挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界食堂 作者:犬塚惇平(犬派店主)
83/119

お子様ランチ

・一応ファンタジーです。
・剣も魔法も存在しますが、余り活躍はしません。
・店主は普通のおっさんです。料理以外できません。
・出てくる客は毎回変わります。ただしたまに常連になる客もいます。
・お子様ランチの注文は小学生以下のお子様に限らせていただきます。
古く巨大な城の、丁寧な内装を施された城の片隅。
幼い双子、そっと様子を伺う。
「アルフ、どう? いけそう?」
「だいじょうぶ。今はみはりもいないよ、マリー」
普段『あぶないところ』には大抵いる見張りの兵隊がいないことを確認し、双子は『ぼうけん』を続けることにする。
柔らかく小さな手を取り合い、巨大な城の西に切り立った塔の頂上を目指して、階段を一段一段慎重に登りはじめる。
二人はワクワクしていた。母上から教えてもらった『魔女の住処』へと続く道。

城の西側にある塔には魔女が住んでいるから、近づいてはダメよ。

公国の第一王子、アルフレッドと第一王女、マルガレーテは幼い頃からそう聞かされて育ってきた。
だからこそ『おべんきょう』も無く、自由に遊べるこの貴重な時間を、双子は『ぼうけん』に使うことにした。
母上から近づいてはいけないと言われている、危険な場所。
邪悪な魔女が住む部屋に、忍び込むことにしたのだ。
「あ、あったあった!」「ここかぁ……」
双子にとって長い長い螺旋階段を登りきった頂上に、そこはあった。
頂上にそびえ立つ古びた大きな扉。
双子はそこに駆け寄り、ガチャリと開く。
「……あれ? ふつうだね」
「うん。ふつう」
その中を覗き込んだ二人は、その光景が魔女の部屋というにはかけ離れているのに首をかしげる。
双子であれば十人は寝れるであろうサイズの天蓋がついたベッドや、金と銀、宝石をあしらった鏡台。
よく磨かれ、銀細工で飾られた木製の家具や、ベッドの脇に添えられた卓の上に置かれた宝石箱。
これらは公国の王族たる双子にとっては見慣れたもの。
それゆえにここは、双子にとってはありふれた寝室にしか見えなかった。
「なぁんだ。つまんない」
ぼふりと、身体がそのまま沈み込みそうなくらい柔らかなベッドに双子はつまらなそうに座り込む。
口うるさい大臣や将軍の目を盗んで来たのに、その先がこれではつまらない。
そんなことを考えながら、なんとはなしに、マルガレーテがベッドの脇に置かれた宝石箱を開けてみる。
「ひゃう!?」
そこから漏れ出した、冷たい冷気に思わず声を上げてマルガレーテは手を引っ込める。
「なんだ!? どうした!」
その様子に何か面白いことがありそうだと感じたアルフレッドがマルガレーテと、彼女が開いた宝石箱を見る。
「……くすりだ」
「ほんとだ。まじょのくすりだ」
その中に入っていたものに、二人は目を輝かせた。
一見すると宝石箱にみえたそれには、宝石は入っていなかった。
代わりに、銀の匙と硝子の瓶に入った怪しげな黄色いなにかが一つだけ入っており、ひんやりと冷やされていたのだ。
「どうする?」
「うん、と……どうしよう?」
予想外のに二人は顔を見合わせて考える。勇気を振り絞って魔女の住処まで来てみたはいいが、その魔女の住処で何をしたいというのは、無い。
「……のんでみよう」
だが、少ししてそう言いだしたのはアルフレッドだった。
公国の王子として、勇気を見せてやる。
そんな気持ちからアルフレッドは銀色の匙と淡い黄色い何かが満たされた瓶を手に取る。
「だいじょうかな?」
「だいじょうぶだよ。たぶん」
不安がるマルガレーテに軽い調子で返しながら、瓶の封印を破り、匙を突っ込む。
しっかりと固まった『魔女の薬』を匙がすくい上げ、魔女の薬は匙の上でぷるぷると震える。
アルフレッドは緊張の面持ちでこくりと唾を一つ飲み……魔女の薬を口へと運ぶ。
「……!? なんだこれあまい! あまいぞ!」
意を決し、口へと運んだ魔女の薬は、予想外に甘かった。
どうやら材料は乳と卵らしい。
その二つの味と、滑らかな食感を持つ魔女の薬が柔らかに口の中を通り、胃の中へと溶けていく。
その感覚に、思わずアルフレッドが再び匙を突っ込み、もう一度魔女の薬を食べようとしたところで、アルフレッドは袖をひかれる。
「あにうえ。わたしにもちょうだい」
その視線の先には美味しいものを食べているのだと直感した妹の姿。
「……わかった」
すこしだけ悩んだあと、アルフレッド妹にも同じようにひと匙、魔女の薬を分けてやる。
「なにこれ!? おいしい!」
それを口にした妹もまたくりくりとした大きな目を見開き、ついで笑顔になる。
それを見てアルフレッドも嬉しくなりながら、のこり半分ほどになった魔女の薬を全部食べようとして……
「貴方たち、ここでなにをしているの?」
後ろからかけられた言葉に、思わずビクリと肩をすくませる。

そう、ここは魔女の住処。ならば当然魔女がいる。
そのことに思い至った双子は、恐る恐る『こわいまじょ』の姿を見ようとして、気づく。
「おばうえ!?」「おばうえがなんで!?」
そこにたっていたのは、恐ろしい魔女などではなく、父上が大切な人だと常々双子に言っている、銀色の髪を持つ伯母の姿。
双子の甥と姪に子供らしい、甲高い声で話しかけられ、公国の『元』第一王女、ヴィクトリアははぁ、と息を漏らす。
「……ここは私の部屋。だから私がいるのは当然」
幼い二人の疑問に答えてやりながら、ヴィクトリアはなんとなく事情を察する。
現公王……この双子の父親であり、ヴィクトリアの弟は、ヴィクトリアを家族として愛してくれているが、この双子の母親は、少し違う。
公王家に連なる家の出である正室でもある双子の母親はヴィクトリアを嫌っている。
恐らくだが政治に口出しこそしないが公王に家族として愛されているヴィクトリアが邪魔なのと、それ以上にヴィクトリアが公国建国の時代から嫌われる種族たるハーフエルフであるからであろう。

公国を長年治めている公王家は古王国最後の王『半妖王』の嫡子たる王太子を始祖に持つ家系である。
若き日、まだ名君と呼ばれていた頃の半妖王は実の息子たる王太子に、当時古王国において重要な穀倉地帯であり、貿易の拠点でもあったこの地を任せた。
この事自体はおかしくはない。古王国の継承者たる王太子は一時的に臣籍に下り、王家にとって特に重要な場所である公国の地を治めることで政治と統治を学び、来るべき古王国を統べる日に備えるというのは古王国においては伝統とでも言うべきやり方であった。
……問題は、それが『一時的』で済まなかったことであろう。
半妖王は、取り替え子として生まれてきたハーフエルフであった。
その寿命と老いを知らぬ若さは文字通りの意味で人間離れしており、半妖王の治世は実に数百年にも及び、古王国は繁栄の時を迎えた。
しかし、半妖王の嫡子たる王太子は、ただの人間であった。数百年も生きるわけが無い、人間であった。
かくて半妖王が数百年の寿命をついに終えかけていたとき、後に初代公王と呼ばれるようになった王太子はとうの昔にこの世を去り、公国のある地を治めているのは王太子より数えて五代ほど世代を重ねた、半妖王にとっては赤の他人とでも言うべき人間の男であった。
血を分けた実の息子や、その子供ならばともかく、似ても似つかぬ『ただの人間』に、自分が数百年かけて繁栄をもたらした古王国を譲るなど、とんでもない。
そう考え、しかしもうすぐ寿命を迎えようとしていた半妖王は、狂った。
同じように百年以上古王国を統治していた老いたハーフエルフの大臣や将軍たち、古き日のエルフたちの残した遺産に通じた宮廷魔術師と共に、かつて偉大なるエルフの編み出したという『古びた肉体を捨て、精神のみを永遠に生きながらえさせる禁忌の秘術』に手を出したのである。
ただただ、古王国の繁栄を、永遠とするために。何故その秘術がエルフたちから『禁忌』とされたのかにも気づかぬまま。

かくて、千年の繁栄を約束された地と言われていた古王国の王都は狂った死の化物『リッチ』が支配するアンデッドの国と化し、ただ一つしかなかった大いなる古王国は無数の小王国へと別たれ、世に戦乱の嵐が吹き荒れたのだ。

それから何百年もの時が流れた今もなお、ハーフエルフが忌み子とされ、特に政治に口を出してはいけないとされるのはこのためである。
それは公国の姫という立場でも、否、かつてハーフエルフに煮え湯を飲まされた公国の姫という立場であるがゆえにヴィクトリアは国の表舞台にたつことはできないし、本人もまた立つ気も無い。
そんなわけで公国の城に住まいながらも公国の王族たちとは距離を置き、城の外れの研究室にこもっていたのだ。
「でもなんでおばうえがここに?」
「もしかして、おばうえがまじょなの?」
恐れも何もない、幼い双子の問いかけに、ヴィクトリアは笑顔を浮かべて頷く。
「そう。私は魔術師……魔女でもある」
そう答えたあと、ヴィクトリアは双子が食べてしまったプリンを見て、いいことを思いつく。
「明日の昼前にまた来て。そうしたら、魔女の魔法を見せてあげる」
そう、明日はドヨウの日だ。
少しくらい、双子の甥と姪に『ご馳走』をするくらいは問題ない、はずだ。

かくて翌日。公国の城の片隅でチリンチリンと鈴が鳴る。
「ここがいせかい……」
「すごい……」
初めて訪れたその場所に、双子は興味を持って見回す。
地下室にも関わらず異様なまでに明るい部屋に、見たことも無い装飾品。
そしてばあやが話してくれたこの世界に住む様々な住人たち。
その中にはリザードマンやラミアと言ったモンスターらしきものたちまでいて、大人しく料理を食べている。
ここを通ってくる前に通った『本当の魔女の部屋』も双子には使い道も分からぬ道具や、難しそうな本が並んだ本棚、それから如何にも魔女らしい薬などが並んだ不思議な場所だったが、ここはそれ以上に不思議な場所だった。
「いらっしゃいませ。ご注文をどうぞ」
「私にはカルボナーラと、普通のプリンを。それと確かこの店には『オコサマランチ』という、齢十二歳以下の子供だけが頼める料理があったと思ったけれど」
物珍しそうにキョロキョロを辺りを見回す双子を椅子に座らせたところでやってきたアレッタに、ヴィクトリアは手早く注文をする。
今日は双子もいるのでプリンアラモードは頼まず、普通の料理と、普通のプリン。
それからヴィクトリアも師匠たるアルトリウスから名前だけ聞いたことがある料理を注文する。
「え? オコサマランチ、ですか?」
そのヴィクトリアの注文に、アレッタは思わず聞き返す。
子供にしか頼めない料理というのは、初めて聞いた。
確かに思い返してみれば子供の客というのは少ない。ましてそれが齢十二以下の、明らかに成人前の子供ともなればなおさらだ。
「そう。オコサマランチ。それをこの子達にお願い」
その反応も予想していたヴィクトリアは冷静にアレッタに注文を繰り返す。
「分かりました。少々お待ちください」
アレッタはヴィクトリアの言葉に頷き、奥の厨房へと一度確認に戻る。
それから、待つことしばし。
「お待たせしました。カルボナーラと、オコサマランチです」
ことりと。
双子の前にお子様ランチが置かれた。

ほかほかと湯気を立てる、出来たての『オコサマランチ』を前に、双子は思わず顔を見合わせた。
「へんなの」
「うん、へんだね……でも、美味しそう」
困惑しつつも、その香りに、思わずごくりと唾を飲む。
それは、双子知る料理からすると、如何にも不思議な存在であった。
それは、区切りがたくさんついた不思議な皿の上に、いくつもの料理がもられていた。
上から赤黒いソースがかけられた丸い焼いた肉の塊。
白地に赤い丸が書かれた小さな旗を立てられた、薄く焼かれた黄色い卵の布の下赤とオレンジの中間の色に染めあげられた、西大陸のコメが少しだけ見えている、コメ料理。
白いものが掛けられた、明るい茶色の棒のようなものにシュライプのものらしき真っ赤な尻尾が生えた、よく分からない料理。
鮮やかな薄い緑色の葉の上に置かれた、ところどころに色とりどりの粒が見え隠れする、白くて丸いボールのようなもの。
真っ赤なソースが入った器が添えられた、細く切られて揚げられたダンシャクの実。
そして……
「あ、これプリンだ! プリンがある!」
「ほんとだ!」
その皿の片隅に置かれた、おばうえから名前を教えてもらった黄色いプリンに満たされた硝子の瓶を見て、双子は喜ぶ。
早速とばかりに手を出そうとして、ヴィクトリアの手でそっと止められる。
「ダメ。プリンは最後。全部食べてから」
その言葉は決して大きくはないが、逆らい難い強さがあり、双子は渋々従う。
……だが、そんな心配は杞憂であった。お子様ランチに使われた料理はどれも非常に美味しかったのだ。

アルフレッドが最初に手を出したのは、皿の中心に近いところに置かれた、肉の塊であった。
運ばれてきた皿の近くに添えられた銀色の小さなフォークとナイフを手に取り、肉の塊に向ける。
「わ。やわらかいなこれ」
その肉の塊は、思っていた以上に柔らかく、簡単にフォークだけで切り分けられるほど。
そうして切り分けて口元に持ってくれば、焼けた肉の香ばしさと、上に掛けられたソース良い香りがして、アルフレッドの小さなお腹を鳴らす。
ごくりと唾をのみ、小さく切り分けた肉を、食べる。
その肉の塊はじゅわりと肉汁と脂をこぼし、混ぜ込まれたオラニエと上に掛けられた黒いソースの複雑な旨みが絡み合って、アルフレッドに美味みを伝えてくる。
その味は幼いながらも、公国の長の息子として贅の限りを知っているアルフレッドをして初めてと思わせるほどの美味。
アルフレッドは夢中でその肉の塊を食べだすのであった。

マルガレーテが最初に手を伸ばしたのは、真っ赤な尻尾が見えている、謎の料理であった。
(なんだろ、これ?)
海からは少し離れた公国の都で暮らすマルガレーテにとっては見たことがない、謎のもの。
それに首を傾げながらも、マルガレーテはナイフで端っこを小さく切り、フォークでさして持ち上げる。
(わ、きれい)
切り分けた断面から覗く、ほんのりピンクが混じった透き通った白い身の美しさに、マルガレーテはちょっとだけほぅと息を漏らす。
敬愛するおばうえに言われ、プリンの前に渋々食べるものであったはずの料理を食べるのが楽しみになる。
そしてそのままパクリと口に運び、思わず顔を綻ばせる。
その正体不明の何かは、海の生き物であった。
魚とは違う、独特の弾力がある食感に、かすかに帯びた海の生き物の味と香り。
公国の宮廷では保存の魔法を使って腐らぬようにして運び込まれた魚や貝などが食卓に並ぶこともあるが、マルガレーテが食べているようなシュライプは、腐りやすさとその腐りやすさ故に庶民の味とされるため、王族に供されることはない。
それ故に、マルガレーテにとって未知の味であったシュライプの旨みは、マルガレーテの心を掴んだ。
(うん! これおいしい!)
さくりとした表面の衣と、ぷりっとしたシュライプの身、それからその上に掛けられた、少しだけ酸っぱい、卵と乳の味がするソース。
それらが口の中で混ざり合い、マルガレーテの舌を楽しませる。
気がつけば渋々であったことなど忘れ、二人は夢中になってオコサマランチを食べる。

メインである肉の塊と、海の生き物の料理はもちろん、そばに添えられた白いボールのようなものと、焼いた卵を乗せた赤いコメ料理もまた、侮り難い美味であった。
油で揚げられた帝国の名物であるダンシャクの実は普段公国では余り出てこない品だが、良質な油で揚げてあるおかげか油っぽさは無く、からりとした衣と、中の真っ白なダンシャクの実がほろりと口の中でほどけていく逸品であった。
味付けは塩のみでそれはそれでうまいが、更に酸味のある真っ赤なソースにつけて食べれば絶品であった。
旗の立てられたコメ料理はその赤いソースを使ったコメ料理であった。
鳥の肉や黄色い粒野菜と共に炒め合わされたそれは酸味はほとんどなく、代わりにバターの香りを纏っていた。
そのコメ料理だけでも美味だが、それにさらにふわりと柔らかく仕上げられた焼き卵の風味が加わることで、完璧な仕上がりとなっていた。
そして、緑の葉野菜の上に据えられた、白いボールのようなもの。
角切りにした鮮やかなオレンジのカリュートや、緑の豆、そして黄色い粒野菜が混ぜ込まれ、純白の中に模様のように浮かび上がったそれは見た目も美しい。
食べてみればそれはどうやらダンシャクの実でできているらしい。念入りに潰され、ほんのり酸味を帯びた、海の生き物の料理にもかかっていたソースを混ぜ込んだと思しきそれは、ちょっとだけ酸っぱく、滑らかな口触りがある。混ぜ込まれたカリュートや豆は余り美味とは言えなかったが、それを補って余りある美味しさを持っていた。

最初はプリンを食べるためだったはずの二人は、いつしか全ての料理を堪能すべく、一生懸命に口と手を動かしていた。
普段の食事のときのような上品さはなりをひそめ、口元を汚しながらも、笑顔で。
(……私にも子供がいたら、こんな感じだったのだろうか)
その様子を見て、乳と卵の美味みをたっぷりと帯びた麺料理を食べながら、ヴィクトリアはうっすらと微笑む。
親愛なる弟の血を引く、甥と姪。
人間である彼らはいずれヴィクトリアを追い越して大きくなり、まず間違いなくヴィクトリアより先に死ぬことになる。
そのことを少しだけ寂しく思いながらも、ついにお子様ランチの最後のデザートであるプリンを食べる二人を、母親のように温かく見守るのであった。


「おばうえ。とてもおいしかったです」
「おばうえ。きょうはつれてきてくれてありがとう」
満ち足りた食事を終え、顔が汚れていることに気づいた双子が、白い布で慌てて顔を拭いながら、口々に礼を告げる。
「いい。貴方たちは私にとっても大切な家族だから、気にしないで」
背伸びをして、言葉を紡ぐ二人に微笑みを浮かべたまま、ヴィクトリアは言葉を返す。
なぜだか今日の異世界食堂の料理は、いつもより更に美味しく感じられた。
きっとこの二人が一緒だったからだろう。
「それで、その……」
「またいつか、ここにつれてきてもらってもいいですか?」
それを知っているからこそ、ヴィクトリアの答えは決まっている。
「もちろん。私からも、お願いする」
その言葉ごく自然にヴィクトリアの口から紡がれ、双子を笑顔にするのであった。
今日はここまで。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ