挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

93/133

ふたたびのペロペロとかまってちゃん

 うちのキッチンにある窓はちいさい。
 そして格子がついている。
 どういう役割りでここに格子がついているのかは、よくわからない。
 でも、キッチンやお風呂の窓には、わりとついていると思う。
 そういうものなのだ。

 キッチンで洗い物をしていると、ときどきうちの猫が近づいてくることがある。
 わざとすぐそばにやって来て、「ちょっと、水を飛ばさないでよね。迷惑なのよね」という顔をして、鼻を鳴らして去っていく。
 寄って来なければいいと思うのだけれど、そういうわけにはいかないらしい。


 そのうちの猫が窓枠に座り、格子の向こうを眺めていた。
 なんとなく観察していると、格子のすき間に頭を突っ込んでしまった。

 ――えっ? 大丈夫なんですか、これ。挟まっちゃうんじゃないですか?

 と思っているあいだに、スルリと格子を抜けて、外へ出てしまった。

 こういうことができるのはうちの猫くらいだ。
 ボスやシマシマシッポでは、こうはいかない。からだがつっかえてしまう。
 シマシマシッポなんかは、猫というよりタヌキに近い見た目になってきている。

 ――それはいいとして、自分で外に出られるようになったんですね。

 家の中に入るときは、二階のトイレの窓から入ることができる。
 これじゃあ僕はいらないんじゃないか、と思ったりした。

 考えてみると、最近あまり呼ばれていない気がする。
 窓を開けるのが、僕の主な役目だったから、呼ばれる理由がないのだ。

 ――ちょっと寂しいんですけど……。

 と思ったりもした。


 夜中にクローゼットから、鳴き声が聞こえてきた。

 ――また閉じこめられたんですか? もう。変なところに入っちゃうからですよ。

 と声のほうへ向かうと、クローゼットの扉は開いている。

「どうしたんですか? これなら出られます……よね?」
「ふうーん」

 うちの猫はなかなか出ようとはしない。

 ――なんで出ないんですか? 眠いんですけど……。

 しばらくして、ようやくうちの猫が動いた。
 ゆっくりとドアにからだをこすりつけるようにして、歩いていく。

「もう変なところに入っちゃダメですよ」
「ふうーん」

 と会話をして、しっかりドアを閉めて、僕は眠りについた。


 別の日には、キッチンから鳴き声が聞こえた。
 エサ入れの前で、「ううーん」と鳴き続けている。

「お腹空いたんですか? 珍しいですね。でもカリカリが入っていませんでしたっけ?」

 と見てみると、しっかり入っている。
 ちょいちょいと、エサ入れをつついて、

「ほら、見てください。ここにありますよ。カリカリです。もうすでにカリカリは用意してあるんです」

 と言うと、「仕方ないわね」という感じで食べていた。
 何のために呼ばれたのか、ちょっとわからない状況だった。


 その後も不可解な呼ばれかたが続いた。

 ――もしかして。

 と僕は思った。
 うちの猫はかまって欲しくて呼んでいるんじゃないだろうか。
 用事はないけど、僕のことを呼びたくて、それでおかしなことになっているのかもしれない。
 そう考えると嬉しくなった。


 夕食が終わると、僕はうちの猫を探した。

「もー、そういうことなら言ってくれればいいんですよ。甘えたいときに甘えていいんですからね」

 とうちの猫の前に、新鮮なアジの切り身をひと切れ置いた。
 うちの猫は新鮮なものだと食べてくれる可能性が高い。
 あくまで可能性の話で、実際にどうなるかはうちの猫の気分次第だ。
 様子を見ていると、ペロリと切り身を舐めた。
 食べる気になったようだ。

 なぜ切り身を用意したのかというと、うちの猫に何かプレゼントをあげたかったからだ。
 不器用ながら甘えてきてくれたお礼だ。

 うちの猫は切り身をペロペロして、転がしていた。
 そして、「ちょっとこれじゃあ大きすぎるんだけど」という顔で僕を見つめた。

「もー、仕方ないですねー」

 と切り身をちいさくして、うちの猫の前に置く。
 うちの猫はペロペロと、少しずつ切り身を食べていた。


 こういう風に甘えてくるのはいいのだけれど、うちの猫が僕を呼ぶのは夜中が多い。

「ふうーん、ふうーん」

 という声に起こされて、

「はい。このドアは開いてましたね。なかに入っていいですよ」
「ううーん?」

 と相手をしている。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ