挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイコン三国志外伝 作者:小金沢

隠者の章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/14

外伝(???)      竹林の七賢

~~~某所 竹林~~~


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「さあ、お待ちどう様でした。大喜利のコーナーです。七賢司会の阮籍です。

世間は曹氏が衰えて司馬氏の世の中になりましたが、
いつも変わらず飲んだくれてる、皆さん方のご挨拶からどうぞ」


挿絵(By みてみん) 向秀しょうしゅう
「梅雨の季節です。傘で顔を隠して、スリがしやすい季節でもあります。
もっともアタシは男前なんで顔は隠しません。向秀でございます」


挿絵(By みてみん) 嵆康けいこう
「世間じゃ司馬師が司馬昭がと騒いでますが、
シバイはお話の中だけにしてもらいたいものですね。嵆康です」


挿絵(By みてみん) 劉伶りゅうれい
「花冷えの季節です。ラーメンの美味しい季節になりました。
劉伶ラーメンを食べて元気になりましょう。劉伶です!」


挿絵(By みてみん) 阮咸げんかん
「6月といえば結婚式の多いシーズンです。
僕もどさくさに紛れて結婚できないかなあ。あ、相手がいないんだった。
それじゃ駄目じゃん。阮咸です!」


挿絵(By みてみん) 山濤さんとう
「嫌な世の中になったもんでして、
曹氏の一員の夏侯覇まで蜀に亡命したそうです。
誰とは申しませんが、私の隣の白やオレンジも
亡命してくれないかなと思っております。
山濤です」


挿絵(By みてみん) 王戎おうじゅう
「酒を飲むなら竹に囲まれて飲むのが一番です。
こんなに良い竹林は見たことがありません。
竹林大好き王戎です!」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「さあ、続いてはですね。
自宅の井戸が枯れ果てたので、地面に寝そべって口を開け、
雨水を飲んで糊口をしのいでいる呂安君のご挨拶からどうぞ」


挿絵(By みてみん) 呂安りょあん
「♪雨雨降れ降れ母さんが~。
蛇の目でお迎えより仕送りが欲しいです。座布団と幸せを運ぶ呂安です」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「座布団を十枚貯めますと、それはそれは素晴らしい賞品がもらえます。
みなさんそれを目指してがんばってください。まずは一問目。
まず皆さんはお酒を飲んで喜んでください。
アタシがご機嫌だねえと言いますから、何か返してください。

はい、向秀さん早かった」


挿絵(By みてみん) 向秀しょうしゅう
「ああ、酒が美味い!」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「ご機嫌だねえ!」


挿絵(By みてみん) 向秀しょうしゅう
「さっき窃盗の罪が時効を迎えたんだよ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「あんたなら他にも色々やってるだろ。
一個時効を迎えたってしょうがないじゃないか。

じゃあ山濤さん」


挿絵(By みてみん) 山濤さんとう
「ぷはあ~。酒が美味いなあ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「おや、ご機嫌だねえ!」


挿絵(By みてみん) 山濤さんとう
「お前も一杯やんなよ。今日は阮籍のジジイがくたばった祝いの席なんだ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「何が悲しくて自分の葬式で酒盛りしなきゃいけないんだ。
山濤さんの座布団一枚持ってっちゃいなさい。

はい、次は劉伶さん」


挿絵(By みてみん) 劉伶りゅうれい
「酒が美味い!」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「ご機嫌だねえ!」


挿絵(By みてみん) 劉伶りゅうれい
「ええと、その、あのねえ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「劉ちゃん頼むから答えが出来てから手を上げとくれよ。
次は座布団没収するよ。
はい、嵆康さん」


挿絵(By みてみん) 嵆康けいこう
「酒が美味いねえ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「ご機嫌だねえ!」


挿絵(By みてみん) 嵆康けいこう
「司馬懿の通夜ぶるまいは本当に美味いや(ドヤァ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「そりゃ二重の意味で美味いや。一枚やんなさい。
はい阮咸さん」


挿絵(By みてみん) 阮咸げんかん
「酒が美味いなあ!」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「ご機嫌だねえ!」


挿絵(By みてみん) 阮咸げんかん
「かわいい奥さんに注いでもらったらもっと美味いんだろうなあ!」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「なんだか悲しくなってきちゃったよ。
呂安君、一枚あげて」


挿絵(By みてみん) 呂安りょあん
「はい!」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「それじゃあ二問目。みなさんには童心に帰ってもらい、
メンバーの誰かに向かって家の自慢をしてもらいます。
そして自慢された方は、何か面白いことを返してください。
はい、王戎さん」


挿絵(By みてみん) 王戎おうじゅう
「おい阮咸!」


挿絵(By みてみん) 阮咸げんかん
「なんだよ」


挿絵(By みてみん) 王戎おうじゅう
「僕のパパはな、涼州刺史なんだぞ。偉いんだぞ!」


挿絵(By みてみん) 阮咸げんかん
「刺史がどうしたってんだ。僕の叔父さんなんて七賢の司会者なんだぞ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「よく言った! 阮咸さんに座布団2枚やんなさい。
刺史は何人もいますが、七賢の司会はアタシ一人なんだ。
そりゃあ偉いに決まってます。

はい、じゃあ次は嵆康さん」


挿絵(By みてみん) 嵆康けいこう
「おい劉伶」


挿絵(By みてみん) 劉伶りゅうれい
「なんだ」


挿絵(By みてみん) 嵆康けいこう
「俺は琴の名人なんだ。
俺にしか弾けない広陵散って名曲もあるんだぞ」


挿絵(By みてみん) 劉伶りゅうれい
「それがどうしたんだ。俺なんてなあ、琴なんて、お断りなんだぞ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「劉ちゃん、それ観客がいたら先に答え言われてるよ。
自慢でもなんでもないしねえ。一枚持ってっちゃえ。

阮咸さん」


挿絵(By みてみん) 阮咸げんかん
「やいやい向秀!」


挿絵(By みてみん) 向秀しょうしゅう
「いま留守だよ」


挿絵(By みてみん) 阮咸げんかん
「嘘つけ、いるじゃないか。
僕は琵琶を改良したんだ。
その琵琶はあんまり出来が良いから僕の名前をとって阮咸って呼ばれてるんだぞ」


挿絵(By みてみん) 向秀しょうしゅう
「それがどうしたってんだ。
俺なんてお札を作って捕まったことあるんだぞ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「童心に帰ってって言っただろ。今の自分の自慢をしてどうするんだ。
でも面白いからいいや。一枚やりましょう。
次は山濤さん」


挿絵(By みてみん) 山濤さんとう
「おい阮籍! 阮籍のジジイ!」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「……なんだい」


挿絵(By みてみん) 山濤さんとう
「死体がしゃべった!」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「アンタなんて当てるんじゃなかったよ。
座布団1枚持ってきな!

気分が悪いや。次に行こう。
呂安君、皆さんに例の物を配って下さい」


挿絵(By みてみん) 呂安りょあん
「はい、かしこまりました!」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「皆さんにはこの白い頭巾を着けていただいて……
アタクシに手を合わせるのはやめなさい。
頭巾を着けて幽霊になってもらいます。
そしてアタクシがどうやって死んだの? と尋ねるので答えて下さい。

劉伶さん大丈夫? アンタが真っ先に手を上げると不安だよ」


挿絵(By みてみん) 劉伶りゅうれい
「大丈夫です!」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「どうやって死んだの?」


挿絵(By みてみん) 劉伶りゅうれい
「ラーメンの味見をしたら死にました」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「体に悪いって自覚はあるんだねえ。一枚やんな。
はい、嵆康さん。なんで死んだの?」


挿絵(By みてみん) 嵆康けいこう
「皇帝陛下に挨拶する所を司馬師に見られたんです(ドヤァ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「なるほど。陛下に挨拶も出来ないなんて世知辛い世の中だ。
次は王戎さん、アンタはなんで死んだんだい?」


挿絵(By みてみん) 王戎おうじゅう
「はい、私は継母が冬に魚を食べたいと言うので、
氷の張った湖に行って溺れ死にました」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「そりゃアンタじゃなくて王祥おうしょうの話だろ。
王祥は魚を得られたけどアンタの場合は死ぬんだねえ。

はい、山濤さん。なんで死んだの?」


挿絵(By みてみん) 山濤さんとう
「私は父のように慕う阮籍様が亡くなったので、
後を追って死にました」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「呂安君、何をぼーっとしてるんだい。
早く2枚あげるんだよ」


挿絵(By みてみん) 阮咸げんかん
「でもさっき楽屋で、阮籍を殺したのは俺だって言ってましたよ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「……そんなことだと思ってたよ。やっぱり2枚持ってっちゃえ。
ついでに阮咸さんのも1枚持って行って」


挿絵(By みてみん) 阮咸げんかん
「なんで!?」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「告げ口するなんて人が悪いよ。
じゃあ次は向秀さん。どうして死んだの?」


挿絵(By みてみん) 向秀しょうしゅう
「医者に聞いてみたんですが、
なんでもイケメン病ってやつらしいんですよ」


挿絵(By みてみん) 阮籍げんせき
「アンタ医者にかかるより鏡を見たほうがいいよ。

――今週はこのへんでお別れしたいと思います。
どうもありがとうございました」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ