挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

名も無き者達の幸福

墓荒らしの得物

作者:くる ひなた


 ――ザッ、ザッ、ザッ

 厚い雲に覆われた夜空の下、一心に土を掘る少女がいた。
 彼女が纏ったフード付きの黒いマントは、かつては父の仕事着だった。
 父は立派な発掘家で、偉大なる太古の王の墓さえ暴いた強者だ。
 そんな父に憧れ、兄や姉達の反対を押し切って発掘家となった少女は、今宵もまたせっせとスコップで地面を掘り返していた。
 発掘家といえば、冒険家か考古学者かと思われそうだが、彼らは主に盗掘を生業とする――早い話が“墓荒らし”である。
 大昔の権力者の埋蔵物を探し出し、それを掘り起こしては金品を拝借する、盗人だ。

 ――カツンッ……

 スコップが、何か硬いものにぶつかって止まった。
 夜目の利く少女には、土の中から何か白いものが顔を出したのが見えた。
 少女はスコップを放り出し、周辺の土を丁寧にどける。
 すると、間もなく白いものの全貌が明らかになった。

(――ガイコツだ!)

 土の中から出てきたのは、人間の頭の骨だった。
 髪も皮膚も肉の欠片も何も付着していない、それはそれはさっぱりとした頭蓋骨だ。
 少女は懐からハンカチを取り出し、頭蓋骨についた土を丁寧に拭ってやった。
 ちょうどその時、ずっと隠れていた月が雲の隙間からちらりと顔を覗かせた。
 少女が抱えた頭蓋骨は、そのかすかな月光を受けて輝いた。

(きれい……)

 少女は思わずほうと感嘆のため息をつき、それを空に向かって掲げてみた。
 骨といえば“白い”というイメージがあるだろうか。
 しかし、おおよそ実際の動物の骨というのは、それほど綺麗な色をしているわけではない。
 土の下で年月を経て骨になったものはだいたい黄ばんでいるし、火葬であれば高温にさらされてやはり変色してしまっている。
 しかし、少女が掘り当てた頭蓋骨は、透き通るように真っ白い色をしていたのだ。
 少女はそれをスコップの柄の先に引っ掛けると、上機嫌で穴を掘り進め始めた。
 骨が出れば、一緒に貴金属などが埋められていることが多々あるからだ。
 少女は期待に胸を膨らませた。
 しかしながら、自分の身長の深さほど掘ったところで、彼女は手を止めた。
 東の山際が、わずかに白み始めたことに気がついたのだ。
 まもなく夜が明ける。
 世間が墓荒らしに寛容なのは、日が沈んでいる間だけだ。
 日が昇った後に現行犯で捕まると、問答無用で死罪である。
 近くでけたたましくニワトリが鳴き出す声が聞こえ、少女は慌てて穴から飛び出した。
 そして、掘り出した頭蓋骨を小脇に抱えて、だっとその場を駆け出した。



「……あんたバカだねぇ。そんなもん、二束三文にもなりゃしないよ」

 呆れたようにそう言ったのは、少女の一番上の姉さんだった。
 姉妹の中で一番の美人で、ここいらで一番大きな娼館で毎日男から大金をもぎ取っている。
 婀っぽくて傲慢で嫌味ったらしいが、気前がいいので少女はこの姉が好きだ。
 今も少女を馬鹿にしながらも、白い米で作った握り飯を一つ恵んでくれたので感謝している。
 感謝ついでに、せっかくいいものを見せてやったっていうのに、鼻で笑って寄越すとは失礼なことこの上ない。

「髑髏なんて、誰でも皮膚の下に持ってるものじゃないか。珍しくもありゃしない」

 そう。
 少女が長姉に自慢げに見せたのは、昨夜掘り出した頭蓋骨だった。
 自分に馬鹿だ馬鹿だと言って呆れる長姉の美しい顔を睨みつけ、少女は「馬鹿は大姉の方だ」と思った。
 盗掘中に出てきた頭蓋骨が、呪術屋に売れることを知らないのだ。
 古いものほど重宝され、粉にして怪しい薬に利用されたり、誰かを呪うのに使われたりする。
 大体は碌なことに使われないのだが、売れた後の扱いについては興味がないので、少女もそれ以上詳しくは知らない。
 ただし、昨夜掘り出した頭蓋骨を、彼女は売らなかった。
 だって、ただの骨ではないのだ。
 こんなに白くて透き通っているものなんて、初めて見たのだ。
 きっと水晶か何かでできた貴重なものに違いないと思って、少女は最初、宝石商をしている次兄に鑑定を頼んだ。
 しかし、次兄はそれを見るなり、包帯が巻かれた腕を組んで「捨ててこい」と一蹴した。
 少女がもっとよく見ろと憤慨すると、次兄はため息をついて「いい子だから、捨ててこい」と言い直し、小さな紙包みを三つばかり握らせてくれた。
 中身は大きな飴玉だったので、少女はその時だけは「分かった」とばかりに頷いたが、結局頭蓋骨はまだ持っている。
 少女は握り飯をくれた長姉に、次兄にもらった飴玉を一個差し出した。

「あんた、墓荒らしなんてもうやめな。金なら姉ちゃん達が稼いであげるから、あんたは家で大人しくしてな」

 天女の衣のように薄くて綺麗な布から豊満な乳房を覗かせて、長姉は飴玉を受け取りながらそう言った。
 しかし、少女はそれには大きく首を横に振り、頭蓋骨を片手に立ち上がった。

「このバカっ! 分からず屋のチビ!」

 少女を捕まえようとした長姉の手は空を切り、彼女はその手で自分の下腹を抑えて叫んだ。

「――ちゃんと、フードを被りなよ!」


 少女は、兄二人姉二人の五人兄弟の末っ子である。
 少女は父親が大好きだったが、兄達も姉達も彼が大嫌いなのだという。
 だから彼らは、末の妹が父親の仕事を継いでいるのが、嫌で嫌でたまらないらしい。
 今まで誰も手をつけられなかった王の墓を発掘した英雄だというのに、どうして兄姉達が父を尊敬しないのか、少女には理解できない。
 そしてもっと彼女が理解できないのが、彼らが口を揃えて長兄を讃えることだ。
 大ナタを振り下ろして罪人の首を切るのが仕事の長兄は、実の父の首まで切り落としたというのに。
 少女は兄姉のことは父の次くらいには好きだが、この長兄のことだけは許せない。
 だって、彼は少女から父親を奪ったのだから。
 それを本人に伝えると、長兄は必ず悲しそうな顔をして少女を抱き締めるのだ。
 筋肉まみれの太いの腕にぎゅうぎゅう抱き締められるのは、とにかく痛くて苦しい。
 だから、少女はその度にまた彼を恨めしく思った。

 夜になると、少女は目星をつけた場所をまた掘り始めた。
 実績も経験も、ついでにおつむもちょっとばかり足りない彼女が、毎晩どうやって掘る場所を決めているのかというと、全ては勘である。
 ゆえに、見当違いな場所を一晩中掘り続けていることも多く、発掘家として生計を立てるにはほど遠い。
 実際、彼女はまだ独り立ちもできずに生家に住んでいて、その家の現在の持ち主は長兄である。
 そして、昼間家にこもっていることが多い少女の食事の世話をしてくれるのは、長兄の恋人だ。
 あくどい顔の強欲回船問屋の一人娘でありながら、父親に似ず慎ましい美人で、恋人の妹にも優しい。
 しかし、少女は彼女をひどく邪険にしていた。
 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いのだ。
 そんな少女の態度を見兼ねて、「世話になっているのだから、ちゃんと敬い感謝なさい」と説教を垂れるのが次姉だ。
 次姉は、長姉のいる娼館も贔屓にしている売れっ子の髪結いで、既婚者だが男の客から頻繁に声がかかるほど見目もいい。
 しかし控えめな性格で、放っておけば伸び放題になる妹の髪を整え、女の子らしい衣服を買い与えるのが次姉の生き甲斐だ。
 それなのに、少女が古ぼけて地味な父親の仕事着ばかり好んで身に付けるものだから、次姉は嘆いてばかりだった。
 少女が毎晩持ち歩くスコップも、父親の形見。
 小柄な少女の手には少し余るが、他の物を使おうとは思わない。
 その柄に、彼女は昨夜掘り出した頭蓋骨を引っ掛けた。
 ぴったりと嵌って、なかなか素敵。
 心無しか、硬い地面を掘るのも楽ちんに感じた。

 ――カツンッ……

 スコップは、また昨夜と似たような音を立てて止まった。
 出てきたのはやはり人骨で、今宵は頸椎と鎖骨の部分だった。
 しかし、残念ながらこの夜も埋蔵品は何も出てこなかった。

 次の夜も、そのまた次の夜も、同じようなことが続いた。
 出てくるのは人骨ばかりで、一度に二、三個かたまって埋まっていることもあった。
 どれも、最初に掘り出した頭蓋骨と同じく白くて美しい人骨で、どれ一つとして同じ部位のものはない。
 少女は毎日それを次兄に見せてはお菓子を握らされ、その足で長姉の部屋に転がり混んで握り飯をもらい、時々次姉にも見せに行って髪を整えられた。
 もちろん家にも帰っているが、早朝出かけて夜帰ってくる長兄とは活動時間がずれているので、顔を合わせることはほとんどない。
 少女は掘り起こした骨を、自室のベッドの上に並べていた。
 彼女は昼間、そのベッドで骨と一緒に眠るのだ。
 別々の場所から出土する骨達だが、どうやらそれらは同一人物のものであったのか、日を追うごとにまるでパズルのように一人の人間の骨格が組み上がってきた。
 生前は随分大柄な人物であったらしく、少女のベッドでは足の骨がはみ出してしまう。
 それを哀れに感じた少女は、頸椎から下の骨格を上の方へとずり上がらせ、置く場所のなくなった頭蓋骨は自分が胸に抱いて眠った。


 少女が骨ばかり掘り当て始めてから、一月が過ぎようとしていた。
 この夜も、勘を頼りに地面を掘っていた少女だが、少しばかり苦戦していた。
 いつもより随分深くまで掘ったが、何も出てこないのだ。
 そうこうしている内に、東の空が白み始めた。
 今宵は久々に坊主だろうか。
 しかし、諦めかけたその時、カツンと聞き慣れた音と感じ慣れた手応えに出会った。
 少女は慌ててスコップから手掘りに切り換え、そっと慎重に土を除けた。

(――あった!)

 かくして、この日もちゃんと人骨が見つかった。
 もちろん、今まで見つけたものと同じく、白く透き通った宝石のように美しい骨だ。
 この一月、掘れども掘れども出会うのは骨ばかりで、金になるものは一つも収穫できなかったが、少女に残念な気持ちは少しもなかった。
 せっせと集めた骨達に、彼女は随分と愛着を抱いてしまっていたのだ。
 人体骨格は、ほぼ完成していた。
 にっくき長兄に頭を下げて古本屋で買ってきてもらった人体解剖図鑑と、集まった骨を照らし合わせると、足りないのは右の踵骨ただ一つだった。
 そして、今ようやく掘り出した骨こそが、それである。
 二足歩行する人間の踵骨は特に発達していて、体重を支える需要な骨。
 これでやっと、少女の骨格コレクションは完成するのだ。
 少女は嬉しくて、いまやスコップと同じく相棒となった頭蓋骨に向かって微笑みかけた。
 その、ぽっかりと陥凹した一対の眼窩(がんか)の奥には虚無しかない。
 だというのに、今はふと微笑み返されたように感じたのは、少女の錯覚であったろうか。
 それほど、彼女は浮かれていた。
 見つけたばかりの最後の骨を綺麗に拭い、懐に大事にしまう。
 そして、ようやく穴から這い出そうとした時、それが起こった。

「――!」

 東の山肌を滑り落ちた陽光が、突然無防備だった少女に襲いかかった。
 日が昇り始めたのだ。
 少女は目を焼く光から逃れようと両目を瞑り、手探りでフードを被った。
 しかし、悪いことは重なるものだ。

「――この墓荒らしめが! 日は昇ったぞ!」

 そう、野太い声で叫んで駆けてくるのは、墓守か捕史(ほり)か。
 どちらにせよ、このまま捕まってしまっては、少女は即死罪だ。
 最悪、あの長兄に首を切り落とされる羽目になる。
 それだけは、絶対に嫌だった。
 穴から飛び出た少女は何とかスコップを引っ掴み、碌に前も見えないまま必死に走って逃げた。
 ところが、向かい風でフードが脱げて頭部が朝日に晒されてしまった。

「――このガキ! 神妙にいたせ!」

 すぐに捕まって、強い力で腕を掴まれその場に引き倒される。
 少女が持っていたスコップは地面に放り出され、柄に引っ掛けていた頭蓋骨がカラカラと土の上を転がった。
 さっき見つけたばかりの踵骨も、少女の懐からコロンとこぼれ落ちてしまう。
 そして、完全にフードを剥がれた少女の上に、生まれたての太陽が降り注いだ。

「――!!」

 肌を焼かれるような激しい痛みが襲い、無言のまま少女は地面の上をのたうち回った。

 少女には、陽光から自身を守る色がなかった。
 痛みに悲鳴を上げようにも、声がなかった。

 かつて、暴くことは最大の禁忌とされた王の墓を、少女の父親は掘り起こしてしまった。
 父親は自分にかかる呪いを除けるため、家族を犠牲にしようとした。
 身重の妻と四人の子供達を身代わりに差し出して、自分だけ逃げようとしたのだ。
 それに気づいた母と兄姉達は、父を追い掛け追いつめて、長兄が大ナタでとどめを刺した。
 しかし、呪いは父の死だけでは満足せず、産み月間近の母の命をも奪った。
 幸い、兄姉達が母の遺体の腹をかっ捌いて引きずり出した赤子は生きていた。
 ただし、その赤子にも呪いは作用し、色と声を奪い取っていた。
 だから、少女の肌は血管が透けるほど白いし、髪だって老人のように真っ白だし、瞳も色がないから血の色そのままだ。
 陽に晒されれば皮膚はたちまち火傷を負い、放っておけば命に関わった。
 少女が自由に動き回れるのは、日が沈んでいる夜の間だけ。
 だからこそ、彼女には発掘家が天職にも思えた。
 兄や姉達にとっては、とばっちりを受けてもなお愚かな父親を慕う末の妹が、哀れで愛おしかった。


「うわぁ、な、なんだ!?」

 突然、少女の腕を捕えていた男が悲鳴を上げ手を離した。
 その隙に少女は駆け出そうとしたが、一歩も行かぬうちに何か硬い物に打つかって進めなくなった。
 必死にもがいてそれを避けようとするが、何やら細くて硬いものが胴に回って持ち上げられ、彼女の足が宙に浮く。


『何も案ずることは無い』


 カラカラと乾いた音とともに、そんな声が聞こえた。
 少女は痛む目を必死に抉じ開ける。
 すると、なんと彼女を抱き上げていたのは骸骨だった。
 しかも、彼女がこの一ヶ月せっせと掘り起こしていた、あの真っ白く美しい骨のようだ。
 そこで少女は、眩しくないことに気づいた。
 朝日は確かに昇ったはずなのに、辺りはまた真夜中のように真っ暗になっていた。
 少女を捕えようとした男の姿も見当たらない。
 何も、ない。
 少女にとっては過ごしやすいそんな暗闇の中で、白い骨だけがくっきりと浮かび上がって見えた。

(なんて、キレイ)

 こんな状況にも関わらず、少女はうっとりとそれを眺めた。

 骸骨は、死を司る“王”だった。

 “生”は時々不公平を平気でするが、“死”は全てのものに対して平等だ。
 生きとし生けるもの、いつかは必ず死を享受する。
 だから、“死の王”はいつも退屈だった。
 彼が何をしなくても、運命は生き物のもとに勝手に死を届け、魂を奪ってくるのだ。
 その魂が再び転生の輪に乗るか乗らないかを決めるのは、彼と対なす“生の王”の仕事。
 ぐるぐる回る輪廻転生を眺めるだけの日々に飽き飽きしていた“死の王”は、ある時自らをばらいて地上に投げ捨て土に埋もれた。
 そうして数多の生き物に踏みしめられながら、頭上で繰り広げられる悲喜こもごもを眺めている方が、よっぽど面白かったのだ。
 少女が彼を掘り当てたのは、まったくの偶然だった。
 しかし、彼女に“死の王”が心を寄せるのは必然だった。
 彼は、“死”は、今まで誰にも慈しまれたことがなかったのだから。
 地面の中から掘り起こされ、優しく土を拭われたことが嬉しかった。
 スコップの柄に載せられて、子猫のように夜闇を跳ねる少女と過ごしたこの一月は、“死の王”にとって至福の時間だった。
 少女の胸に抱かれ、柔らかな肌に身を埋めたベッドの上の一時が、なんと甘美であったことか。
 もちろん、彼女を毎夜骨が埋まっている場所に導き掘り返させたのも“死の王”だ。
 そしてこの日、ようやく全ての骨が揃い、彼は久方ぶりに元の姿に戻ったのだった。

『実に大儀であった。褒美をやろう』

 “死の王”は、重厚な声を弾ませてそう告げた。
 少女を抱き上げて機嫌がいいのだ。
 しかし、髑髏から表情を読み取るなどという繊細な芸当は少女には不可能だ。
 彼女は、何だか偉そうに喋る骸骨だなと思ったくらいだった。
 むしろ、舌も声帯もないはずの頭蓋骨がどうやって喋っているのか気になった。
 自分はそのどちらをも備えていながら、喋ることができないというのに。
 羨ましく思った少女は、目の前の頭蓋骨を両手ではさみ、その剥き出しの白い歯やごつごつとした首の骨など、遠慮なく観察した。
 “死の王”は、くく……とくすぐったそうに低く笑う。
 そして、もう一度『褒美をやろう』と告げると、骨の掌で少女の首元をさらりと撫でた。
 すると――

「……っ、あ……?」

 生まれて初めて少女の声帯は震え、その口から声が零れ落ちた。
 かつて母の胎の中で彼女の喉に絡み付いた呪いは、“死の王”の力によって取り払われた。
 それだけではない。
 彼がさらに少女の上に骨の掌を滑らせると、先ほど陽に焼かれて負った傷さえみるみるうちに癒され、彼女の白い肌はすぐに元通りになった。
 少女はそれに驚くと同時に、ぱあっと顔を輝かせた。
 骸骨の正体を説こうとも、それが土に埋まっていた理由を説こうとも、彼女は理解しないだろう。
 説いたところで、彼女は骸骨は自分が土から掘り出した拾得物で、自分の持ち物だと言って譲らないであろう。
 せっせと集めて完成させたおもちゃが、自分の危機に駆け付けてくれた。
 ただただそれが嬉しくて、少女は骨が剥き出しの首に両腕を巻き付け、ぎゅうとしがみついた。
 死の象徴ともいえる骨に対し、彼女の中には畏怖も嫌悪も存在しない。
 それがまた、“死の王”の興を引いた。

『望みを申してみよ』
「の、ぞみ……?」
『そなたの望みなら、なんなりと叶えてやろう』

 なんなりと。

 聞いた言葉をたどたどしく真似ながら、少女は自分の望みとやらを探ってみた。
 とたんに脳裏に現れたのは、彼女を母の腹から取り出して、ここまで育ててくれた兄姉達の顔。
 少女に鬼灯(ほおずき)を根ごと引っこ抜いてこさせた、身重の長姉。
 元締めの一人娘を利用したことがばれて、命を狙われている次兄。
 浮気を疑う嫉妬深い旦那に、頻繁に暴力をふるわれている次姉。
 そして明日、恋人とその一家の首を切り落とさねばならなくなった長兄。
 彼らは今、それぞれに問題を抱えて生きていた。
 それがどうやったら解決するかなんて、考えても少女には分かるわけがない。
 だから彼女は、誰のためでもなく自分のためだけに願うことにした。



(とと)といっしょに、みんなでくらしたい」



 少女の願いは、ただ一つだった。



『お易い御用だ』

 “死の王”はそう言って頷くと、少女を抱き上げたまま闇を渡った。
 鬼灯の根を煎じた汁を前に震える長姉をさらい。
 今まさに路地裏に追いつめられていた次兄を刃の前から摘まみ上げ。
 旦那に利き腕を折られて途方に暮れる次姉を掬い上げる。
 そして、最後に向かったのは牢に捕われ斬首を待つ長兄のもと。
 彼は、抜け荷の利権を巡って官吏に陥れられた恋人一家を逃し、自らは出頭したのだ。
 そんな長兄を驚かせたのは、牢の中に突然現れた骸骨でもなく、それに連れてこられた弟や上と中の妹でもない。
 末妹に、笑顔を向けられたことだった。

「大兄、ゆくぞ!」

 少女はそう言って、縄に縛られた長兄の両手を真っ白い手で引っ張った。

 途中、一行が寄り道したは母の元。
 転生の輪に乗って順番待ちをしていた母の魂を、“死の王”が無理矢理かっさらった。
 その際に、関係のない魂まで数個輪からこぼれ落ちたのは、ご愛嬌。


 そうして、目指すは一路、安泰の地。


 父のおわす、地獄へと――。




cont_access.php?citi_cont_id=461025016&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ