挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
若者はこう生きろ!うしのフットボール 作者:万吉
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/26

縁の下の力持ちが尊い

7.縁の下の力持ちが尊い

 さて、防具が揃うといよいよポジションを決めることになった。
鬼塚先生から、1年7組の教室に集まるようにいわれ、放課後全員がぞろぞろと集まってきた。
 司令塔となるクォーターバックは、高貴と和田、その女房役のセンターは丸山に決定していた。足の速い速水と、体の小さい小池がランニングバック、背が高くスマートな山中がスプリットエンド、バレーボールをやっていて、球の扱いがうまく体も大きい広山と、細田がエンドになった。そして、体の大きい大石がタックル、残ったポジションのガードに赤木と川島がなった。
 ポジションが決まったところで、鬼塚先生が連中を前にしていった。
「今度は、キャプテンを決める。立候補するやつはおらんか」
鬼塚先生はしばらく様子を見ていたが、誰も手をあげる者はいなかった。
「誰もおらんのか、情けない。ほな、選挙やな。今から、投票用紙を配るから、これにキャプテンの名前を書け。ええな」
選挙ときいて赤木はなぜかほっとした。
鬼塚先生は、すぐに自分の持っていたノートをビリビリと荒っぽく手で破いて、連中に配った。
紙が配られると、赤木の後ろでみんながこそこそと相談を始めた。
(こいつら、何かたくらんどるな)
赤木はそう思った。
連中は配られた紙にキャプテンの名前を書いて、鬼塚先生のところへ持っていった。その紙を受け取って、順番に見ていった鬼塚先生は
「キャプテンはうしや。ほな、たのむで」
いとも簡単にそういった。
それから
「大学では、だいたいキャプテンはラインの連中がなっとる。なんでやわかるか」
鬼塚先生は連中に問いかけた。
「フットボールをやったことがないお前らにはわからんわな」
鬼塚先生は独り言のようにつぶやいた。
そして、一気にまくしたてた。
「フットボールで目立つのはクオーターバックとランニングバック、それにボールを受けるレシーバーや。そやからこいつらが主役やと思うやろ。これが、違うんやな。フットボールで一番大事なポジションはどこか知っとるか。
知らんはな。それはラインや。ラインが弱かったら、なんぼええランニングバックがおっても走られへんのや。ラインがランニングバックの走る道を作ったっとんのやからな。
ラインが強かったら、へなちょこのランニングバックでもタッチダウンが取れるんや。
ええか。ラインは目立たんけど、縁の下の力持ちなんや。そやからラインがリーダーシップをとるチームは強い。
目立つ花形がリーダーシップを取ったら、ラインの影の苦労がわからんから、うまくいかんのや。
あいつばかり目立ちやがって。そんなことを思うやつがおったらあかんのや。お前らは人間ができてへんから、間違いなくそう思うやろな」

鬼塚先生もラインだったので、ことのほかラインに思い入れがある。

赤木はキャプテンになった。
(なんで俺やねん)
最初赤木は少し憂鬱な気分になった。
が、鬼塚先生の話を聞いて、まあ、やれるだけやるか、そう思い直した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ