挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイコン三国志外伝 作者:小金沢

新章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

16/16

外伝(韓遂伝 〇〇五)  馬騰と韓遂

~~~涼州りょうしゅう 西涼せいりょう~~~


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「騙されるな父ちゃん! この男は信用できない!」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「お前に言われるまでもない。
かような妄言に惑わされる父ではないぞ!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「ちょっとちょっと落ち着いてくださいよ。
まだほとんど何もしゃべって――」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「お前の言葉など聞く必要はない!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「ぼくはお父さんと話してるんで、坊やはちょっと黙っててくれないかな」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「まだ9歳だからと馬超を馬鹿にしたな!?
ならば槍を取れ! 大人にも引けを取らない腕前を見せてやる!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「そんなの見に来たわけじゃないんだよ。
閻行、悪いけどちょっと相手してやってくれないかな」


挿絵(By みてみん) 閻行えんこう
「承知した」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「むむ。その構え……ただものではないな!
よし、馬超と勝負だ!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「やっと静かになった……。
というわけでお父さん、いや馬騰さん。話の続きなんですけど」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「断る」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「だからちょっとくらい耳を貸してくださいって」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「お前が羌族や裏切り者と結託して、よからぬことをしているのは知っている。
この馬騰は生まれながらに漢の忠臣だ。
反逆者のお前に貸す耳など無い!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「いやいや、何か勘違いされてますよ。
そもそも反乱をしたのは羌族であって、ぼくや辺章さんは
さらわれて無理やり言うことを聞かされたんですから。
ねえ、辺章さん?」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「ああ。そもそもの成り行きはそうだ」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「その羌族はぼくが隙をついて殺しましたし、
彼らに最初から協力していた、それこそ馬騰さんの言う裏切り者の、
宋建さんや王国さんは追放しました。
今のぼくたちは、他ならぬ漢のために戦ってるんです」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「漢のためだと?」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「その通りです! 漢の忠臣であるあなたなら、
十常侍や董卓が牛耳る都の現状はもちろんご存知でしょう?
ぼくらはそれを正すために立ち上がったんです!」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「お前たちは十常侍や董卓を除くために戦っているのか?」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「そうそう、そういうことです! やっぱり馬騰さんは話がわかるなあ!
ですから、そのために力を貸して欲しいんですよ」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「むう…………」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「一緒に空耳アワーをやりましょうとまでは言いませんよ。
ただぼくらの志を理解してもらって、よければほんのちょっとだけ
協力してもらいたいっていうだけです」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「あいわかった!
お前たちもこの馬騰と同じく漢を思う者ならば、
力添えを惜しんだりなどしない。今後は道を同じくしようぞ!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「やっぱり馬騰さんは話がわかるなあ!」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「父ちゃん! この男に協力するのか?」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「ああ。話してみればこの馬騰にも誤解があったようだ。
それより息子よ。勝負には勝ったのか?」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「2勝8敗だった……。父ちゃん、馬超はまだ未熟だ!」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「落ち込む必要はない。お前はまだ9歳。ならば10歳になれば3勝7敗。
11歳で4勝6敗に、12歳の時には五分に持ち込めるだろう!」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「すると13歳で……ええと、とにかくいつか10勝0敗になるね!」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「その通りだ! その日まで特訓するぞ馬超!」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「うん! 明日はホームランだ!!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「……そ、そろそろぼくらはお暇するとしましょう。
とにかく馬騰さん、今後ともよろしくお願いしますよ」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「待て韓遂!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「……まだ何か?」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「父ちゃんが認めても、いや認めたからにはこの馬超はお前を信用しない。
父ちゃんに代わってお前を疑い続けるからな! それが親子の絆だ!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「はあ、わかりました……」


~~~涼州~~~


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「やれやれ、なんとか説得できましたね」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「西涼の者は、いや中でもあの一族は飛び抜けて頑固だ。
あの場で斬られることも覚悟していたぞ」


挿絵(By みてみん) 閻行えんこう
「そんなことには私や成公英せいこうえいがさせぬ」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「そういえばあの子に2敗したそうですね。
あなたの性格からして手加減はしていないんでしょう?」


挿絵(By みてみん) 閻行えんこう
「無論だ。9歳であの才能。末恐ろしい子だ」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「しかもぼくなんか嫌われちゃいましたよ。
なんていうか、本能で自分の敵を見分けてるような……。
あの子には長いこと手こずらされそうな予感さえしますよ」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「お前にそこまで言わせるとはな」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「それにしても、やっぱり辺章さんを生かしておいて良かったですよ。
あなたが口添えしてくれて助かった」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「そりゃどうも。
……俺を殺さなかったのは、こういうことを考えてか?」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「ぼくもここまで予期なんてできませんよ~。
ただ、あなたは誰よりも深くぼくを理解してくれてる。
そんな人には利用価値があるということです」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「……お前に生かしてもらってる命だ。好きに使え」


~~~涼州 官軍~~~


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「反乱軍め、仲間割れで崩壊するかと思ったが、
韓遂を中心にまとまったのみならず、馬騰まで味方に引き入れるとはな」


挿絵(By みてみん) 陶謙とうけん
「ほっほっほっ。馬騰殿は単純な御方です。
韓遂にかかれば説得も容易だったでしょう」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「馬騰といえば精強な騎兵で知られている。
厄介な相手だな」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
(孫堅や公孫瓚こうそんさんがいれば対抗できたろうが、
こっちも下らぬ仲間割れで彼らを退けてしまった。
まったく、頭が痛いな……)


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「皇甫嵩将軍、ちょっといいか?」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「お前は董卓の副将だったか。なんの用だ。
お前らの戦力は当てにしていない。軍議の邪魔だ」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「そう邪険にするな。耳寄りな話を持ってきた。
ここではまずい、そこまで来てくれ」


~~~涼州 官軍~~~


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「韓遂が八百長を持ちかけて来ただと?」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「ああ。韓遂はこれ以上の戦乱の拡大を望んでいない。
だが事ここに至っては戦端を開かずに兵を引くことは難しい。
そこで官軍と反乱軍が示し合わせて、最低限の衝突に留めようと言うのだ」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「馬鹿なことを! あの男の言うことが信用できるものか。
我々を罠にはめる策謀に決まっている!」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「しかし考えてもみろ。この話をわざわざアンタに持って行く必要は無いんだ。
董卓将軍と韓遂の間でだけ密約を交わせばいいではないか」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「ならばなぜそうしなかった?
お前ら董卓軍が八百長で反乱軍を撃破すればよかったではないか」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「我々は羌族への対処を命じられている。
韓遂の本隊と戦えば、アンタは抜け駆けだとして魔王様を処罰するだろ?」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「……その通りだ」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「韓遂はそこまで読んで、アンタに話を持っていって欲しいと言うんだ。
悪い話ではあるまい。誰も損をしない」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「……八百長といえど、戦死者は出る。
ただの戦ならば、みな武人として命を賭けて戦ってくれるだろう。
だが八百長で死んでいく彼らやその遺族に、俺はなんと言って詫びればいい」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「八百長で幕を引かなければ、もっと多くの犠牲が出る。
アンタは清濁併せ呑める人だと聞いている。よく考えてくれ」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「……考えさせてくれ」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「……ふう。あの男、話を飲むだろうか?」


挿絵(By みてみん) 賈詡かく
「都には我々董卓軍が跋扈している。これ以上留守にはしたくあるまい。
まず間違いなく飲むだろう」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「そうか。大役を果たせて良かったぜ。
お前の台本を丸暗記した甲斐があった」


挿絵(By みてみん) 賈詡かく
「演技はあまり得意でないようで。
棒読みで冷や冷やいたしましたぞ」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「そう言うな。俺にはこういうことは向いていない。
次があれば張済にでもやらせろ。あいつは演技が上手い」


挿絵(By みてみん) 賈詡かく
「覚えておきましょう」


~~~涼州 戦場~~~


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「ひええ~。こりゃあ敵いませんね!」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「撤退だ! 撤退しろ!」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「追撃を掛けろ! 奴らの首を挙げる好機だ!」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「いや待て! 我らを誘おうとする動きにも見える。
深追いは控えるんだ」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「なんだと? チッ、追撃はやめだ。
代わりに射手を前に出してありったけ射掛けてやれ!!」


挿絵(By みてみん) 陶謙とうけん
「ほっほっほっ。私にも好機に見えましたが、いささか慎重には過ぎませんか?」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「戦果は十分だ。無理をすることはない」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「兵の損害も大したことはない。
一気に勝負を付けられる絶好機だったのによ!」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「……大したことはないだと?」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「ひいいっ!? な、なんだよ。
なにか文句でもあります、いや、あるのか?」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「……なんでもない。負傷兵の収容を急げ」


~~~涼州 西涼~~~


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「官軍と和睦するだと? 何を言っているのだ!?」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「馬鹿な! さては緒戦の敗北で臆病風に吹かれたな!
やはりお前は頼りにならん! 次はこの馬超がやってやる!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「いざ戦が始まったらノリノリですね……。
でも、ここらが潮時ですよ。ぼくらは連戦で疲労が激しくなってきてますし、
羌族との仲もぎくしゃくしてますし」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「それはお前が羌族の頭目を殺したからだろう」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「あ、そこ蒸し返しちゃいます?
でもやらなきゃぼくが殺されてましたし」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「羌族は頭目が不在のまま戦いを続けているからな。
当面はお前の指示に従っているが、そろそろ限界だろう」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「ほらほら、辺章さんもこう言ってますし、
ここらでいったん兵を引いてね。態勢を立て直してから、
また官軍との戦いを始めればいいんですよ」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「むう……。お前の意見にも一理あるな」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「父ちゃん! 馬超はまだ初陣を済ませていないのに戦をやめるのか!?」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「9歳で初陣は早すぎるでしょ。
せめて閻行ともう少し戦えるくらいになってからにしなさいな」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「ならば今すぐ勝負だ閻行!
5勝できたら馬超の初陣を認めろ!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「昨日の今日で3勝も伸ばせないでしょ。
……いやそういう問題じゃなくてね。
ええと、もうめんどくさいなあ」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「話を戻そう。すでに官軍を率いる皇甫嵩とは話がついている。
いずれ彼らと董卓の間で争いが始まるだろう。
我々が動くのは、その決着を見届けてからでも遅くない」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「なるほど。官軍がもし敗れたらその時は、
この馬騰が颯爽と霊帝陛下を助けるために馳せ参じるのだな!」


挿絵(By みてみん) 馬超ばちょう
「それはすごい! 父ちゃん!
馬超の初陣はまさにその時のためにあるんじゃないか!?」


挿絵(By みてみん) 馬騰ばとう
「お前の言う通りだ!
よし、洛陽の都にホームランを打ち上げるために猛特訓だ!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「……もう、そういうことでいいです」


~~~涼州~~~


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「どうにか馬騰さんにも納得いただけたし、
これで官軍も片付きました。皇甫嵩さんにつてができたから、
董卓さんとどっちが勝ってもひとまず安心ですね」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「ああ、お前の思う通りになったな」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「宋建さんはぼくの紹介した枹罕ふかんに地盤を築けたみたいですし、
友軍として仲良くやっていけそうですね。
あとは羌族ですが、まあ頭目もいないしどうとでもなるでしょう」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「宋建の挙兵もお前が暗躍していたのか……」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「そうそう、王国さんだけはポイッと追放しちゃって、ちょっと気の毒でしたね。
まああの人なら着の身着のままでもなんとかやっていくんじゃないかな」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「なあ韓遂よ。お前の原動力はなんなのだ?」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「へ?」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「お前は生まれながらの反逆児だ。
だがいったいなにに突き動かされ、戦い続けられるのだ?」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「そんなの面白いからに決まってるじゃないですか!
絶対に敵わないような強大な敵に知恵を絞って挑み続ける。
こんな面白いことはありませんよ。
イラストレーターやソラミミストより、ずっとね」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「……そんな単純な理由だったのか」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「だからぼく絶対、董卓さんとは気が合うと思うんですよね。
あの人も楽しいからとかそういう理由で、あんなむちゃくちゃやってるはずだし」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「その単純さでどこまで行けるのか、
お前に殺される日まで付き合わせてもらおう」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「頼りにしてますよ。
そうそう、昔なじみの曹操さんって人がいるんですけど、
あ、ダジャレじゃないですよ。そう聞こえちゃいました?
聞こえる~~!!」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「い、いや。別に」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「その曹操さんもぼくと似ててね、一生楽しめるからとかそんな理由で、
自分は覇道を歩むとか宣言してて――」


~~~~~~~~~~~~


かくして韓遂は涼州に反乱の芽を撒いた。
彼の悪意は各地に芽吹き、漢を、そして曹操をも、
長年に渡り悩ませることとなる。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

蛇足伝

春秋遥かに、夢幻の果ての外伝です。本伝と共に読んでいただくと嬉しいです。 他の時代のものも扱っております。

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全17部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 00:31
斎藤義龍に生まれ変わったので、織田信長に国譲りして長生きするのを目指します!

過労死した現代の医師が生まれ変わったのは織田信長初期のライバル・斎藤義龍だった。 33歳で早世する上に織田信長の仇敵になる生涯なんてとてもじゃないけれど耐えられ//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全96部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 00:05
信長続生記

天正十年に起こった戦国時代最大の事件『本能寺の変』。 この事件により世を去った織田信長。 彼がいなくなったという事実は、日本全体を揺るがす大事件となった。 そ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全122部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/13 16:54
アイコン三国志

総数600以上のアイコンで語る三国志です。 黄巾の乱~三国統一まで続きます。 アイコンは 極 かまいたち 池田麺太郎 空管弦楽 の4氏に描いていただきました。 //

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全126部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/30 22:46
『ヒトラーに憑依しました』連載版

とある日、気付けば俺こと日向虎樹はドイツ第三帝国総統のアドルフ・ヒトラーに憑依していた。 歴史上の人物達と話しつつ、そして世界は第二次世界大戦へと発展していくが//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全43部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/18 07:00
全力織田家で戦国疾駆

天下統一へあと一歩まで行った”織田信長” 彼に親友ポジの理解者がいたら、という割と有り触れたIFを題材にした物語です。 主人公は転生者。 その知識をメインウェポ//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全68部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 02:00
獣達から見た天下

メインである「お市の天下」の獣達から見た世界です メインである「お市の天下」を見てないとわかんないかな?多分・・・ 話が短いのもあります。すみません 一話完結方//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全75部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/02 08:55
藤巴の野心家

史実上等!織田?豊臣?徳川? 天下を獲るのは黒田家! 微妙に不遇だった天才武将、黒田官兵衛と転生した主人公(無双系)―――二人の若き野心家が所狭しと暴れ回る。//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全96部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/26 00:57
國士無双~韓信伝説

『戦はな、鮮やかに大勝するより、上手に負けることの方が難しいんだ』 2015年9月12日タイトル変更しました! と言っても漢字を変えただけですが…… 国士//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全75部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/17 12:45
魏延は関羽?

『三国志演義』ではすっかり悪者とされてしまった魏延の、知られざる史上での真実の姿に迫る。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/05/02 02:39
if・竹中半兵衛 現代知識とチャットルームを武器に戦国乱世を生き抜く

戦国乱世よ、畏怖せよ! これが平成日本男児だ! 豊臣秀吉に天下を取らせた二人の天才軍師。『羽柴の二兵衛』として名高い、黒田官兵衛孝高と竹中半兵衛重治。 さえな//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全131部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/01/06 14:00
アイコン三国志 人物名鑑

拙著「アイコン三国志」http://ncode.syosetu.com/n7252ch/の人物紹介です。 「アイコン三国志」の連載に合わせて公開していきます。 //

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全27部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 00:24
西晋建国記 ~司馬一族の野望~

中国・三国時代。魏に一人の天才軍師がいた。 彼の名は司馬懿。字は仲達。 彼はやがてその持ち前の才で見事三国時代を終わりへと導いていくことになる。 これは司馬懿を//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全38部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/05 05:36
お市の天下

転生した先は女・・・しかも信長の妹お市だった。彼女(彼)は男に抱かれるなんて無理と考えて、信長の家臣になろうとあがき、信長に徐々に認められ兄信長の偉業を助けてい//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全62部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/18 00:38
お市の天下漫遊記

メイン「お市の天下」の続編となります メインを見てないとちょいちょいわからないとこあるかもですが、そのままで見れるように出来ればしたいけど・・・無理かな 更新・//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全36部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/14 06:43
夢幻の果て

 周王朝の崩壊から新たな秩序の再構築が図られた時代が春秋時代であった。しかし、もはや秩序の再構築は限界を迎え、諸侯は国内での改革を進め、自らが秩序の担い手になる//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全168部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/23 00:00
新・斉の残党

過去に「韓信外伝」として投稿させていただいた作品の独立作です。大まかには外伝的な位置づけにはあるものの、単体でお読みいただいても通じる作品に仕上げるつもりです。//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全11部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/25 15:19
腕白関白・改定版

この作品はArcadia様に2008年から投稿していて一度完結した物の改定版です。 ※朝起きたら戦国時代! しかし農民。このまま農業で一生を終えるのもよいと思っ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全54部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 10:00
浪速の夢遊び

豊臣家が存続する為、豊臣秀吉の子供、鶴松が死なずに生きていたら、どうなっていたか そんな話です ※基本的に、ある程度、史実にそってますが、架空の設定です。 ※//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全53部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/01 00:00
転生者が島津四兄弟の長兄島津義久となって日ノ本などを蹂躙するお話

平成の時代では農家をやっていた俺は気がついたら島津義久として転生した……らしい。 俺がなぜ薩摩島津に生まれ変わったは分からないが、薩摩島津での天下取りを夢見たっ//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全97部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 04:42
春秋遥かに

遥か昔、古代中国において商王朝を倒した周王朝が天下を治めていた。だが時は経ち、周王朝に陰りが見え始め、周王朝も商王朝と同じ運命を辿り、崩壊しようとしていた。広大//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全557部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 00:00
韓信(改訂版)

★アルファポリス「第2回歴史・時代小説大賞」特別賞受賞作品★ 紀元前200年代の中国。秦末動乱期に生を受け、道行く老婆から食を恵まれたり、無頼漢の股をくぐるな//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全39部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/31 03:20
織田信長と俺

アルファポリスにも同時投稿中、織田信長の本能寺の変直前に転移した俺が、信長部下として日ノ本を統一、唐天竺アメリカにも討ち入り平定する話。明国平定までをこちらで書//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全122部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/29 18:00
↑ページトップへ