挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
若者はこう生きろ!うしのフットボール 作者:万吉
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/26

お世話になった人に礼を尽くす

23.お世話になった人に礼を尽くす

 卒業式の日が明日に迫った。
裏山から時折吹く風に仄かな梅の匂いがする、そんな日だった。

フットボール部の連中は、狭い部室に集まっていた。乱雑に転がっているスパイクやヘルメットが狭い部室をよけいに狭くしていた。
「明日でお別れやなあ」
誰かがぼそっといった。
すると
「いままで世話になった人に恩返しせなあかんな」
と十倉が真顔でいいだした。
いかにも義理堅い十倉らしい発想だ。
「何か送り物でけへんか」
「うーん。そういうても金ないしなあ」
「ただのもんはないんか、ただのもんは、どうせただで配るやつとか・・・」
そう十倉が尋ねたとき
「さっき体育館に行ったら、明日の紅白饅頭が積んであったけどなあ」
小池がなにげなくそういった。
「それや!」
それを聞いた十倉は、思わずその場で手をたたいて小躍りした。そして
「どうせ、俺らがもらうんやから先にもろうて、お世話になった人に配ったろ。
明日はそんな暇ないし」
といいだした。
「うっそ・・・」
それを聞いてみんな絶句した。
が、すぐに
「どうせもらうんやからええか」
ということになってしまった。
連中はフットボールバカだった。
フットボール以外では、あまり深く物事を考えない。
「俺らの他にも饅頭なんかいらんという奴がおるやろ。そいつの分ももらおうや。俺がいうたる」
十倉が親分肌を見せた。
「そうや、それがええ。文句いうやつは俺がしばいたる。お礼に使うたというたら、先生も怒れんやろ」
和田の目が輝いた。

 結局、自分の紅白饅頭はいらないという仲間を集めて、その分を先に使わせてもらうことになった。
3年生に聞いて回ると50人程が饅頭を寄付するといいだした。
そこで、こっそりと体育館に忍び込み紅白饅頭を先に50個いただいた。
これを、学校からの帰り道、お世話になった人に配った。

 先ずは、校門のすぐ近くにある駄菓子屋さん。フットボール部の連中は練習が終わって帰る途中にいつもこのお店に寄っていた。
そこで、パンや、ジュース、それにするめを買って食べていた。特にするめは甘酸っぱい味付けで美味しかった。
「おばちゃん、長い間お世話になったなあ。俺らは明日卒業や。それで、これお礼の印やけど、取っといてえな」
十倉が紅白饅頭を差し出した。
「おおきに。これからさびしなるな」
店のおばさんは、びっくりしながらもみんなに感謝した。
それから、十倉と赤木はバスに乗った。田舎のバスなので、運転手さんはいつも決まっていた。十倉はいつもこのバスを利用していた。
赤木は、自転車通学なので、バスを利用したこともないし、運転手のおっちゃんも知らない。
十倉がお礼をいうのに一人では失礼だと、変な理屈で、一緒にバスに乗せられたのだ。
「おっちゃん、世話になったな。俺は明日卒業式や。もうこのバスに乗ることないと思うんや。これ、感謝の印や。取っといてえな」十倉が、大真面目な顔をして紅白饅頭を渡した。
「おおきに。家に帰ったら、かあちゃんと一緒に食べるわ」
顔が丸くて人の良さそうな運転手さんはうれしそうに答えた。
「ああ、そや。最後の挨拶やからうちのクラブのキャプテン連れてきたんや。こいつ、うしというんや」
十倉が思い出したようにいった。
「いつもこいつが乗せていただき、ありがとうございました」
赤木は変なお礼のいい方をした。
運転手さんは、右手をハンドルから離して二人に向かって敬礼した。

こんなふうに、連中はそれぞれ自分のお世話になった人に紅白饅頭を配って回った。
次の日、卒業式が終わり、教室に帰って紅白饅頭をもらうときにはもちろん、数が足りなかった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ