挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

95/133

シマシマシッポは気にしない

 雨が降っていた。
 嵐にも近い天気だ。
 空は灰色で辺りは暗いし、強い風も吹いている。何より寒い。

 ――はあ、こんな時期に雨ですか……。まあ、雪になるよりはいいんですけど……。

 とため息をついてしまう。
 急いで帰ろうと早足になると、水溜まりに足を踏み入れて濡れてしまった。靴下までグチョグチョだ。足の先から、寒さが這い上がってくる。

 ――うーん、雨が降ると、だいたいこうなるんですよね。

 僕の傘の差し方が悪いのか、歩き方が悪いのか。水溜まりがなくても、足元が濡れてしまうことが多い。
 仕方がないので、そのまま歩き続ける。

 ――ようやく着きました……。

 家の玄関が見えてきた。
 ふと玄関脇の植木を見ると、根元にシマシマシッポが座っていた。雨に濡れているのに、じっとしている。濡れることを嫌がるはずの猫にしては、おかしな行動だ。

「あれっ、どうかしたんですか? こんなところにいると濡れちゃいますよ……というか、濡れてますよね?」 
「ワオ?」
「大丈夫ですか? 動けないんですか?」
「アウ」

 からだを触ってみても、特に異常はない。怪我をして動けないというわけではないようだ。
 シマシマシッポはさほど雨を嫌がる様子もなく、特に何も考えていない表情で僕を見上げていた。

 ――この子はわりとこういうところがあるんですよね。マイペースというか、何も気にしていないというか。でも濡れても気にしないんですか……?

「とにかく、ここに、このまま座っていたら風邪ひいちゃいますよ。中に入りましょう」
「アオ」
「ストーブで乾かしてあげますからね」
「アオウ」

 待っていましたとばかりに、ドアが開いたすき間にスルリと入りこむ姿を見て、ああ、家に入れてもらいたかったのかもしれないな、と思った。


 ストーブの前に連れていくと、相変わらずシマシマシッポはきょとんとした顔をしていた。

「ストーブはすごいんですよ。ほらー、暖かいでしょう」

 と抱き上げて、ストーブにあてていると、気持ちよくなってきたのか、「アウウ……」という声を出して大人しくなった。僕の膝の上にあごを乗せて、動かない。

 ――ついでに僕も乾かさないと……。

 としばらくそうして座っていた。


「さて、コーヒーでも飲みましょうか」

 すっかり乾いたので、シマシマシッポを床に降ろす。ちからが抜けてグニャグニャだった。されるがままで、そのまま床で横になっている。

「うーん、あー、小さいスプーンがないですねー」

 コーヒーをかき混ぜるためのちいさなスプーンが見つからない。僕が頻繁にコーヒーを飲むせいか、こういうことは多い。使用済みのものを見つけて、いちおうキッチンで洗う。

「ふんふん。やっぱり寒い日にはコーヒーを飲むのが一番……おああ!」

 僕の足のうらでグニャリという感触がした。
 慌てて確認すると、シマシマシッポがすぐそばに座っている。長いシッポが、僕の足に向かって揺れていた。

「うわー! いまシッポを踏みましたよね!? ごめんなさい。痛かったですよね」
「アオウ?」

 と特に騒ぐこともなく、平然としている。

「ん? あれ、完全に踏んだはずだと思ったんですが……」
「アオ」
「シッポだったから痛くなかったんですか……? うちの子なら激怒している場面なんですけど」

 シマシマシッポは怒るわけでもなく、やっぱりきょとんとしている。シッポを踏まれても気にしないらしい。

「うーん? 僕も気をつけますけど、足元にいたら危ないんですよ」
「アウ」

 と頭を撫でるとノドを鳴らしていた。


 コーヒーを飲んで、またシマシマシッポを抱き上げる。

「さっき踏んじゃいましたからね。お詫びにナデナデしちゃいますよ!」

 ひっくり返してあお向けにさせても、抵抗はない。顔を近づけると、ちょっと目をそらす。それだけだった。

「へへー、お腹をナデナデしちゃいますよ! ポッコリしてますねー。おデブですねー」

 抵抗がないので調子に乗って、思い切り撫でまわす。シマシマシッポはときおり僕のおでこに肉球を当てていた。ただ当ててくるだけなので、嫌がっているのかどうか、わからない。気にしていないのかもしれない。

 ――まあ、こんなに撫でまわしたら嫌でしょうね。このくらいにしておきましょうか。

 と楽しんでいると、シマシマシッポがビクンと飛び上がって、離れていった。
 シマシマシッポは警戒するような姿勢をとっている。
 あらら、さすがに怒っちゃいましたか、とシマシマシッポの視線の先をなんとなく確認すると、そこはリビングから廊下へ向かうドアだった。
 わずかに開き、そのすき間からクリーム色が見えている。
 それは頭を低く下げて、ちいさくうなりながら近づいてくる、うちの猫だった。
 僕の目の前に座り、シッポで床をバンバン叩き始めた。

 ――うわー、めちゃくちゃ気にしてる……。シマシマシッポを撫でまわしていたのが、そんなに気に入らないんですね。自分はあんなことさせてくれないのに……。

 うちの猫は完全にご機嫌斜めだ。僕の視界に入るように移動しながら、しかし触ることはできない距離で、そっぽを向いている。

「……あのー、かつお節、食べましょうか」

 と秘密兵器を出しても、うちの猫はしばらくのあいだ、気にしたままだった。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ