挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

74/139

うちの全員集合

 僕が玄関を出ると、

「ニャアアン」

 と鳴きながら、ボスが歩いてきた。
 なんだかかわいい声で、いつもと雰囲気が違う。
 ちょっとテンションが高いような気もする。
 短めのシッポも上を向いている。

「うーん? どうかしました……えっえっ、ちょっと見せてください」

 ボスの首をガシッと捕まえて、その顔をのぞきこむ。
 見ると、怪我はもうほとんど治っていた。
 腫れもなくなって、軽く引っ掻いたのかな、という程度の傷だけになっている。

「ニャウン?」

 なんだかボスは誇らしげな顔をしていた。

「あはっ、もうほとんど良くなりましたね! えー、治るのはやいですね。このあいだまで腫れてたのに!」

 良かったですねー、と言いながら、ボスを地面に転がして撫でまわした。
 するとボスは、「フゴ、フゴフゴッ」と喜んでいるのか苦しんでいるのかわからない声を出していた。
 逃げないから、たぶん喜んでいるのだろう。
 そんな様子を、近くの庭石の上からシマシマシッポが眺めている。
 座って見ているが、落ち着かないようだ。
 からだをモゾモゾと動かしていた。
 ついに飛び降りて、トトトッとボスのそばへ駆け寄ると、後ろ足で立ち上がった。
 そして前足の先でぺしぺしとボスのシッポを触っていた。

 ――器用ですけど、それはどういう感情でやってるんですか……? 何の行動です?

 とにかく祝っているような雰囲気ではある。
 騒いでいる声が聞こえたのか、うちの猫もやってきた。
 少し離れたところでぺたりと横になる。
 ボスを見ても、パンチをする様子はない。
 今日はパンチをする気分ではないようだ。
 これも祝っているのかもしれない。

 ――これ以上近づく様子もないですけど……。

 シマシマシッポは、うちの猫のことも気になるようだ。
 また庭石の上に登り、そこからジャンプして、うちの猫の目の前に着地する。
 そのまま鼻をうちの猫の顔に近づけようとする。
 うちの猫はからだを震わせて、「クワー!」という全力の威嚇でそれに応えていた。
 慌てて逃げて、そろそろと戻ってきて、庭石のうえに座る。
 そこでシマシマシッポが動かなくなる。
 三匹が、それぞれ1メートルから2メートルの距離で落ち着いた。
 しばらく見ていても、動きはない。

 ――ちょっと遠いですけど、猫にはこれくらいの距離がちょうどいいんでしょうか?

 猫たちが三匹集まっているのを見かけることは少ない。
 特にうちの猫がこんな風に落ち着いているのは珍しい。
 なんとなく、いい雰囲気になっているようなきがした。
 猫同士の静かな交流だ。

 ――僕がいると邪魔かもしれませんね。

「今日はゆっくりボスの快気祝いをしてあげてくださいね」

 そう言って、うちの猫のおでこをつついて家に戻ることにした。




「ゆっくりとは言いました……」

 日付が変わるころ、うちの猫の悲しげな鳴き声で僕は玄関を開けた。
 うちの猫はすぐ近くにいるのに、入ってこない。
 ブウウン……と飛び回るカナブンを見上げて、動こうとしないのだった。

「でもカナブンはボスと関係ないですよね……」

「ウウーン」

「捕まえませんよ。速いし暗いし、無理です」

「ウーン」

「ボスはどうしたんですか……」

「フウン」

 この様子だと猫同士の交流をしているように見えたのも、気のせいだったのかもしれない。
 ドアに手をかけて、

「閉めちゃいますよ。いいんですねー」

 と言っても動かない。
 完全にカナブンに夢中だ。
 もうボスのことなんて頭の中にないに違いない。

 ――次にボスと会ったときは、いつもどおりパンチを喰らわすんでしょうね……。

 そう思いながら、僕はドアを閉めたのだった。
まあどっちにしろ、治ったんならいいのです……!

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ