に丁寧に調合した栄養剤と魔力増加の劇薬をぶっかけて作った土壌はなかなかいい仕事してくれると信じている。


異世界生活155日目


 枯れた。

 不貞寝した。


異世界生活156日目


 復活。
 土壌をさらに強化。
 今度は宝石とかに魔力を詰め込めるように付与して、魔力を限界までぶち込んだ物を魔力線――電線の魔力版――で土壌に染み渡るように設置する。
 これで付与された魔力が切れるまでは土の中に魔力がしみこみ続けるはずだ。
 前回の失敗はおそらく最初に整備した段階の魔力を吸い尽くした事が原因と思われる。
 なので吸い尽くした後も魔力を供給し続ければいいのではないか、と。


異世界生活160日目


 癒草栽培に成功した。
 一株から大量に癒草をゲット。

 これでポーション作成も安泰だろう。

 だが問題もある。
 付与した宝石の魔力を吸い尽くしと宝石自体が自壊する。
 この世界はカット技術が未熟なので宝石自体はそれほど高くないのが幸いしているが、それでもやっぱり高いものは高い。
 光り物はどこの世界でも一定水準の値段を保つようだ。くそが。


異世界生活168日目


 大店武器屋に注文のオーダーメイド付与品を納品。
 さすがは魔氷様とか言われたが無視。
 しばらくは注文は受け付けないことにした。めんどいねん。

 年長組みと王都見学してから帰った。


異世界生活172日目


 孤児院の帳簿と運営状況の抜き打ち再調査を実施。
 うちの院長まじめすぎ問題が発覚。
 少しは横流しやら横領やらがあるかと思ったのにまったくなかった。どうなってんだ。

 子供達もまじめに働きすぎ。
 生産品のちょろまかしも一本もないとかどうなってんだ。

 あと、子供の人数どうなってんだ。100人突破してるじゃんか。どうなってんだこの街。孤児院こわい。


異世界生活175日目


 現代知識を駆使してオセロとか将棋とか作った。
 大人組みが年長組みに負けてるのをみて爆笑してやった。


異世界生活176日目


 エロイねーちゃんが癒草の人口栽培に勘付きやがった。早すぎね?
 孤児院の裏庭を隔離して栽培してたのにどうして気づいたのかわからん。誰かポロッと言いやがったのかな。

 ローポーションの定期納品数が倍増した。
 収入増になったからよしとしよう。


異世界生活180日目


 オレ、この世界来てから半年経ったみたい。

 ちょっと鬱になって不貞寝した。


異世界生活190日目


 大人組みが懲りずに年長組みのオセロ名人に挑んでぼろ負けしてた。
 あいつ半端ねーの。角4つ取らせたのに勝ちやがんの。余裕の笑みで角以外全部染めやがんの。名人こわい。

 もうオセロで勝てないからトランプ作った。
 大人組みがオセロ名人にババ抜きで勝って、端から見て引くほどに喜んでた。


異世界生活200日目


 院長からお話があると言われて院長室に行ったらオセロと将棋とトランプを製造して売り出したいと言われた。
 いんじゃね?

 増えに増えまくってる子供達が130人を超えたのでポーション製造だけでは人手が余るようになっていたらしいし、少しずつ出費も増えていて将来的に考えると他の仕事も必要らしい。
 なんか色々考えてんだなー。ほんとまじめなーこいつ。

 だったら子供増やすなっては言ってみたかったが、空気読んでやめといた。


異世界生活201日目


 院長の行動力はすげー。
 地上げ作戦再び。
 付与品でガッチガチに固めた大人組み――いつの間にかランクがBになってたらしい――を使って孤児院の領地がどんどん拡大していく。


異世界生活202日目


 整地作業なんかはオレがやると面積にもよるがものすごい速さで終わる。補助魔法マジ万能。
 だが整地作業だけでも普通は大仕事になる。
 スラム街だけじゃなく、ファラの街全体でオレの孤児院は有名になっている。
 だからか、スラム街の住人で仕事をくれと押しかけてくるやつもいる。
 まぁうちには付与品でガッチガチに固めた大人組みや、年長組みで冒険者志望のやつらを大人組みが鍛えていることもあって押しかけてきても何の問題もなく蹴散らせる。

 だが仕事になるということはオレが手を抜けるということでもある。
 加えてスラム街の住人には最低賃金なんて労働法は存在しないので実にいい。


異世界生活205日目


 鎮圧用の付与品を持たせた年長組みがスラムで告知してきたので、結構な数が集まっている。
 何をするのかって?
 無論地上げした土地の整備だ。

 全部を雇うのは無理があるので院長と大人組みに選別を任せることにした。
 その間オレは王都の高級店でこの世界にしては美味しい料理を食べてみた。


異世界生活206日目


 おなかいたい。
 不貞寝した。


異世界生活207日目


 高級料理というなの罠にギリギリしていると院長がお粥……オートミール? を作ってもってきてくれた。
 相変わらずまずい。でも胃に優しい。

 半年以上まずい飯を食ってきたせいか、胃が馴染んでしまったようだ。
 高級料理はオレの胃にはもう合わなくなってしまっているようだ。
 まぁ美味しかったのは美味しかったけれど、飽食文化の現代日本には遠く及ばなかったので別にいいや。


異世界生活208日目


 整地作業の進捗を確認しにいった。
 進んではいるけれど、まだまだ半分といったところ。
 大人組みに確認すると、日雇い半分、もう半分は作業効率のいいものを残しているらしい。
 まぁいいんじゃね? 好きにしれ。


異世界生活212日目


 整地作業完了のお知らせ。
 オレがやったら一日かからないのにあんだけの人数で一週間もかかんのかよ。
 まぁオレが手を抜けたから、よし。

 玩具工場の建設は大人組みに全部任せることにして、作業手順作成とか材料の買い付けとかやった。


異世界生活220日目


 工場完成。
 この世界の建築技術ははっきり言って、しょぼい。
 耐震性とか皆無だし、外見的美しさとか度外視の機能性重視。
 無骨でいい……。オレが住むわけでもないしな。

 材料を倉庫に運び入れる。
 作業手順は事前に子供達に覚えこませたので大丈夫だろう。
 あとは実際に作りながらの習熟だ。

 最初はしょっぱい出来なのは折込済み。
 その辺の物は孤児院で使えばいい。今でも数足りなくて取り合いの喧嘩が起こって年長組みが喧嘩両成敗してるからな。


異世界生活222日目


 なんかエロイねーちゃんが血相変えてやってきた。
 ハイオーガがまた出たらしい。

 商 機 到 来 !


異世界生活223日目


 ハイオーガ敗北。

 何してくれてんだよ、大人組みぃ!


異世界生活224日目


 不貞寝した。
 大人組みには罰としてスラム街のどぶさらいを命じた。
 全部終わるまでかえってくんな。


異世界生活226日目


 どぶさらい終了のお知らせ。
 どろやらヘドロやらでめちゃくちゃ臭い大人組みを腹抱えて笑って気が済んだ。


異世界生活228日目


 大人組みの1人が離反。
 付与品もってとんずらかまそうとしたので、他の大人組みが捕縛。
 大人組みの付与品は全部オレが貸与しているものだ。
 なので所有権はやつらにはない。
 これは立派な窃盗であり、犯罪であり、スラム街に住んでいるオレ達にとって法などあってない。
 従ってオレが法だ!


異世界生活229日目


 離反した馬鹿は奴隷落ち。
 といってもこの世界に隷属の首輪とかそんな超危険アイテムは存在しない。
 奴隷という階級自体も犯罪者の強制労働者みたいなもん。

 鉱山やらなんやらの危険な場所での死ぬまでの強制労働を行う者を俗に奴隷と呼んでいるみたいな感じ。

 大人組みが1人減ってしまったので仕方なく、年長組みから一番優秀なやつを大人組みに入れてみた。
 今回の事で大人組みの結束は一層高まっているとかなんとか。
 まぁ奴隷落ちなんてやだしねー。


異世界生活230日目


 女騎士再来。

 やっべこいつマジでやっべ。
 材料集めてきやがった、信じられねぇ。どうなってんのエンシェントドラゴン。

 エリクサーとかたぶん作れるとは思うけど、100%の自信なんてねーよ。どうすんのよ、どうすんのよ。


異世界生活231日目


 女騎士改め、女勇者、トランプに夢中。

 オレ、エリクサー調合中。

 これ、ちょう、めんどい。


異世界生活236日目


 かゆ……うま……。


異世界生活240日目


 エリクサーでけた。
 9日にも及ぶ監禁生活終了のお知らせです。

 いやまじで出来ると思わんかった。
 さすがは補助魔法特化。
 調合も使いまくってた甲斐があった。

 ……でも何度も言うがこれで姫の不治の病が治るとは限らない。

 ちなみにオレが監禁されている間に女勇者は一度もオセロ名人に勝てなかったそうな。
 リベンジを誓う女勇者はなんか滑稽だった。

 よくやった、オセロ名人。今日のおまえの夕飯は1品多くしてやろう!


異世界生活253日目


 エリクサー効いたみたい。
 女勇者とか色々ごってごてのきんぴか鎧を来た騎士なんかがやってきて王宮へ招待、と言う名の強制連行された。

 馬車、揺れ、アガガガ。


異世界生活260日目


 城の中はすっげー豪華で華美で絢爛で……すっげーかった。
 謁見の間なんて広すぎてびっくりしたし、居並ぶやつらの服はキラキラだし、王様の背後に控える近衛騎士がキラキラだし、姫様がキラキラだし。

 キラキラすぎて目が痛い。


異世界生活261日目


 姫様とお茶会なう。

 命の恩人とはいえ、オレ、平民。相手、一国の姫。
 何話せっちゅーねん。

 結局一方的にお姫様の話を聞いて終わった。
 なんかキラキラの瞳で終始尊敬されてた。
 しらんがなー。


異世界生活262日目


 住めば都の孤児院オーナー室に帰還。

 と、いう名の――

 逃亡再び。

 大丈夫。今回はちゃんと大人組みも一緒に転移してきた。
 ついでに置手紙も置いてきた。
 だから大丈夫。


 だいじょうぶ……。


異世界生活266日目


 早馬で女勇者がやってきた。
 4日で来るとかがんばったんじゃね?

 怒られるかと思ったけど、とりあえずオセロ名人と一戦してからという和みっぷり。
 当然負けてた。

 オセロ名人今日の夕飯1品増加確定のお知らせ。

 で、用件を聞いたらお姫様から手紙を預かってきたそうな。

 要約すると――
 ・いきなり帰ってしまって寂しい。
 ・次はいつ来てくれますか。
 ・なるべく早く会いたい。
 ・待ってます。

 何この……ナニ。


異世界生活269日目


 女勇者、オセロ名人に完膚なきまでに連敗中。

 手紙は適当に返事書いて渡したのにまだいる。こいつ。暇なの? 早馬飛ばしたのはオセロしたかったからなの? あげるから帰ってくんね?

 オセロやトランプ、将棋はすでにファラの街では大人気商品の1つで入手困難品でもある。
 工場フル稼働してるけど、生産追いつかね。
 類似品も出てきてるけど、それでも追いつかね。

 類似品が早々に出てきているので工場の拡張はする予定はない。
 まぁまだ玩具候補はたっぷりあるし、出回ったら次へ以降するなり、販路を広げるなりすればいい。

 調合以外にも儲かる手段なので実にいい。
 完全にオレの手を離れているのにオレにたっぷり金が流れてくるのが尚いい。


異世界生活273日目


 女勇者がやっと帰った。
 結局やつはオセロ名人に一度として勝てなかった。
 とはいってもうちの孤児院でも誰一人として勝てないわけだけど。まじでこいつ名人だわ。

 オセロ名人の噂を聞いてファラの街でオセロが強いやつが孤児院に何人も来るようになった。
 ここ、スラム街。危険いっぱい。おまえら、そんなにオセロしたいの?


異世界生活280日目


 久しぶりに付与品を作った。
 前々から考えていたのだけれど、亜空間収納って便利だよね。
 オレ以外にも使えれば色々と捗るのはいうまでもない。

 なので、作った。作れちゃった。

 どうやらエリクサーを完成させたのが影響しているらしい。
 まぁ材料からしてありえないレベルだったしな。

 大人組みに試しに持たせて狩りに行かせた。


異世界生活286日目


 戦果が凄まじい。
 亜空間収納付与品――アイテムバックはオレの亜空間ほど物が入るわけではないので一応複数個もたせたのだが、限界容量まで詰め込んで持ち帰ってきた。
 どうすんだよこの量。明らかにファラの街では捌ききれない。

 なので、王都で、超売り捌いた。


異世界生活288日目


 騒音問題再び。

 いつの間にか大人組みがランクAになってた。
 ランクAは冒険者ギルドでの最高ランクらしい。
 ファラの街では初めての事らしく、祭りになった。
 うるせぇうるせぇ、街のやつらはただ騒ぎたいだけだろこれ。

 まぁちょうどいいので工場は今日は休止。
 子供達に小遣いばらまいて祭りに行かせた。


異世界生活290日目


 工場の一角でチェスや囲碁などの生産に着手。
 新商品は大事です。

 トランプやオセロなんかの類似品はもうかなり出てきているのでそろそろ販路の拡大か、新商品の製造となるわけだ。
 販路の拡大については年長組みと王都に売り捌きに行ったりしている。
 まだ王都では類似品は出回っていないので今のうちだ。

 でもまぁ王都はでかいのですぐに真似するやつが出てくるだろうし、ファラの街での広がり具合からして短期決戦なのはいうまでもない。


異世界生活295日目


 さっそく類似品が出始めた。
 仕事速すぎじゃね?

 でも在庫は捌き終えたので問題ない。
 お姫様に見つかる前に王都から撤収する。

 間一髪、お姫様からの手紙を持った女勇者から逃げられたのでよし!


異世界生活299日目


 女勇者再訪。
 だから早馬酷使すんなや。可哀想だろ。

 お姫様からの手紙は前のと変わらず……いや前よりもひどくなってた。
 会わない時間が愛を育むとでも言いたいのか、どんどん情熱的になってきている。

 やばい、お姫様こわい。

 ……女勇者はやっぱり名人に敗北してた。和む。


異世界生活300日目


 そろそろオレは本気で逃げることを考えた方がいいかもしれない。
 お姫様の手紙からヤンデレ一歩手前の予感がひしひしとしていたのもあるが、癒草の栽培が絶好調なのでポーションの販路を広げたいのもある。

 つまり、そろそろ旅の時間というわけだ。

 この国以外にもたくさん国はあるわけだし、色々と見て回るのもいいかもしれない。
 当初この世界に来たときに考えていた以上に金は稼げた。

 孤児院も工場もオレがいなくても問題ないし、アイテムバックのおかげで大量にポーション系を作っても保存しておける。
 警備も大人組みや年少組みの一部が使えるようになってきたので大丈夫だろう。

 ……まぁ転移でいつでも帰ってこれるんだがな。

 そんなわけでファラの街を旅立った。

 といってもいつものように誰にもいわずにふらっと出かけただけだけど。
 確か隣国は魔導技術が発展してるとか聞いたことがある。
 車とかあるかなー。電車とかあるかなー。
 銃とかあったらこわいなー。

 現代知識でまだまだ儲けられるといいなー。

 新たな商売に胸躍らせながら馬車に揺られる。

 ケツが、アガガガガ。


 完
完!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ