挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイコン三国志外伝 作者:小金沢

新章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/15

外伝(韓遂伝 〇〇四)  反乱軍の崩壊

~~~涼州りょうしゅう 反乱軍~~~


挿絵(By みてみん) 胡軫こしん
「ヒャッハー! 兵糧は消毒だ~~!」


挿絵(By みてみん) 華雄かゆう
「燃やせ! 全て燃やしてしまえ!」


挿絵(By みてみん) 李文侯りぶんこう
「ま、また補給部隊が襲われている。
いったいどうなっているのだ。
董卓軍には我々の補給線が全てわかっているようではないか!」


挿絵(By みてみん) 北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく
「わ、わかったぞ……。
奴らは見ているんだ!」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「はあ?」


挿絵(By みてみん) 北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく
「天子が空から見ているんだ!
だから補給線がバレているんだ! そうに違いない!」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「落ち着け。そんな馬鹿な話があるものか」


挿絵(By みてみん) 李文侯りぶんこう
「し、しかしあの雷もあまりに官軍にとってタイミングが良かった。
北宮伯玉の言う通りなのかもしれん……」


挿絵(By みてみん) 北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく
「ああっ! 聴こえるぞ! また天からの声だ!
俺たちを皆殺しにすると言っている!!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「言ってる~~!!」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「ただの風の音だ! 韓遂も煽るような真似はよせ!」


挿絵(By みてみん) 張済ちょうせい
「胡族どもめ、何やら混乱しているようだな。
よし、今だ! 鬨の声を上げろ!」


挿絵(By みてみん) 李文侯りぶんこう
「うわああっ!! 敵だ! 敵が背後に現れたぞ!
奴らは天から降りてきたんだ!!」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「違う! 単に山を越えて来ただけだ!
くそっ、この動揺ぶりでは戦にならん。全軍撤退しろ!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「………………」


~~~涼州 官軍 周慎軍~~~


挿絵(By みてみん) 王国おうこく
「おおっ! 韓遂の申していた通りだ。
官軍の補給部隊が本当にいるぞ。我が国民たちよ、勇んで襲うのだ!」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「補給線を断たれただ……と……?」


挿絵(By みてみん) 孫堅そんけん
「だから言わんこっちゃねェ。
オレも手勢を少し補給線の防御に回しといたんだが、
さすがに無理だったか」


挿絵(By みてみん) 韓当かんとう
「すまねえ艦長、警戒してたんだが守りの薄い所を狙われちまった」


挿絵(By みてみん) 孫堅そんけん
「しかたねェよ。オレらの兵だけで補給線の全てをカバーできやしねェ」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「か、勝手に兵を動かしたのか?」


挿絵(By みてみん) 孫堅そんけん
「あぁん?」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「誰の許可を得て勝手な真似をしたのだ!」


挿絵(By みてみん) 孫堅そんけん
「そんなことより城から反乱軍が出てきたぜ。
これじゃあ城攻めどころじゃねェぜ。逃げるしかねェよ」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「ま、待て孫堅!
命令を無視した罪はわかっているのだろうな。
敗戦したとあっては張温将軍に、いや朝廷に顔向けできん。
それもこれも勝手な真似をしたお前の――」


挿絵(By みてみん) 孫堅そんけん
「やかましい!!」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「ひいいっ!?」


挿絵(By みてみん) 孫堅そんけん
「てめェも大将の端くれなら、保身より部下の命を第一に考えろ!
命令無視の罪だと? 望むところだ!
無事に逃げられたら江東でも江南でも好きな所に飛ばしやがれ!」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「そ、その言葉忘れるなよ!
撤退だ! 撤退しろ!!」


~~~涼州 官軍 董卓軍~~~


挿絵(By みてみん) 董卓とうたく
「フハハハハ! 面白いほど上手く行ったな!」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「全くです。我々は韓遂から胡族の補給路を聞いてそれを叩き、
韓遂は我々から官軍の補給路を聞き、周慎を破る。
これで魔王様の株は上がり、官軍の名声は地に落ちたことでしょう!」


挿絵(By みてみん) 華雄かゆう
「魔王様バンザーーイ!!」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「賈詡よ、お前を見込んだ甲斐があったぞ。
よくやってくれたな!」


挿絵(By みてみん) 賈詡かく
「韓遂殿に挨拶してきただけだ。褒められるいわれは無い」


挿絵(By みてみん) 樊稠はんちゅう
「魔王様、この通り賈詡は大変使える男です。
参謀として取り立てればさらにお役に立つことでしょう!」


挿絵(By みてみん) 董卓とうたく
(確かに頭は切れるようだが、こやつめ。
隙あらば吾輩の喉笛を食い破ろうと狙っているように見えるわ)


挿絵(By みてみん) 賈詡かく
「………………」


挿絵(By みてみん) 董卓とうたく
「フハハハハ! 我輩には李儒りじゅがおれば事足りる。
貴様は脳筋の張済の補佐につくがいい」


挿絵(By みてみん) 賈詡かく
「かしこまった」


~~~洛陽らくようの都~~~


挿絵(By みてみん) 王允おういん
「討伐軍の戦況はどうなっている?」


挿絵(By みてみん) 朱儁しゅしゅん
「芳しくありませんな。
本隊を率いる周慎が補給線を断たれて敗走しました。
一方で董卓は胡族を相手に優勢ですが、真面目に戦う気はなく、
小競り合い程度に留まっています」


挿絵(By みてみん) 士孫瑞しそんずい
「反乱した張純・張挙と烏桓の状勢は?」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
公孫瓚こうそんさんが素早く救援に向かったため、なんとか食い止めている。
だが多勢に無勢だ。援軍を送る必要があるだろう」


挿絵(By みてみん) 王允おういん
「どちらの戦線も増援を送らなければいかんな。
だが動かせる兵は少ない。都の守りを薄くするのは不安だ」


挿絵(By みてみん) 朱儁しゅしゅん
「李儒ら董卓軍の別働隊が都の近くにたむろしていますからな。
奴らを増援として使えれば一石二鳥なのですが」


挿絵(By みてみん) 士孫瑞しそんずい
「朝廷内に董卓の息の掛かった者が多い。
奴らにとって利益のない提案は揉み消されるだろう」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「せめて実戦経験の無い張温だけでも交代させたいところだが……」


挿絵(By みてみん) 王允おういん
「こんな案はどうだ。張温を太尉に昇進させるのだ。
漢室が始まって以来、
三公(太尉を含む政治の最高峰に位置する3つの官位)が都の外にいた例は無い。
慣例をたてにして張温を都に呼び戻すのだ」


挿絵(By みてみん) 士孫瑞しそんずい
「それは妙計だな。単なる昇進なら董卓一派も気づかずに賛成するだろう」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「ならば俺が張温に交代して指揮を取り、戦線を立て直して見せる」


挿絵(By みてみん) 王允おういん
「韓遂と胡族への備えはそれで良いな。
張純・張挙と烏桓への増援はどうする?」


挿絵(By みてみん) 朱儁しゅしゅん
「私が向かいたいところですが、皇甫嵩将軍が抜けるとなると、
これ以上、都の兵力は減らせませんな」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
鄒靖すうせい匈奴きょうどら異民族と親しい。
彼に匈奴への援軍を依頼させるのはどうだ?」


挿絵(By みてみん) 士孫瑞しそんずい
「鄒靖は烏桓とも親しい。
最悪の場合は鄒靖や匈奴も反乱軍に加わる恐れがある」


挿絵(By みてみん) 朱儁しゅしゅん
「そうだ、異民族と言えばあの男がいました!
彼を周辺の刺史として赴任させれば、異民族も従うのではないですか?」


挿絵(By みてみん) 王允おういん
「そうか、劉虞りゅうぐか。
確かに異民族から謎の信奉を受けるあいつならば、試してみる価値はあるだろう」


~~~幽州ゆうしゅう 反乱軍~~~


挿絵(By みてみん) 張挙ちょうきょ
「新しく赴任してきた幽州刺史が面会を求めているだと?
馬鹿なヤツめ! 引っ捕らえて人質にしてしまおう!」


挿絵(By みてみん) 張純ちょうじゅん
「いや待て。私どもはもともと漢の非道な政治に憤り決起した立場だ。
友好的な態度をとる外交官を捕らえるのは安定感が無い」


挿絵(By みてみん) 丘力居きゅうりききょ
「どうするかは会ってから決めればいい。通せ」


挿絵(By みてみん) 劉虞りゅうぐ
「お初にお目にかかります。
このたび幽州刺史に任じられた劉虞です」


挿絵(By みてみん) 丘力居きゅうりききょ
「!?」


挿絵(By みてみん) 張純ちょうじゅん
「これは丁重な挨拶いたみいる。私はこういう者です。
え? 名刺をご存知ない?」


挿絵(By みてみん) 魏攸ぎゆう
「メイシという物は私も存じ上げないが……。
劉虞様は皇族に連なり、少しばかり常識に疎いところがある。
非礼があったならお詫びつかまつる」


挿絵(By みてみん) 張挙ちょうきょ
「それでいったいなんの用だ?
ただ挨拶に来たわけではあるまい」


挿絵(By みてみん) 劉虞りゅうぐ
「いえ、ただ挨拶に参っただけです。
これからは国境を接する隣国同士です。
お互いに協力できることがあれば、ともに手を取り合いましょう」


挿絵(By みてみん) 張挙ちょうきょ
「フン! それは皮肉のつもりか?
お前にできる最大の協力は、人質にされ取引の材料に使われることだ」


挿絵(By みてみん) 丘力居きゅうりききょ
「やめよ張挙!」


挿絵(By みてみん) 張挙ちょうきょ
「ひいいっ!? な、なんだ急に大声を出しやがって!」


挿絵(By みてみん) 丘力居きゅうりききょ
「劉虞様の噂は俺の耳にも届いている。
俺たち異民族にも分け隔てなく接し、強きをくじき弱きを助ける、
素晴らしい御方だ。彼に指一本でも触れたら許さぬぞ!」


挿絵(By みてみん) 魏攸ぎゆう
(劉虞様、これを……)


挿絵(By みてみん) 劉虞りゅうぐ
「丘力居様、ですね」


挿絵(By みてみん) 丘力居きゅうりききょ
「!! お、俺の名を知っているのか」


挿絵(By みてみん) 劉虞りゅうぐ
「あなたこそ施しを好み、慈悲にあふれた素晴らしい烏桓王だと聞いています。
お目にかかれて光栄です」


挿絵(By みてみん) 丘力居きゅうりききょ
「な、なんともったいない……。
約束しよう、俺の目が黒いうちは烏桓は、
いやこいつらにもあなたに手出しはさせないと!」


挿絵(By みてみん) 張純ちょうじゅん
「な、何を勝手なことを――」


挿絵(By みてみん) 丘力居きゅうりききょ
「あぁん?」


挿絵(By みてみん) 張純ちょうじゅん
「い、いや、わ、私どもも、劉虞様と、
ぜひ、安定感ある関係を、築きたいと、思うにやぶさかではありません……」


挿絵(By みてみん) 魏攸ぎゆう
「有意義な会見になりましたな。
それでは我々は失礼いたそう」


挿絵(By みてみん) 張挙ちょうきょ
(俺は見たぞ。この男が劉虞に丘力居の情報を伝え、
話を誘導していた。厄介なことになったな。
だが丘力居ら烏桓の協力抜きでは戦えん……)


~~~涼州 官軍 張温軍~~~


挿絵(By みてみん) 張温ちょうおん
「で、では私は、都に帰っても良い、のですな?」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「ああ、慣れぬ遠征軍を率いご苦労であった。
後は俺が引き受けよう」


挿絵(By みてみん) 張温ちょうおん
「やった! 生き延びた! 生きて帰れるぞおおっ!!
…………あ、いや、これは、なんというか、その」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「さっさと帰られよ。太尉がいなければ政治が滞る」


挿絵(By みてみん) 張温ちょうおん
「そ、そうですな! 一刻も早く太尉の職務を果たさなくては!
それでは失礼いたす!」


挿絵(By みてみん) 董卓とうたく
「フン、図りおったな皇甫嵩」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「貴様こそやってくれたな。俺の到着前に孫堅を更迭するとは」


挿絵(By みてみん) 董卓とうたく
「さあな。吾輩は遠征軍の副将たる周慎の意見を聞いたまでだ」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「そ、その通りだ!
孫堅は俺の指示に背いたから更迭してやったのだ!」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「無能な上官は逆臣の次に始末が悪い……」


挿絵(By みてみん) 周慎しゅうしん
「な、なんだと!?」


挿絵(By みてみん) 陶謙とうけん
「ほっほっほっ。口喧嘩はそのくらいに。
味方同士で争っている場合ではありますまい」


挿絵(By みてみん) 皇甫嵩こうほすう
「ああ。ともかくこれからは俺が遠征軍の指揮を取る。
指示には従ってもらうぞ」


~~~涼州 反乱軍~~~


挿絵(By みてみん) 北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく
「官軍は指揮官を交代させたそうだ。
なんでも黄巾賊の討伐で大功を立てた勇将らしい」


挿絵(By みてみん) 李文侯りぶんこう
「ただでさえ天の怒りを買っているというのに、
そんな奴が相手では勝ち目はないぞ」


挿絵(By みてみん) 北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく
「しかもこのタイミングでの交代だ。
……もしや、その新しい指揮官というのは、天の使いなのではないか?」


挿絵(By みてみん) 李文侯りぶんこう
「あ、ありえる話だ……。
宋建そうけんにも裏切られ、俺たちにはもう滅びの道しかない!」


挿絵(By みてみん) 北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく
「かくなる上は……官軍に降伏するしかあるまい!」


挿絵(By みてみん) 李文侯りぶんこう
「ああ。韓遂と辺章を殺し、その首を差し出せば、
きっと天も怒りを鎮めることだろう!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「言ってる~~~!!」


挿絵(By みてみん) 北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく
「な、なに!? か、韓遂……!?」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「きっと今ごろ僕らを殺して寝返ろうって算段してますよって言ってたら、
本当に言ってる~~~!!」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「ああ、言ってたな」


挿絵(By みてみん) 李文侯りぶんこう
「ヘ、辺章も……。
ええい、好都合だ! ここで殺してやる!!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「え? 本気ですか?
あなたたちの寝返りを予測してた僕が、
なんの備えもしないでここに来たと思ってるんですか?」


挿絵(By みてみん) 閻行えんこう
「愚かなことだ」


挿絵(By みてみん) 成公英せいこうえい
「処置なし、ですな」


挿絵(By みてみん) 北宮伯玉ほっきゅうはくぎょく
「ぐげええええっ!?」


挿絵(By みてみん) 李文侯りぶんこう
「ぎゃああああっ!!」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「やれやれ、これで胡族の協力を得られなくなっちゃいましたね。
でも正当防衛だからしかたないですね。黙ってたら殺されてましたもん」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「…………韓遂」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「はい? なんですか、そんな深刻な顔して」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「いずれ俺も殺すつもりなら、ここで殺せ」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「へ? どうしたんですか藪から棒に。
嫌だなあ。僕は誰でも見境なく殺したりしませんよ~」


挿絵(By みてみん) 辺章へんしょう
「とぼけるな。お前の恐ろしさは知っている。
遅かれ早かれ、俺はお前にとって邪魔な存在になる。
暗殺の手を怯えて過ごすのは御免だ。殺すなら今すぐ殺せ」


挿絵(By みてみん) 韓遂かんすい
「…………あなたには、病死してもらうつもりだったんですけどね」


~~~~~~~~~


かくして反乱軍は崩壊の兆しを見せ始めた。
官軍も一枚岩とは言えないが、逆襲に転じ始める。
だが反逆児・韓遂にはまだ反撃の一手があった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

お市の天下漫遊記

メイン「お市の天下」の続編となります メインを見てないとちょいちょいわからないとこあるかもですが、そのままで見れるように出来ればしたいけど・・・無理かな 更新・//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全36部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/04/14 06:43
春秋遥かに

遥か昔、古代中国において商王朝を倒した周王朝が天下を治めていた。だが時は経ち、周王朝に陰りが見え始め、周王朝も商王朝と同じ運命を辿り、崩壊しようとしていた。広大//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全557部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 00:00
魏延は関羽?

『三国志演義』ではすっかり悪者とされてしまった魏延の、知られざる史上での真実の姿に迫る。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/05/02 02:39
アイコン三国志

総数600以上のアイコンで語る三国志です。 黄巾の乱~三国統一まで続きます。 アイコンは 極 かまいたち 池田麺太郎 空管弦楽 の4氏に描いていただきました。 //

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全126部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/30 22:46
藤巴の野心家

史実上等!織田?豊臣?徳川? 天下を獲るのは黒田家! 微妙に不遇だった天才武将、黒田官兵衛と転生した主人公(無双系)―――二人の若き野心家が所狭しと暴れ回る。//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全95部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 07:00
國士無双~韓信伝説

『戦はな、鮮やかに大勝するより、上手に負けることの方が難しいんだ』 2015年9月12日タイトル変更しました! と言っても漢字を変えただけですが…… 国士//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全75部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/17 12:45
お市の天下

転生した先は女・・・しかも信長の妹お市だった。彼女(彼)は男に抱かれるなんて無理と考えて、信長の家臣になろうとあがき、信長に徐々に認められ兄信長の偉業を助けてい//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全62部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/03/18 00:38
織田信長と俺

アルファポリスにも同時投稿中、織田信長の本能寺の変直前に転移した俺が、信長部下として日ノ本を統一、唐天竺アメリカにも討ち入り平定する話。明国平定までをこちらで書//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全122部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/29 18:00
if・竹中半兵衛 現代知識とチャットルームを武器に戦国乱世を生き抜く

戦国乱世よ、畏怖せよ! これが平成日本男児だ! 豊臣秀吉に天下を取らせた二人の天才軍師。『羽柴の二兵衛』として名高い、黒田官兵衛孝高と竹中半兵衛重治。 さえな//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全128部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 00:00
韓信(改訂版)

★アルファポリス「第2回歴史・時代小説大賞」特別賞受賞作品★ 紀元前200年代の中国。秦末動乱期に生を受け、道行く老婆から食を恵まれたり、無頼漢の股をくぐるな//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全39部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/10/31 03:20
蛇足伝

春秋遥かに、夢幻の果ての外伝です。本伝と共に読んでいただくと嬉しいです。 他の時代のものも扱っております。

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全17部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 00:31
『ヒトラーに憑依しました』連載版

とある日、気付けば俺こと日向虎樹はドイツ第三帝国総統のアドルフ・ヒトラーに憑依していた。 歴史上の人物達と話しつつ、そして世界は第二次世界大戦へと発展していくが//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全43部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/01/18 07:00
信長続生記

天正十年に起こった戦国時代最大の事件『本能寺の変』。 この事件により世を去った織田信長。 彼がいなくなったという事実は、日本全体を揺るがす大事件となった。 そ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全122部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/13 16:54
獣達から見た天下

メインである「お市の天下」の獣達から見た世界です メインである「お市の天下」を見てないとわかんないかな?多分・・・ 話が短いのもあります。すみません 一話完結方//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全75部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/02 08:55
腕白関白・改定版

この作品はArcadia様に2008年から投稿していて一度完結した物の改定版です。 ※朝起きたら戦国時代! しかし農民。このまま農業で一生を終えるのもよいと思っ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全54部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/05/28 10:00
夢幻の果て

 周王朝の崩壊から新たな秩序の再構築が図られた時代が春秋時代であった。しかし、もはや秩序の再構築は限界を迎え、諸侯は国内での改革を進め、自らが秩序の担い手になる//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全114部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/17 00:00
西晋建国記 ~司馬一族の野望~

中国・三国時代。魏に一人の天才軍師がいた。 彼の名は司馬懿。字は仲達。 彼はやがてその持ち前の才で見事三国時代を終わりへと導いていくことになる。 これは司馬懿を//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全37部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 03:42
アイコン三国志 人物名鑑

拙著「アイコン三国志」http://ncode.syosetu.com/n7252ch/の人物紹介です。 「アイコン三国志」の連載に合わせて公開していきます。 //

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全26部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/06/20 23:26
全力織田家で戦国疾駆

天下統一へあと一歩まで行った”織田信長” 彼に親友ポジの理解者がいたら、という割と有り触れたIFを題材にした物語です。 主人公は転生者。 その知識をメインウェポ//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全68部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 02:00
浪速の夢遊び

豊臣家が存続する為、豊臣秀吉の子供、鶴松が死なずに生きていたら、どうなっていたか そんな話です ※基本的に、ある程度、史実にそってますが、架空の設定です。 ※//

  • 歴史〔文芸〕
  • 連載(全51部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/12/01 00:00
新・斉の残党

過去に「韓信外伝」として投稿させていただいた作品の独立作です。大まかには外伝的な位置づけにはあるものの、単体でお読みいただいても通じる作品に仕上げるつもりです。//

  • 歴史〔文芸〕
  • 完結済(全11部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2015/11/25 15:19
↑ページトップへ