挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

92/137

うちの元気さん

 僕が家を出ると、ドタドタと生き物が走る音が聞こえた。
 シマシマシッポだ。

 ――やっぱり走る音にも重さを感じますね。

 と思った。
 少なくとも軽やかではない。
 かなり速いけれど。

 シマシマシッポは僕を目がけて走ってきていた。
 耳を伏せて、わりと必死な様子だ。
 僕の見送りをしたいのかもしれない。
 こんなに懐かれるとは、最初会ったときには思わなかった。
 嬉しい誤算だ。

「やあやあ、ありがとうございます。そんなに急がなくても大丈夫ですよ。僕は逃げませんからね」

 しかしシマシマシッポはスピードを緩めない。
 そのまま僕の目の前を通り過ぎていく。

「えっ、あのー?」

 勢いはそのままで、玄関先の木を駆け上がる。

 ――駆け上がるというか、抱きつきながら強引にからだを引きずりあげるというか……。猫ってこんな登り方しますか……? なんかヤシの実取りの名人みたいな……。

 そうして無理やりに登り、手ごろな横枝のところで止まる。
 そこから僕を見下ろして、ドヤァという顔をしていた。

「いや、木登りができるようになったのはすごいですけど、いまやることですか……?」

 手を伸ばして触ろうとすると、遊んでもらえると思ったのか、木の枝にからだを隠すようにして、顔だけをひょこひょこのぞかせていた。


 別の日に、リビングの窓を開けるとシマシマシッポが飛び込んできた。

「おー、今日も元気ですねー」

 と走るのを見送る。
 階段を登っていくようだ。

 ――なんか遠慮なしですね……。入っていいとは言ってないんですけど。まあ、荒らさないんならいいでしょう。

 シマシマシッポは二階のトイレの窓が気になるようだ。

 ――ここはうちの子が入って来るところですよね?

 ぴょんと窓枠に飛び乗って、外を確認している。
 窓の外は、すぐに屋根となっている。
 そこへパッと飛び出して、屋根の上をウロウロする。

「落ちないですか? 危なかったらすぐに戻ってきてください」

 シマシマシッポは危なげなくうろついている。
 怖がる様子もない。
 興味津々といった感じで、周囲を見回している。
 ときおり僕を見て、「アオ、アオ」と何かを訴えかけていた。

「もしかして、僕も一緒に遊ぼうって誘っていますか?」
「アオッ」
「それは嫌ですよ。僕が屋根の上に登ったら、落ちてしまいます。大怪我するかもしれません」
「アオウ?」

 やがて諦めたのか、シマシマシッポはひとりでにおいを嗅いだりして遊んでいた。
 家のなかに戻れるように窓を開けたままにして、僕はその場を離れた。

 しばらく経って、屋根を見ると、シマシマシッポの姿はない。

 ――もう遊び終わりましたか。うーん、でも……。

 家に入ってきた姿は見ていない。

 ――まさか、落ちてないですよね。そんなに大きな音もしなかったし……。

 ひと通り、家の周りを歩いて、異常がないことを確認して、「やっぱりそうだよね」と満足して、僕は家のなかに戻っていった。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ