挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
若者はこう生きろ!うしのフットボール 作者:万吉
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

26/26

新たな夢に挑戦し続ける

26.新たな夢に挑戦し続ける

 昭和52年4月8日、赤木は神戸大学教養部のグランドの入口に立っていた。
神戸大学は、六甲山の南麓に位置する。八つの学部が海岸から六甲山に続く県道の両側に点在し、大学全体が緑豊かな大自然の中にあった。
ときおり六甲山から吹く風は心地よく、夜になると1000万ドルの神戸の夜景が眼下に広がる。

 そんな恵まれた環境の下、新入生は全員、最初の一年半を教養部で過ごす。

表六甲ドライブウェイに続く県道の東側斜面に建設された教養部は、校門を入ると比較的幅の広い通路が真っ直ぐに体育館まで続き、左手が校舎、右手がグランドになっている。
その通路の右手から、一段高く盛られたグランドに続く階段を上ると、グランドの入口に金網で作られた大きな扉がある。

赤木はその扉の前にいた。

その扉には、申し訳程度に上端だけがセロハンテープで留められた、一枚の手書きのポスターが貼ってあった。

「アメリカンフットボール同好会。作って間もない素人集団。入部希望者求む」

生まれたばかりの春風が、赤木の頬をかすめてポスターを揺らした。


これで完結です。この話が皆さんのこれからの人生に少しでもお役にたてれば幸せです。ありがとうございました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ