挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
76/121

うちのけだるい調教

 相変わらず、うちの猫はゴロンと横になって動かないことが多い。
 おでこの辺りを撫でていると、目をつぶって、ちいさく「キュウ……」と鳴いていた。
 夏バテだと鳴き声まで変わってしまうらしい。

 からだを熱心に舐めているのを見て、僕は手を伸ばした。
 舐めていたところをなぞるように、手のひらで撫でる。
 うちの猫はこれが嫌なようで、僕が触ったところをもう一度丁寧に舐めなおす。
 怒るわけではなくて、「もう、困っちゃうのよね」という感じで、熱心に舐める。
 その困っている顔が見たくて、つい手を伸ばしてしまうのだ。

 僕が触る。
 触ったところを、うちの猫が舐める。
 触る。
 舐める。

 淡々と、同じ行動を繰り返している。
 どさくさに紛れて手を舐めてもらえるかな、と触ったまま待っていたら、うちの猫もピタッと止まって待っていた。
 そう簡単にペロペロはしてくれないようた。

 ――あれ? ちょっと冷たいですね。

 触ってみて気づいた。
 舐めたところはほんの少し温度が下がっている。
 ついでに湿っている。
 温度が下がっているように感じるのは、「打ち水」とかと同じ原理だろうか。
 熱心に舐めていたのは、このためだったのかもしれない。

 ――へえ、なかなか賢いですね。

 うちの猫なりの暑さ対策をしているようだった。


 シマシマシッポはといえば、まったく夏バテする様子はなかった。
 家の周りを元気に走りまわっている。
 しゃがんで手を叩くと駆け寄ってくる。
 口からほんのすこし舌をはみ出させて、仰向けになり、前足で肉きゅうタッチをしてくる。

 ――かわいいですけど、ここまでくるとさすがに自覚してやっていますよね……。

 ちょっと飽きれながら、しかしかわいいという気持ちには抵抗できずに、僕はシマシマシッポを撫でまわした。


 別のときに、うちの猫が庭で横になっているのも見かけた。
 ゆっくりとまばたきをして、「もう動くつもりはないわよ」という様子だ。
 外にいようが、夏バテは変わらないらしい。
 庭の奥のほうには、シマシマシッポもいた。
 うちの猫と同じように横になっている。
 しかしこちらは目はぱっちり開いて、耳をぴくぴく動かして、「はやく遊ぼう!」という顔だ。
 しばらくして、シマシマシッポが動き出した。
 頭を低くして、そろりと立ち上がる。
 少しずつ、うちの猫に近づいている。
 うちの猫も気づいたようだ。
 目を大きく開いて、威嚇するように、前足をバンと地面に叩きつけて、立ち上がるふりをした。
 シマシマシッポはピタッと止まって、静かに横になった。
 近づくのはやめにしたようだ。

 ――あはは。順調に調教されていますね。

 シマシマシッポはあきらめたように耳を伏せている。
 うちの猫は、「それでいいのよ」というように目を閉じて、落ち着いていた。


 ちなみにボスは駐車場の車の上にいた。

「みんなで遊ばないんですか?」 

 と言っても動かない。
「フゴフゴ」という返事はあった。
 手を伸ばしても、ちょうど届かないところに寝転んでいる。
 動こうとしない。

 ――うーん、ボスも夏バテでしょうか。

 どうやら元気なのはシマシマシッポくらいのようだ。

 ――むしろ、なんでシマシマシッポだけは元気なんでしょうね。

 うちの猫にも夏バテしない秘密を教えて欲しいと思った。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ