挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
異世界食堂 作者:犬塚惇平(犬派店主)
1/119

メンチカツ

・一応ファンタジーです。
・剣も魔法も存在しますが、あまり活躍はしません。
・店主は普通のおっさんです。料理以外できません。
・訪れる客は毎回変わります。ただしたまに常連となる客もいます。

以上のことに注意して、お楽しみいただけると幸いです。
「…なにこれ?」
現在売り出し中のトレジャーハンター、サラが『目的地』にたどり着き、そこにあったものに呆然と声を上げた。

5年前に死んだ伝説のトレジャーハンター、ウィリアム=ゴールドが晩年を過ごしたと言う廃鉱の街。
とうの昔に鉄が掘りつくされて寂れたこの街に彼が住み着いたのは、己が生涯で手にした無数の財宝の一部を密かに廃鉱に隠したから。
そんな噂があった。

無論、与太話の類である。
ウィリアムの家族…ゴールド家は今でもウィリアムの残した遺産を元手にのし上がった大商家だし、少なくとも公式ではウィリアムに隠し財産があったと言う記録は無い。

にも関わらずサラが廃鉱を訪れたのは、サラがウィリアム=ゴールドの晩年の日記をひょんなことから手に入れたからだった。

日記によれば、この街に移り住んでから、ウィリアムは正確に7日毎に廃鉱を訪れていた。
書いてある内容は言葉少なく『今日はドヨウの日。廃鉱に行く』と言う簡潔な記述だったが、恐ろしく律儀に7日毎の『ドヨウの日』を重視していた。

ウィリアムは身体が動いているうちは必ず『ドヨウの日』に廃鉱を訪れていたし、病に倒れ、身体が動かなくなってからも『今日はドヨウの日。動かない身体が恨めしい』と言う日記の記載が何度か現れる。
しかも必ず最後の『ドヨウの日』から7の倍数の日にだけ。
1度、前回から8日目に廃鉱を訪れた日もあったが、その時は『とんだ無駄足』と言う記述を無数の悪態と共に残している。

サラとて若いながら腕の良いトレジャーハンターである。
少なくともそこいらの、ゴロツキや盗賊と見分けがつかないようなまがい物じゃないと自負している。
そのサラの勘が言っていた。
この日記が本物であることと、廃鉱を訪れるべき日はウィリアムが廃鉱を訪れた日と同じ『ドヨウの日』でなくてはならないと。
そして、サラはまだ見ぬウィリアムの財宝に思いを馳せながら、廃鉱へと潜った。

素人には見つけられないようにウィリアム直々に偽装された隠し通路を見つけ、プロでなくては危険な洞窟の魔物と時に戦いながら最深部までの地図を作り、今日『ドヨウの日』に廃鉱の最深部へと赴き…それと対面した。

扉である。

猫の絵と、奇妙な形の未知の文字が書かれた看板が下げられた扉。
昨日までは影も形も無かった、黒い樫の木で出来た扉が出現していた。
「扉…よね?」
調べた結果、扉には罠は無い…鍵すらかかっていないことは確認済みだ。
つまり入ろうとすれば今すぐにでも入れる。
「…とにかく、入ってみないことには始まらない、か」
しばし悩み、サラは入ることを決意した。
今日ウィリアムの遺産に対面するべく、サラは出来る限りの準備をしてきた。
貴重な癒しの霊薬まで購入し、現在用意できる範囲で最高の装備を揃えて挑んだのだ。
今さら引くと言う選択肢は無い。
「負けて屍を晒すなら、所詮そこまでだったってことで…行きますか」
そう決意をして、サラは扉を開ける。

チリンチリン

扉の内側に仕掛けられた、鈴の音が響く。
(アラーム!?)
その音に半ば反射的にサラは愛用のダガーを抜いて構え。

「いらっしゃい…お客さん、そういう物騒なもんはしまってください」

中年の男がサラに対して呆れた顔でダガーをしまうよう促し。
「…なにこれ?」
サラは呆然と、本日2度目の呟きを吐き出した。

「ねこや?」
「ええまあ。しがない洋食…料理屋ですよ」
ダガーを仕舞い、この『店』について尋ねたサラに、この店の主人はごく簡単に答えた。
「料理屋って…こんな廃鉱の奥で!?」
思わず尋ね返すサラに、男は肩を竦める。
「廃鉱?…ああ、お客さんはウィリアムさんの使ってた『扉』から来たんですか」
「ウィリアムの使ってた扉って…あれ?」
男の言葉に、サラは先ほど通ってきた入り口…扉を見て、言う。
大きな、右手を上げた猫を模した金色の鈴が取り付けられている黒い樫の扉だ。
「…何かのマジックアイテムなの?」
改めてそれを観察し、その鈴に強力な魔力が込められているのを嗅ぎ取ったサラは、主人に確認する。
主人はサラの問いかけに頷き、答えた。
「ええまあ。つっても俺も良く分かっちゃいないんですがね。
 ここの常連の爺さんが言うには何でも時空を捻じ曲げ、異世界にいくつも『扉』を生み出してるって話です。
 繋がんのは週に…7日に1回だけなんですがね」
「…異世界?ここ、異世界なの?」
そう言われ、サラは改めて自称異世界だと言う店の中を確認する。
魔界や冥府、天界、鏡の世界に妖精の国…『異世界』と称される世界はサラの世界には幾つもある。
異世界が存在すること事態は、別に疑う余地は無い。
だが、ここがそうだと言われてもおいそれとは納得が行かない。
「別に普通の…でも無いわね」
だが、やり手のトレジャーハンターの目で改めて見て、サラはあっさりと結論を覆す。
サラの知る『料理屋』と比べ、ここは余りにもかけ離れていた。
どうやらここは、地下の一室を切り開いて作った部屋らしく、窓は無い。
だが、天井に取り付けられた、火とは違う、恐らくは魔法の光を放つ球が煌々と辺りを照らしているので非常に明るい。
並べられたテーブルや椅子は良く手入れがされており、艶やかな光沢を放っている。
そのテーブルの上に並べられているのは、かなり高価であると予想される、整った形の透き通ったガラス瓶や陶磁器の小さな水差し。
明らかな高級店でも無い限りありえぬ内装だが、それにしては使用人が出てくる様子も無い。
どうやらこの店は男が1人で切り盛りしているようだ。

「いや、こっちではごく普通の店なんですけどね…どうです?食べていきませんか?
 今はランチタイムにも随分早い時間なもんで、暇なんですよ」
「…そうね。頂こうかしら」
一瞬、罠を疑うがここにやってきた経緯を思い出し、思い直す。
ここは、ウィリアムが随分とご執心だったはずの場所で、異世界の料理屋だ。
ウィリアムを魅了したはずであろうその料理に、純粋に興味があった。
「良かった。じゃあ、適当に座ってください」
そう言うと男は一旦奥に引っ込む。
「さてと…異世界の料理って何が出てくるのかしら?
 …変なものが出てきたら困るんだけど」
適当な椅子に座り、サラはテーブルの上のものを確認する。
テーブルの端に並べられた、ガラスの瓶の中には赤い液体や、多分塩だと思われる粒、それと先端を尖らせた木の棒が見えている。
陶磁器にはそれが何であるかを表す札が張ってあるが、サラには読めない文字で書かれているため正体は不明だ。
「お客さん、サマナーク語は読めますか?」
陶磁器の中を見て、中に黒い液体や白い粒が入っているのを確認していたところで、男が戻って来て、尋ねる。
「ええ、もちろん」
その言葉に、サラは頷く。
サマナーク語は、サラの世界で最も広く使われている言葉だ。
これが読み書き出来ないようでは、トレジャーハンターのような頭を使う仕事は出来ない。
「良かった。じゃあこれ、メニューです…そいじゃごゆっくり」
そう言うと男は几帳面さが伺える角ばったサマナーク語で書かれた献立表と、氷入りの水が入った透き通ったガラスの杯を置く。
「…ちょっと。私、水なんて頼んで無いわよ?」
それを見咎め、サラは不機嫌そうに言う。
喉は渇いているのは確かだし、まずは水を頼むのも考えたが、押し売りみたいな真似を許していたらどんな被害をこうむるか分からない。
金を払う時は、慎重であれと言うのが、商家であるサラの実家の教えだ。
魔法を使わねば得られない澄んだ氷入りの水なんて、サラの常識であれば銀貨で1枚は取られる品。
そんなものを押し売りされたのではたまらない。
だが、そんなサラの疑問に男は笑っていう。
「ああ、レモン水はサービスです。タダなんで気にしないで下さい。お代わりもありますんで、ご気軽にどうぞ」
そう言うと男は厨房に戻り、サラが見える位置で料理の下ごしらえを始める。
「…なんなの?この店」
どうやらここは本当に異世界らしい。
改めてサラはそう認識して、杯をあおる。
「…冷たくて美味しいわね」
レモン水には、かすかに果実の汁が混ぜてあるらしく、爽やかな風味が口に広がる。
においのこもった廃鉱を延々と歩いてきたサラにとっては生き返るような味。

とりあえずタダらしいので遠慮なく飲み干しながら、メニューを開く。
そこには見慣れたサマナーク語で書かれた…正体不明の料理の数々。
「う~ん…焼いた牛の肉とか牛の肉の煮込みスープは分かるけど…他は良く分かんないわね」
料理名と、その料理がどのようなものかを解説する一文が載っている料理を見る。
これを見る限り、野菜の一種であるコメを使った料理が多い。
それと、砕いたパンの粉をまぶして油で揚げた料理。
…どれもサラの常識には無い、変わった料理ばかりである。

「正直どれが良いかは…あ」
判断がつかず困っていたところで、そのメニューに気づく。

日替わり定食。

どうやら毎日変わるらしい、その日のお勧め料理。
他の料理より銅貨2枚ほど安い。
「…うん」
それを見て、サラはそれを頼むことに決める。
どうせどの料理が美味しいか分からないならば、どれを選んでも一緒。
ならば安い料理でよいと考えたのだ。
「…お客さん、決まりましたか?」
「ええ。日替わり定食を頂戴」
注文が決まったと見て近寄ってきた主人に、サラは料理を注文する。
「はい。日替わりですね。少々お待ち下さい」
「あ、ちょっと」
それを聞き、さっさと厨房へ戻ろうとする主人を呼び止めて、サラは尋ねる。
「なんです?」
「ちなみに今日の日替わりって、何?」
名前を聞いても分からないが、一応尋ねる。
それに男は少し考えて…
「ああ、今日は…ああ、こいつも縁って奴かな」
それに気づいて苦笑し、メニューを告げる。
「今日の日替わりはメンチカツです…ウィリアムさんが一番好きだった料理ですね」
かつて、ウィリアムが特に好んだ料理の名を。

油が爆ぜる音が、厨房から聞こえる。
その音を聞きながら、サラは情報を整理する。
(まず、ウィリアム=ゴールドが晩年あの街に住み着いた理由は…これで間違い無さそうね)
7日に1度だけ…恐らくウィリアムが言うところの『ドヨウの日』にのみ訪れることが出来る、怪しげな食堂。
情報から考えればまず間違いなく、ウィリアムがわざわざ寂れた廃鉱の街に1人で住むことにした理由はこの食堂だろう。
(そう考えると、ここの料理は…王都の高級店より美味しいのかしら?)
ウィリアムが生涯で手にした財宝と、それを元手に始めた商売で稼いだ金で建てた大豪邸は、王都にある。
とにかく人と物が集まる王都では、美味珍味を出す料理店もひしめきあうほどある。
さらにウィリアムといえば王都でも屈指の財産家でも知られていた。
食事程度ならば幾らでも贅を凝らせるだけの金もあったはずだ。
にも関わらずこの食堂目当てに住み着くというのだから、よほどのものなのだろう。
そう考え、サラは料理が来るのを待つ。
そして、しばらくして。

「お待たせしました。メンチカツ定食です」

調理を終えた男が何枚かの皿を並べていく。
(…なるほど、確かに異世界の料理だわ)
その料理の内容を見て、ここが異世界の料理店であると再認識する。
それほどに、サラの常識から外れた料理が並んでいた。

正面の、ひときわ大きな皿に盛られているのは、プツプツと音を立てる、大人の拳ほどの大きな茶色の塊が2つ。
すぐ近くには4つ切りにした果物と何やら白いソースが絡められた温野菜とパスタの和え物、そして細く切られた葉野菜が生のままで添えられている。
別の皿に盛られているのは、パンが2つ。近くに添えてあるのはバターの塊だろうか。
そして器に盛られているのは刻んだオラニエと細切りにした燻製肉がたっぷりと入ったスープ。

キュルルルル…

朝から何も食べていなかったサラの腹の虫が鳴る。
その音に思わず顔を赤らめるサラに主人はにやりと笑い、言った。
「パンとスープはタダでお代わり自由ですんで、欲しい時は言ってください。
 それと、メンチカツはソースとレモンの汁かけて喰うとうまいですよ」
そう言いながら陶磁器の1つ…青い蓋がついた水差しを指差す。
「そいじゃあごゆっくり」
それだけ言うと、主人はまた、厨房の奥に引っ込む。
そして食堂にはサラと、美味しそうな匂いを上げるメンチカツ定食だけが残った。
「…なにこれ!?おいしい!?」
まずは何となく味の予想がつくスープを口に含んだサラは、予想外の味に思わず声を上げた。
玉葱の甘みと、干し肉の旨み…そこまではいい。
それしか入ってないように見えるそのスープは無数の、様々な野菜や肉の旨みを含んだスープだった。
思わず一気に飲み干す。
まずはスープだけで、その辺の料理屋とは比べ物にならない味がした。
「うわ…柔らかいわねこれ」
次にパン。
常識では考えられぬほど柔らかいパンに驚く。
ふわふわしていて、サラが日常的に食べている黒パンどころか、実家で食べていた白パンよりも柔らかい。
…おまけに、当然のように白パンであった。
バターを塗りつけるだけで、十二分に美味だ。
これも瞬く間に平らげた。
「ちょっと!パンとスープ、お代わり貰える!?」
「はいよ」
主人にそう告げ、サラはいよいよメインに取り掛かる。
茶色い謎の塊…メンチカツにいよいよナイフとフォークをむける。
ごくりと唾を飲む。
パンとスープだけで充分に美味な料理屋のメイン。
疑惑はいつしか期待へと変わっていた。

サラは慎重に、一口大にメンチカツを切り分ける。
サクリと音を立てて、ナイフが入り、切り口からじゅわりと肉汁が溢れる。
断面を見るに、細かく刻んだ肉を使った料理のようだ。
どんな味がするのかと期待しながら、口に運ぶ。
「……うわ」
それしか言えない。
それほどに、美味だった。

口の中に広がるのは、たっぷりとした肉汁。
それが軽い食感の衣と混ざり合い、口の中でほどけていく。
塩と胡椒が利いた、けれど決して利き過ぎていない絶妙な加減の肉。
それがサラを素晴らしい美味の世界へと誘う。
「そう言えば…レモンとソースとかいうのをかけると美味しいって言ってたわね」
メンチカツの半分、丸々1個を瞬く間に胃に落とし込んだ後で、主人の言葉を思い出す。
今や残り1個となってしまったメンチカツを慎重に半分に切り分けて、サラは青い水差しを取る。
そっとメンチカツに向けて傾けると濃い茶色のソースが水差しから零れ、メンチカツにかかっていく。
それからメンチカツに場違いに添えられた鮮やかな黄色の果物…レモンを絞って汁をかける。
メンチカツが汁を吸い、少しだけ柔らかくなる。
それから、サラは再びメンチカツを口に運び…

それから先は無言であった。
余計な言葉を言う暇があれば、少しでも味わいたいと考えたがゆえに。
複雑な旨みを持つソースと、さっぱりとした酸味のあるレモン。
それが加えられたメンチカツは、神。
まさに天界に住まうと言う神の料理だった。

それからサラはメンチカツをお代わりし、スープやパン(途中で主人からパンに挟んで食べても美味と聞いた。事実だった)と共に心行くまで味わい、これ以上食べられないというところまで食べて、ようやくフォークを置いた。
「ふぅ…美味しかったわ」
朗らかに言い、料金となる銀貨を1枚と銅貨を何枚か置く。
「まいどあり…それとお嬢さん、これを頼めませんかね?」
それを見て料金がぴったりであることを確認し、主人はサラにそれを渡してきた。
「これは?」
「弁当です」
少し寂しげに笑って、主人は中身を告げる。
「メンチカツサンド。ウィリアムさん、ここに来るといつもメンチカツ定食と一緒にこれを頼みましてね。
 お嬢さんがあんまり美味しそうにメンチカツ食うもんだから思わず作っちまった。
 今日のところはサービスにしとくんで、持ってってください。
 冷めてもうまいんですが、日持ちはあんまししないんで、早めに食ってくださいね」
「…いいの?」
サラは男の申し出に驚きながら確認する。
今は腹の中が一杯なので流石に食べる気がしないが、腹がこなれたらまた食べたくなる味だ。
「ええ。今日はウィリアムさんのおごりってことにしときますんで」
「そう。なら、遠慮なく貰っていくわ」
頷いて、サラは紙袋に入れられたそれを受け取る。
まだ温かく、ソースの香りをわずかに漂わせた紙袋に、腹が一杯にも関わらず少しだけ食欲を刺激される。
「それじゃあ行くわ…またね」
「はい。またのご来店をお待ちしております」
一言告げ、サラは出口へと向かう。

チリンチリンと音を立てて開いたドアの前に広がる、見慣れた廃鉱。
「ああ、そうだ…」
背中から主人の声が聞こえる。
「ウィリアムさん、最後は…?」
「大往生だったらしいわよ。ここに来れなくなったのは、随分悔しがってたみたいだけど」
その言葉を最後に扉が閉じる。
それと同時に、扉が消え去り、辺りには廃鉱の静寂が戻ってきたのであった。
「伝説のトレジャーハンター、最後の秘宝…」
ここでの記憶に舌なめずりしながら、サラは思い返す。
「…なるほど、ウィリアム=ゴールドらしい秘宝だわ」
若い頃は随分と貧乏だったウィリアム…面識もろくに無い曽祖父はかなり食い意地が張っていたという話を思い出しながら。

売り出し中の若手トレジャーハンター、サラ=ゴールドは次に訪れるドヨウの日を楽しみにしながら帰路を急いだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ