挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
あとみっく☆ダーリン 作者:立花招夏
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

36/36

番外編 秘密③

 ガッシャーン
 手から滑り落ちたお皿は、思いの外大きな音をたてて割れた。
「柚葉ちゃん! 大丈夫? 怪我はないかい?」 慌ててしゃがみこんで欠片を拾っていると、善太郎が柚葉の肩に手をおいた。
「柚葉ちゃん、ここはいいから、奥で休んでな。顔色が悪いよ」
 柚葉は何度もごめんなさいを繰り返しながら、星霜軒(せいそうけん)の奥の階段から二階に上がった。
 具合が悪い訳じゃないけど、少し目眩がする。 星霜軒の二階は簡単な居住スペースになっていて、善太郎が仕込みの間の仮眠に使ったり、バイトの休憩所として使われたりしている。かつて柚葉はここから短大に通っていた。
 階段を上がり、奥の畳の間にぺたりと座り込む。
 グラス一個、小皿二枚、湯飲み一個。柚葉が今日割ってしまったものだ。午前中の弁当販売では、おつりを間違えるし、箸を渡し忘れるし……。惨憺(さんたん)たる有様。
 私ってば、何やってるの。動揺しすぎだ。
 元はといえば、私が陸也さんに、昨日のことを何も訊けなかったせい。聞いたら、陸也さんとの関係が変わってしまうような気がして怖かった。本当はすごく気になっているくせに。不安で仕方ないくせに。何も訊けなかった。その結果の、この動揺ぶり。
 自業自得だよ。弱虫柚葉め!
 ひとり頭を抱え込む。
 しばらくすると、女将さんが二階へやってきた。
「柚葉ちゃん、具合はどう? 大丈夫?」
「あ、ごめんなさい。もう大丈夫です。お客様増えてきたんですよね。今、降りますね」
 無理はしなくていいんだけどね、と女将さんは言ってから、柚葉に会いたいというお客様が来てることを告げた。
西園寺(さいおんじ)さんって女の人。お友達?」
 西園寺……さん? 女の人?
「いえ、友達に西園寺って人はいないですけど……」
 西園寺という名に心当たりがないわけじゃないけど、柚葉の知っているそれは、友達の名ではなかった。
 兎に角、会ってみようと階下におりて、柚葉はその人を見るなり、目を見開いた。
 この人、確かこの前、陸也さんと宝石店で……。
 その女の人は、柚葉に微笑んだ。
「あなたが柚葉さん? 初めまして。私は西園寺晶さいおんじ あきら。陸也先輩の高校の後輩なの」

 西園寺さんに誘われるまま、暮れなずむ街を歩く。
 星霜軒のある商店街を抜けると、川に行き当たる。延々と続く川縁には桜並木が植えてあって、春には夢のように美しくなる。花の時期はとうに終わり、桜は濃い緑の葉を繁らせている。低く垂れ込めた枝の下、二人してそぞろ歩く。背が高い西園寺さんは時折腕を伸ばし、指先で桜の葉を弾いた。
「私ね、高校の時、陸也先輩とつきあっていたの」
 え? 陸也さんの元カノ?
 隣で歩く西園寺さんを驚いて見上げると、彼女は柚葉の反応に満足げに笑んだ後、顔をしかめて続けた。
「つきあっていたと言っても、少しの間だったけどね。あの頃の先輩は人気者だったから、なかなか独り占めできる感じじゃなくって……」
 そういえば、前に里見さんがそんなこと言ってたっけ。陸也さんってば、付き合う人を話し合いで決めてくれと、言ったとかなんとか。
 西園寺さんは、その話し合いに参加した人なんだろうか。
「でも、本当は分かってたの。先輩が私たちの誰も好きじゃないことくらい、みんな分かってた。陸也先輩は優しいから、誰のことも好きじゃないって言えなかっただけなんだって」
 それ優しいって言うのか? 優柔不断って言うんじゃないか?
「でも、それって一番残酷だわよね」
 ですよね。
 はっ! もしかして、西園寺さんはその時の苦情を言いにきたのか? だ、だがしかし、それは私が謝罪すべきことなのか? はっ、私が妻だからなのか? そ、そんな恐ろしい業務も妻の仕事なのかっ?
「今日はね、その時の復讐をしにきたってわけなのよ」
 うわぁぁぁ。やっぱりだ~。
 復讐……穏やかじゃないよぉぉ。陸也さんってば、なんてことしてくれたんだぁぁ。
 妻がこんなに危険な職業だとは知らなかった。ほとんど危険物取り扱い責任者じゃないか。
「あ、あの、それって、やっぱり私が謝罪……」 しなくちゃいけないんですよねぇ、と訊こうとした瞬間、遮られた。
「この数ヶ月、本当に楽しかった。独身最後のいい思い出になったわ」
 え? 独身最後?
「ご結婚……されるんですか?」
 ええ、と頷いて西園寺さんは続けた。
「結局私は、陸也先輩のことをまだ忘れられてなかったのね。でももう前に進まなきゃ。私は幸せになるの。幸せになってやるわよ。だから、いろんな意味で、あなたはその最後の仕上げなんだわ」
 私が仕上げ? 西園寺さんが幸せになるための?
 西園寺さんは少し憂いを帯びた表情でそう言った後、急ににこやかに対岸に向かって大きく手を振った。
 え? なに? 川の向こうに何が……。
 つられて向こう岸を見て、柚葉は固まった。背の高いサングラス。川の向こうで身を乗り出してこちらを見ている。
 ええええ?
「私ね、先輩が結婚したって噂を聞いて、どうしてもその相手の人に会ってみたかったの。先輩がどんな人を好きになるのか。先輩が恋をしたらどなるのか見てみたかった。面白かったわよぉ。昔先輩がしたことをあなたに話しますよって言ったら、言いなりだったもの。ずいぶん楽しませてもらったわ。そして、先輩にも本当に好きな人ができたんだなぁって、納得できた。で、復讐の集大成として、先輩のした悪行をあなたに知らせて終わりにしようと思うの。あなたには知る権利があると思うしね」
 それって、結局、私は陸也さんの悪行を教えてもらえるってことなのです? ってか、陸也さんが私にした悪行って……。
 西園寺さんは歌うように楽しげに続けた。
「私は西園寺晶。クラフト西園寺って言ったら思い出してもらえるかしら?」
「え? クラフト西園寺?」
 柚葉が就職活動をしていたときに受けた会社だった。最終面接までいって、いい感触だったのに採用されなかった会社の名前。
「私ね、そこの社長の娘なの。あなた入社試験を受けたでしょ? 最終面接まで残っていたわよね。最終面接までいって採用が決まらなかったのは、あなただけなの。どうしてだと思う?」
 え? ええええええ? それって、それって……。
「後は陸也先輩に訊きなさいな」
 鮮やかに笑んでそう言うと、西園寺さんはきびすを返して歩き去った。
 ちょ、ちょ、ちょっと、西園寺さん、待って! 片や川向こうをみやると、ものすごい勢いで走っている陸也が見えた。川上にある橋を目指しているらしい。もうすぐ橋のたもとにたどり着く。
 え……っと、どうしよう。西園寺さんを追いかける? それとも陸也さんを待つ?
 右と左を交互に見つつ思案する。
 その時、突然携帯の呼び出し音が鳴った。陸也からだ。おそるおそる通話ボタンを押す。
「……はい」
『もしもし、柚葉さん? そこで待っていてくださいっ』
 いつになく焦っている様子の陸也の声が響く
「は、はぁ」
 なにごと? なにごとなんですか?
『絶対ですよ? 絶対待っていてください!』
「……は……い」
 ってか、そんな勢いで走ってこられたら、ちょっと引くんですが……。
 陸也はもう数メートル先だ。
 ちょっと、待って。これって……これって……。
 きゃーーー。
 柚葉は突然脱兎のごとく走り出した。
「ちょっ、柚葉さんっ!」
 きゃぁぁぁぁぁ。
 サングラス掛けた黒スーツが追いかけてきたら、逃げなきゃでしょ! そう言うルールでしょ!
 捕まったら終わりだよ。逃げなきゃ!
「柚葉さんっ!」
 背中に陸也の指先が触れる。
 ぎゃーーー。
 苦し紛れに桜の木にすがりつくと、桜の木ごと抱きしめられた。桜の木と陸也のスーツの胸に挟まれる。
 ぐぇぇ。
「なんで逃げるんですかっ!」
「だ、だって……コワい……」
 息も絶え絶えな声で詰られて、息も絶え絶えに答える。
「コワいじゃないでしょう……ひどいな」
 もしかして、これのせいですか? と言いつつ、陸也はサングラスをはずした。
「ご、ごめんなさい、つい……」
 互いに肩で息をしながら見つめ合う。
 陸也の瞳には、不安そうな色が強く滲んでいた。
 予防注射に連れて行かれる犬の瞳? じゃないな。いけないことをして怒られた時の子犬の瞳だ。
「西園寺さんから聞いたんでしょう? 私のことを軽蔑しますか?」
 もしかして、軽蔑されることを心配しての、その瞳なんですか? 陸也さん、何をしたの?
「陸也さん、私、西園寺さんから……」
 何も聞いていませんよ、という言葉は遮られた。
「謝りますっ。就職活動を妨害したのは謝ります。柚葉さんが気の済むまで謝ります。軽蔑してくれても構いません。だから、どうか離婚届だけは……」
 へ? 離婚届? あぁ、あの離婚届のことですか?。もしかして、それ、ずっと気にしてた?
 以前陸也から渡された記名済みの離婚届。その存在を、彼が気にしていたなど、柚葉はちっとも知らなかった。
 ……いや、そんなことよりも、今、就職活動を妨害した、って言いましたか?
 ええええ?
「あの……西園寺さんは、陸也さんが何をしたのか教えてくれなかったのですが……」
 驚いて目を見開く陸也に、柚葉は続けた。
「陸也さん、ここ数ヶ月の間に何があったのか、ちゃんと話してくれませんか? 私も話します。私たちは、もっといろいろなことを話す必要があると思いますよ。その証拠に、私は陸也さんが離婚届のことを気にしていることを知りませんでした。とっくの昔に破り捨てているのに……」
 そう言うと、陸也はその場にへたへたと座り込んだ。
「……そう……だったんですか」

 翠宮楼(すいぐうろう)の一室で、柚葉は窓際に佇んで庭の池を観ていた。築山から流れ落ちる人工の滝が、静けさの中に心地よい水音を響かせている。この部屋は、翠宮楼のロビー兼応接間になっていて、ゆっくりくつろげるようにソファセットが配置されている。
 一緒にここまできた陸也さんは、里見さんに呼ばれて奥へ行ってしまった。柚葉はここで待っているように言われていた。

 蔵の家に帰ると、里見さんからメッセージカードが届いていた。
『本日、翠宮楼の露天風呂に通湯します。是非試浴にいらしてください』
 庭は青葉の季節。
 あの露天風呂から観る青葉は、さぞかしみずみずしく、マイナスイオンを出しまくっていることだろう。
 まさか、あのお風呂に私が最初に入れるなんて思ってなかったよ。
 はぁぁ、なんてラッキーなんでしょう。
 柚葉は幸せなため息をつく。

 帰る道々、陸也から今回の西園寺さんとのことを聞いた。
 ここ数ヶ月忙しかったのは、西園寺さんの結婚のための新居準備を急遽手伝うことになった為であったこと。その無茶ぶりな仕事を引き受けざるを得なかったのは、かつて陸也が西園寺社長に無茶な頼みをしたからだったこと、を。
「かつて私は、あなたの就職活動の妨害をしました。ほかの会社にあなたを就職させるなんて、できなかったんですよ」
 陸也は、西園寺社長に柚葉の採用を取り消してもらうように裏から頼んだらしい。もうすでにうすうす気づいていたことだけれど、本人の口から聞くと、逆に嘘っぽくて、信じられない。
 だって、そんな面倒なことをしてまで、私を妨害する意味ってある? 分からないよ。
「あの……それを頼んだのって、クラフト西園寺だけですか?」
 陸也は目を泳がせながら、小さく首を横に振った。
 え? まさかの?
 私の就職活動がうまくいかなかったのは、そのせいだった?
 柚葉は呆然とする。
「それって……私が陸也さんの妻だったから……ですか?」
「それはもちろんそうなんですが……あなたのために立ち上げたアトミハウジングなんですよ? あなたが他の会社で働くなんて、考えられないでしょう?」
 ええええ? 私のためにアトミハウジングを立ち上げたぁ?
 話を聞くと、陸也さんのことを妖精王だと思いこんでいたかつての私は、彼に、安心して暮らせる家を所望したらしい。それを受けて、陸也さんはアトミハウジングを立ち上げる決心をした。なのに、当の言い出しっぺの私は記憶を失ってしまい、そんなことを言ったことすら覚えてなかった。
 なんてこと……。
「それならそうと言ってくれれば……」
 勝手なことをお願いしておいて、そのことを私は忘れたままで、結果妨害工作をさせるなどと、更なる苦労を陸也さんにさせてしまったことになる。
「私は何度も言いましたよ? アトミハウジングに就職すればいいって」
 そう言えばそうでした。
 あの頃の私は、就職活動なんて無理だから、アトミハウジングで仕方なく引き取ってやると、彼に言われてるんだと思っていた。見下されてるんだと、そう思っていた。いわゆる、被害妄想ってやつだ。
 うわ……私ってば、性格悪い。最低だ。
 ごめんなさいを繰り返す柚葉に、陸也は首を振った。
 元々建築関係の仕事をしたいと思っていたのは本当のことなので、いい意味で背中を押してもらったのだと笑う。
 柚葉は項垂れた。
 私はもっと、陸也さんを信頼するべきだったんだろう。
 反省する。
「じゃあ、銀座の宝石店に西園寺さんといたのは……」
 柚葉の言葉に、陸也は苦笑した。
「やっぱりあの日、私たちを見かけていたんですね? 善太郎さんから柚葉さんの様子がおかしいから話を聞いてあげてくれと言われていたのに、あなたに訊いても何もなかったと言うし……」
 あの日、陸也さんは西園寺さんに頼まれて、結納返しの品選びに付き合わされていたのだそうだ。
 あぁ、それでタイピンを選んでいたのか……。
 納得顔で頷いていると、陸也に顔をのぞき込まれた。
 ん? なんで嬉しそうなんです?
「女性と宝飾店にいる私を見て、やきもちを焼いてくれたんですか?」
 えっ……と、えええ……っと……。
「そ、そんなんじゃないですよっ。べ、べつに、やきもちなんて焼いてませんからっ。ほ、本当ですよ? 私は、陸也さんのこと、信じてましたからっ」
 そんな私の言葉に、陸也さんは破顔した。

 すべての誤解が解けて、今まで言えずにいた私の気持ちも伝えられた。ずっと気になっていたこと。
 陸也さんのお父様とお継母様に会って、結婚のご挨拶をしたいってこと。
「そうですね。私も気にはなっていたんですが、忙しさにかまけて、延び延びになっていました。でも柚葉さんが気にしているなら、早々に会えるように場をセッティングします」
 いろいろなことが解決して、いろいろな誤解が解けて、気持ちが軽くなっていく。
 私はもっと陸也さんを信頼していい。もう一人で悩む必要なんかないんだ。私はそういう人と巡り会えたんだから。そんな僥倖に巡り会えたんだから……。
 心が奥の方から温かくなっていく。

「柚葉さん、お待たせしました。露天風呂の用意ができたようですよ」
 陸也さんが戻ってきた。
「はい!」
 うわーい。露天風呂、待ってました!
 いそいそとお風呂セットを抱え、浴室へ向かおうとすると、陸也に呼び止められた。
「柚葉さん、これ、一応渡しておきますね」
 陸也さんの手には、かわいらしいポーチ。
 首を傾げてそれ受け取り、中身を確認して、更に首を傾げた。
 中身はビキニ。色は白。紐で結ぶタイプの超ミニマムな布のやつ。
 これは……何?
「もちろん使わなくても私は構いませんよ?」
 は?
「でも、柚葉さんは恥ずかしがり屋だから、やっぱり混浴では欲しいかなと思って……」
 はいぃ? 今、混浴って、言いましたか?
「じゃあ、私は先に入ってます。柚葉さんも早く来てくださいね」
 ええええええええ~。いや、聞いてない。混浴だなんて聞いてないよぉ。
 里見さんが、露天風呂の感想、あとで聞かせてくださいねって顔を赤らめてたのは、そゆこと? ってか、なんの感想を聞き出そうとしてるのよ。
 うわぁぁ。
 い、いや、信頼……していいんだよね? こんなミニマムなビキニつけさせるからって、何するわけじゃないんだよね。変な想像する私が変なんだよね。そうだよ。そうだよね。
 信頼していい……のか?
 空には満月。
 明るい光が、青葉の冴えた緑と、紐パンツを指先にぶら下げて、ひとり悩む柚葉を照らしていた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

すぷりんぐはずかむ?

雪村美幸は28歳。見た目も仕事ぶりも地味でぱっとしないが本人はいたってのんきに現状に満足を憶えていた。自分のやることなすことにあーだこーだと口はさまれて、好きな//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全32部分)
  • 29 user
  • 最終掲載日:2016/06/22 11:59
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 38 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
撃ち抜いたのは

蜂蜜色の髪とミントみたいな翠の瞳の軍人と、平凡なちまい娘の物語。 悪い大人の男のイケメン無自覚らぶアタックに翻弄される初心な純朴乙女のときめき無意識らぶアタック//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全23部分)
  • 34 user
  • 最終掲載日:2012/12/04 22:06
自意識過剰

小中高と、3度に渡って「自意識過剰」と言われた経験から、男性が苦手な女性が、ハイスペックイケメンに口説かれるお話です。 アルファポリスから書籍化されることになり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 35 user
  • 最終掲載日:2015/08/06 21:00
非凡・平凡・シャボン!

※ 2016年9月12日、アリアンローズ様より第一巻が発売されました。 ※ 2016年8月17日、本編完結しました。 ※ 2016年9月14日、後日談完結しまし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全178部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2016/09/14 00:00
婚約破棄!?……仕方ないですがそれ相応のものは覚悟してくださいね!!!

よくある婚約破棄ものです。テンプレですので、お嫌でない方は是非読んでみてください。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全17部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2015/09/14 00:01
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全298部分)
  • 31 user
  • 最終掲載日:2017/09/25 18:35
スイーツ王子の人探し

壊滅的な女子力で、彼氏いない歴20年を更新中の野田狭霧。そんな狭霧だがお菓子作りだけはプロ並みの腕前を持つ。 狭霧が差し入れに紛れ込ませたクッキーを食べた学校の//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全89部分)
  • 31 user
  • 最終掲載日:2016/04/01 17:00
観賞対象から告白されました。

貴族の令嬢に転生した面食いの主人公。今後の生活のために結婚相手を探しつつも、日々イケメン観賞にいそしんでいた。当然、ベスト・オブ・ザ平凡な自分が彼らとどうこうな//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全148部分)
  • 29 user
  • 最終掲載日:2016/03/13 00:00
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
開店休業。

和(なぎ)は願っていた。この地味で平穏な日常生活がなるべく長く続きますように! 人の輪から少し外れてマイペースに生きたいと願う和と、学園アイドルである遥(はるか//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全192部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/02/24 08:00
御曹司×妹ばかり可愛がられたせいでコンプレックス持ち少女

露木朱音は自尊心が低めな高校生だ。それは両親が妹・琴音ばかり可愛がってきた事や、妹の自分に対する態度が原因。琴音は幼い頃からずっと朱音が大切にしているものばかり//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全81部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/10/08 22:00
幸せって平等ですか?

私、岩渕命(いわぶちみこと)は父親に土下座されてお見合いすることに。ある致命的な欠点のせいで私にこのお見合いがうまく行くとは思えない。相手の河上葵(かわかみあお//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全45部分)
  • 29 user
  • 最終掲載日:2016/12/22 17:53
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
True or False? ~ 恋愛ゲーム?いいえ、参戦致しません

婚約披露の場において突然「婚約破棄する!」と宣言され、幼馴染には涙ながらにありもしないいじめを暴露され、実の両親には縁を切ると叫ばれた。そんな三重苦を一気に背負//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2016/03/24 19:00
Alexandrite

伯爵令嬢(ただし超貧乏)でありながら、人並みの結婚よりも官僚としての城仕えを選んだマリー。そんな彼女の上司として、ある日、貴族階級の中では最高位に位置するメルト//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全39部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2014/09/20 19:50
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全25部分)
  • 32 user
  • 最終掲載日:2017/09/12 17:29
マリエル・クララックの婚約

地味でもてない目立たない、冴えない社交界の壁の花。そんなマリエルにも縁談がやってきた。婚約者はなんと、今をときめく近衛騎士のシメオン様! なぜあの方が、あんな娘//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 03:47
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 36 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
魔術学院の恋愛事情

とある魔術学院に通う平凡な私に、突然ふってわいた非凡な彼との関係。「俺の子供を産んでくれ」って何ですか!? 名門の家柄にも無駄に美形な顔にも興味ありません。頼む//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全74部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2015/03/05 00:47
異世界トリップしたその場で食べられちゃいました

【株式会社KADOKAWA ビーズログ文庫様にて9月15日に書籍化します】 水上 桜、二十歳。このたび、異世界トリップいたしました! けど、トリップ先がベッド//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全127部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/09/30 20:06
副会長と私と灰色のご縁。

「…1-C、中原美耶子だな。一緒に来てもらおう。」 「…………はい。」 灰色の子猫を治療したら、なんと副会長の使い魔だったらしい。そのまま使い魔のお世話係に任命//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全52部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2014/10/31 23:44
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全93部分)
  • 30 user
  • 最終掲載日:2017/10/16 18:23
Lord of My Heart

オリヴィア・リッチモンドは都会育ちのお嬢さま。二人の出来すぎた兄と、絶世の美女の姉のすみっこで何不自由なく生きてきた19歳。しかし20歳を目前にして、いまだ夢見//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全56部分)
  • 32 user
  • 最終掲載日:2013/09/02 21:18
いつか陛下に愛を

異世界トリップしたところ、そこは、黒髪がいない世界だった。珍しいものとして隣国の王への貢ぎ物として後宮にさしだされてしまった。マイペースな女が言葉もわからない世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全20部分)
  • 29 user
  • 最終掲載日:2012/10/23 20:00
盟約の花嫁

お前たちが望む間だけ、お前たちを導くとしよう。その代償として、お前たちは私に人族の花嫁を与えよ。お前達が約束を違えぬ限り、盟約が破られることはない。・・・・・か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全65部分)
  • 32 user
  • 最終掲載日:2015/07/08 20:59
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 31 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
私の気の毒な婚約者【連載】

短編「わたしの気の毒な婚約者」の続編です。そちらからお読みくださいませ。 伯爵令嬢クリスティナと第二王子レオンが結婚するまでの、国王一家のごたごたに巻き込まれる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2016/05/11 19:00
婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全40部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2017/08/12 21:05
男爵令嬢と王子の奮闘記

前世で身分違いの結婚をした記憶を持つ男爵家の令嬢シャナ。あんな苦労はごめんだと思っていたのに、ある日、女嫌いの王子を助けたことから運命の歯車が狂いだす。「お前と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全61部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2016/05/19 05:38
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 36 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 36 user
  • 最終掲載日:2017/08/11 22:19
悪役は恋しちゃダメですか?(連載版)

乙女ゲームの世界の悪役令嬢ミレーヌの前世は、日本の女子高生だった。幼い時には悪ガキで、今はイケメンキラキラ王子のレンドール17歳と、記憶を取り戻して改めて王子に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全27部分)
  • 27 user
  • 最終掲載日:2015/10/31 07:53
妹ですみません

腐女子と相反する者、それはリア充。 これは美形の義兄と暮らすことになったオタクな妹の孤軍奮闘物語である。 ※2017年8月12日 KADOKAWAビーズログ文//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 完結済(全54部分)
  • 26 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 21:40
↑ページトップへ