挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
70/122

うちの夏仕様

 うちの車の上に、ボスが座っているのを見かけた。
 目をつぶって満足そうな表情だ。

 ――猫って車の上、好きなんですよねえ。幸せそうですね。

 と見ているとおかしなことに気づいた。
 まず、ボスの毛並みがおかしい。
 以前は黒と白の二色に塗り分けられていたのに、いまはところどころに茶色の毛が混じっている。

 ――もともとこういう色でしたっけ? 違いますよね?

 そして、顔が黒くなっている。
 これは毛並みが変わったというよりも、薄く墨を塗りつけたような黒さだ。

 ――うーん、どういうことでしょう?

 首を捻っていると、ボスが車から飛び降りた。
 トンッとちいさな音がする。
 そして、グッと前足をのばして、伸びをしている。
 ひととおり伸びをすると、少し歩いて、車のタイヤに顔を擦りつけ始めた。

「ああ、それで黒くなったんですか」

 僕の声にくるりと振り返ったボスの頬は、先程よりもさらに黒っぽくなっているように見えた。

「あはは。タイヤが好きなんですか?」

 人間でもガソリンの匂いが好きなひとはいる。
 タイヤが好きな猫もいるのだろう。
 かじったりする様子はない。
 こうして擦りつけていても、ボスの顔がちょっと汚れるくらいなので、これは止めなくてもいいか、と僕は思った。

 ――でも茶色になってるのはどうしてでしょう?

 横になって、フガフガ鳴いているボスのお腹をつついて、観察する。
 白。黒。そして茶色。
 三色で三毛猫になっている。

 ――うーん、もともと三毛猫だったということですか? あれ、でも……。三毛猫でオスって……。

 ひっくり返して確認すると、ボスはちゃんとオスだった。
 三毛猫のオスが野良猫をやっているはずはない。
 三毛猫ではなくて、ただの三色の猫なら、オスでもよくいるということなのだろう。

 ――でもこの茶色い毛は前はなかったような……?

 触ってみると、ほかの毛よりも柔らかで、細くなっている。

 ――もしかして夏毛? 色まで変わるものなんですね。

 なんだか気になって、ボスの毛並みをひととおり確認してしまった。
 野良猫だから、うちの猫よりも、少しゴワゴワだ。
 ボスは触られて嬉しいようで、ゴロゴロとのどを鳴らしていたが、寝そべったままのどをならしたせいか、最後には咳き込んでいた。


 ***


 しばらくして、またボスの姿を見かけた。
 前回見たときよりも茶色の毛が多い。
 本格的に夏毛に生え変わってきているようだ。
 色が変わったせいか、前よりも垢抜けた猫に見える。

「その色、似合ってますねー」

 と声をかけると、キリッとした表情を僕に向けた。

 ――あはは、顔は黒く汚れたままですね……。それはそれで似合ってますよ……。

 ボスは茶色の毛が混じったからだを見せつけるように、僕の足元をゆっくりうろうろと歩いた。
 そして横になり、ひなたぼっこを始めた。
 目を閉じて、気持ち良さそうにしている。


 少しして、うちの猫が通りかかった。
 ボスを見て、目をパチパチさせていた。
 夏毛の姿にびっくりしているのかもしれない。
 ボスの背後から近づいて、ひととおりにおいを嗅ぐ。
 そうして間違いなくボスだということを確認したあと、パンチを喰らわせていた。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ