挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
若者はこう生きろ!うしのフットボール 作者:万吉
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

25/26

勝敗はそれまでの努力に応じて既に決まっている

25.勝敗はそれまでの努力に応じて既に決まっている

 送別試合から家に帰って、一人でぼんやりとテレビを見ていたときだった。居間の電話が鳴った。
赤木は、またセールスかと思いつつ、煩わしそうに体を起こして電話に出た。
卒業してから自宅にいると、昼間によくセールスの電話がかかってきて、昼間でも電話が多いことを初めて知った。
「はい、赤木ですけど」
愛想のない返事をすると、電話の向こうから聞きなれた声がした。
「うしか、お前合格しとったで」
同級生の羽口から、電話による合格通知が届いた。声の後ろではガタゴトと電車の通過する音が聞こえていた。
羽口も神戸大学工学部土木工学科を受験していた。自分の合格を確認した後、赤木の姿が見えないので、親切にも赤木の合格を確認していたのだ。
「そうか。とおっとったか。ありがとう」
赤木は、ペコリと電話機に頭を下げながらお礼をいった。
(やっぱり、合格しとったか)
赤木には変に自信があった。あれだけやったんやから落ちるわけがない。ずっとそう思ってきた。

3年生の6月に、西宮ボウルが終わって、一旦引退したときに、進路面談があった。
進路指導室で正面に赤木を座らせて、担任の田中先生がいった。
田中先生は、大学の研究室が似合いそうなインテリタイプの先生だった。
「おまえは就職するんか。進学するんか」
「もちろん、進学します」
赤木は、胸を張って答えた。
「そうか、進学するんか。進学するんやったらどこの大学を受けるつもりや」
田中先生は、銀縁の大きなめがねに手をやった。
「神戸大学です」
赤木がそう答えると
「えっ、…、冗談やろ…」
田中先生は後ろにひっくり返りそうになった。
「先生、冗談と違うで。本気や」
赤木がむきになって答えると、
「フットボールしかやってないおまえの学力で、神戸大学なんか合格するわけがないやろ。だいたい、最近はうちから国立に入ったやつすらおらんのやで。あほなことをいうな」
田中先生は、はき捨てるようにいった。
「先生、そやけどな。うちは、母子家庭やから私立にいくお金はないねん」
「下宿もでけへんし、一番近い国立の神戸大学にいくしかないんや。もし、合格せえへんかったら働くわ」
赤木も意地になって答えた。
そしてそう答えながら
(今にみとけ。絶対合格してみんなをあっといわしたる。秋までフットボールをやってもちゃんと大学にいけることを証明したる)
と心のなかで誓っていた。
「今から間に合う訳がないやろ。まあ、自分のことやから、勝手にしたらええけど」
田中先生は、そういって早々と面談を打ち切ってしまった。 

赤木は、面談の後で早速近くの書店に行き、1冊の数学の問題集を買った。できるだけ薄い受験用の問題集を選んだ。1冊を最後までやってみて自分の実力を早く見極めたかったからだ。
その問題集は、2週間で全てやった。実際の入試問題が載っているので、中には何時間考えても解けないものがあった。
しかし、赤木は自分が入試問題のスタイルに慣れていないのが、問題を解けない原因で、根本的なものではないと考えた。赤木は恐ろしく楽天的な考え方をすることがある。そして8ヶ月あれば十分に対応できると勝手に確信した。
 赤木はそれから、毎日、家に帰ると8時間の猛勉強を続けた。
部活は8月までないので、毎日午後4時には帰宅した。
帰宅するなり、自分の部屋に閉じこもる。
この部屋というのが、母親が受験勉強のためにと大工であった自分の弟に頼んで、急遽作ったものだった。

母親から勉強部屋を作る提案があったときに、赤木は
「ええで、そんなもんいらん。どこででも勉強できる」
と断っている。家計を心配したからだ。
しかし、母親は、無理をして部屋を作った。
納屋の屋根裏を改造したもので、天井までの高さが1.8メートルしかなかった。見上げると頭の上にすぐ天井があった。
それでも、赤木には自分の部屋があるのはありがたかった。一人きりになれるからだ。
もし、この部屋がなければ赤木は就職していたかも知れない。

 赤木は、部屋に入ると夕食と風呂とトイレ以外は一切外に出なかった。最初は数学の受験問題集から始めて、物理、地理、化学、国語と進め、英語の文法をやった後、最後は単語、熟語の暗記をして寝る。毎日20個を覚えるようにした。これで入試までに5000個を覚えることができる。
 暗記を最後にしたのは、なんとなく覚えた後すぐに寝たほうが忘れないような気がしたからだ。
受験勉強を始めたころは、長く机に座っているのが苦痛だったが、しばらく続けるうちに、勉強することが楽しみになってきた。不思議なものだ、と赤木は我ながら感心していた。
赤木は京大や東大の過去問が解けるとうれしくてたまらない。早く次の問題を解きたくて、夕食を10分で済ますと、また部屋にもどり毎晩ラジオから流れてくるヤングタウンを聞きながら勉強を続けた。
赤木がいつも単語の暗記を済ませてベッドに横になるのは午前2時ころだった。
 翌朝は、7時に起きて学校に行く。
そのリズムを毎日毎日繰り返した。8月になって練習に再び参加するようになってからは、さすがに帰宅は8時ころになったが、同じリズムで勉強を続けた。
よく、部活で体が疲れて勉強に集中できないという話を聞くが、部活が再度始まったころには勉強の習慣が体に染み付いていて、赤木のこのリズムに変化はなかった。
赤木は習慣の恐ろしさを実感した。毎日同じことを繰り返すうちに少しずつ実力が付いてきたのが体全体で感じられるようになってきた。
そして、年が明けた1月の末には、ついに頭の中に大学に通っている鮮明な映像がいつも浮かぶようになっていた。

赤木は、合格を確信していた。

そして、やはり合格していた。

のちに友達がいった。
「お前、Xの3乗のカーブやな」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ