挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
若者はこう生きろ!うしのフットボール 作者:万吉
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/26

真面目よりごんた

8.真面目よりごんた

 春になって1年生が入部してきた。
石本、鈴木A、鈴木B、田辺、谷川、中井、大田の7人だ。
 鈴木A、鈴木Bは、同姓の鈴木2人を区別するためだ。何とも短絡的な愛称を付けたものだが、以後Bと呼ばれるようになった。
石本、田辺は、ガード、大田はタックル、鈴木AとB、谷川、中井はランニングバック兼フランカーに決まった。
一年生が入ってきたので、赤木は守備のラインバッカーもやることになった。
 その数日後、十倉も入部することになる。
赤木は、1年生が入部してから、まだ一人入部希望者がいると、丸山から聞いた。
「明日、グランドに来るようにいうてえな」
赤木は丸山に伝言を頼んだ。
 そして翌日やってきたのが、みんなに「親分」と呼ばれている十倉だった。青空高校では、一番の元気者で中学時代は柔道をやっていた。
 高校入学と同時に柔道部に入部するが、しばらくして止めてしまった。体も頑丈で、男気がある。エネルギーをもてあましていたところを、鬼塚先生に目を付けられて入部を勧められていた。
 青空高校の体育祭には、棒倒しという競技がある。これは、赤白の二組に分かれて、お互いが自陣に立てている高さ4メートル程の木の棒を倒しあう競技だ。
攻撃班は、相手陣の守備陣を蹴散らして棒にたどり着き、その棒を力ずくで倒そうとする。一方、守備班は棒に向かってくる敵の攻撃班を棒に近づけまいと、体を張って邪魔をする。
手で捕まえたりすることは自由なので、掴みにくいようにランニングパンツ一枚で行う競技だが、もちろん殴ってはいけない。
ところが、十倉は守備をしていて、攻撃をしてくる敵を殴ってしまったのだ。それも自分より年上の三年生を。
 この競技は、以後危険すぎるとして中止になってしまったが、やっているとみんなが興奮してくる。一種の群集心理のようなものが出てくる。十倉もすぐに頭に血が上るタイプで、自分に向かってくる三年生たちについカッとなって手が出た。そして、その出した手がみごとに相手のあごに炸裂してしまった。それも3人の顎に。
十倉に殴られた三年生たちは、その場で仰向けに倒れ、すぐに救急車が呼ばれた。全員あごの骨がみごとに砕けていた。本人はとても反省していたのだが、この事件で一躍有名になった。
赤木もこのことは知っていた。が十倉とは面識がなかった。2年生は15組まであり、赤木は2年5組、十倉は、2年14組だった。クラスが違うと入学して1年たっても話をしたことのない者はたくさんいた。十倉と赤木が対面で話をするのも、そのときが初めてだった。

 その日、十倉は練習に遅れてやってきた。
赤木は、既に練習を始めていた。赤木が気配に気付いて、振り向くと、十倉は少し腰を落として、ガニ股でゆっくりと近づいてきた。
がっしりとした筋肉質な体格に、顎の尖った逆三角形の顔つきをしている。特に肩から腕にかけての筋肉は立派なもので、相当腕力がありそうに見える。
十倉は赤木のところまでくると、ぶっきらぼうにいった。
「今日から、入部するからよろしくたのむわ」 
スパイクは、かかとを踏んではいていた。
「こちらこそ、よろしくたのむわ」
赤木はそういった後すぐに
「何で入る気になったんや」
と以前から気になっていたことを質問した。
「鬼塚が、遊んどってもしゃあないやろ。フットボールに入れ。フットボールにはおもろいやつが一杯おる。あいつらを助けたれ」
「いっぺんキャプテンのうしにおうてこい。と何回もしつこいんや」
十倉は照れくさそうな顔をした。
「そうか。わかった」
赤木はそう返事をしただけで
「ほな、さっそくやけどセットの仕方を教えるわ」
といって、十倉をその場で四つん這いにさせた。
「両足を肩幅くらいに広げて、足の先は平行にするんや。手に4割くらい体重をかけたらええ」
「それとスパイクはちゃんとはかなあかんで」
赤木は初対面なので、遠慮ぎみにいった。
「おう、悪かった。こうか」
十倉はすぐにスパイクを履き直し、素直に赤木の指示に従った。
こいつ、ほんまは素直なええやっちゃ。そのとき赤木は思った。と同時に、男気のあるやつがきてくれて、たのもしくもあった。 
赤木は、昔から少し「ごんた」といわれているような人物に好感を持つことが多かった。真面目一辺倒の人物よりもよほど人間味があり、一緒にいて楽しいからだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ