挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
若者はこう生きろ!うしのフットボール 作者:万吉
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/26

欲しいものは、自分で働いて手に入れる

6.欲しいものは、自分で働いて手に入れる

 ボールは揃ったが、これ以上本格的にフットボールの練習をするには、防具が必要だった。
防具どころか、鬼塚先生が、ボールと一緒に拝借してきた使いかけのワックスも、とうとう無くなってしまった。
「先生、ボールのワックスが無くなってしもうた。どないするん」
ある日、練習が終わったあと、心配性の小池が、先生を追いかけた。
「そうか。ついに無くなったか。もう無いわ」
鬼塚先生は、全く気にも留めていないような返事をした。
「ええ・・・。どないするん」
「唾でも付けて擦っとけ。昔は皆そうしとった」
先生は振り向きもせず、そういった。
 そこで、連中は以後練習が終わると、ボールに唾を付けて指で擦った。
 いわれたとおりにやってみると、唾で濡れたボールは指に擦られた所から、ボロボロと古い皮が垢のように取れた。
そして、その下から新しい皮が出てきた。
「はよ、ちゃんとしたワックスほしいな」
小池がボールを擦りながらつぶやいた。
「ワックスより、早よ防具揃えような」
それを聞いた赤木が小池の肩を軽くたたいた。
そして、みんなに呼びかけた。
「防具を揃えへんか」
呼びかけにみんなが集まってきた。

 防具一式を揃えると五万円はかかった。そしてこの防具を取り扱っている店も大阪に2つしかなかった。正式な部ではなく同好会扱いなので、学校からは一切補助金が出ない。
そこで、防具を揃えるのにどうしたものか、連中は考え込んだ。
「五万円かあ。うちのおかん、けちやからな。五万円も出してくれるわけがないわ」
「うちもそうや。そんなお金がかかるんやったら、クラブ止めときっていうに決まっとる。この靴かて、破れとるところをテープで貼っとるんやで」
「う~ん・・・」
「どないしょう」
「やっぱり、バイトするしかないな」
「そやな、それしかないな」
連中の意見は一致した。
冬休みは、練習を休みにして、全員アルバイトをすることになった。赤木は、郵便配達、高貴はアイスクリーム工場というように各自バイト先を見つけてきた。連中は高貴がアイスクリームのバイト先を見つけてきたことを聞いて、冬でもアイスクリームを作っていることを初めて知った。

 いつもなら冬休みは遊ぶことに熱心で、アルバイトをする気などさらさらない連中が全員まじめにアルバイトをした。
赤木は自転車で年末年始の郵便配達をした。
冬休みの初日、郵便局にいくと年配の郵便屋さんが指導役についた。
よく顔を見ると、いつも家に郵便を届けてくれる人だった。
その人について、自分の届ける郵便の整理の仕方や、現金書留の取り扱いを教えてもらった。
赤木が一番困ったのが、世帯主でない家族宛のハガキや手紙だ。田舎では住所も番地まで正確にかくことが少ない。ところが家の表札には世帯主の名前しか書かれていないことが多い。
こんなときは、どこの家に届けていいのかまったく分からない。
そこで赤木は、各戸に聞きとり調査をして家族全員の名前を教えてもらうことにした。
「すいません。郵便配達のアルバイトなんですが、世帯主以外のハガキをどこに届けていいのか分からず困っています。そこで、よければご家族全員の名前を教えてもらえませんか」
こんな調子で、自分の担当範囲の全ての家の聞き取り調査をした。
そして、ノートに地図を書き、家の場所を四角で囲い、その中に聞き取った家族全員の名前を記入した。

 赤木は担当範囲の住民全員の名前が載った地図を作成したのだ。
この地図のおかげで仕事の効率は格段に良くなり、それまでは午後の4時までかかっていた仕事が昼過ぎには終わるようになった。
空いた時間は自宅で休憩していた。
赤木は、こんなこともやった。
正月には大量の年賀状を届けなければならない。しかし、とても一度に自転車に積める量ではない。
そこで、半分を31日の仕事の帰りに持って帰ることにした。自宅を中継基地にすれば、わざわざ郵便局まで取りに帰る面倒がないと考えたからだ。赤木は持って帰ってきた年賀状の大きな塊を自宅の縁側に置いた。
その中には自分宛の年賀状もあった。赤木はこっそりとその年賀状を盗み見た。そしてまた律儀に元どおりに塊の中に戻した。赤木は31日に自分宛の年賀状を見て、なんだか得をしたような気分になった。
いよいよ年明けの1月1日になって、郵便局の職員全員が郵便局前に整列して、出発式をした。局長の話を聞いた後、みんなで乾杯をすることになった。
赤木は紙コップが配られたので、高校生が酒を飲んでいいものかと真面目に心配したが、中を見ると真っ白なカルピスだった。
よく考えればあたり前のことだ。他の職員はバイクで配達するのに酒を飲めるわけがなかった。
そんな調子で、赤木は結構楽しんで郵便配達をやった。
目的があるバイトなので、他の連中も同じように楽しんでやっていた。

 やがて、冬休みが終わったときには、赤木たち全員が5万円をしっかりと準備していた。これで防具を買うことができる。
学校に集まった連中は憧れの防具を注文することにした。連中を代表して、川島が専門店に電話をかけ、11人分の防具が欲しいことを伝えた。
すると防具の注文内容を聞いた専門店の人から
「ところでユニフォームのデザインはどうされますか」
ときかれた。
 川島は、返事に困ってしまった。
 連中は、それでユニフォームが必要なことに気付いた。
もちろん、どんなデザインにするかなど決めているはずがなかった。
仕方なく、川島はまた連絡することを店の人に伝えて電話をきった。

「フォーティナイナーズがいいな」
「ヘルメットが金で、ジャージが赤、パンツが金やな」
「それって、鬼塚の母校の日本体育大学と同じやん」
「そうかあ。じゃあ、ノートルダム大と同じというのはあかんか」
「ヘルメットが金で、ジャージは濃い緑、パンツは黄色や」
「俺は、フォーティナイナーズがいいな」
「そんなこというとったら、決まらへんやん」
「多数決や」
みんなが好き勝手なことをいうものだから、多数決で決めることになった。
その結果、ユニフォムはノートルダム大と同じになった。
ヘルメットが金色、上のジャージが濃い緑、パンツが黄色の派手なユニフォームだ。
 早速、川島が大阪の専門店に電話をかけ直して注文した。
連中はフットボールそのものよりも、その派手なスタイルに憧れていたので、早く実物を身に付けたくて仕方がなかった。

 2週間後、青空高校に待ちに待った防具が届けられた。
その日は、朝から校庭にちらほらと雪が舞っていた。
 キングコングのような独特のスタイルにあこがれていた連中は、早くそれを付けたくてしかたがない。当然授業は上の空。放課後になるやいなや、全員がグランドへ勢いよく飛び出した。
 うっすらと雪で白くなりかけていたグランドには、真っ白なヘルメットと、ショルダーパッド、サイパッド、ニーパッド、それにヒップパッドがマネージャーの手によって並べられていた。練習用の白のジャージとパンツはあったが、そこにユニフォームはなかった。どうやら間に合わなかったらしい。

「このヘルメット金色とちゃうで」
並べられたヘルメットを見て広山がいった。
「あほやな。買ったときはみな白や。これから、スプレーで色を塗るんや」
丸山がそういいながら、届けられたばかりのヘルメットをかぶろうとした。が、きつくて頭に入らない。後で、鬼塚先生が連中に防具のつけ方を教えてくれることになっていたのだが、連中は待ちきれず先に触りだしたのだ。
 ヘルメットは、頭をピッタリと包み込むように作られているので、そのままかぶろうとしても頭には入らない。フットボールのヘルメットには、ちょうど耳にあたるところに直径5センチくらいの穴が開いている。そこに両手の指を掛けて引っ張って左右に広げて、その瞬間にかぶらないとうまくかぶることはできない。
 また、ショルダーパットを先に付けて、後からジャージを着ようとしてもうまくいかない。肩幅が広くジャージに手を通すことができないからだ。
 今度は小池がヒップパッドを持ちあげて、首を傾げた。
ヒップパッドは、ベルトの中央部に幅5センチ長さ15センチ程度の板状のクッションが、そして15センチほど間隔を空けて両脇に直径10センチ程度の丸いクッションが取り付けられている。
「これって、前を守るんやろか」
小池が、中央部を前に持ってきて腰に巻いた。
素人であれば、誰もがそう考えるはずだ。
ちょうどそこへ、授業が終わった鬼塚先生がやってきた。
「何しとるんや、ブン。前と後ろが反対や」
先生は笑いながらブンに近づいた。
「ええ・・。そやけど先生、それやったら、大事なところを守られへんで」
「ばかたれ。お前の大事なところなんか、どうでもええ。それは、尾底骨を守るもんや。タックルされてケツから地面に落ちたときのためや」
それを聞いて、連中は納得した。
30分ほど防具と格闘の末、鬼塚先生の指導もあって何とか全員着替えることができた。

 防具の横には新しいボールが3個あった。少し赤みがかった色が付いていて、かたちも断面が円形ではなく、少し角張っている。
「このボールへんやで。表がぶつぶつしとる」
ボールを手にした高貴が、じっとボールを見つめて、不思議そうな顔をした。
「わあ、ほんまや。へんや。へんや、このボール。にせ物ちゃうか」
周りのみんなも騒ぎ出した。
「ちゃうちゃう。さらのボールはこうなっとんねん。おまえらが使うとったやつは、皮が磨り減ってぶつぶつが無くなっとるだけや。
普通はあんなツルツルのボールは捨てるんや。おまえらが使うとったボールは、大学が捨てようとしたやつや。それをわしが拾ってきたんや」
鬼塚先生は、少しすまなさそうな顔をした。

 真っ白なヘルメットに真っ白なジャージとパンツ。それにぶつぶつのあるボール。11人がそろって小雪の舞うグランドを、時間が経つのも忘れて子どものように走りまわった。
 そのころ校舎の中では、グランドに変な物が現れたと、大騒ぎになっていた。誰かが、グランドに見たことのない物がたくさんいると言い出したからだ。いつしか窓という窓は、突然雪の中に現れた不思議な光景を見ようとする生徒の顔で埋まっていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ