挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
うちのかわいいかわいい猫 作者:しまうま
69/128

うちのホラースポット

 コンビニへ行こうと歩いていると、道の真ん中に、一匹の猫が寝そべっているのが見えた。

 ――うちの猫に似ていますね……?

 近づくと、それは似ている猫ではなかった。
 寝そべっていたのは、うちの猫だった。
 場所はコンビニと自宅との中間地点。
 こんなところでうちの猫と会うとは思わなかった。

「珍しいですね? こんなに遠くに出かけてるなんて」

 と声をかけても、特に返事はない。
 反応もない。
 満足げに目を細めて、「この道路は私のものよ」というようにからだを長くしている。

 ――邪魔をしたら機嫌が悪くなりそうですね……。

 というわけで、うちの猫を避けるように、そっと道の端を歩いたのだけれど、少し進んでから気になることがあって振り向いた。

 ――これ、危なくないですかね。

 うちの猫は道の真ん中で寝ている。
 ここは車がギリギリ2台通れるくらいの道で、交通量は少ない。
 だからといって、道の真ん中で寝そべるのはどうなんだろうと思う。

 ――車が来たら、ちゃんと避けられるんでしょうか……。

 いままでもうちの猫は自由に外へ出かけて、怪我ひとつせずに帰ってきている。
 車が危険なことくらい、わかっているはずだ。
 心配ないはず。
 だが、目の前で寝そべっているのを見ると、どうしても不安になってしまう。

 と、突然うちの猫が飛び起きて、道路脇の生け垣へ走っていった。
 警戒した姿勢で、腰を半分浮かせて、どこか遠くを見つめている。
 視線の先、かなり遠くに交差点があった。
 そこを一台の車がゆっくり通りすぎていった。

 ――この様子なら心配ないですね……。

 うちの猫は気が強いけれど、けっこうなビビリだ。
 あんなに遠くの車を警戒している。
 これなら車にひかれるということはなさそうだ。
 あらためてそのことを確認して、ひと安心した。


 ***


 家に帰ってくると、駐車スペースに奇妙なものが落ちていた。

 ――これは……トカゲ!?

 トカゲの遺体が、乾いてペラペラになって転がっていた。
 ほとんど原型をとどめていない。
 トカゲの干物だ。
 夏になると、こういうトカゲの干物が道に落ちていることがある。

 ――夏の風物詩ですね。もうそんな季節になったんですねえ……あれ、こっちにも。

 よく見ると駐車スペースには、5体の干物が落ちていた。

 ――なんでこんなに干物がうちの駐車スペースに……? いったい何があったんです?

 猫がトカゲで遊んで、ここに放置したのかもしれない。
 だが、うちの猫はトカゲの死体には興味がないようだ。
 コンビニから帰ってきた僕のあとについてきて、干物を横目でちらりと眺めて、そのまま歩いていった。
 そういえば、最近トカゲを持って帰ることは、ほとんどない。

 ――うーん、じゃあ、シマシマシッポですか? こういうこと、やりそうですね……。

 駐車スペースへトコトコと歩いてきて、口を半開きにして、トカゲをぽとりと落とす。
 そして次のトカゲを探しに行く。
 そんな姿が目に浮かぶようだった。

 これがただなんとなく集めてみたものなのか、保存食としてとっておくつもりなのか、シマシマシッポのやりたいことはわからなない。
 でもほうっておくのはまずそうだ。
 5匹くらいなら、近所のひとも気づかないだろうけど、このままどんどん増えていくとさすがに目立ってしまう。
 大量のトカゲの干物が散乱する駐車スペースは、ちょっとしたホラースポットになりそうだった。
 近所のうわさにもなるだろう。

 ――そもそもあんまり気分のいいものでもないですし……。

 シマシマシッポには一度注意しておく必要がある、と僕は思った。


 ***


 数日後、草刈りをしていると、シマシマシッポが駆け寄ってきた。

 ――あ、そういえば……。

 と干物のことを思い出した。

「あのー、うちの駐車場でトカゲの干物を作っていますよね。ああいうのはやめてくださいね」

 僕が言うと、シマシマシッポが「アウワウワウ」と鳴いた。
 この日のシマシマシッポは妙にテンションが高くて、うろうろしながらずっと「アウアウ」と鳴いている。
 それが必死にいいわけをしているようにも見えて、思わず笑ってしまった。

「あんなにたくさん必要ないでしょう」

「ファウ、アウアウ、ニャッニャッ」

「必要ないのに捕まえて、無駄に干物にするのはさすがにかわいそうですよ」

「ンアッア、アウーアオワオ」

「あそこは干物を作るところじゃなくて、車を停めるところなんですよ」

「アウハウ、ワーウニャウニャウ」

 最後にはテンションが上がって堪えきれなくなったように、「フルルル」とのどを鳴らしながらおでこを僕の足に押し付けてきた。

「もう、しょうがないですね……」

 なんだかよくわからないまま、押しきられてしまった。
 結局なぜトカゲを集めるのかも、今後のトカゲの処分についても、何もわからないままだ。
 猫としゃべっている僕を、通りすがりのおじさんが不思議そうに眺めていく。

 ――あはは……。変な顔で見られてしまいました。

 この調子でしゃべっていると、ある意味ホラースポットとして、うわさになってしまうかもしれない。

「誰のせいだと思ってるんですかー」

 おでこをぺちんと叩くと、シマシマシッポはきょとんとした顔で、

「アウワウ」

 と答えた。
そうですね……。
僕のせいですね……。

     (=‘x‘=)<読んでくれてありがとうニャー
小説家になろう 勝手にランキング
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ