挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
若者はこう生きろ!うしのフットボール 作者:万吉
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

22/26

あきらめなければいつか夢は叶う

22.あきらめなければいつか夢は叶う

 夏休みが終わり、秋の県大会が始まった。初戦は、大川高校だった。
この試合は春と同じように速水と小池が快速を飛ばして走り回り、山中が要所要所で確実にパスを受けて47対0で大勝した。
 そして次の試合。第一試合で、陽星高校が梅宮高校に負けたので、また因縁の梅宮高校との準決勝となった。

二週間後の10月3日、梅宮高校のグランド。空がどこまでも高く、秋晴れのさわやかな日だった。時折ふあっと風が吹く絶好のコンディションである。
 青空高校のキックオフで試合が開始された。梅宮高校自陣30ヤードからの攻撃。ファーストダウンは、Tフォーメーションから、やはりねずみがオフタックルをついて3ヤード前進。
次に、右オプションからフェイクを入れたクォーターバックが、後ろからついてきているねずみにボールをピッチしようとして、これをピッチミス。転々と転がるボールを青空高校のディフェンスエンドの細田がその長い手で押さえた。
レフェリーの笛とともに、攻守交替が告げられた。幸運にも敵陣20ヤードから青空高校の攻撃となった。
ファーストダウンの攻撃。高貴から、山中への12ヤードのフックパスが決まり、あっさりとダウン更新。
敵陣8ヤードからのセカンドダウンの攻撃。右プロのビア体型から、クイックピッチを受けた速水がディフェンスの外側を走りきってタッチダウン。その後、赤木のキックも決まり、開始3分で7対0とした。
これで調子に乗った青空高校は、その後も山中への40ヤードロングパスを和田が決めて、前半を13対0で終了した。ただ、赤木の蹴ったトライフォーポイントのキックは、ブロックされて失敗していた。
 前半を終わって、控室となっている教室に帰ってきた青空高校の連中は口々に
「何や、たいしたことないやん。楽勝や」
といっていた。赤木も同じ気持ちだった。

 10分後、後半戦が始まった。青空高校の攻撃からのスタートだ。クォーターバックの高貴は、速水の快速を活かすために、右のピッチアウトをコールした。
「レディ、セット、ダウン、ワン、ツー」
スナップされたボールは、高貴から即座に速水にピッチされた。
いつもならここで、速水が快速を飛ばして大外から守備選手を抜き去ってしまうはずだった。
が、今回は違っていた。あっさりと、梅宮の守備選手にタックルされてしまった。速水を警戒した梅宮のディフェンスバックがパス警戒を捨てて、前方に上がってきていたのだ。
 こうなると、もうランニングプレーは出ない。そこで、次のプレーに高貴は、速水と同じサイドに山中を出して、右側奥深くへのパスを選択した。次のプレー、高貴の投げたボールは、敵陣深くに走りこんだ山中めがけて飛んでいった。
しかし、本来真ん中奥を守備するセーフティが、ディフェンスバックの抜けた右奥へ回り込み、このパスも阻止された。フットボールの守備体型にオールマイティはないが、こうなると先手を取ったほうが有利になる。青空高校は守備で先手を取られたのと、前半楽勝の気の緩みから、攻撃が出なくなっていた。
そして、梅宮の反撃が始まり、ねずみ以外のランニングバックにも、思うように走られた。3本立て続けにタッチダウンをとられ、ついに第4クオーターには21対13と逆点されてしまった。赤木たちは浮き足だっていた。
梅宮のキックオフを高貴がリターンして、自陣20ヤードからの青空高校の攻撃。1回目の小池のギブはやはり出ない。
フットボールは個々の選手の精神面の掛け算のスポーツだ。
選手一人ひとりの役割がはっきりとしている反面、その相乗効果によりプレーが完成するからだ。みんなの気持ちが少しでも負けに傾くと、それが何乗にもなって現れる。
気持ちの先行する怖いスポーツだ。

 情けないほど連中のヘルメットは下がっていた。ここで鬼塚先生はがまんしきれずにタイムアウトをとった。赤木がサイドラインに呼ばれた。攻撃のタイムアウトであれば、普通は司令塔であるクォーターバックの高貴が呼ばれるはずだが、このとき鬼塚先生は赤木を呼んだ。
鬼塚先生はそこで具体的な作戦は何もいわず
「お前らの実力はこんなもんと違うはずや。夏の厳しい練習をやってきた自信があるやろ。春に関学の教室でおまえらはどないゆうたんや。忘れたんか。夢をあきらめへんというたんやで。前を向け。
ハドルにもどってみんなにそういえ」
とだけ、厳しい口調でいった。まるで自分にいいきかせているようだった。
赤木は、ハドルにもどって、そのとおりみんなに伝えた。
「春に、夢はあきらめたときに終わるとみんなでいうたな。ここで、あきらめたら夢は終わる。今まで何のためにしんどい練習をしてきたんや。何回土をなめてきたんや。分かったんか」
「そうや。そうやった。あきらめたら夢は終わるんや」
負けん気の強い山中が、真っ直ぐに顔を上げた。
連中の頭の中に関西学院大学の教室が蘇った。
「俺らがなんで都会のぼっちゃんに、負けなあかんのや」
十倉が悔しそうに奥歯をかんだ。
「よっしゃ、死んでもやったる」
ハドルの中で連中の声が大きく重なった。
連中はヘルメットを上げた。

次のプレーで高貴は、速水が警戒されているので、オプションで自らボールを持って走ることを選択した。
「俺が絶対走る。ラインは死ぬ気でブロックしてくれ」
いつもは穏やかな高貴が珍しく、激しい顔をしていった。
「よっしゃ。まかせとかんかい」
大石と十倉が、大きく目を見開いて答えた。
この二人は本気になると、とてつもない力を出す。
タイムアウトがとけ、青空高校の攻撃が再開された。
ファーストダウン。
高貴の期待に応えるかのように、ラインは執拗なブロックをした。
大石と十倉は腕だけで相手を仰向けに倒した。その隙に高貴がオフタックルを駆け上がった。なんと20ヤードのロングゲイン。
その後も、高貴のオプションプレーは止まることを知らず、ついに敵陣20ヤードまで前進。青空はよみがえった。
ここで、グランドの隅に置かれたゲーム時計は残り時間2分30秒を示していた。
あまり時間はない。
「レディ・セット・ダウン、ワン」
プレーが始まった。
またもオプションプレーだ。高貴は、ボールを持つと、小池にフェイクした後いつものように右へ走りだした。梅宮の選手は、高貴を警戒して集まってきている。
そしてまさに、梅宮の選手の右手が高貴の腰にかかろうとしたとき、高貴はすぐ後を付いてきていた速水にボールをピッチした。
当然、速水のまわりにも、守備選手が集まってきていた。観客席の誰もが速水がすぐにタックルされると思った。
ところが、次の瞬間、速水が持っていたボールを前に投げた。いつの間にか、オプションでフェイクした小池が守備ラインをこっそりと抜け出て、ゴールエリアで一人待っていたのだ。
普段ボールを投げたことのない速水が投げたボールは、いかにも頼りなさそうにふらふらと空に舞い上がった。
ボールの行方を誰もが見守った。
やがて、そのボールは回りに誰もいない小池の手の中にストンと落ちた。
「ピイー」
レフェリーは大きく両手を上げた。
タッチダウン。
21対19。
ここで、トライフォーポイントをプレーで決めて2点を取ると同点となる。観客席からは、大きなどよめきが聞こえている。
高貴がハドルでいった。
「よっしゃ。次はあれや。度肝ぬいたる。ええな。カウント・ツー、ブレイク」
ハドルがとけて、全員がゴール前3ヤードにセットした。間もなくどよめきが消え、観客席は固唾をのんで見守っていた。水を打ったような静寂のなか、高貴のコールだけが大きく響いた。
「シックス・ツー、シックス・ツー、レディ・セット・ダウン、ワン、ツー」
丸山が勢いよくボールを引き上げた。
ボールが動き出すと同時に青空高校のラインは、相手をブロックせずに横に寝そべった。守備選手は勢いよく当たろうと前のめりの姿勢になっていたため、不意をつかれてみな転倒した。
守備ラインが全員倒れて、高貴の前方に視界が広がった。
高貴は、すかさず右端から斜めに走りこんでくるフランカーの中井めがけて正確にボールを投げ込んだ。
矢のように飛んでいったそのボールを中井はゴール内でしっかりと受け止めた。経験を積んだ中井の手は、もう春のように緊張でこわばることはなかった。
「ピイー」
笛が鳴ると同時にたちまち大きな歓声が湧き上がった。
中井は、目を潤ませて大きくガッツポーズをした。
「あれ」とは、密かに練習していたスペシャルプレーの呼び名だった。
そしてそれは、中井の名誉挽回のために用意されていた。

 2点コンバージョン成功。同点。残り56秒。
青空高校が勝つには、次のキックオフで、オンサイドキックをするしか選択肢はない。敵陣深くに蹴りこんで、相手方にボールを渡せば、4回の攻撃で時間を消費されてゲームオーバーになってしまうからだ。
キックオフで蹴られたボールは、パントと異なり本来フリーボールだ。つまり、早くそのボールを確保した側に攻撃権が与えられる。だから、少しだけ前にボールを蹴ってそのボールを自分たちで確保すれば、攻撃権が取れる。ただ、成功する確率が少ないので普通は、敵陣奥深くまでボールを蹴りこむ。
オンサイドキックが成功すれば青空高校には続いて攻撃権が与えられる。攻撃権を取ることは勝つための絶対条件だ。
レフェリーの笛が鳴った。
赤木は、片手を大きく上げると同時に、ボール目がけて走り出した。そして、いつもより踏み込みを浅くして、慎重にボールの頭を地面にたたきつけるように蹴った。
正確にコントロールされたボールは左斜め前方に大きくバウンドしながら転がりだした。
そのボールを青空の連中は必死に追いかけた。真っ先に突進した十倉がボールに追いつきそうになった。親分取ってくれ。ボールを追いかけながら赤木は祈った。十倉の手がもう少しでボールに届きそうになった。だが、十倉がボールを抱きかかえようと倒れこんだその瞬間、体の小さな梅宮の選手が横から十倉の体の下に滑りこんだ。ボールは梅宮のものになった。
観客席からは大きなため息が漏れた。
奇跡は2度起こらなかった。
すぐに敵陣45ヤードから梅宮の攻撃となった。だが、梅宮も有効な攻撃ができず、レフェリーの笛で試合終了となった。
21対21、引き分け。
その場で、2週間後の再試合が決定された。関西大会まで時間がなかったからだ。


 2週間はすぐに過ぎ去り、再試合の日がやってきた。梅宮高校とは、春から数えて3回目の試合だ。
いつものようにフィールドに整列して両校の挨拶が始まった。対面した青空の連中は、相手の人数が少なくなっているのに気がついた。
(なんか人数が減ったみたい)
連中は、そう思った。
試合が始まったが、いつものねずみはいなかった。かわりにボールを持って走っていたのは、いままでに見たことのないランニングバックだった。
前半は両校とも様子見模様で0対0に終わった。
後半開始。青空高校の攻撃が回ってきたところで、ハドルの中で和田がいった。
和田は先の試合後に頭を丸刈りにしていた。和田なりの覚悟の表し方だった。
「もう引き分けは許されん。そろそろ、全開するで。ロングパスで先制する。左プロビアで、フランカーの45度からコーナーや。ブン、フランカーに入ってえな。カウント・ツー、ブレイク」
その真剣さに、不良ごっこをしていた頃の面影はなかった。
「フォー・フォー、フォー・フォー、レディ、セット、ダウン、ワン、ツー」
和田は、丸山からボールを受けると同時にその場でボールを高く振り上げ、投げるふりをした。小池は、45度クイックのコースをたどるように斜め右に走りこんだ。
守備のコーナーバックは小池について中に入ってきた。そして、コーナーバックが小池の先回りをしようと前に出た瞬間、小池はくるりと向きを変えて外側へ走り出した。
絶妙のタイミングでコーナーバックを抜き去った。小池が小さな体で、足をフル回転させて独走している。
いままでの努力を無駄にしてたまるか。そんな気持ちが伝わってきそうな走りをしている。すでに後ろに下がって、ボールを投げる体勢になっていた和田は、それを見届けるとすばやく斜め前方にボールを投げ上げた。
和田の投げたボールは、大きな弧を描き、やがて大きく伸ばした小池の手のなかにスッポリと納まった。小池はスピードを緩めることなく、そのまま走りこんでタッチダウン。
その後は、これに勢いづいた青空高校の攻撃は止まらず、残り時間2分で28対0の大差がついていた。梅宮からは、2週間前の粘り強さが消えていた。引き分け後、まだ2週間も受験勉強を放棄することにがまんできずに、梅宮の3年生は全員引退していたのだ。

 やがて時間が過ぎ、待ちに待った試合終了を告げるホイッスルの音が鳴った。
「ピィー」
一瞬の静寂をおいて、センターの丸山が大きく右手を突きあげて、叫んだ。
「ハッドオール」
体の中からこみ上げてくる喜びが、自然に丸山をそうさせた。右手の人差し指は、空高く突き立てられていた。
その声を待っていたかのように、みんなが脱いだヘルメットを高々と振り上げて、丸山めがけて集まってきた。
大石がその大きな体を揺らして、十倉がガニ股で、小池が小さな体で、今にも爆発しそうな喜びを体中に貯めて走り寄ってきた。
そして、誰からともなく輪になって
「ウィー アー ナンバー ワン、ウィー アー ナンバー ワン」
と、人差し指を空高く突き立てて、はちきれんばかりの大声で、おたけびを上げ出した。

喜びが爆発した。

グランドの中央で「ウィー アー ナンバー ワン」の大合唱が巻き起こってしまった。
声を出すだけで、いつでもひとつになれる。共に苦しみを乗り越えた者にしか味わうことのできない神様からのご褒美だ。
「うし、お前のいうたとおりや」
大石が大きな手で赤木を持ち上げた。つられてみんなが赤木を空に投げた。
みんなの顔が眩しかった。背中で感じるみんなの手が暖かかった。
仲間とはこういうもんや。
赤木は、仲間の暖かさの中で宙に舞った。

喜びの声は、グランド中に響き渡り、しばらく収まることはなかった。

ついに、関西大会。創部から僅か2年での快挙。連中はそれをやってのけた。

 関西大会が数日後に迫ったある日。
赤木は学校の廊下で、3年の学年主任の安井先生とすれ違った。すれ違いざまに先生がいった。
「赤木、悪かったなあ。野球部は、甲子園に出るときに全校で激励会をやったのに、おまえらにはしてやれんかったなあ」
先生は本気で謝っていた。
「先生、ええで。うちは野球部と違って歴史ないし。後輩がまた関西大会に出たらそのときにはしたってな。約束やで」
赤木は、皮肉ではなく本当にそう思っていた。

 すぐに関西大会の日がやってきた。
青空高校が試合前の練習をしていると、大阪代表のハリス学園の選手がサイドラインへ応援に来た。そして、全員が1年生のようにボールを拭いてくれたのには、連中は驚いた。よほど教育ができていたのだろう。
ハリス学園の顧問の先生は、鬼塚先生の大学時代の後輩だった。その関係で応援に行って、お手伝いをしてこいという指示が出ていた。
 対戦高は、滋賀の琵琶高校。
試合が始まったが、青空高校の誰もが体がフワフワして、なんだか雲の上を歩いているように感じていた。
試合結果は、完封負け。
青空高校は相手校のクォーターバックにいいようにあしらわれた。初めての関西大会で浮き足だっていた。実力を出せないまま、気が付いたら試合が終わっていた。という感じだった。これが、歴史の重みということだろうか。
赤木には鬼塚先生がいつか、体育教官室でいったことが思い出された。
「青空の子は、のんびりとしとる。ええとこでもあるんやけど、これでは、大きな試合では絶対勝てん。都会の子は、反則すれすれのことをしてでも勝ったるという気持ちがある。お前らとちごうて気持ちが走っとるんや。
うしよ。お前らもこうならな大きな試合では勝てんで」
ストーブにあたりながら体育教官室でそういった。
試合後、連中は意外にさばさばしていた。春に梅宮高校に負けたときとは全く違った不思議な感覚があった。全く力が出せず、試合をした実感がない。だから、くやしさもなかった。
目標の関西大会出場が実現できたので、それで満足していたのかもしれない。
翌日の新聞のスポーツ欄には、関西大会の記事が大きく掲載された。
その記事の中に、「琵琶高校のクォーターバック高貴が、初出場の青空高校のディフェンスをかく乱した」とあった。クォーターバックが取り違えられている。
これを見た丸山がいった。
「やっぱり、うちは歴史ないな。無名やわ」
 翌日から、3年生は本当の引退をした。
部は、2年生の新キャプテン田辺を中心に練習を再開した。一方、赤木たち3年生には受験勉強が待っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ