挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
82/128

うちの猫と犬みたいな猫

 ――うーん、いないですねー。どこにいったんでしょうか。うちの子がいそうなところ……。

 そうして頭を悩ませながら納屋の中をのぞくと、シマシマシッポが寝ころんでいた。
 僕を見つけて仰向けになり、前足で僕の手をつかもうとしている。
 しかし、まったく届かなくて、空中をかきまわすような状態になっていた。

「あはは、何してるんですか……。それより、うちの子はいませんでしたか?」

 うちの猫の姿が、朝から見当たらなかった。
 ちょっと撫でたいと思ったときに、見つからないと気になってしまう。
 どうしても触りたくなる。
 そこで、家の中を探してみたが、どこにもいなかった。
 諦めきれなくて、こうして庭まで捜索範囲を広げているところなのだった。

「いったいどこに……えっ、ここにいたんですか?」

 納屋の奥で、うちの猫がちょこんと座っていた。
 ここにいるとは思わなかった。
 しかも、シマシマシッポと一緒だ。

「なんだー。いつのまにか、こんなに仲良しになってたんですね」

 納屋の大きさはたたみ一畳くらい。
 この狭いスペースに二匹で入り込んでいるというのは、もう完全に仲良しだろう。

 ――あれ? でもなんか……?

 うちの猫の耳はペタンと伏せられていて、ちょっと口をすぼめて、地面を見つめて、なんだか困っているような表情に見える。
 座り方も、きゅっと肩を縮めて、居心地が悪そうだ。

 納屋の奥の壁に寄り添うようにうちの猫、入り口を塞ぐようにシマシマシッポという配置になっている。

 ――これってもしかして、閉じ込められてますか?

 僕がシマシマシッポを抱えて移動させると、うちの猫はすぐに飛び出してきた。
「本当に困っちゃうわ」というように、ちらりとシマシマシッポをにらむと、トコトコと走り去った。
 やっぱり閉じ込められていたらしい。

 ――パンチして出ればいいのに、不思議なものですね。妙なところで押しが弱いんですよね。

 うちの猫はそういうところがある。
 わがままばかりというわけでもないのだ。

 うちの猫を見送って、シマシマシッポを地面に下ろすと、「えっ! どこ行ったの!?」というように周囲を見回していた。
「どこ!? どこ!?」とバタバタッと庭の端まで走って、急いで戻ってくる。
 走っているうちにテンションが上がってきたようだ。
 どんどん勢いをつけて走り続ける。
 もはや何かを探しているようではない。
 目的もなく、ただ走りたくなったから走る、という感じだ。

 納屋の中は日陰だったけれど、外に出れば、日差しは強い。
 シマシマシッポはすぐにスピードを落として、僕の足元に倒れこんだ。

「あはは、さすがにこの暑さで走ったらバテるでしょう」

 疲れて立ち上がれないようだ。
 横になったまま、お腹を激しくゆらして息をしている。
 口を横に大きく開いて、ちょっと舌を見せて、これではまるで――。

 ――犬みたいですね!?

 シマシマシッポの口元に耳を寄せると、「ハッハッハッ」という息づかいが聞こえた。
 ボリュームは小さいけれど、これは犬の呼吸と同じだ。

「あははっ、変な猫ですねー!」

 鼻をつんつんすると、「ハッハッハッ」と呼吸をしながらも、肉きゅうタッチで応えてくれた。

 ――そういえば犬っぽいところがあるような気もしますね。犬に育てられた猫だったりして。

 などと考えながら、僕は満足して家に戻っていった。


 まだうちの猫を触っていないことに気づいたのは、しばらくたってからだった。
その後ちゃんと触ることができました!

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ