挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
73/113

ボスと元気なシマシマシッポ

「おお、今日も来ましたね」

 裏庭にやってきたボスに、僕は声をかけた。
 怪我は良くなってきているようだ。
 顔の腫れがひいている。
 とは言っても、まだ痕は残っている。
 おかげでボスは、貫禄のある見た目になっていた。
「どっこらしょ」という感じで、のんびりとからだを動かして、ボスは僕の足元で横になった。
 そしてそのままじっとしている。

「はいはい、用意していますからね」

 と僕はちいさなお皿を持ってくる。
 お皿に載った半透明の物体は、アロエだ。
 前足のところに置くと、ボスは首だけ動かして、そのアロエに貪りつく。
 口にくわえてカッカッと噛んで、そのままペロリ。
 なかなかワイルドな食べ方だった。

 怪我をしてから、ボスはこうしてアロエを食べに来るようになった。
 アロエが効いているのかはわからない。
 そもそも経口摂取では意味がないような気もする。
 でも、塗ってみても全部食べてしまうし……。
 まあ、アロエが良いものなのは間違いないと思う。
 食用のアロエで比較的食べやすいから、ボスはただのエサのつもりで食べているのかもしれないけれど……。

 そこへそろりそろりとシマシマシッポが近づいてきた。
 ボスが食べているものが気になるようだ。
 押しのけるようにして、皿の臭いを嗅ぐと、すぐに顔を背けた。
 思っていたのとは違ったらしい。
 そんな様子を落ち着いて眺めて、シマシマシッポが離れるのを待って、ボスはまたアロエを食べていた。

「きれいに食べましたねー」

 皿を空にして、口の周りを舐めているボスに声をかける。
「ありがとね」というように僕の臭いを嗅いで、ボスはゆっくりと歩いていく。
 そこへ待ち構えていたシマシマシッポが駆け寄った。
 どうやら構って欲しかったらしい。
 ボスの周りをうろうろして、まとわりついている。
 ボスは気にせずゆっくり歩いていく。
 シマシマシッポが進行方向を塞ぐように、からだをボスの鼻先にねじこむ。
 するとボスは進路を変える。
 そんなことを何回か繰り返して、らちがあかないと思ったようだ。
 シマシマシッポは助走をつけて、跳び箱の要領で、ボスの背中に飛び乗った。
 勢い余ってすぐに転げ落ちてしまう。
 ボスは立ち止まり、地面に落ちたシマシマシッポに向かって、「クワー!」と威嚇をした。
 珍しい光景だ。
 ボスがこんな風に威嚇をするのは初めて見たと思う。
 シマシマシッポもびっくりしたのだろう。
 ドタバタと走って生け垣の中に逃げこんでいた。
 シマシマシッポが離れたのを確認して、あらためて、ボスはゆっくりと去っていった。

「あはは、怒られちゃいましたね」

 シマシマシッポは生け垣の中でキョロキョロと周囲を見回している。
 まだびっくりしているようだ。

「遊んで欲しいのはわかりますけど、さすがにあんなことをしたら怒られますよ。いまボスは怪我をしてますし」

 僕が指を突き出すと、ビクッと身構えていた。

「あはは。仕方ないので僕と遊びますか」

 と生け垣に一歩足を踏み出すと、シマシマシッポはダッシュで逃げていった。
 残ったのは僕だけ。

「うん……お皿でも洗っておきましょうか……」

 とキッチンへ向かった。

 ――はやくアロエが必要なくなるといいんですけどね。

 もうしばらくは、アロエの用意をしておこうと思った。
メッセージでアロエの服用には副作用もあるという話を教えていただきました。
知りませんでした。
ちょっとアロエをあげるのはやめて様子をみてみることにします。
怪我は時間が経過すれば治りそうな雰囲気です。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ