挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

96/128

うちの腹筋運動

 リビングにいても肌寒いと感じるようになってきたので、座布団くらいの電気毛布を用意して、ソファーの上に敷いた。
 そこへ腰掛けると、じんわり暖かい。
 ストーブよりも、すぐに暖まる気がするし、座布団くらいの大きさだから、電気代もそれほどかからない。
 なにより電気毛布というのは、気持ちがいい。
 これはいい買い物をしたんじゃないかと思う。

 電気毛布を用意して何日かすると、うちの猫もその存在に気がついたようだ。
 毛布の上に丸まって眠るようになった。

「あらー、占領されちゃいましたねー。これじゃあ僕が座れないじゃないですか」

 自分のもののような顔で、電気毛布の真ん中に寝転んでいる。
 目を閉じて、本当に気持ちが良さそうだ。

 ――まあ、喜んでくれているならいいでしょう。

 邪魔をしないように、そっとその場を離れた。


 その後も電気毛布は、うちの猫のお気に入りの場所になっている。

「ここは暖かいですよねー」

 と言いながら近づいて、電気毛布に触れたときに気がついた。
 スイッチが入っていない。

 ――これは暖かくないですね……。

 それでもうちの猫は幸せそうに目を閉じていた。




 夜中になると、僕の部屋にやってくるようになった。
 ひとのいる部屋のほうが暖かいのだろう。

 突然寒さが厳しくなった夜、とりあえずその場しのぎで、柔らかい生地のパーカーを着て寝ていたことがある。
 夜中にうちの猫がやってきた。
 真っ暗だが、気配だけはしている。
 ベッドに登って、ガサゴソしはじめた。

「うーん? 一緒に寝ますか?」

 寝ぼけながら声をかけると、僕の背中側に移動したようだ。
 この日は特別に眠かった僕が、

 ――好きにさせますか……。

 とまた眠ろうとすると、グイッと首を引っ張られた。
 うちの猫だ。
 うちの猫がパーカーのフードを引っ張っている。

「ちょっと……それはオモチャじゃないんです。僕の首が絞まるので、引っ張らないでください……。やめてください……」

 その後もうちの猫はゴキゲンな様子で、のどをゴロゴロと鳴らしながらフードを引っ張っていた。


 布団の上にも乗ってくるようになった。
 僕の膝と膝のあいだがお気に入りだ。
 スッポリ納まって、落ち着いている。

 ――うーん、重さを感じると、触りたくなっちゃいますね。

 どうにも気になってしまう。
 膝のところにうちの猫がいるので、下半身は動かさないようにして、上半身だけでそっと起き上がった。
 手を伸ばすと、ギリギリ指の先が届くくらいのところにうちの猫がいた。
 手触りを確認して、眠りについた。

 少しして、僕はからだを起こした。
 もう一度、うちの猫を触っておきたくなったのだ。
 指先で触って、うちの猫が間違いなくそこにいることを確認して、また眠りについた。

 それを何度か繰り返す。
 そうこうしているうちに、眠れなくなってきた。

 ――考えてみると、腹筋をしているようなものですからね。そりゃあ眠れなくなりますか……。

 最後にもう一度、と起き上がった。
 うちの猫は丸くなっているようで、手触りだけではどの部分を触っているのかわからない。

 ――これはどこなんでしょう。お尻かな……? あっ……。

 カプッと指先を噛まれて、頭を触っていたのだと分かった。

 ――頭でしたか。そうかぁ……。

 なんだか満足して、僕は眠りについた。 

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ