挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
97/122

おかしなシマシマシッポ

 窓の外に猫が座っていた。
 最近ときどき見かけるようになった猫だ。
 色は白で、シッポがシマシマ。シッポ以外では、顔の中央だけが黒い。シマシマシッポを白くしたような見た目の猫。白シマちゃんだ。

 ――この付近ではシッポがシマシマの猫が多いですよねー。血縁関係があったりするんでしょうか。

 白シマは窓の外で大人しく座っている。僕の姿を見ても逃げ出すことはない。じっと見つめてくる。なかなか可愛らしい猫だ。

 ――この様子だと、野良猫ではなさそうですね。うちの子と仲良くなってくれるでしょうか。

 と考えていると、隣の庭からシマシマシッポが現れた。

 ――あっ、もしかすると、シマシマシッポのお友だちなのかもしれないですね。見た目も似ているし……あれ?

 シマシマシッポの様子がどうもおかしい。
 頭を低くして、こっそりと移動している。
 白シマの背後から近寄り、立ち止まると、お尻をフリフリ。
 そして、勢いよく飛びかかった。
 いきなり飛びかかられた白シマは驚いた様子。ビクッとからだを震わせて、必死になって逃げていった。

 ――まあ、それはそうなりますよね……。 

 一方のシマシマシッポは「なんで?」という顔で見送っていた。
 猫同士の交流がいまいち上手くいかないのは、うちの猫に問題があると思っていたのだけれど、シマシマシッポのほうもちょっと変わったところがあるようだ。
 みんなそんなものかもしれない。


 夜、寝ているときに、ドアをひっかく音が聞こえた。

「うーん? 開いてますよ」

 暗い中ベッドから起きてドアまで行くのが面倒だったので、僕は布団の中に寝たままで、そう声をかけた。
 ドアがすっと開く。
 しかし、中に入ってくる気配はない。

「どうしたんですか?」

 問いかけて、じっと見つめる。
 暗がりに目が慣れて、見えてきたのはシマシマシッポの顔だった。ドアのすき間から顔を覗かせている。

 ――えっ? なんでシマシマシッポ? うちの子じゃないの? どこから入ってきたの?

 と僕はハテナマークを浮かべた。家の中に入れた記憶はない。
 シマシマシッポも「なんで?」という表情をしている。
 しばらく見つめ合って、そのまますっと去っていった。

 ――なんでいたんでしょう? いったいどこから……?

 と呆然としていると、うちの猫がやってきた。

「あっ、ねえねえ、さっきシマシマシッポがいましたよね?」

 と尋ねると、

「なんだ、まだ寝てなかったの。面倒だわ!」

 と鼻を鳴らして去っていった。
 結局真相はわからないままだった。


 別の日に、リビングにいたときのことだ。
 このときは、シマシマシッポが家の中に入ってきたのをちゃんと確認した。僕が窓を開けたのだ。

「いつの間にか侵入しているというのは、やめてくださいね。びっくりしてしまいます」

 と鼻をつんつんすると、シマシマシッポはあお向けになって、あたふたし始めた。
 つんつんをやめると、シマシマシッポもピタリと止まって、「やめちゃうの?」という顔をする。

「あはは、ちょっと待ってくださいね。あとで遊びます。まずはFAXを印刷しないといけないんですよ。いまどきFAXとか、本当に面倒くさいですよね。でもわりとFAXを使う場面って多いですよね」

 などと言いながらFAXを印刷する。
 ボタンを押して、ジーと紙が出てくると、シマシマシッポが飛び起きた。
 びっくりしたようだ。FAXを見つめている。

「あはは、びっくりさせちゃいましたか? 生き物じゃないですよ。FAXですよ」

 はらり、と印刷した紙が、床に落ちる。
 その瞬間、シマシマシッポが紙に飛びかかった。ペチペチと前足で叩き、咥えて走っていく。

「ああ、おバカ! それは使うやつです。返してください!」

 追いかければ嬉しそうに逃げていく。

 ――FAXを使うときは、周囲に注意ですね……。

 庭を走り去っていくシマシマシッポを見送りながら、僕はそんなことを考えていた。
ちなみにうちの猫の場合は、機嫌が悪くなるだけで済みます。
FAXと猫の相性は悪いみたいですね……。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ