挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

掌編小説

さらば、愛しき友よ

作者:風富来人
 俺は今、かつての友に銃口を向けている。
 酒を酌み交わしながらお互いの夢を語り合ったかつての友に……。
 あの時飲んだ酒は、美味い酒だったな。
 もうお前と酒を飲めないと思うと寂しくなるよ。
 わりい、お前はもう酒が飲めないんだったな……。
 お前は夢を叶えた。
 子供の頃から抱いていた夢が叶えられて良かったな。
 だが、お前は夢を叶える方法を間違えた。
 お前は、自分の夢を叶えるために、悪魔に魂を売っちまった。
 今のお前が歌う歌は、今の俺の耳にはとても耳障りに聴こえる。
 昔のお前なら、もっと美しい声で歌ってくれただろ?
 今のお前が綴る詩は、今の俺の心には届かない。
 昔のお前なら、もっと優しい詩が書けただろ?
 今のお前が創り出すあらゆるモノが、この世界を汚していく。
 そして、お前自身が汚れ、傷つき、壊れてゆく……。
 お前は、いつの間にかモンスターになっちまった。
 お前は、悪魔に魂を売り渡し、夢を叶えた夢を見ているだけなんだ。
 お前が汚れ、傷つき、壊れてゆく姿を、俺はもう見たくないんだ。
 俺がお前の夢の続きを見させてやるよ。
 昔は楽しかったな……。
 俺の目から涙がこぼれた。
 俺は涙を拭い、かつての友に向けた拳銃の引き金を引いた。
 一発の銃声が悲しく響いた。
「ア、アリガトウ……」
 かつての友は、俺に感謝の言葉を述べてこの世界から去っていった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ