挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

94/139

うちのヤバい音

 カサカサ……と音がした。
 自分の部屋でくつろいでいたときのことだ。

 ――うん? 何の音でしょうか? なにか生き物が動いているような……?

 こういうときは、だいたいうちの猫だ。
 どこかに隠れて、こっそり部屋のなかをあさっている。
 洋服の中に潜り込んで、ぱっと見ただけではわからないこともある。

 カサカサ……。

「もー、今日はどこにいるんですかー? 隠れてないで出てきてください」

 うっかり踏んでしまったり、気づかずに部屋のなかに閉じ込めてしまうと怒られるので、ひと通り確認する。
 しかし、うちの猫は見つからない。

「あれ? たしかに音が聞こえたはずなんですけど……?」

 いつの間にか、カサカサという音はしなくなっていた。
 気のせいだったのかな、と思いつつ、僕は部屋をあとにした。


 コーヒーを飲んで部屋へ戻ってくると、また、カサカサ……という音がする。
 探しても、うちの猫はいない。

 ――おかしいなあ、音はするんだけどなあ……?

 いくら探してもうちの猫はいない。
 音だけが続いている。

 なんだか怖い話のような雰囲気になっていた。
 僕は怖い話を聞くと普通に怖がったりするタイプなのだけれど、実際怖い現象を見かけると、テンション次第では、「幽霊をぶん殴って捕まえてやろう!」と突撃することもある。
 このときは突撃する気分だった。

「うーん、この辺にいると思うんですけど、逃げたのかなあ?」

 と見まわしていると、本棚の影から、カマキリがヒョコリと顔を出していた。

「うわっ!? カマキリ! お前だったか!」

 慌てて飛びのいた。

 現れたカマキリはなかなかのサイズだった。
 僕の手のひらくらいの大きさはある。
 カマで挟まれたらかなり痛そうだ。

「もう、どこから入ってきたんですか……。前はハチが入ってきてたし、この部屋はなんなんですか……」

 僕の部屋は二階だから、普通に考えると、カマキリは入って来ることはできない。

 ――うーん、でもまあ壁を登ってくれば、侵入できるのかな?

(猫の背中に乗ってきたのかもよ、というご指摘も受けました。そうかもしれない……!)

 そんなことを考えつつ、近くにあったビニール袋を手袋代わりにして、カマキリの排除に取りかかる。

「うわわあっ!」

 ビニール袋が近づくのを察知して、カマキリがカマを振り上げる。そして、ビニール袋を突き破ってしまった。

「恐ろしい虫ですね……」

 なんとか指は挟まれずにすんだけれど、こんな危ない虫と、これ以上同じ部屋にはいたくなかった。
 指先でビニール袋の端をつまんで、裏庭へ運び、投げ捨てる。

「あ、ちょうどいいところに来ましたね」

 通りかかったシマシマシッポを抱えて、カマキリの前に座らせた。

「さあ、やっつけちゃってください」

 先程びっくりさせてくれた仕返しだ。
 うちの猫では返り討ちにあって終わりだろうけど、シマシマシッポなら、カマキリに勝てるだろう。

 シマシマシッポが鼻を近づける。
 前足をそっと伸ばす。
 カマキリはカマを折りたたんで、棒のようになって、じっとしている。

「フゴォ?」

 シマシマシッポは首をひねりながら去っていった。

 ――僕にはカマを振り上げたのにじっとして……。シマシマシッポも戦ってくださいよ。

 これ以上どうにもならないので、家に帰ることにした。


 部屋へ戻り、ふと思いついたことがある。

 ――なぜカマキリがこの部屋にいたのか。

 たまたま入ってきたならまだいいです。でも、もし、卵を産むのに安全な場所を探してたどり着いたのだったら……。

 卵から孵ったちいさなカマキリたちが、ワラワラと僕のからだを登ってくる光景が頭に浮かんだ。

 ――これはヤバいですね……。シマシマシッポはちゃんと戦ってくれないし、うちの猫は頼りにならないし、こんなときに頼れそうなのは……ボスの出番でしょうか。

 そんなことにはならないように祈りつつ、いつもよりも、もう少しボスをかわいがっておこう、と僕は心に決めた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ