挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
若者はこう生きろ!うしのフットボール 作者:万吉
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

24/26

二十四時間生きる

24.二十四時間生きる

 3月15日。合格発表の日。
赤木たちは青空高校のグランドにいた。グランドの角には昨日降った雪が残っていた。
山間の青空高校では、3月になってもまだ雪が降る。
その日は後輩との送別試合の日だった。
国立を受験した誰もが発表を見に大学へ出かけている中、連中は母校で送別試合をすることにしていた。
「うし、今日は発表の日と違うんか」
ヘルメットをかぶりながら、高貴が心配して赤木に聞いた。
「結果は受ける前に決まっとるんや。通知がくれば分かるやん」
赤木は、まるで他人ごとのように答えた。
発表より後輩達と過ごす時間の方が大切と考えていたからだ。

送別試合は、3年生がかろうじて勝った。しばらく運動をしていなかった3年生は後輩達と久しぶりの試合を心の底から楽しんだ。そしてそれが、高校生活最後のフットボールになった。
試合終了後、3年生は後輩たちから、タイピンの贈り物をもらって送り出された。
「何でもええ、これからも思いっきりやれ」
鬼塚先生は、連中にそういっただけで、すぐに後輩たちとミーティングを始めてしまった。
赤木は少し、寂しくもあり、後輩たちがうらやましくも思えた。
もう、卒業式も終わっているので、3年生が会う機会はない。
「では、またいつか」
3年生は、もう汗の匂いのしなくなった自分たちのヘルメットを部室に残し、帰っていった。

 みんなが帰った後、赤木は、一人まだ部室に残っていた。なんとなくすぐに帰る気になれなかったからだ。つま先が破れて床に転がされているスパイク。肩が継ぎ接ぎだらけになって、ハンガーに掛けられているジャージ。今までは目にも留めなかったものが、急に愛おしく思えた。
この部屋はもう、後輩たちのものになったんや。鬼塚先生も・・・。赤木がそんなことを考えていると、突然部室の引き戸がジャリジャリと砂を噛む音を響かせて開いた。
見ると、そこに谷川がいた。手首を骨折させたあの谷川だ。
「どうしたん。ミーティング中やろ」
赤木は、谷川が入ってきたことに驚いて尋ねた。
「ちょっと、うしさんに伝えたいことがあるからといって、抜けてきました」
「ふうーん。あの鬼塚がよう許したな。で、伝えたいことって何」
赤木は気が抜けたような返事をした。
「うしさん、なんか鬼塚が愛想ないんで、淋しく思ってないかなあ、と思って。
鬼塚は、先輩たちが夏に一旦引退したときに、練習では、いつも言ってましたよ。あいつらのようになれって。見た目は悪いけど、純粋や、と。俺も、格好いい先輩たちのようになりたいと思ってました。ありがとうございました。
では、もどります」
谷川はそういって扉の方に向かった。
「ありがとう。がんばれよ」
赤木が谷川を励ますと、
「ああ、そうそう、いい忘れてました。うしさんは知らんと思うけど鬼塚が、いつか俺たちに言ったことがあります。
うしは、二十四時間生きとるって…」

谷川は、そういい残して出ていった。
赤木には、鬼塚先生と、後輩たちの気持ちが嬉しかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ