挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
84/117

うちのネズミバトル!

 ふと思いついて、僕はオモチャのネズミを持って、外へ出かけた。
 すぐに庭でウロウロしているシマシマシッポを見つけた。
 目の前で、ネズミを振ってみせる。
 シマシマシッポはビクッとからだを縮めて、ネズミの人形に反応した。


 こういうオモチャを見たときの反応は、猫によって違う。
 うちの猫は夢中になってすぐさまとびかかっていく。

 シマシマシッポは慎重派だ。
 ネズミをしっかり見ながら、いつまでもモゾモゾしている。
 以前バッタを見つけたときは、隙を狙ってじっと身構えて、そのまま逃げられていた。
 確実に仕留められそうなときだけ動くタイプなのだろう。

 ボスは、オモチャにはあまり反応しない。
 僕がネズミを持って近づくと、「そんなことより撫でて!」と仰向けになってアピールを始めてしまう。


 玄関前に、うちの猫の姿が見えた。
 ネズミを持って立ち上がる。
 ネズミを振りながら、ゆっくり移動すると、シマシマシッポもしっかりついてきていた。
 うちの猫のほうへ、移動する。
 二匹が近づいたところで、真ん中にポイッとネズミを投げた。

 ――さあ、どうなるんでしょう。

 と二匹の様子を見守った。

 シマシマシッポはネズミから目を離さない。
 じっと見つめて隙をうかがっている。
 うちの猫もじっと……シマシマシッポをにらんでいた。

「なんなのよ、この子!」

 という顔をしている。
 ネズミは視界に入っていないようだ。

 ――ああ、そうなっちゃうんですか。

 二匹でじゃれあいながらネズミを取り合うのかと思っていたのに、ちょっと違う結果になってしまった。

 うちの猫がシマシマシッポにそっと近づく。
 そして、軽くジャブを入れる。
 シマシマシッポが、「ちょ、ネズミがいるのに」という感じで慌てて移動する。
 それをうちの猫が追いかける。

 ――うーん、一緒に遊んでいるといえば遊んでいますけど……。

 ネズミを拾って、二匹の前で動かしてみせる。

「ほら、取りに行ってくださいー!」

 とポイッと放り投げた。
 シマシマシッポがトコトコと追いかけていく。
 そのおしりにジャブを入れながら、うちの猫が追いかける。

 ――そういうことじゃないんですよね……。

 と思いながら、じゃれあうことのない二匹を見送った。


 ***


 ちなみに、うちの猫はトタン屋根から僕の部屋に侵入するようになった。
 窓を開けておかないと、うちの猫が飛び上がる音がいつまでも近所に響いてしまう。
 トタン屋根だから、この音はすごい。
 しかもうちの猫が入ろうとするのは、決まって夜中だ。
 いそいで窓を開けるしかない。

「ここから入るのはやめましょうね」

 窓に飛びついたうちの猫に言っても、「もう、じゃまなんだから!」というように、僕を押しのけて、部屋に入ってしまう。

 部屋から出て、階段を降りる。
 そして、玄関へ。
 ドアに飛びついて、開けようとする。

「ちょっと、いま入ってきたところじゃないですか……。違うところから出ても、同じ庭ですよ」

 と言っても、納得してくれないので、仕方なくドアを開けることになる。

 ――もう……。本当に思い通りにならない子ですね。

 と思いつつも、なんだかんだで言いなりになってしまっている。
 もしかすると、ボスやシマシマシッポも、こんな感じでうちの猫と接しているのかもしれない。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ